E9コードの押さえ方

E9のギターコードフォーム 3種類

E9の主なコードフォームは上図3種類。

弾き語りでメインとなるのはローコードのパターン①かなと思います。

E9のギターコードフォームを押さえている写真

ただ、筆者は音色の好みで、ほぼパターン②しか使ってないです。

このへんは弾き比べてみて、選択肢を変えましょう。

E9は筆者の所感では、使用頻度はかなり低いです。

E7が出てくることは多いものの、E9に置き換えることってあまりないんですよね。

そのため、D#9などとセットで覚えると良いですね。

D#9のギターコードフォーム 3種類

ギターコード表に戻る

この記事の著者
音楽ブロガーたけしゃん

ミュージシャン

たけしゃん

tkshan

プロフィール

ギター弾き語りのシンガーソングライター。長年の音楽活動や音楽の仕事で得た知識・経験を基にブログを書いています。
雑誌の音楽記事執筆、音楽専門書の執筆(工学社)、nana公認クリエイター、IPC VOICE STUDIO公認ボイストレーナーです。
プロフィール詳細お問い合わせ

E9の構成音

E9のギターコードフォームと構成音

E9はE7に9thのファ#を加えたテンションコードです。

そのため、コード譜などではE7(9)と記載されることが多いです。

E7が基になっているため、Emaj7がダイアトニックコードで用いられるキーでは基本的に使えません。

弾き語りだとE9よりはEmaj9やEm9のほうが良く使うため、ちゃんと区別しましょう。

良く使うテンションコード 7選テンションコードとは。ギター弾き語りでの使い方を実例付きで具体的に解説
9コード解説記事一覧
C9 C#9 D9 D#9
E9 F9 F#9 G9
G#9 A9 B♭9 B9
Eルートのコード解説記事一覧
E E6 E7 Emaj7
Em Em6 Em7 EmM7
Em7-5 Edim Esus4 E7sus4
Eadd9 Eaug E9 Em9

ギターコード表に戻る