audio technica(オーディオテクニカ)AT2050をレビュー。3つの指向性を使えるコンデンサーマイク

AT2050を正面から撮った写真

評価:3.5

ぎたすけ

3つの指向性って、そんな使い道あんの?

たけしゃん

音楽用途だとあんまりないけど、複数人での配信とかやる人は使えるかも

AT2050はAT2000シリーズの上位モデルだから、他の点も良かったりするよ

補足
レビューするためにオーディオテクニカさんから、AT2050のデモ機をお借りしました

飛ばし読みガイド

audio technica AT2050

AT2050をマイクスタンドに取付した画像

audio technicaのAT2000シリーズで最上位モデルにあたるのが、AT2050。

3種類の指向性を選択にできる点と、AT2000シリーズで唯一DCバイアスコンデンサー型のマイクであることが特徴です。

DCバイアスコンデンサー
高音質のコンデンサーマイクでよく用いられる形式。安価なマイクはバックエレクトレットコンデンサー型が多い

AT2050は歌ってみた、弾き語りなどの音源制作用のマイクとして購入検討する人が多い機種でもあります。

 

本記事ではAT2020やAT2035など、悩みやすい機種と実際に演奏音を比べながら比較していきます。

 

まずは、AT2050の製品仕様・付属品について解説を進めていきます。

仕様や付属品はいいから、レビューを読みたいという方は<AT2050のレビュー>を参照ください。

AT2050の仕様の目次

AT2050の基本スペック

AT2050の斜めから撮った写真

  • 単一指向性
  • 周波数特性:20~20,000Hz
  • S/N比:77dB
  • 最大入力音圧レベル 149dB
  • 重量 412g

性能的には普通のコンデンサーマイクという感じ。

特徴はAT2000シリーズで唯一、DCバイアスコンデンサー型を採用しているところですね。

 

他のAT2000シリーズで採用されている、バックエレクトリックコンデンサー型と特徴を比較するとこんな感じ。

DCバイアス
  • 音の感度が非常に良い
  • 耐風が非常に弱く、環境を選ぶ
  • 耐久性は弱い
  • 主にスタジオレコーディングで使用
バックエレクトリック
  • 音の感度が良い
  • 耐風は弱いが、割と色んな場所で使える
  • 耐久性は普通
  • 一般録音・放送など幅広く使用される

一般的によく言われるのは、DCバイアスのほうが音質的に良好だけど使用場所を選ぶマイクであるということ。

とはいえ、バックエレクトリックも音質良いので、一概にDCバイアスの方が音が良いとも言えないのが難しいところ。

 

なので、マイクの形式よりは実際の音で比べたほうがいいですね。

後半の<AT2050のレビュー>で演奏音を聞きながら、比較するのでそちらも参考にしてください。

大きさ・重量

AT2000シリーズを並べた

※左からAT2020、AT2035、AT2050

  • 長さ:170mm、径:52mm
  • 重量:412g

大きさ・重量ともにマイクの中では、標準的な数値です。

AT2000シリーズの中では若干の差ですが、一番大きくて重いです。

 

自宅で使用するにはちょうど良いサイズ感・重量なので、DTMにはもってこいですね。

自宅にあるマイクスタンドは、どれでも大丈夫でした。

付属のショックマウントもプラスチック製で軽いので、大抵のマイクスタンドは問題なさそうです。

 

僕の推奨は机を使う人はRoycel マイクアーム、机使わない人はブームスタンド(KC)です。

Roycel マイクアーム

KC ブームスタンド

AT2050 本体の機能

AT2050には本体に「指向性切替」「ローカットフィルター」「PAD」の3つの機能が搭載されています。

 

指向性切替は正面下部に切り替えスイッチがあります。

AT2050の指向性切替スイッチ

※出典:ヒビノ株式会社HPより

  • 無指向性…全方向の音を拾う
  • 単一指向性…正面の音のみを拾う
  • 双指向性…前後の音のみを拾う

音楽用途で使うのは単一指向性です。

ラジオ番組のように対面で喋る場合は双指向性、大人数で喋る場合は無指向性が良いでしょう。

 

音楽だけだと単一指向性以外を使うことはあまりないです。

配信やYouTube動画制作などにおいては他の指向性を使うこともあるかもしれませんね。

 

続いて、本体右側のローカットフィルターです。

AT2050のローカットフィルター

下り坂のアイコン側に合わせると、80Hz以下の音がカットされます。

 

逆の本体左側にはPADスイッチがついています。

AT2050のPAD

-10dB側に合わせると、マイクの入力音量がガクンと下がります。

 

ローカットフィルターもPADも、宅録だとDAWやオーディオインターフェイス側で調整することが多いです。

とはいえ、スタジオでの収録など使う機会があるかもしれないので、ないよりはあったほうが良いですね。

AT2050の付属品

マイクケース

AT2050のマイクケース

ショックマウント

AT2050のショックマウント

ショックマウントにはマイクスタンド用の変換ネジも付属しています。

補足
マイクスタンドの取付用ネジは2タイプあるので、両対応するために変換ネジが付属している

 

AT2050の付属品はAT2035と一緒ですね。

AT2020では付属品がスタンドマウントでしたが、AT2035とAT2050はショックマウント付属になっています。

マイクスタンド用アダプタ

※AT2020付属のショックマウント

スタンドマウントはマイクと直で接続ですが、ショックマウントはマイクを吊るすタイプ。

そのため、ショックマウントのほうが地面からの振動ノイズを受けづらいです。

AT2050の斜めから撮った写真

静音マットとか敷いてれば、どっちでもいいんですけどマイクスタンドをフローリング直置きする場合はショックマウントが無難です。

 

スタンドマウントでフローリング直置きだと、足でリズム取る音とか拾いやすいんですよね。

 

なお、付属品にポップガードはついていないので別途購入しましょう。

ポップガード

AT2050

 

audio technica AT2050をレビュー

AT2050を正面から撮った写真

それでは、AT2050をレビューしていきます。

総評すると「複数の指向性を使うなら最適。単一指向性だけでよければイマイチ」です。

 

2.5万円程度で複数の指向性を使い分けられて、かつ使いやすいマイクって意外とないんですよね。

なので、AT2035の存在価値は大きいです。

 

一方で単一指向性しか使わないなら、価格的にも微妙な立ち位置でAT2035で抑えるかAT4040まで頑張った方がいいかなと感じます。

レビューの目次

音質はエントリーモデルのマイクより良い

AT2050で弾き語りを録ってるところ

AT2050は他のオーテクのマイクと同じで癖のないクリアな音です。

歌を録っていて、AT2020やAT2035と比べて音の距離感が近く、クッキリした感じがします。

 

実際に歌とアコギを録った動画がこちら。

1万円くらいのマイクだと、何か1枚膜があるみたいな遠さを感じるんですけど、AT2050だとそんな感じないので歌いやすかったです。

ボーカル録りに関してはAT2020やAT2035よりは良い感じでしたね。

 

続いてはアコギの音をAT2020、AT2035と同じ条件で比べてみました。

AT2020

AT2035

AT2050

AT2050のほうが高音をよく拾っている感じがします。

そのせいかコード感も粒立ち良い感じに聞こえますね。

 

続いてアルペジオの音。

AT2020

AT2035

AT2050

やっぱり、AT2050は高音をよく拾ってる感じですね。Dの聴こえ方が結構違います。

とはいえ、派手な感じは全然ないです。

 

フラットなんですけど、やや高音強めくらいのチューニング。

3万円未満のマイクだと、AT2050はかなり良い感じの音質ですね。

意外とない指向性切替可能なエントリーモデル

地味に3万円未満で指向性切替できるマイクって、AT2050くらいしかないんですよね。

補足
サウンドハウスでコンデンサーマイクを価格でソートして調べたらありませんでした

AT2050の次に低価格な指向性切替マイクはRODE NT2-A(3.3万円程度)でした。

※RODE NT2-A

NT2-Aは僕も長年使ってるんですけど、音質がギラっとしてるのと、重たくて自宅で使いづらいです。

なので、AT2050のほうがおすすめですね。

 

ボーカル・アコギ録りなら単一指向性しか使わないですが、対談とかだと双指向性とか便利なんですよね。

あと、会場全体の音を録りたいときも無指向性は使えます。

 

そんなわけで、音楽用途以外にも雑談動画とか色々やる人にはAT2050は低価格で高音質な便利なマイクです。

AT2050

ポップガード

単一指向性しか使わないなら微妙なとこ

ATシリーズ比較表

AT2050は実売価格で2.5万円程度と、AT2035から1万円上がるんですよね。

更に上位モデルにあたるAT4040との価格差は8,000円程度。

 

単一指向性しか使う予定がない場合はAT2050はやや割高感があります。

音質面でこだわりたいなら、定番機種のAT4040まで頑張った方が満足感は高いです。

AT4040の正面画像

※AT4040

 

もしくはAT2035で価格を抑えて、オーディオインターフェイスに予算回すのもあり。

AT2050とAT2035で、そこまでの音質差はないですからね。

AT2035の正面画像

※AT2035

 

やっぱり、AT2050は色んな指向性を使って録音する人向けの機種です。

なので、歌録りとか楽器録りしかしない人にはややコスパ悪いです。

 

例えば、音楽もやるけどゲーム実況だったり、グループでの企画ものだったり…と色々やる人には適してます。

ATシリーズはバリエーション豊富なので、適したものを選びましょう。

AT2050

AT2035

AT4040

今なら3カ月間無料!

AT2050におすすめのオーディオインターフェイス

YAMAHA AG03 正面からの写真

AT2050とセットで買うのにおすすめのオーディオインターフェイスはYAMAHA AG03です。

ライブ配信に最適化された端子、機能が詰め込まれた人気機種ですね。

 

AT2050を選択する人は指向性を活用して、色んな活動ができます。

なので、オーディオインターフェイス側もライブ配信で色々便利な機種があってます。

 

AG03は本体操作だけで、内蔵エフェクトをかけることができます。

YAMAHA AG03のエフェクトスイッチ

コンプレッサーやリバーブをボタン1つでかけられるので、ライブ配信で色々やるのに便利です。

 

また、普通のオーディオインターフェイスにはついてない「ヘッドセット端子」や「AUX端子」があります。

YAMAHA AG03 操作パネル

PC以外にiOS端末でも使えるのも大きいですね。

歌ってみた、弾き語り動画の音録り、ライブ配信など昨今の活動は一通り何でも対応できる万能機種です。

AG03

AT2050

AT2050におすすめのケーブル

AT2020におすすめのマイクケーブルは同じオーディオテクニカのATL458Aです。

色んなスタジオで使われている、定番のマイクケーブルなので音質・耐久性・コスパのどの視点でも優秀です。

 

ケーブル自体も柔らかくて自宅での取り回しが楽なのもよいです。

僕も昔から使ってますが、断線もなく10年以上は使えてます。

 

長さは自宅利用であれば3mが短すぎず、長すぎず使いやすいのでおすすめです。

 

audio technica AT2050 まとめ

PCとタブレットで作業しているところ

  • AT2000シリーズの上位モデルで実売価格2.5万円程度
  • 3万円未満では珍しい、指向性切替できるマイク
  • 単一指向性しか使わないなら、AT2035やAT4040のほうがコスパは良い

ぎたすけ

そりゃ、せっかくついてる機能使わないならコスパ悪くなるわな

たけしゃん

まあ、そうだね。逆に指向性切替使うなら、これだけ安くて音良いマイクないね

audio technica AT2050のレビューでした。

指向性切替を使う人にとっては、コスパ最高のマイクになりそうな1本です。

 

音質自体も2万円台のマイクでは良好なので、将来的に他の指向性を使うかも…という人も選びやすいのも良いですね。

今後、SNSやライブ配信アプリでも色んな形の活動が流行りそうなので、色んな場面で対応できるマイクは強いですよね。

AT2050

ポップガード

コンデンサーマイクコンデンサーマイク おすすめランキングベスト10【2020年版】 〜プロアーティスト使用マイクも紹介〜

マイクスタンドに取り付けしたマイクおすすめのマイクと利用シーン別の選び方

オーディオテクニカのコンデンサーマイク 5本オーディオテクニカのコンデンサーマイクの特徴を各製品の演奏音付きで解説 コンデンサーマイク安いコンデンサーマイク おすすめランキングベスト5。コスパが良い低価格モデルを実演動画付きで解説