audio technica AT8700Jをレビュー。安定感抜群の高品質なマイクアーム

audio technica AT8700JでAT4040を取り付けした写真

評価:4.5

ぎたすけ

マイクアームって色んなメーカーから発売されてるよな。今回のは特徴とかあんの?

たけしゃん

audio technica AT8700Jは耐久性やパーツの作りがすごく良いね。重たいマイクも余裕で支えられる優れモノだよ 
補足

レビューのためにメーカー様から製品をお借りしました

※マイクはaudio technica AT4040

先にAT8700Jの評価まとめ
耐久性
 (5)
安定性
 (5)
使い勝手
 (4)
価格(実売8,000円程度)
 (3)
総合評価
 (4.5)
メリット
デメリット
  • パーツの質が良く、耐久性が高い
  • 耐荷重2kgで重たいマイクも余裕で安定する
  • マイクケーブルを整理できる造りとパーツが付属
  • ネジやバネなどが隠れてルックスが良い
  • 高級マイクアームの中では安い
  • 可動部分が固めで力がいる
  • 実売価格8,000円程度とマイクアームの中では高価格帯

audio technica AT8700J

2021年7月に発売されたaudio technicaのマイクアーム AT8700J。

マイクメーカーとして有名なaudio technicaが作っているだけあって、品質が良いことはもちろん実用面でも使いやすい工夫が施されています。

本記事では、僕もずっと使っている低価格のベストセラー製品 ROYCELマイクアームと比較していきます。

ROYCELマイクアームとAT8700Jの並べた画像

価格帯としては、ROYCELが3,000円程度でAT8700Jが8,000円程度なので差はかなりあります。

一方で部品の質もかなり差があります。持った時点で「あ、これは格が違うわ…」となるくらいの差はあります。

後半のレビューではユーザー層別でどっちの製品を選ぶべきかについても解説していきます。

まずはAT8700Jの製品仕様から細かく解説します。

仕様説明を飛ばして、レビューを見たい方は<AT8700Jをレビュー>を参照ください。

AT8700J 製品仕様目次

50mm厚の机に取り付け可能

AT8700Jは50mm厚の机に取り付け可能

AT8700Jは取り付け部分がネジで可動するため、50mm厚の机まで取り付け可能です。

まあ、普通の机なら余裕ですね。僕の机も大分余裕ありました。

取付方法も非常に簡単です。

机に取り付けするテーブルクランプとマイクアーム部分が接続できるのでテーブルクランプを机に取り付けてからマイクアーム部分を接続するだけです。

AT8700Jのテーブルクランプとマイクアーム部分を接続する

工具も何もいりません。1分で取付完了します。

ネジ部分の接触も良く、安定性も非常に良いですね。

可動域

AT8700Jの外寸図

取扱説明書より引用

耐荷重2kg
可動距離680mm
取付ねじ寸法5/8インチねじ
回転角度アーム取付部:360°
マイク取付部:270°
上部アーム部:180°
下部アーム部:135°
外形寸法430mm×398mm
質量本体:1030g
テーブルクランプ:172g

可動範囲はマイクアームの中では標準~やや広め程度です。

ROYCELのマイクアームよりは若干長く、可動範囲も若干広めです。

マイク取付部分は270°稼働するので、自由自在にマイキングできます。

AT8700JでAT4040を取り付けしたところ
audio technica AT8700JでAT4040を取り付けした写真

僕のデスクは160cm天板とかなり大きい机ですが、端に取り付けしてても余裕で届くので困る人はほぼいないでしょう。

本体重量は1030gと結構重めです。ROYCELは340gなので3倍ですね。

まあ、重くて困ることはありません。むしろ重いのでマイクを載せても安定感があります。

また、マイク取付部のネジは5/8インチねじになってます。

AT8700Jのマイク取付部は5/8インチねじ

コンデンサーマイク付属のマイクアダプタは大半の製品が5/8ネジ(メス)ですが、最初から3/8変換ネジがはめ込まれてます。

下の写真はaudio technica AT4040付属のマイクアダプタで、最初からはめ込まれていた3/8変換ネジを取り外したものです。

AT4040付属のマイクアダプタと3/8変換ネジ

このようにはめ込まれた3/8変換ネジを取り外して、5/8ネジ(メス)にしてAT8700Jに取り付けしましょう。

また、あまりないですが3/8ネジにしか対応していない製品であれば、5/8→3/8変換ネジを別途購入してAT8700側に取り付けましょう。

5/8→3/8変換ネジ

耐荷重2kg

AT8700JでAT4040を取り付けした様子

AT8700Jは耐荷重2kgとなっており、かなり重めのマイクでも安定して支えられます。

この耐荷重がAT8700Jの素晴らしいところなんですよね。

耐荷重2kgのマイクアーム自体は結構あるんですが、任意の位置で1kg以上のマイクを支えられる製品は非常に少ないんですよね。

僕が以前使っていたRODE NT-2Aがマイク本体だけで860gもある重たいマイクだったので、耐荷重2kgのマイクアームはいくつも使ってるんですよ。

RODE NT2A

ですが、どれも任意の位置で固定できなかったんですよね。

アームが重さに耐えられずにズルズル下がっていき、下がり切ったところで固定されるといった感じ。

たけしゃん

壊れないって意味では確かに耐荷重2kgなんでしょうが、これじゃ使えないから意味がない…

しかし、AT8700Jは2kgでも任意の位置で固定ができます!!すごい!

実験で重さ2kgのリフレクションフィルターを付けてみましたが、余裕で安定してます。

AT8700Jにリフレクションフィルターをつけたところ
補足

リフレクションフィルターはクラシックプロ CAR900です。残念ながらマイク取付パーツのネジが合わないので使用するには工作が必要そうです

これなら、マイクアダプタも含めて1kgを超えるような重たいマイクでも余裕ですね。

耐荷重2kgと書いてある製品で、実用レベルで2kgまでいけるマイクアームは初めてだったので感動しました(笑)。

さすがオーディオテクニカです!

ケーブル留め用面ファスナー付属

AT8700Jに付属するケーブル留め用面ファスナー

マイクケーブルを固定するためのファスナーが2つ付属しています。

机回りでマイクケーブルがブラブラすると邪魔なので、助かりますね。付けるとこんな感じ。

AT8700JでAT4040を取り付けしたところ
AT8700Jでケーブル留めファスナーでケーブルを固定した写真
AT8700Jでケーブル留めファスナーでケーブルを固定した写真2

また、途中にケーブル入れられる溝も用意されているので、キレイに収納できるようになってます。

AT8700Jのケーブル固定部分を使ってケーブルを固定した写真

ルックスも高級感ある感じなので、机回りの見栄えが良いのも嬉しいですね。

このあたりも低価格帯とは質感が違うので、ライブ配信やYouTubeの動画撮影でマイクアームが映る場合はAT8700Jにすると大分見た目が本格的になりますね。

 

audio technica AT8700Jをレビュー

AT8700JでAT4040を取り付けしたところ

それでは、具体的にAT8700Jをレビューしていきます。

はじめに箇条書きでザックリまとめると以下の通り。

  • 安定性抜群。重たいマイクも余裕
  • アーム可動部分は固めでラフに使うにはやや不便
  • 耐久性も低価格帯と比べて明らかに高そう
  • ルックスが良いので撮影スペースに向いてる

価格帯は8,000円と高めですが、それだけのことはある品質です。

一方で低価格マイクを使ってる人は別にROYCELで十分かなとも思います。

なので、それなりに高価格のマイクを取り扱う人やマイクアームにもルックスを求める人向けのハイエンドモデルといった感じです。

レビューの目次

安定性抜群。重いマイクも余裕

AT8700JでAT4040を取り付けしたところ

AT8700Jの最大の魅力は何と言っても安定性ですね。

2,000~3,000円のマイクアームとは格が違うレベルで安定します。

1kg近い重たいマイクでも大分余裕があります。

また稼働させる部分がねじ回しで調整するタイプではないので、途中でねじが緩んでアームが落ちてくることもありません。

AT8700J

AT8700Jは可動部分にねじ回しがない

ROYCEL

ROYCELは可動部分にねじ回しがある

ねじ回して調整できるタイプは結構強く締めても、マイクが重いと徐々に落ちてきちゃうんですよね。

AT8700Jは裏側に六角レンチで回せそうなところはありますが、基本はユーザー側で調整する仕様ではありません。

レコーディング中やライブ配信中にマイクが落ちてくると困るので、このあたりはオーディオテクニカらしくカッチリと作られてます。

耐荷重2kgと言いつつ実用面では1kgでも厳しいマイクアームが多いなか、しっかり2kg支えられる安定性はさすがオーディオテクニカです!

アーム可動部分が固い

AT8700Jの可動域部分

AT8700Jはアーム可動部分が大分固めです。

取説にも書いてありますが、固いのでしっかり持って調整しないと動きません。

なので、マイク位置を頻繁に動かすようなラフな使い方には不向きです。

また、通常のマイクアームと違ってアーム可動部分にねじ回しがついていないため固さ調整もできないです。

AT8700Jは可動部分にねじ回しがない

一方でねじ回しがないのってデメリットばかりでもないんですよね。

マイクアームをずっと使ってる人ならわかると思いますが、マイクアームの故障ってほぼ可動域のネジ回りなんですよ。

ねじ回しで日々調整していると周辺部分がガバガバになって固定できなくなります。

そのため、AT8700Jのようにユーザーがネジ調整しない仕様にすると耐久性が格段にアップすると思うんですよね。

この仕様だったら、相当長く使えそうな気がします。

なので、マイクアームを気軽に動かすようなラフな使い方はしづらいですが、RECやライブ配信といった安定性が求められる用途で長期的に使うならAT8700Jの仕様はむしろ安心できそうです。

ルックスが良いので撮影向き

AT8700Jのマイクアームとテーブルクランプ

AT8700Jはねじが見えないようになっており、シックでおしゃれなデザインになっています。

安いマイクアームはネジとかバネがむき出しなので、野暮ったいんですよね。

ライブ配信や演奏動画の撮影時にマイクアームも映す場合は見栄えって結構大事ですからね。

AT8700JでAT4040を取り付けした様子

AT8700Jのほうが高級感あって本格的な印象は感じますね。

AT8700JとROYCEL どっちを買うべきか

ROYCELマイクアームとAT8700Jの並べた画像
  • 3万円以上のマイクや重たいマイク買う人…AT8700J
  • ライブ配信や撮影でマイクアーム映す人…AT8700J
  • それ以外の人…ROYCEL

僕は上記のパターン分けをおすすめします。

まず、3万未満の低価格帯マイクならほとんどの製品が軽いのでROYCELで十分です。僕もROYCELでほぼ困ってません。

ただ、3万円以上のマイクからはどこのメーカーもマイク本体がやや重くなり、付属するショックマウントもプラスチックから金属製に変わって重くなるんですよね。

AT2035のショックマウント

AT2035のショックマウント

AT4040のショックマウント

AT4040の金属製ショックマウント

大体はROYCELでも大丈夫ですが、やや重ためのマイクだとネジが緩むと徐々に位置が落ちてきたりはします。

また、1kg近い重たいマイクだと安いマイクアームは2年くらいでヘタることが多いです(僕の経験談)。

補足

高いマイクだと本体&ショックマウントで800g~900gくらいが多い印象です。900gだと安いマイクアームはやや辛い

なので、マイクの選択に自由度持たせたいならAT8700Jにしといたほうが無難です。

また、ルックス面も結構大きいですね。

安いマイクアームってバネとかネジがむき出しになるんですが、数年使ってると気を付けないサビつくんですよね。

撮影で映すとなると、サビついてるマイクアームは嫌じゃないですか。

だから、バネやネジが全部隠れてスマートになってるマイクアームはやっぱりいいです。清掃も楽ですし。

AT8700JでAT4040を支えている画像

以前からRODEなどがスマートなルックスのマイクアーム出してましたが、1.3万円くらいするので8,000円で買えるAT8700Jはちょうど頑張れる範囲の価格帯なのも良いですよね。

改めて結論としては。AT8700Jはマイクアームに高い安定性とルックスを求める方向けの製品です。

ライトに趣味で使う人はROYCELで十分ですが、毎日ライブ配信やる人や仕事で使う人はAT8700Jをおすすめします。

 

audio technica AT8700J まとめ

AT8700JでAT4040を取り付けしたところ
  • AT8700Jは耐荷重2kgで高級感あるルックスのマイクアーム
  • 2kgの重さでも任意の位置で固定できるマイクアームの中でもトップレベルの安定度
  • ライトに使う人よりはガッツリ使う人向けの製品

ぎたすけ

マイクアームで2kg支えられるってすごいな。普通のマイクスタンド要らないじゃん

たけしゃん

そうだね。僕もマイクアームは色々使ってきたけど、AT8700Jは安定感が段違いにすごいね

AT8700Jのレビューでした!

やっぱり、リフレクションフィルター支えられたのは感動でしたね…(笑)。

今の時代は自宅のデスクでレコーディングもライブも全部完結できるので、自宅の環境って大事ですからね。

マイクアームはほんとに良く使うアイテムなので、予算作って安定性の高いものを選びたいですね。

コンデンサーマイクコンデンサーマイク おすすめランキングベスト10【2021年版】 〜プロアーティスト使用マイクも紹介〜 AKG P120安いコンデンサーマイク おすすめランキングベスト10。予算1万円で歌ってみた、ライブ配信などで使える製品を解説! マイクスタンドマイクスタンド おすすめ製品を種類別で解説【ライブ配信・DTM向け】 マイク弾き語り配信に必要な機材と選び方・おすすめの製品を解説