マイクスタンド おすすめ4選。失敗しない選び方を徹底的に解説

C414XLIIでギターのレコーディングしているところ

ぎたすけ

最近は自宅でライブ配信とか増えたからマイクスタンドを持ってる人も増えたよな

たけしゃん

昔は個人で持ってるのは路上ライブやる人くらいだったよね。今回はスタンドの種類や使い分けを解説していくね

本記事では自宅や路上ライブなどで使えるマイクスタンドの種類とおすすめ製品を解説していきます。

なお、机に取付して使うマイクアームは選び方が奥深いので別記事に分けました。

本記事ではライブハウスなどでよく見る一般的なマイクスタンドとテレワークで主流の卓上スタンドについて解説していきます。

飛ばし読みガイド

この記事の著者
音楽ブロガーたけしゃん

ミュージシャン

たけしゃん

tkshan

プロフィール

ギター弾き語りのシンガーソングライター。長年の音楽活動や音楽の仕事で得た知識・経験を基にブログを書いています。
そのほか雑誌の音楽記事執筆、音楽専門書の執筆(工学社)、IPC VOICE STUDIOの公認ボイストレーナーの資格を持っています。
プロフィール詳細お問い合わせ

マイクスタンドの種類

ストレートとブームスタンドの写真
ストレート
ブーム
  • 縦方向のみ可変する
  • スタンドを使ったパフォーマンスができる
  • 安定感が高い
  • ボーカル向け
  • 色んな方向に可変する
  • 設置の自由度が高い
  • ブームを伸ばしすぎると不安定になる
  • 誰でも万能

まず、マイクスタンドはストレートスタンドとブームスタンドに分かれます。

一般的にライブで使われるのはブームスタンドですね。

ストレートとブームスタンドの写真2

楽器を弾く場合は角度を付ける必要があるので、ブームスタンド一択です。

対してストレートスタンドは楽器を弾かないボーカルやスピーチで用いられます。

ストレートとブームスタンドの写真3

縦方向にしか可変しないので、倒れづらく安定しています。

また、持ちやすいのでマイクスタンドを絡めたパフォーマンスもしやすいです。

ただ、個人で所有するスタンドは自由度の高いブームスタンドを選びましょう。

ちなみにマイクスタンドは名前の通りでマイクを取り付けるのが一般的です。

しかし、先端に着けるアダプタを変えることでカメラなど色んなものを取り付けることが可能です。

AKG P170付属のスタンドマウント
マイクを付けるマイクホルダー
ONEとマイクスタンドクリップ
オーディオインターフェイスを取付も可能

最近ではマイク兼カメラ用の三脚としてマイクスタンドを買う人も多いので、その点も踏まえて選ぶとコスパが良いですね。

卓上マイクスタンド

Blue Yeti nano
Blue Yeti nano

ここ数年でテレワークが爆発的に普及したこともあり、卓上で使えるマイクスタンドも人気です。

卓上で使えるスタンドは主にマイクアームと卓上スタンドの2種類に分かれます。

マイクアームと卓上スタンド
マイクアーム
卓上スタンド
  • 机に取付が必要
  • マイキングの自由度が高い
  • 持ち運びは不便
  • 机に置くだけ
  • マイキングの自由度は低い
  • 持ち運んで使える

ゲーム配信、音楽制作では設置自由度の高いマイクアームが主流です。

対して、テレワークやオンライン飲み会などライトな用途では手軽な卓上スタンドが良いですね。

卓上マイクスタンドはUSBマイクだと付属する製品が多くなっています。

AKG Araを付属のマイクスタンドから取り外した
AKG Ara-Y3

一方で音楽用途で制作されるXLRマイクには付属されていることはほぼありません。

SHURE BETA57A

XLRマイクを使用する方は、別売りの卓上スタンドを買いましょう。

ここからはマイクスタンドの選び方や確認しておくべきポイントを解説していきます。

 

マイクスタンドの選び方

C414XLIIでギターのレコーディングしているところ

マイクスタンドを選ぶときには下記の3点に気を付けて選びましょう。

僕も実験がてら、ECサイトで複数本買ってみましたがマイクスタンドはハズレ製品が結構多いです。

なので、博打にならないように買うメーカーは絞りましょう。

販売しているメーカー

マイクスタンド ブーム部分

最近では、色んなところからマイクスタンドが販売されています。

しかし、よくわからないメーカーはハズレが多いんですよね…。

具体的にハズレのマイクスタンドはどんなものかというと、こんな感じです。

  • ネジ穴がいびつ
  • すぐにふらつく、倒れる
  • ネジを少し緩めるとスタンド自体が解体する

この中で地味にきついのがネジ穴です。

マイクスタンドだけじゃなく、接続するマイクの付属品側のネジ穴もヤラれます…。

たけしゃん

高級マイクの付属品のネジ穴をヤラれると後悔してもしきれません…

そのため、マイクスタンドは間違いないメーカーに絞ったほうが良いです。

値段も1,000円差くらいなので、ここはケチらないことを強くおすすめします。

間違いないメーカー

  • audio technica
  • Tama
  • KC
  • K&M
  • キクタニ

どこもスタジオやライブハウスなどの現場でよく使われている、昔から定番のメーカーですね。

逆にAmazon、楽天などのECサイトだと謎メーカーの安い製品に良い口コミが集中しています。

ですが、買うと「何でこれが高評価多いの?」と思うことが本当に多いです。

なので、僕は上記のメーカー品を買うことを強くおすすめします。

マイクスタンドの長さ

マイクスタンドとマイク

続いてはマイクスタンドの長さです。

マイクスタンドは通常サイズとショートブームと呼ばれる短いサイズに分かれます。

ボーカルやアコギで使う場合は通常サイズを買いましょう。

サイズの目安としては縦部分が1,000mm、ブーム部分が700mm以上には可変できるものを選びましょう。

選ぶべきマイクスタンドの長さ

定番製品はどれも上記サイズ以上に可変できるものばかりです。

ストレートスタンドの場合は900~1,500mmくらいに可変できるものが良いですね。

ストレートスタンドの理想的な可変幅

背が高い人は1,600mmまで伸ばせるものを買うと良いですね。

卓上スタンドは結構難しくて、長くても伸ばしすぎるとすぐに倒れるんですよね。

なので、ストレートなら200mm程度、グースネックなら300mmもあれば十分ですね。

MDS-3にコンデンサーマイクをつけたところ
全長345mmのKC MDS-3

本体重量

MDS-3にコンデンサーマイクをつけたところ

マイクスタンド選びで重要なのが本体重量です。

ここで重要なのが、軽いものが良いわけでないことです。

ブームスタンドでは軽いと倒れやすいです。そのため、ある程度は重たいものを選ぶ必要があります。

補足

ストレートスタンドは直立なので、軽くても比較的安定する

色んな所で使わている定番のKC MBCS02は本体重量1.9kgです。

KC MBCS02

なので、僕的にはブームスタンドは2.0kgが基準です。ショートブームでもないのに1.5kgを切っていると少し不安がありますね。

また、リフレクションフィルターなど重たいものを取り付けるなら、もう少し重たいマイクスタンドが良いですね。

CAR900 正面

僕が普段使っている、TAMAのMS205は3.2kgでリフレクションフィルターを付けても安定します。

TAMA MS205

逆にMBCSだと少しふらつきます。なので、このへんは用途で使い分けましょう。

卓上スタンドの場合はストレートかブームかで話は大分変ってきます。

ストレートは比較的軽めで良いですが、ブームの場合は結構重たくないとすぐに倒れます。

MDS-3にコンデンサーマイクをつけたところ
MDS-03は1.8kg

僕の基準としてはブームタイプは1.5kg以上のものをおすすめします。

ストレートタイプなら1kg以上あればいいかなと思います。

マイクスタンドの選び方は以上です。結構奥が深いですよね。

次章ではここまでの解説を踏まえて、おすすめの製品を紹介していきます。

 

おすすめのマイクスタンド 4選

P820 TUBEでRECしているところ

それでは、各種マイクスタンドのおすすめを紹介していきます。

本章では、下記の4種類に分けて1製品ずつ解説していきます。

タップで解説に飛びます

なお、マイクアームは別記事に選び方からおすすめまで細かくまとめてます。

ブームスタンド KC MBCS02

ストレート部分約780~1480mm
ブーム部分約790mm
本体重量約1.9kg
付属品ソフトケース
マイクホルダー
5/8 変換アダプタ
実売価格約3,000円

軽めのブームスタンドのおすすめKC MBCS02です。

色んな所で使われている定番のブームスタンドですね。

リフレクションフィルターなど重たいものはきついですが、マイクなら十分安定します。

また携帯性も良いので、路上ライブなどで持ち歩くのにも適してます。

たけしゃん

僕も路上ライブをやってるときはMBCSを使っていました

ブームスタンド TAMA MS205

ストレート部分約960~1600mm
ブーム部分約830mm
本体重量約3.2kg
実売価格約6,300円

レコーディングスタジオなどでも定番のTAMAのブームスタンド MS205です。

値は張りますが、重たいリフレクションフィルターを付けても安定します。

安定感がある分、重たいので持ち運びには適していません。

スタジオや自宅など決まった場所で使うのに適しています。

たけしゃん

僕も自宅でのライブ配信やレコーディングでMS205をずっと使っています

ストレートスタンド KC MCS-4400

高さ約850~1550mm
本体重量約2kg
付属品ソフトケース
マイクホルダー
5/8 変換アダプタ
実売価格約3,200円

ストレートスタンドのおすすめはKC MCS-4400です。

ライブハウスなどで非常によく見る製品ですね。

重量も2kgで安定性は高く、付属のソフトケースで持ち運び楽です。

価格もそれなりなので、鉄板のストレートスタンドです。

卓上スタンド KC MDS-3

AKG C214をKTSOULのマイクアームに取付した
全長約345mm
本体重量約1.8kg
付属品マイクホルダー
5/8 変換アダプタ
実売価格約2,800円

机に置いて使う卓上スタンドのおすすめはKC MDS-3です。

グースネックでぐねぐね調整できるうえにそれなりに伸ばしても倒れません。

MDS-3にコンデンサーマイクをつけたところ
マイクはaudio technica AT2020

実験で卓上スタンドを色々買ってみましたが、安定感と設置自由度を一番両立できているのがMDS-3でした。

安定のために台座がかなり重くなっています。

持ち歩きには適していないので、自宅で使うことを想定して購入しましょう。

 

マイクスタンド まとめ

AKG P220で録っているところ
  • 主にはストレートとブームスタンドに分かれる
  • 知らないメーカーはハズレが多いので、有名メーカーの製品を買うべし
  • ある程度の重量がないと安定しないので軽い製品は避けるべし

ぎたすけ

マイクスタンドって軽ければ軽いほどいいと思ってたよ

たけしゃん

安定するなら軽いほういいけど、実際は軽いとマイクの重さに負けちゃうんだよね

マイクスタンドの解説でした!

僕のおすすめはKC MBCS02ですね。僕自身も長年、自宅や路上ライブで使ってきました。

リフレクションフィルターが安定しないのでTAMA MS205に変えましたが、それ以外は不自由なく使えました。

安価で頑丈で携帯性も良いので、万能に使えますよ。

関連記事

ポップガード Pro Screen101を取付した画像ポップガード おすすめ4選。比較音源付きで製品の違いや選び方を細かく解説 audio technica ATL458A【XLR】マイクケーブル おすすめランキングベスト5。演奏動画付きでケーブルを比較! コンデンサーマイクを10本並べた画像コンデンサーマイク おすすめランキングベスト10【2022年版】 〜プロアーティスト使用マイクも紹介〜 BETA58とSM58【2022年】ダイナミックマイク おすすめランキングベスト10。ライブ、配信の両方で使える選び方を解説 DTMをやっているデスク弾き語り配信に必要な機材の選び方とおすすめ製品を解説