Webで学べる無料のボイトレ講座

AKG C414-xliiをマイクアームに取付した画像2

ぎたすけ

ボイトレって受けたことないって言ってるプロも多いし、ほんとに意味あるかわかんないよな

たけしゃん

僕はボイトレ受けてきたけど、すごく意味あるよ。僕の学んできたことを講座にしたから一緒にやってみようよ

弾き語りは何といっても主役は歌です!歌唱力は非常に重要ですよね。

そこで弾き語りすとLABOは自身の歌唱力を向上させることできるボーカル講座を制作しました。

この講座の著者
音楽ブロガーたけしゃん

ミュージシャン

たけしゃん

tkshan

プロフィール

ギター弾き語りのシンガーソングライター。長年の音楽活動や音楽の仕事で得た知識・経験を基にブログを書いています。
そのほか雑誌の音楽記事執筆、音楽専門書の執筆(工学社)、IPC VOICE STUDIOの公認ボイストレーナーの資格を持っています。
プロフィール詳細お問い合わせ

筆者が歌っている動画

僕自身も歌っていて、以前は下記のような悩みがありました。

  • 高音が出ない
  • 歌っていると声が枯れる
  • 歌っていると喉が痛くなる
  • ロングトーンで声が震える
  • ヴィブラートがうまくかけられない

ボイストレーニングを重ねて、今では上記の課題はほとんど解決しました。

たけしゃん

特に高い声が楽に出せるようになってからは劇的に楽に歌えるようになりましたね

僕自身も苦労しながら、色々できるようになったので講座内では実体験も踏まえて解説していきます!

また、講座を読みながらボイトレできるように練習メニューや伴奏音源なども用意しているので、日々の練習にも活用してください。

たけしゃん

ボイトレ講座は2022年2月中の完成を目指して執筆中です!

声について詳しく学ぼう

歌の要素を理解しよう

ボイストレーニングをやってみよう

  1. ボイトレで効果を出すために理解しておくべきこと
  2. リップロールをやってみよう
  3. タングトリルをやってみよう
  4. 裏声の出し方を理解して鍛えよう
  5. ミックスボイスを身に着けよう
  6. エッジボイスを身に着けよう
  7. ビブラートを身に着けよう
  8. フェイクを覚えて表現力を高めよう
  9. タピオカハイトーンで高音を出すコツをつかもう
  10. 既存曲をカバーしてプロの技を盗もう

ボーカルの知っておくべき知識

  1. 喉をケアする方法と便利なアイテム
  2. ボイトレはどれくらいの頻度と時間でやるべき?
  3. ボーカルが持っておくべき機材、アイテム
  4. カラオケの練習ではエコーを切るべきか?
  5. 歌は録音して聴きなおす癖をつけよう
  6. カラオケが上手い人と歌が上手い人の違い
  7. ライブステージでの目線の作り方
  8. 音楽教室には通うべきか?