ボイトレの効果とは。ボイストレーニングをする意味やメリットを解説

BLUE Blue Birdの上部

ぎたすけ

ボイトレって通っても上手くならないイメージあるから効果とか気になるよな

たけしゃん

まあそうだよね。ボイトレって具体的に何のためにやってるのか?がわかるだけでずいぶん違うんだよね

弾き語りすとLABO ボイトレ講座。今回はボイトレの効果についてです。

ボイトレってやる意味あるの?と感じてる人は非常に多いですよね。

実体験からもボイトレやる意味はめちゃくちゃあります。

実際に僕もいくら歌いこんでも高音が安定しなかったですが、ボイトレを1年頑張ったら高音が一気に安定するようになりました。

僕の歌ってる動画

カタオモイ / Aimer アコースティックCover

一方でボイトレは知識だけやたら詳しくなって、肝心の歌は全然上手くなっていない…というパターンに陥りがちです。

本記事ではボイトレをどういった位置づけで捉えて行うべきか?を解説していきます。

ボイトレ講座に戻る

この記事の著者
音楽ブロガーたけしゃん

ミュージシャン

たけしゃん

tkshan

プロフィール

ギター弾き語りのシンガーソングライター。長年の音楽活動や音楽の仕事で得た知識・経験を基にブログを書いています。
そのほか雑誌の音楽記事執筆、音楽専門書の執筆(工学社)、IPC VOICE STUDIOの公認ボイストレーナーの資格を持っています。
プロフィール詳細お問い合わせ

ボイトレの意味

SHURE BETA58A-X

ボイトレはボイストレーニングの略なので、声のトレーニングのことを指します。

ここが大事です。ボイトレはトレーニングです。

ボイトレはスポーツにおける筋トレと非常に近いと僕は思っています。

似ているポイント

  1. 継続的に頻度高くやらないと効果が出づらい
  2. やりすぎたり、間違ったやり方をすると体を壊す
  3. 実技の技術とは別

ここで重要なポイントは③で「ボイトレ実技(歌唱)の技術とは別」ということです。

スポーツに例えるとわかりやすいですね。

筋トレでフィジカルを鍛えても、サッカーが直接的に上手くなるわけではないですよね。

トレーニングジム

サッカーはサッカーの練習が必要です。

ボイトレも一緒で、ボイストレーニング自体は発声の土台を作るものです。

ボイストレーニングの範囲を図で説明
音楽教室では前半後半に分けて両方やることが多い

発声の土台を安定させつつ、様々な歌唱技術を練習することで自由に歌が歌えるようになります。

「ボイトレ=歌が上手くなる」と定義しちゃうと、いろんな場面で迷子になるので気を付けてください。

たけしゃん

ボイトレで歌い方変わっちゃう…と心配する人が多いですが、ボイトレと歌唱を切り分けて考えてればそんなことにはなりません
 

ボイトレの効果・メリット

AKG D5-Y3

ボイトレをやることで得られる効果は色々ありますが、主要なものに絞ると以下の3点です。

  1. 声帯の伸縮・閉鎖のコントロール
  2. 呼吸のコントロール
  3. 共鳴のさせ方

どこを重点的にやっていくかは生徒さんによって変わりますが、多くは①の「声帯の伸縮・閉鎖のコントロール」です。

理由は下記のような悩みが「声帯の伸縮・閉鎖」で解決することが多いからです。

  • 声が裏返る
  • 高音が苦しい
  • 声がカスカスで声量が出ない
  • 歌っていると喉が痛くなる

呼吸のコントロールも関わってきますが、課題の大枠は声帯のコントロールであることが多いです。

声帯は高い音を出すときは細く伸ばして、低い音を出すときはたるませて接する面積を多くします。

声帯は伸ばすと高い声、たるませると低い声が出る

また、左右の声帯がピタッと閉じた状態だと振動の効率も高く、声も力強くなります。

声帯が開いている状態と閉じている状態のイラスト

逆に声帯が開いていると空気が間を抜けていき、声帯があまり振動しないのでカスカスな声になります。

声帯閉鎖が弱い声

声帯が閉鎖している声

補足

カスカスな声は表現の幅出しに使えるので、声帯の開閉を自由に調整できるのが理想です

そんなわけで、ボイトレではピアノの音階を通して声帯を様々な方向から動かすトレーニングをします。

ピアノの鍵盤

音階トレーニングのサンプル音源

色んな角度から声帯を動かすことで、声帯を伸縮・閉鎖する筋肉が発達して声が鍛えられるわけです。

筋トレも同じですが、月に数回トレーニングしたくらいでは筋肉は発達しません。

なので、ボイトレも頻度高くやる必要があって、週に数回、できれば毎日30分くらいはやったほうが良いです。

たけしゃん

曲を歌うだけでもいいですが、曲だけだと声帯の動かし方が偏る人も多いのでボイトレやるのが望ましいですね
 

ボイトレ教室に通うメリット

ピアノがある部屋

ボイトレを効率的にやるためにボイトレ教室に通うのは有効な選択肢です。

とはいえ、前述の通りで日ごろの自主練のほうがはるかに重要であることを忘れてはいけません。

日ごろの自主練をより充実させるためにボイトレ教室に通うという認識のほうが絶対成長します。

なので、ボイトレの先生に頼るのは以下のような部分にしましょう。

  • 自主練の内容決め
  • 練習方法が正しいかのチェック
  • 歌に対するモチベーション

また、日常的にボイトレするための環境作りが大事です。

音階練習するための伴奏音源は本サイトで色々と用意されているので、活用してください。

ボイトレ講座に戻る

YouTubeでも良いですが、データ通信量が多くて日常の練習用で使うのはWi-Fiじゃないときついです。

4G回線などスマホだけで見てる人は当サイトを使ってもらうのが良いと思います。

データ通信量

YouTube(480p)だと10分動画で100MB程度ですが、本サイトだと1記事フルで10MBくらいです

練習場所は自宅が楽で良いですが、難しい場合はリハーサルスタジオやカラオケを利用しましょう。

「カラオケで30分ボイトレやって、30分好きなように歌う」をワンセットにすると良いですね。

また、最近はブースを貸してくれる音楽教室が多いので、通う音楽教室のブースが使えれば一石二鳥ですね。

 

ボイトレの効果が出るまでの期間

AT8700JでAT4040を取り付けした様子

ボイトレの効果が出るまでの期間は半年~1年くらいです。

自主練をどれだけちゃんとやるかに依存するので参考程度ですが、自主練をちゃんとやってる人は半年くらいで色んな変化が出てる印象はあります。

数か月で急激に変わる人はあまり見たことないので、継続的に練習することが大事ですね。

また、ボイトレの勉強をしすぎないことも、結構大事かなと僕は思っています。

弾き語り配信しているところ
好きなように歌うのも大事

ダイエットとかもそうですが、ノウハウばっかり集めると迷いが増えちゃって逆に上手くいかなかったりします。

ボイトレもやるべきことはシンプルなので、トレーナーになるわけでもないなら知識よりは練習量を上げたほうが良いです。

たけしゃん

僕自身も凝り性なので、このパターンにハマっちゃうことが多かったですね…

そういった意味ではボイトレの先生にメンターになってもらうのは非常に有効だと思います。

メンター

指導・助言をする人。トレーニングを精神的にサポートする役割も担う

ボイトレで効果を出すためには長期的なトレーニングが必要なので、ストレスなく練習と向き合うにはどうするべきかを考えると良いですね。

 

ボイトレの効果 まとめ

コーヒーと本とライト
  • ボイトレは声のトレーニングで歌の練習とは分けて考えたほうが良い
  • ボイトレは継続的に頻度高くやらないと効果が出づらい
  • 色々勉強するよりは練習していく中で考えたほうが良い

ぎたすけ

ボイトレって体のトレーニングってイメージはあんまりなかったかも。歌ってスポーツとは違う感じだし

たけしゃん

そうだよね。実際はスポーツにかなり近いと思うよ。だからスポーツ選手は歌上手い人が多いのかもね

ボイトレの効果についての解説でした。

ボイトレって色んな考え方や色んなやり方があるので、本記事の内容はあくまで僕の考えです!

誰かに習うなら、話がスーっと入ってくる先生をメンターにするってことも地味に大事かなと思います。

声について詳しく学ぼう

歌の要素を理解しよう

ボイストレーニングをやってみよう

ボーカルの知っておくべき知識

  1. 喉をケアする方法と便利なアイテム
  2. ボイトレはどれくらいの頻度と時間でやるべき?
  3. 呼吸筋を鍛えるならパワーブリーズが便利
  4. ボーカルが持っておくべき機材、アイテム
  5. カラオケの練習ではエコーを切るべきか?
  6. 歌は録音して聴きなおす癖をつけよう
  7. カラオケが上手い人と歌が上手い人の違い
  8. ライブステージでの目線の作り方
  9. 音楽教室には通うべきか?