11/27から12/1までビックセール開催中!

audio technica(オーディオテクニカ)AT2020をレビュー。1万円の人気コンデンサーマイク

AT2020

ぎたすけ

1万円で買えるってコンデンサーマイクだと安いな

たけしゃん

安くて実用的だから配信や歌ってみた動画で使っている人が多い人気マイクだよ

飛ばし読みガイド

audio technica(オーディオテクニカ)AT2020

AT2020

ジャスト 1万円くらいで買える、人気のコンデンサーマイクaudio technica  AT2020。

ゲーム実況、弾き語り配信、歌ってみた動画の音録り…などによく使用されるエントリーモデルです。

 

エントリーモデルといっても、そこは音響機器で有名なaudio technica。

音質も良く、質感も良好で1万円で買えるとは思えない高性能なマイクになっています。

 

それでは、AT2020の仕様から細かく解説していきます。

仕様はいいので、レビューを見たいという方は<audio technica  AT2020をレビュー>を参照ください。

仕様の目次(タップで飛びます)

AT2020の基本スペック

  • 単一指向性
  • 周波数特性:20~20,000Hz
  • S/N比:71dB
  • 最大入力音圧レベル 144dB
  • 重量 345g

コンデンサーマイクのスペックとしては普通。

S/N比が若干低いですが、使用していて気になるレベルではありません。

S/N比
S(信号)とN(ノイズ)の比率。数値が高いほどノイズが少なく、70後半~80台のコンデンサーマイクが多い

指向性は単一指向性のみの対応です。

※指向性の種類

単一指向性は正面の音のみを拾うタイプです。

ボーカルや配信でのトークであれば、単一指向性しか使用しないので特に問題はありません。

 

正面しか音を拾わないので、複数人で喋りながら配信する場合は複数マイクを立てるか、配置を工夫しましょう。

AT2020のマイクスタンド

AT2020

  • 寸法:横52mm、縦162mm
  • 重量 345g

AT2020は345gとコンデンサーマイクの中では比較的軽め。

僕の自宅にあるマイクスタンドの対応状況はこちら。

大抵のスタンドで問題ありません。

400g以上になるとブームマイクスタンド(ノーブランド)とブーム型卓上スタンドがグラグラするんですけど、さすがに軽いですね。

 

そんなわけでマイクスタンドは比較的何を買っても大丈夫。

机に着けて使う人はRoycel マイクアーム、単独でマイクスタンドを使う人はKCブームスタンドが推奨です。

Roycel マイクアーム

KC ブームスタンド

付属品

マイクポーチ

マイクケース

スタンドマウント&変換ネジ

マイクスタンド用アダプタ

AT2020には付属品としてマイクポーチとマイクスタンドに取付けて使えるスタンドマウントが付属しています。

 

マイクポーチは厚みもあって、しっかりしています。

スタンドマウントの造りも1万円のマイクの中では大分良いです。

 

安い製品はスタンドマウントのネジがほんとにダメで外れなくなったりするんですけど、さすがにオーテクの製品は安心です。

 

なお、AT2020はスタンドマウントですが、AT2035はショックマウント付属になり差がついています。

スタンドマウントはそのままスタンドに取付けするタイプの器具です。

マイクスタンドとスタンドマウント

※マイクスタンドとマイクが直接連結されるので、振動が伝わりやすい

対して、ショックマウントは吊り下げタイプの器具です。

AT2035をショックマウントでマイクスタンドに取付した

※AT2035

ショックマウントの場合は振動を拾いにくい造りになっているので足音などを拾いません。

 

僕の経験上で言うと、床に静音カーペットのようなものが敷かれていればスタンドマウントでも問題ありません。

実際に、僕はスタンドマウントタイプで仮歌の仕事をいくつもしてましたしね。

作家さんからノイズの指摘をされたこともありませんでした。

 

ただ、フローリング直置きは足でリズムを取る時もかなり気を付けないと、ボン!といった低音をマイクが拾ってしまいます。

気を付ければ大丈夫ですが、意識はする必要があります。

 

というわけで、フローリング直置きにする予定の人はショックマウント付属になるAT2035を選んだほうが無難です。

AT2035

AT2020TYO(カラーバリエーション)

AT2020TYO

AT2020はカラーバリエーションなかったんですけど、藍色のAT2020TYOが2020年6月に発売されました。

藍色ということで青とは少し違って、和風な感じ。

AT2020TYO

付属品や造り、価格はAT2020と変わりません。

並べてみると、カラーの差で印象は違いますが大きさは一緒。

AT2020とAT2020TYO

仕様書を見るとAT2020TYOはS/N比が74dbとなっており、通常のAT2020の71dbより3db向上しています。

オーディオテクニカさんに聞いてみたところ、S/N比に違いが出ているもののAT2020と同じスペックで制作しているそうです。

 

使ってみましたが、確かに音質やノイズの載り方は一緒でした。

まあ、どちらかというとAT2020の71dbのほうが低く出てるんじゃないかなとは感じます。

 

僕もAT2020は他とのマイク比較でよく使いますけど、71dbにしてはノイズ少ないなとはよく思っていましたしね。

 

ちなみにAT2020TYOでボーカル・アコギ録りした動画がこちら。

AT2020とAT2020TYOでスペック的には変わらないので、カラー的に好きなほうを買いましょう。

AT2020

AT2020TYO

通常タイプとUSBタイプがある

AT2020USB+の写真

※AT2020 USB+

AT2020には通常タイプとUSBタイプがあります。

通常タイプは普通のコンデンサーマイクなので配信などで使うにはオーディオインターフェースなどが必要です。

 

対して、USBタイプはPCやPS4にUSB接続して使用します。

試した感じでは音質低下などは特になく、通常タイプと同じように使用できます。

 

ただ、ビットレートやらステミキの機能などオーディオインターフェースのほうが汎用性は高いです。

また、USBマイクだとWindowsだとDAWで認識されなかったり、レコーディング時に遅延が発生する可能性があります。

 

なので、下記の使い分けをおすすめします。

音楽制作メインの人は通常タイプ + オーディオインターフェースを買った方が確実に便利です。

 

逆に手軽に配信のみを楽しみたい人はオーディオインターフェース不要なUSBタイプのほうが良いでしょう。

通常タイプ

USBタイプ

 

audio technica  AT2020をレビュー

AT2020

はじめに総評すると「音質も及第点で、使いまわしも良好。優秀なエントリーモデル」です。

さすがに本チャンのレコーディングなどは厳しいですが、デモ製作や歌ってみた動画、配信なら十分な能力ですね。

 

使用感などのレビュー後に最も迷うであろうAT2035との比較についても解説していきます。

レビューの目次(タップで飛びます)

音質は1万円なら十分良い

補足
ボーカルとギターをそれぞれ、UR22Cに繋いだAT2020で録っています

audio technicaらしいフラットな音質で癖がありません。

安いマイクは中音域がやけにブーストしてギラギラしがちですが、AT2020はその点使いやすいです。

 

ただ、音の抜けはいまひとつですね。

膜みたいなものが1枚貼ってあるような感じで、音が奥まって聴こえます。

また、高音の音がやや耳に刺さりやすいです。

MIX時にEQとコンプで聴きやすいように音を調整したほうが良いですね。

 

ただ、1万円と考えると素晴らしい音質ですね。

ライブ配信や歌ってみた動画で使うレベルならAT2020で十分です。

あとはキャラクターや演奏力次第で人気配信者になれるはずです。

軽くて使いまわしは良好

AT2020

AT2020は自宅での使用が楽で良いです。

配信者が好む、卓上マイクスタンドでも安定しているので安心して使いますね。

 

サイズ感も大きくもなく、小さくもなく…といったレベルでちょうど良いです。

マイクポーチに入れて持ち歩くのも楽なので、コンデンサーマイク入門機として使いやすい機種です。

 

セットで買うマイクスタンドはマイクアームがおすすめ。

ブームスタンドにする方は定番のKCが安定です。

Roycel マイクアーム

KC ブームスタンド

ポップガードは買ったほうが良い

内蔵ポップガードもないため、近い距離で歌うと吹かれによるノイズが発生します。

実況にせよ、ボーカルにせよポップガードは用意したほうが良いでしょう。

ポップガード(単品)

マイクアーム(ポップガードセット)

1万円近辺のマイクで総合力No.1

マイクスタンド用アダプタ

※付属のスタンドマウント

オーディオテクニカなのもあって、1万円にしては本体やパーツの造りが良いです。

同価格帯や少し下の価格帯のマイクと比べて音質面では大して変わりませんが、耐久性は1歩出てそうな感じを受けます。

 

付属のマイクポーチもあるので外に持ち歩いたり、ガンガン使い倒すなら1万円近辺ならAT2020が一番安心できます。

 

1万円近辺のマイクは一通り全て使ってみましたが、音質・耐久性・使い勝手のどれを見てもAT2020はトップレベルなので人気なのも頷けます。

 

また、音が万人向けなのも良いところです。

音質に癖がないので、相性悪い人はほとんどいないであろうことも安心できる点です。

AT2020

AT2020TYO

USBタイプ

AT2035や他ATシリーズとの比較

ATシリーズ比較表

AT2020を選ぶ時に最も迷うのが、同じATシリーズの製品。

ザックリと各機種の特徴を書くと…

  • AT2020…安くて品質も良いエントリーモデル
  • AT2035…ボーカル・楽器録音向けにブラッシュアップしたモデル
  • AT2050…指向性を切り替えできるモデル
  • AT4040…DTMer定番の本格的に使える音楽用マイク

こんな感じ。

予算が許すならAT4040を買えば間違いないですが、実際にはAT2020とAT2035で悩む方が多いはず。

 

これが難しいところで、マイク単体で考えればAT2035のほうが何かと優れています。

金額差も5,000円程度なので、AT2035を買うべき…という結論に見えます。

 

しかし、オーディオインターフェイスも併せて買う場合は話が変わってきます。

マイクはAT2020にしておいて、5,000円分はオーディオインターフェイスに投資するという選択が出てきます。

 

例えば、定番のオーディオインターフェイスUR12は更に5,000円出せば、上位機種のUR22Cに手が届きます。

UR22Cはマイク端子が2つあるので、後々のことを考えるとマイクはAT2020で我慢してUR22Cを買うための予算に使うほうが絶対良いです。

 

というわけで、僕の結論をまとめるとこれ。

  1. 予算が許すなら、AT2020よりはAT2035を選んだほうが良い
  2. 予算がギリギリなら、マイクよりオーディオインターフェイスを優先すべし

AT2020

AT2020TYO

USBタイプ

AT2035

 

AT2020におすすめのオーディオインターフェイス

UR22Cの正面から撮った写真

XLRタイプのAT2020を買う方はセットでオーディオインターフェイスの購入をされる方が大半ですよね。

 

そこで、AT2020にバッチリ合うオーディオインターフェイスを2つ紹介します。

上記2機種のどちらかを買っておけば間違いないです。

2機種を比較してみると…

UR22CとAG03を比較した資料

Steinberg UR22Cはマイクを2本挿せるので、音楽制作において色んな状況に対応しやすいです。

 

対して、YAMAHA AG03はマイクは1本しか挿せませんが、ライブ配信で便利な機能が多いです。

内蔵エフェクトも本体のボタンを押すだけでON/OFFが可能。

YAMAHA AG03のエフェクトスイッチ

ゲーム実況や雑談配信で便利なヘッドセット端子やAUX端子もあります。

 

再掲ですが、UR22CにAT2020を繋いで録った演奏動画です。

UR22CとAG03はプリアンプも価格帯も一緒なので、音質はほとんど変わりません。

自身が良く使う場面を想定して選択すると良いでしょう。

ライブ配信中心ならAG03が定番ですが、音楽用途で考えるとUR22Cのほうが何かと便利ですね。

AG03

UR22C

AT2020におすすめのケーブル

AT2020におすすめのマイクケーブルは同じオーディオテクニカのATL458Aです。

色んなスタジオで使われている、定番のマイクケーブルなので音質・耐久性・コスパのどの視点でも優秀です。

 

ケーブル自体も柔らかくて自宅での取り回しが楽なのもよいです。

僕も昔から使ってますが、断線もなく10年以上は使えてます。

 

長さは自宅利用であれば3mが短すぎず、長すぎず使いやすいのでおすすめです。

audio technica(オーディオテクニカ)AT2020 まとめ

コーヒー

  • 1万円で買える品質も良好なエントリーモデル
  • スタンドマウントなので、フローリング直置きだとノイズを拾いやすい
  • +5,000円が出せれば AT2035を買っといたほうが良い

ぎたすけ

コンデンサーマイクで1万円って、ずいぶん安くなったよなぁ

たけしゃん

しかも、品質良いしね。

1万円のコンデンサーマイクで十分良い音録れちゃうのはほんと驚きだよ

audio technica  AT2020のレビューでした。

最初に買うコンデンサーマイクとしてはお手頃で品質も良いので、おすすめですね。

 

スマホのマイクから乗り換えると音質向上がすごいですからね。

その分、演奏技術が良くも悪くもはっきりとわかります。

 

良いマイクを買うと、自然と演奏技術が上がるのは良いところも悪いところもハッキリとわかってしまうからでしょうね。

日頃の演奏をコンデンサーマイクで録音して見直すとスマホのスピーカーではわからなかった、色んな発見がありますよ。

AT2020

AT2020TYO

USBタイプ

Roycel マイクアーム

コンデンサーマイクコンデンサーマイク おすすめランキングベスト10【2020年版】 〜プロアーティスト使用マイクも紹介〜 オーディオテクニカのコンデンサーマイク 5本オーディオテクニカのコンデンサーマイクの特徴を各製品の演奏音付きで解説

マイクスタンドに取り付けしたマイクおすすめのマイクと利用シーン別の選び方

コンデンサーマイク安いコンデンサーマイク おすすめランキングベスト5。コスパが良い低価格モデルを実演動画付きで解説 PCで音楽制作している環境オーディオインターフェイス おすすめランキング ベスト10【2020】初心者向けに選び方やポイントを解説