あなたに合ったアイテムを提案!弾き語りすとナビ

AKG C214をレビュー。DTMで定番の使いやすい人気のコンデンサーマイク

C214の正面写真

評価:4.5

ぎたすけ

AKGってメーカーをあんまり知らないけど有名なの?

たけしゃん

マイクだとプロユースのメーカーとして有名だよ

C214はDTMer向けに安価に作られたマイクで昔から人気あるね

飛ばし読みガイド

AKG(アーカーゲー) C214

C214の正面写真

プロユースの音響機器メーカーとして有名なAKG(アーカーゲー)のDTMer向け製品であるC214。

 

AKGのマイクというとプロユースのレコーディングマイクとして世界的に有名なC414ですよね。

※C414 XLⅡ

C214はC414と同じダイアフラムを使用しつつ、機能を最小限にすることで低価格化した製品です。

補足
C414はダイアフラム2枚内蔵で、C214はシングルダイアフラムになっている

実売価格は3.3万円程度で自宅でのレコーディング向けマイクとしては価格的にも、性能的に使いやすい人気機種。

さらにC414自体がアコギ録りによく使われるマイクなこともあり、同じダイアフラムのC214もボーカル・アコギ録りに最適なマイクです。

 

そんな、使いやすいコンデンサーマイクを商品仕様から解説していきます。

仕様は飛ばして、レビューが読みたいという方は<AKG C214をレビュー>を参照ください。

商品仕様の目次

C214の基本性能

C214の背面

  • 単一指向性
  • 周波数特性:20Hz〜20kHz
  • 最大入力音圧レベル 136dB
  • 重量 280g

数値的にはよくあるコンデンサーマイクです。

 

指向性は単一指向性のみに対応しています。

正面からの音だけを拾うタイプです。

MPM-1000の指向性

音楽用途では単一指向性しかほとんど使わないので、特に問題ないですね。

大きさ・重量

AT2020とC214を並べた写真

※AT2020とC214を並べて比較してみた

C214の大きさ・重量

  • 長さ:160mm、直径:55mm
  • 重量:280g

C214はコンデンサーマイクの中で見ると大きさはやや小さめ。

重さはコンデンサーマイクの中でトップレベルに軽いです。

 

自宅で使いまわすには便利な大きさ・重量ですね。

これくらいの大きさだとアコギ録りのマイキングも自由が利くので良いんですよね。

 

軽量なので、僕の自宅にあるマイクスタンドで使用テストをした結果はどれでもOKでした。

付属のショットマウントもプラスチック製で軽いため、マイクスタンドがぐらつく心配もなく安心です。

C214本体の機能

C214はマイク本体に-20dBのPADとローカットフィルターがついています。

 

PADはONにすると-20dbになるので、要は入力音量がガクンと下がります。

C214のPAD機能

オーディオインターフェイスやDAW側での調整が難しいときなど、本体操作だけで入力音量を下げられます。

 

逆サイドにはローカットフィルターのスイッチがあります。

C214のローカットフィルター

ローカットをONにすると160Hz以下の音をカットしてくれます。

要は低音カットです。

 

正直、宅録だとDAWとかオーディオインターフェイスで調整することが多いので、PADもローカットもあまり使うことないです。

C214の付属品

C214の付属品一式

  • メタルキャリングケース
  • ショックマウント
  • ウィンドスクリーン

マイク本体に加えて、上記の3つが付属品です。

1つずつ見ていきましょう。

メタルキャリングケース

C214のメタルキャリングケース

C214にはガッチリしたケースが付属しています。

エレキギターの小さいエフェクターケースと同じような作りです。

C214のメタルキャリングケースを上から撮った

中にはたっぷりクッション材が入っており、乾燥剤も入っています。

C214の付属品一式

良いっちゃいいんですけど、自宅で置くには場所取るんでマイクポーチとかでいいんだけどなぁ…と思っちゃいました。

 

スタジオ持ってくときも、キャリングケースは鞄に入らないんで便利なようで不便な気はします。

ただ、軽くて頑丈なので安心して保管はできます。

ショックマウント

C214のショックマウント

ショックマウントはマイクスタンドに取り付けるためのアイテムです。

ショックマウントは吊り下げ式のホルダーで地面の振動によるノイズから守ってくれます。

C214をショックマウントで取り付けしたところ

材質はプラスチックで安っぽいですが、軽くて機能的に問題ないので使いやすいです。

ウィンドスクリーン

C214付属のウィンドスクリーン

風や息による吹かれを防いでくれるウィンドスクリーン。

マイクに取り付けると、こんな感じ。

C214のウィンドスクリーン

まあ、普通に使えます。

ただ、多少の音質変化はあるため、ボーカルレコーディングならポップガードを用意したほうが良いです。

ポップガード

AKG C214

 

AKG C214をレビュー

C214をマイクスタンドに取付した

それでは、具体的にAKG C214をレビューしていきます。

はじめに総評すると「ボーカル・アコギ向けに最適なコンデンサーマイク」です。

 

1万円近辺のコンデンサーマイクと比べて、やっぱり音が良いです。

仮歌やデモ制作など音楽の仕事で使うなら、C214レベルのコンデンサーマイクは欲しいところです。

 

音楽制作で仕事している方もC214を使っている人は多いですからね。

このあとは、実際に演奏した動画や音声を使ってレビューをしていきます。

レビューの目次

高音が強めで抜けが良い音

C214でレコーディングしてるところ

C214は4KHz以上でブーストがかかった、ハイ上がりの周波数特性になっています。

なので、ボーカルなどメインパート向けのマイクです。

アコギも煌びやかな音を強調してくれます。

 

煌びやかで美味しいところを強調してくる反面、楽器によっては高音がうるさくなりがち。

といっても、RODEみたいにギラつく感じではないのでミックスで調整しやすいです。

 

1万円の定番マイク AT2020とGibson J-45の録り音を比べてみましょう。

C214(3.3万円)

AT2020(1万円)

C214は高音が強めに出ていて、華やかな感じ。

AT2020はまとまりはあるものの、少し寂しい感じを受けます。

 

やっぱり、1万円台のマイクとくらべてC214は音の抜けが良くて、距離感近く聴こえます。

実際にC214で歌とアコギ録りをした動画がこちら。

アコギはコンプかけているだけで、EQは録り音ほぼまんまですが良い感じです。

単音で聴くと1万円台のマイクとそんなに変わらないですが、ミックスしてみるとC214のほうが簡単にオケとなじむので楽なんですよね。

 

まあ、YouTube動画の制作やライブ配信での用途であればAT2020でも十分かなと感じます。

一方で仮歌など、仕事で使う予定がある人はC214まで頑張ったほうが良いですね。

AT2020と比べてミックスが楽なので、クライアントも助かると思います。

自宅利用が楽なサイズ感

C214を斜めから撮った写真

C214はコンデンサーマイクの中では、大きさは平均~やや小さめ。

重量はかなり軽い部類に入ります。

 

自宅でレコーディングするときにマイクの大きさ・重さはかなり重要なんですよね。

マイク本体は280gで、付属のショックマウントもプラスチックで軽量なのでマイクアームでもガッチリ安定します。

 

アコギ録るときはマイクの角度付けたり、マイク位置を調整したい場面は多いです。

そんなときに小さくて軽いと色んな角度やポジション作れるので、すごく楽です。

付属のケースはやっぱ使いづらい

C214のメタルキャリングケース

付属のケースがマイクポーチじゃなくて、メタルキャリングケースなのはイマイチです。

そんなに大きくはないものの、棚とかには入らないので自宅に置いておくと場所を取ります。

 

マイクを持ち歩くときも鞄に入れたいですよねぇ…。

僕はSHUREのマイクポーチに入れて持ち歩いてて、全然メタルキャリングケース使ってないです。

まあ、マイクポーチ自体は1,500円くらいなのでパッと買って乗り換えましょう。

男性のギター弾き語りには使いやすい

ギターを弾く男性

C214はボーカル・アコースティックギターと相性が良いので、ギター弾き語りやってる人におすすめです。

 

ボーカルに関してはロックやブルース色が強い人とか、パワーある人のほうが向いてますね。

僕は自分の声と相性良いので、結構気に入ってます。

 

女性ボーカルの場合はSuperflyとかあいみょん的な感じの人はC214はバッチリ合います。

逆に声細い人やウィスパーなどの繊細なタイプはBlueのBLUEBIRD SLとかいった方が良いかなと感じます。

 

男性も傾向は一緒ですね。声にパワーある人は相性良いです。

男性のシンガーソングライターはパワーある人多いので、C214は相性良い人はかなり多いでしょうね。

 

ボーカル録りもアコギ録りもC214 1本で両対応できるので、アコギ弾きにはおすすめのマイクです。

 

AT4040とC214の比較

AT4040の正面画像

C214と同価格帯で比較されることが多いのが、audio technicaのAT4040です。

AT4040で録った弾き語り動画

ただ、比較されるんですけどマイクのキャラクターは割とわかりやすく違います。

  • AT4040…フラットで癖のない音
  • C214…高音がブーストされてて、煌びやか

AT4040は本当に癖がなくて、どのボーカルにも万能です。

代わりにC214のような良い意味で派手な音は作れません。

 

どちらも良いマイクなんですけど、強いて分けるなら…

  • 声にパワーがある人…C214
  • 声質に癖がない人…AT4040

という感じですね。

あと、色んな声色使う人もAT4040が向いてます。

作曲家の方は色んなボーカリストの音録るので、AT4040を持っている人多いですしね。

 

逆に声にパワーがあって、自分のメインマイク用で買う人はC214が良いですね。

弾き語りやってる男性アーティストはボーカル面で考えると、C214のほうが相性良い人が多いのではないか…と感じます。

AKG C214

AT4040

 

C214におすすめのオーディオインターフェイス

UR22Cの正面から撮った写真

AKG C214とセットで買うオーディオインターフェイスはSteinberg UR22Cがおすすめです。

2019年に発売された1.6万円くらいの製品ですが、非常に多機能で高品質です。

 

再掲ですが、C214とUR22Cで録った演奏動画がこちら。

UR22CのプリアンプはYAMAHA Class A D-Preが採用されてるので、価格の割に音質は大分良いです。

 

UR22CならiOS対応しており、内蔵エフェクトの操作アプリもPC用とiOS用の両方が用意されてます。

PC用のエフェクトアプリ

UR22C内蔵のEQとコンプレッサー

iOS用のエフェクトアプリ

UR22C EQ・コンプレッサー操作パネル iPhone版

1万円台のオーディオインターフェイスで内蔵エフェクトあって、スマホアプリもあるのはすごいです。

 

また、入力系統もコンデンサーマイクを2本挿せる2IN 2OUT仕様です。

UR22Cの正面から撮った写真

ギター弾き語りを一発録りするなら、ボーカル用とアコギ用のマイク2本体制が望ましいですからね。

コンデンサーマイクを2本挿せるのは弾き語りやる人にはうれしい点です。

 

C214は2本セットになっているステレオセットの販売もしています。

C214のステレオセットとUR22Cはギター弾き語り向けには、かなり強力な組み合わせですね。

AKG C214

C214 ステレオセット(2本)

UR22C

関連記事

Steinberg UR22Cをレビュー。1万円台で機能性抜群のオーディオインターフェイス

UR22Cの正面から撮った写真Steinberg UR22Cをレビュー。1万円台で機能性抜群のオーディオインターフェイス

AKG C214 まとめ

DTMをやっている風景

  • 高音がブーストされたボーカル・アコギ録りに最適なコンデンサーマイク
  • カバー動画の制作から仮歌録りの仕事まで使える音質
  • 本体が小さくて軽量なので、自宅で使いやすい

ぎたすけ

やっぱり、1万円くらいのマイクとは差があるんだな

たけしゃん

そうだね。劇的な差はないけど、音楽制作を日々やってると地味に大きいと感じるくらいの差はあるね

AKG C214の解説でした。

やっぱり、自宅でDTMやるには価格・音質・機能的にちょうどいいマイクですね。

 

このレベルのマイクを持っていると、Webでの音楽活動をガッツリやるときに何かと便利です。

YouTubeやライブ配信のクオリティも上がりますし、フリーで音楽の仕事を受けるようになっても使っていけますからね。

音楽活動を本格的にやっていくうえで、色々と助けになってくれるマイクです。

コンデンサーマイクコンデンサーマイク おすすめランキングベスト10【2020年版】 〜プロアーティスト使用マイクも紹介〜 コンデンサーマイク安いコンデンサーマイク おすすめランキングベスト5。コスパが良い低価格モデルを実演動画付きで解説 PCで音楽制作している環境オーディオインターフェイス おすすめランキング ベスト10【2020】初心者向けに選び方やポイントを解説 マイクスタンドマイクスタンド おすすめ製品を種類別で解説【ライブ配信・DTM向け】 コンデンサーマイクとケーブル【音が変わる!】マイクケーブル おすすめランキング ベスト5を解説