20万円前後 アコギ(エレアコ) おすすめランキング ベスト10を解説

ぎたすけ

予算20万円っていうと、結構な金額だよな。そんな高い買い物することなかなかないよ

たけしゃん

そうだよね。でも、20万円の予算を作れればプロレベルのギターを買うことができるね

飛ばし読みガイド

20万円のアコギ(エレアコ)とは

ギター

20万円となると、高級ギターと呼ばれる部類に入ってきます。

プロアーティストの使用者も増えて、本格的な音楽活動をするにも十分な品質を持ったギターばかり。

 

その反面、なかなか気軽に買える金額ではないため、ギター選びには慎重になりますね。

ランキングの前に予算20万円のアコギ(エレアコ)の特徴を掘り下げてみてみましょう。

項目タップで解説に飛びます

20万円のアコギ(エレアコ)の位置づけ

メーカー別 価格帯

上記は海外、国内の主要アコギメーカーにおける価格帯を表にしたものです。

予算20万円のアコギ(エレアコ)となると…

  • 海外メーカー…エントリーモデル
  • 国内メーカー…ミドルモデル

となっています。

予算20万円あれば、憧れの海外メーカーであるGibsonやMartinのアコギも選択肢に入ってきます。

 

そして、国内メーカーではミドルモデルが対象となり、良質な木材を使ったアコギ(エレアコ)が登場します。

予算20万円だと国内メーカーのアコギ(エレアコ)が優勢と言えます。

 

また、生鳴りが良いけどピックアップ未搭載のアコギと生鳴りはイマイチだけどライブでは抜群のエレアコ…といった悩ましいギターが多い価格帯です。

予算20万円の中古ギター

予算20万円あれば、中古ギターも選択肢として考えても良いでしょう。

中古ギターとして検討できるのは2種類。

  1. 新品で30万円程度するギターの中古
  2. ヴィンテージのスモールギター

ヴィンテージギターは予算20万円だと選択肢がかなり限られます。

普通のサイズをやや小さくしたスモールギターや1970年代以降のものであれば、20万円近辺で買えたりします。

 

なので、メインは最近作られたギターの中古品です。

有名なGibson J-45やMartin D-28も中古品であれば、予算20万円でも買うことが可能です。

 

中古も視野に入れると大分選択肢が広がります。

ただし、中古ギターはパーツの消耗や状態に個体差がかなりあります。

ある程度、ギターを触ってきて違いがわかるだけの経験がないと危ないので自身がない人は新品にしておきましょう。

20万円のエレアコのピックアップ

20万円エレアコ搭載のピックアップ

上記の表は各メーカーの予算20万円で買えるエレアコに搭載されているピックアップをまとめたものです。

予算10万円のエレアコに比べてピックアップもワンランク上がっている印象ですね。

 

その中でも特筆すべきピックアップはオーストラリアのギターメーカー Cole ClarkとYAMAHAです。

予算20万円のエレアコでは頭1つ出て高音質・高性能な3Way ピックアップシステムを搭載させています。

両メーカーとも最近になって、20万円以下のモデルに3Wayピックアップを投入しています。

 

エレアコ使用がメインであれば、3Wayピックアップはすごいので本当におすすめです。

 

また、生鳴りで言うと国産メーカーであるK.Yairi、YAMAHA、Morrisが強いです。

なので、K.YairiやMorrisのアコギにピックアップを後付けする…という選択肢も有効です。

色々と選択肢があって、悩ましいのが予算20万円という価格帯です。

 

予算20万円のおすすめアコギ(エレアコ) ランキング ベスト10

Gibsonのギター

それでは、予算20万円でおすすめしたいアコギ(エレアコ)ランキング ベスト10を解説していきます。

 

プロアーティスト使用者がいる製品については併せて使用者も紹介していきます。

ただ、意外と少ないんですよね。

 

といっても、予算20万円ならプロレベルでもやっていけるギターばかりなので自信をもって選択してください。

飛ばし読みガイド

10位 Martin GPCPA4

  • 森林管理協議会(FSC)認定の木材を使った環境保護を意識したモデル
  • くびれがあるグランドパフォーマンスシェイプ
  • FISHMAN A1 Analogを搭載したエレアコ

2010年に発表されたパフォ―ミング・アーティスト・シリーズの下位モデル Martin GPCPA4

Martinでは珍しくカッタウェイモデルのシリーズです。

 

木材はトップ:シトカ・スプルース、サイド&バック:サペリでオール単板。

音質はサペリらしく、ジャキっとした音質です。

箱鳴り感はないので、ふくらみはイマイチですが歯切れよくカッティングなどには向いています。

 

ピックアップはFISHMAN A1 Analogが搭載されています。

インブリッジピエゾタイプでボディ横にチューナー・ボリューム・トーンコントローラー機能が内蔵されています。

 

サペリのジャキっとした音にピエゾらしさが加わり、音がギラギラしています。

弾き語りだとイマイチですが、バンドだと出力も高く使いやすいのでバンドボーカルの方に適したエレアコですね。

9位 Takamine DMP551C WR

  • 映画「カノジョは噓を愛しすぎてる」で大原櫻子さんが使用したエレアコ
  • トップ材にシダーを使った、少し珍しいギター
  • Takamine製ピックアップ CT4-DX搭載のエレアコ

エレアコには定評のあるTakamineのミドルモデル DMP551C WRです。

大きなボディをくびれさせて、コンパクトに見せた500シリーズは音のレスポンスが良好です。

 

木材はトップ:シダー、サイド&バック:サペリのオール単板という組み合わせです。

シダー自体はアコギではあまり使われておらず、クラシックギターでは良く使われる木材です。

 

なので、アルペジオなどのフィンガースタイルが中心なプレイヤーとは相性が良い木材です。

 

音は丸みがあって、細かいニュアンスが付きやすく音量もほどほどで歌の伴奏に使いやすいですね。

ピックアップはTakamineの独自のピエゾとプリアンプ CT4-DXが内蔵されています。

チューナー機能にEQ、ノッチフィルターなど豊富な機能を内蔵しています。

また、ピックアップを追加 1つ増設してミックスできる仕様になっているので音作りは積極的にできる充実した機種です。

 

DMP551C WRは大原櫻子さん主演の映画「カノジョは噓を愛しすぎてる」で使用されています。

Acoustic Live/大原櫻子(YouTube)

映画の主人公に合わせて「ひと夏アルバイトして、かつ割引してもらって精一杯背伸びして買ったギター」という基準で選ばれたそうです。

 

実売価格で13万円程度ですが、機能面はかなり充実しています。

ライブ活動メインでエレアコとして活用する人にはかなり強い選択肢です。

8位 Gibson J-45 Studio 2019

  • 伝統的なGibson J-45を安価にしたモデル
  • サイド&バックにウォルナットを使用している
  • L.R.Baggs Element VTC内蔵のエレアコ

超有名アコギ、Gibson J-45の安価モデル Gibson J-45 Studio 2019

 

トップ:シトカ・スプルース、サイド&バック:ウォルナットのオール単板で構成されています。

通常のGibson J-45はサイド&バックにはマホガニーを使用しており、20万後半で販売されていますがマホガニーの入手が年々困難になっています。

そこで、質が良いですが比較的入手しやすいウォルナットを採用して価格を抑えたモデルとなっています。

 

ウォルナットが堅いので音質も硬め。

音に輪郭があって、単音もストロークもザクザク刻めます。

箱鳴り豊かな、通常のJ-45とはキャラクターが異なりますが好きな人にはハマる音質です。

 

ピックアップにはL.R.Baggs Element VTCが内蔵されています。

昔からGibsonに採用されているピエゾのピックアップでホール横にボリュームとトーンのコントローラーが付きます。

 

正直なところ、スペックだけ見ると他のメーカー製品に比べて弱いです。

ただ、そのルックスと知名度は抜群なのでセルフプロデュースにも使えます。

楽器としての質だけでなく、自分のアーティスト像との兼ね合いなど総合的に考えて検討すべき機種です。

7位 Morris MW-101

  • 日本国内でハンドメイドで作られているアコギ
  • 裏面のブレーシングがラダーブレイシング
  • ピックアップ未搭載

品質が高い国内メーカーである Morrisが長野でハンドメイドで作っているギター Morris MW-101

ドレッドノートを少しだけ小さくして、くびれを設けたオリジナルシェイプとなっています。

 

トップ:シトカ・スプルース、サイド&バック:ローズウッドでオール単板。

海外メーカーの10万円台では出てこない、ハイコストパフォーマンスなアコギですね。

 

ナットやサドルをBone仕様にしており、裏面のブレーシングがラダーブレイシングになっていたり…とこだわりが随所にみられます。

(参考)ブレイシングの違い

Gibson ブレイシングの違い

ラダーブレイシングはボディ内部に平行に板を張るブレイシング。

対して、Xブレイシングはクロスして板を張っており、Xブレイシングのほうが主流です。

ラダーブレイシングは箱鳴り感が強く、強く弾くと迫力のある音が出るのが特徴です。

 

サイド&バックがローズウッドなので、力強さもありつつ伸びのある高音が魅力です。

ピックアップ未搭載ですが、10万円台のアコギとしては非常に良質な1本。

 

後付けでピックアップを載せることも踏まえて、検討する価値はありますね。

6位 Taylor 114ce

  • Taylor レギュラーラインナップのエントリーモデル
  • ストローク・アルペジオ共に万能なグランド・オーディトリアムシェイプ
  • Taylor製ピックアップ ES2搭載のエレアコ
  • 実売価格 13万円程度

アメリカでシェア率 No.1のギターメーカーTaylorのエントリーモデル Taylor 114ce

トップ:シトカ・スプルース単板、サイド&バック:ウォルナット合板という木材の組み合わせです。

 

形状はグランド・オーディトリアムシェイプと呼ばれる 少し小ぶりでボディ幅にふくらみがあるタイプです。

音量も確保しつつ、音のレスポンスが良好な万能なシェイプでTaylorといえば、グランド・オーディトリアムというイメージがあるほど人気です。

 

音質はウォルナット合板なのもあって、堅くて響きが薄い音です。

ジャキっとした音質は10万円近辺のよくあるギターといった感じですね。

 

…ですが、Taylor 114ceの強みは生鳴りではなくピックアップを通したエレアコとしての音です。

ピックアップにはTaylor製のES2が採用されています。

ES2

ボディ内部に3つのピエゾセンサーが取り付けられており、ボディ外側の上部にコントローラーが付いています。

普通のピエゾピックアップと比べてナチュラルな音質で出力も十分。

バンドでも弾き語りでも使える、高機能ピックアップです。

 

10万円台前半のエレアコの中ではかなり優秀な機種となるため、使用者も多く人気が高いです。

関連記事

Taylor(テイラー)114ce Walnutをレビュー。高性能ピックアップ搭載のエントリーモデル

ギターと葉っぱTaylor(テイラー)114ce Walnutをレビュー。高性能ピックアップ搭載のエントリーモデル

5位 YAMAHA AC5M ARE

  • YAMAHAで人気のAシリーズの最上位モデル
  • Made in Japanの高品質ギター
  • YAMAHA製ピックアップ SRT2搭載のエレアコ
  • 実売価格 14万円程度

プロアーティスト使用者も複数人いる、YAMAHAで人気のAシリーズの最上位モデル YAMAHA AC5M ARE

 

トップ:シトカ・スプルース、サイド&バック:マホガニーのオール単板です。

そして、Made in Japanのエレアコ。やっぱり、国内ギターメーカーのコスパは素晴らしいですね。

 

ちなみに予算10万円のアコギ(エレアコ)ランキングでは1つ下のYAMAHA AC3Mが1位だったのですが、違いは下記の通り。

  • Made in Japan(AC3Mは海外工場)
  • ハードケース付属(AC3Mはライトケース)
  • 価格差は4万円程度

…となっています。

木材やピックアップの構成は同じです。

 

実際に弾いたときの感覚や音質もほぼ一緒です。

ジャカジャカ弾いた時のパワーはドレッドノートと比べてやや不足していますが、音のレスポンスが良く細かいニュアンスや軽快なストロークは良い音で鳴ってくれます。

 

ピックアップはYAMAHA独自のSRT2が搭載されています。

ピエゾピックアップで音を拾い、予めレコーディングスタジオで収音されたコンデンサーマイクのギター音とブレンドして出力するデュアルピックアップになっています。

  • A: Volume Control
  • B: Treble Control
  • C: Bass Control/AFR (Auto Feedback Reduction) [PUSH]
  • D: Blend Control/Mic Type Switch [PUSH]

このブレンド機能が弾き語りだと非常に有効です。

マイクの生鳴り感がブレンドされて、自然で心地よい音質になります。

 

実売価格14万円程度ですが、海外メーカーの20万円近いモデルと互角以上のコスパが高いエレアコです。

4位 Taylor 214ce

  • Taylor レギュラーラインナップのエントリーモデル
  • ストローク・アルペジオ共に万能なグランド・オーディトリアムシェイプ
  • Taylor製ピックアップ ES2搭載のエレアコ
  • 実売価格 16万円程度

Taylorレギュラーラインナップで下から2番目のモデルとなる Taylor 214ceです。

トップ:シトカ・スプルース単板、サイド&バック:コア合板という構成です。

 

コアは高級木材でもあり、レギュラーモデルで使われるのは珍しいですね。

音質は非常に硬くてクッキリした音です。

響きは薄いですが、輪郭がしっかりでる音なので好き嫌いが別れる木材でもあります。

 

ピックアップにはTaylor独自のES2が採用されているので、エレアコとしては優秀で即戦力な1本です。

 

プロアマ問わずにTaylor 214ceは使用者が多いです。

200シリーズの使用者

  • 家入レオ
  • 大橋卓弥(スキマスイッチ)
  • 山崎あおい

ちなみに映画「さよならくちびる」でレオ(小松菜奈さん)が使っているのはTaylor 224ce-K DLXです。

補足
ハル(門脇麦さん)のモデルはTaylor 312ce JPN LTD 2017。15本しか生産されていない限定モデル

トップ材もコアを使ったオールコアモデルです。値段が少し上がって、音質はTaylor 214ceより更に硬くてクッキリした音です。

214ce

224ce-K DLX

関連記事

Taylor(テイラー)214ce-Koaをレビュー。10万円台で買える人気のエレアコ

白いアコギTaylor(テイラー)214ce-Koaをレビュー。10万円台で買える人気のエレアコ

3位 K.Yairi DY-18

  • Martin D-18をモデルに作られた国産ギター
  • スペックや性能は本家と互角で価格はワンランク安い
  • ピックアップ未搭載
  • 実売価格 18万円程度

K.Yairiの有名ギターを基に作られたギター K.Yairi DY-18

Martin D-18を基に作られたモデルです。

 

トップ:スプルース、サイド&バック:マホガニーのオール単板。

ネックや指板などもMartin D-18と同じ木材で構成されています。

 

ボディシェイプもドレッドノートとなっており、低音豊かで音量も十分です。

これまた、弾いてみると驚くほどにD-18と同じ感覚で弾けます。

 

K.Yairi JY-45(J-45を基にしたモデル)と比較すると、DY-18は箱鳴りは控えめで音のレスポンスが良く、ドッシリとした音が特徴です。

JY-45がGibsonギターっぽく響きが豊かで暴れる感じがあり、DY-18は落ちついたサウンドで優等生タイプ。

 

Martin D-18は20万円後半はするので、ほぼおなじ性能で10万円安いDY-18はすごいとしか言いようがないですねぇ。

ピックアップは未搭載なので後付けしましょう。

 

デュアルピックアップを取付けると予算が20万円を超えてしまうものの、30万円するエレアコとも互角以上になりそうな素晴らしいアコギです。

2位 Cole Clark CCFL1EC-BM

  • エレアコとしての性能が素晴らしいオーストラリア産のギター
  • 木の素材そのままな見た目が美しい
  • Cole Clark製の3Wayピックアップシステム搭載
  • 実売価格 17万円程度

最近、シンガーソングライターで使用者が増えているオーストラリアメーカーのCole Clark。

そのエントリーモデルが Cole Clark CCFL1EC-BM

 

トップ:ブンヤ、サイド&バック:クィーンズランドメイプルのオール単板。

どちらもオーストラリアで採れる木材でオーストラリアメーカーであるCole ClarkとMatonが積極的に活用している木材です。

 

Cole Clarkのボディシェイプは2つあります。

コールクラークのボディサイズ

CCFL1EC-BMはFAT LADYですね。

ドレッドノートに近い大きめなボディシェイプです。音量もしっかりとあり、万能に使えるギターです。

 

音質はやや硬めですが、響きが豊かで高音の伸びもなかなか良いです。

トップのブンヤがスプルースより硬い分、音のレスポンスも良く、パーカッシブなギターも気持ちよく弾けます。

 

そして、特筆すべきはピックアップです。

Cole Clark独自の3Wayピックアップシステムが内蔵されています。

サドル下のピエゾ、ボディ内部のフェイスセンサー、コンデンサーマイクが内蔵されており、ミックスした音が出力されます。

 

ボディ横のプリアンプにはマスターVolume、3バンドEQ、サドル下 + ボディ内部用 Volume、コンデンサーマイク用 Volumeが内蔵されています。

3Wayピックアップのプリアンプ

コンデンサーマイク用のVolumeが別なのは嬉しいですね。

弾き語りはコンデンサーマイクメイン、バンドはピエゾ&フェイスセンサーメインにするなど、状況に合わせた最適なセッティングが可能です。

 

この3Wayピックアップシステムの音質はとにかく抜群でナチュラルで生音に近い音が作れます。

ピックアップが標準装備されているエレアコでこれだけの品質を出すメーカーはMaton、Cole Clark、YAMAHAの3メーカーくらいです。

予算20万円だとMatonは厳しいですが、Cole Clarkは買えるのでほんとにおすすめのエレアコですね。

 

プロアーティストでCole Clarkを使用している方は多数いますが、代表的なアーティストはジャック・ジョンソンです。

You And Your Heart/Jack Johnson(YouTube)

 

ちょっと硬くて、レスポンスの良い音質はサーフミュージックにマッチしそうですね。

関連記事

Cole Clark(コールクラーク) CCFL1EC-BMをレビュー。20万円以内では最高峰のエレアコ

ギターを弾く男性Cole Clark(コールクラーク) CCFL1EC-BMをレビュー。20万円以内では最高峰のエレアコ

1位 YAMAHA FGX5

  • 2019年5月発売のYAMAHA新作ギター
  • ドレッドノートを日本人体型に合わせたYAMAHAオリジナルシェイプ
  • 音質抜群の3Wayピックアップ搭載のエレアコ
  • 実売価格 18万円(下位モデルは11万円)

2019年5月に発売された、YAMAHA FG / FS Red Labelの新作ギターYAMAHA FGX5

通称、赤ラベルという名前で昔から親しまれてきた、YAMAHA FG180などの系譜を受け継ぐモデルです。

 

YAMAHA FG / FS Red Labelには4種類のバリエーションがあります。

YAMAHA FG Red Label

YAMAHA FGX5は上位モデルで国内生産されているピックアップ搭載のエレアコです。

ボディサイズはジャンボタイプのトラッドウェスタンタイプを採用しています。

ボディサイズの違い

一般的なギターに採用されるドレッドノートを日本人体型に合わせて変化させた、YAMAHAオリジナルシェイプです。

 

トラッドウェスタンはボディが大きいので低音が豊かで音量もしっかり出ます。

ジャカジャカと鳴らすと、聴き心地の良い響きが生まれて弾き語りにはピッタリのボディサイズです。

アルペジオでも、低音がドッシリと出て安定感あるプレイができます。

 

実売価格18万円ですが、「トップ:シトカ・スプルース、サイド&バック:マホガニー」のオール単板ギターで国内生産。

スペック的にはピックアップなしでも20万円未満ならトップレベルです。

音質もしっかりしていて、海外メーカーの有名ギターにも負けていません。

FGX5で演奏した動画

しかも、そのスペックのアコギ本体にYAMAHAの新開発の「SYSTEM74(ハイブリッド3WAYシステム)Atmosfeel™」が搭載されています。

この3WayピックアップがCole Clarkに負けず劣らず素晴らしいのです。

3Wayピックアップ

  1. ピエゾセンサー(アンダーサドル)
  2. コンタクトセンサー
  3. マイク

上記3つの方法で拾った音はプリアンプでミックスされて出力され、ボディ側面に3つのプリアンプコントローラーで調節可能です。

Atmosfeelプリアンプ

このピックアップが本当に素晴らしくて、弾き語りやるにもバンドでアコギ弾くにもバッチリな音作りが可能なんですよね。

 

しかも、驚きなのが下位モデルの3シリーズ(実売価格11万円)にも同じピックアップが搭載されています。

なので、3シリーズも10万円近辺では最強のエレアコです。

 

海外メーカーの有名ギターにも負けない品質のエレアコが欲しい方はYAMAHA FGX5

予算10万円近辺で優れたエレアコが欲しい方はYAMAHA FSX3

 

まだ、発売されたばかりですが今後はプロ・アマ問わず使用者が増えるであろう凄いエレアコです。

FGX5

関連記事

YAMAHA(ヤマハ) FGX5をレビュー。18万円と思えない驚異のエレアコ現る

YAMAHA FGX5YAMAHA(ヤマハ) FGX5をレビュー。18万円と思えない驚異のエレアコ現る

FSX3

関連記事

YAMAHA(ヤマハ) FSX3をレビュー。11万円で3Wayピックアップ搭載のすごいエレアコ

YAMAHA FSX3YAMAHA(ヤマハ) FSX3をレビュー。11万円で3Wayピックアップ搭載のすごいエレアコ  

タイプ別 予算20万円のおすすめアコギ

アコースティックギターを弾く男性

予算20万円ともなると、選択肢もかなり豊富になってきます。

そこで、本章ではタイプ別におすすめのギターを絞ってみました。

商品名タップで解説に戻ります

こんな感じ。どれも良いギターですが、強みは異なります。

総合的に強いのはやはり、YAMAHA FGX5です。1本で運用する人には特におすすめ。

 

対して、Cole Clark CCFL1EC-BMはエレアコの音が素晴らしいのでライブでは、やっぱり強いギターです。

生音が良いアコギを既に持っている人でライブ用のギターが欲しい人などに最適ですね。

 

なお、本章ではザックリとタイプ別のおすすめを解説しています。

もう少し細かくあなたのタイプや要望と合わせて商品を選びたい方は質問にタップで答えるだけで最適なアイテムを提案する「弾き語りすとナビ」をぜひ、ご利用ください。

 

予算20万円のおすすめアコギ(エレアコ)まとめ

まとめ

  • 予算20万円は海外メーカーはエントリーモデル、国内メーカーはミドルモデルが対象となる
  • 中古ギターでワンランク上の製品を狙うのもあり。ただしパーツの消耗などは見抜きたい
  • 予算20万円ならエレアコも良いが、良質な国産アコギに後付けピックアップを載せるのも有効

ぎたすけ

予算10万円のときよりも選択肢が増えて、逆に迷いそうだな

たけしゃん

それはあるね。安定を取るならTaylorかCole Clarkかなぁ。ピックアップ後付けも捨てがたいけどねぇ

予算20万円のアコギ(エレアコ)選びについての解説でした。

ランキングを振り返ってみましょう。

商品名 タップで解説に戻ります

結構色んなメーカーに散りましたね。

 

やっぱり、おすすめは1位のYAMAHA FGX5ですね。

ピックアップ通した音は抜群で生音も良い、国内生産モデルなので仕事も丁寧。

…ほんとに隙が無いギターです。

 

最近では20万円以内でもすごいピックアップ搭載のエレアコが増えてきたので、選択肢も豊富です。

ぜひ、色々とチェックしてみてください。

FGX5

アコギのおすすめ18選。初心者からプロ志向までタイプ・予算別で紹介【2020】 エレアコを弾く男性エレアコ おすすめランキング ベスト10。メーカー別・価格帯別の特色やポイントを解説