あなたに最適なギターを提案!弾き語りすとナビ

初心者向けアコギ おすすめランキングベスト10を解説

ベンチに置いてあるアコギ

ぎたすけ

初心者向けのアコギって、やっぱり握りやすいやつとかがいいのかな

たけしゃん

僕は普通のギターこそが初心者向けだと考えるけど、色んなタイプがあるから紹介していくよ

飛ばし読みガイド

初心者向けのアコギとは

ギターを弾く女の子

初心者向けのアコギとは…いたって普通のアコギのことです!

癖がなく、独特な要素もないオーソドックスなアコギこそ、初心者向けです。

 

…といってもメーカーが初心者に優しいギターといって販売しているものもあるわけで、その代表例がネックの細いギターです。

ネックの細いギターは握りやすくて、指の力が弱くて硬い初心者にはありがたい存在です。

補足
初心者のうちは指が届かない & 押さえる力が入らないため、なかなかコードが綺麗に鳴らせない

特に手が小さくて、握力も弱い方はネックの細いギターを最初のギターとして選ぶのは有効です。

 

オーソドックスなギターを選んだほうが後々ギターを買いかえる時も楽ですが、その前に挫折してしまったら何にもなりません。

自身にあったギターを選択するようにしましょう。

アコギのサイズ

アコギのボディサイズ

アコギのサイズには色んな名称がありますが、大きくは上記の4つ。

最も一般的なのは大きいサイズで音量も出るドレッドノートです。

 

ドレッドノートは弾き語りをやるには万能で使いやすいです。

その一方で女性ではやや大きく感じる人も多いので、抱えやすい000(トリプルオー)やスモールギターサイズを選ぶのもよいでしょう。

 

抱えた時の持ちやすさはギターを弾く頻度にも影響してくるので、抱えやすいサイズを選びましょう。

エレアコ

ギターとギターシールド

内部にピックアップと呼ばれる装置を取付けたアコギをエレアコと呼びます。

エレアコはアンプなどの音響機器と接続することが可能でライブでは非常に便利です。

 

最近では3万円程度でも、まともに使えるエレアコが存在します。

ライブで使いたい、バンドで演奏したい…と考えている方はエレアコを選択すると良いでしょう。

 

逆に当面は人前で演奏する予定がない人は普通のアコギが良いです。

アコギとエレアコでは同じ値段でもピックアップの費用分、エレアコのほうがギター本体のランクは落ちますからね。

たけしゃん

色々と解説しましたが、最初の1本目は王道のアコギを買うのが間違いないです。次章では定番製品をランキング形式で紹介していきます!
 

初心者向けアコギ おすすめランキング

それでは、初心者におすすめしたいアコギをランキング形式で解説していきます。

低価格帯が中心ですが、様々な需要に合うように本格的な音楽活動にも使えるモデルも交えてランキングを作っています。

 

ランキングに入っているアコギ・エレアコに外れはないので、自身の要望あったものを選びましょう。

おすすめはルックスで好みの物を選ぶことです。

ギター自体に愛着がわくと、挫折する可能性はグッと下がるものですからね。

10位 YAMAHA L6シリーズ

  • トップ:イングルマン・スプルース単板、サイド&バック:ローズウッド合板
  • ドレッドノートを日本人の体形に合わせて作り替えたオリジナルシェイプ
  • パッシブピックアップ搭載のエレアコ
  • 実売価格 5万円程度

ヤマハの人気モデル、LシリーズのエントリークラスYAMAHA LL6 ARE

5万円をギリギリ切る価格帯でライブで活用できる、希少なエレアコです

 

YAMAHAのLシリーズには3種類のボディタイプがあります。

YAMAHA Lシリーズ

LL6はドレッドノートを基に日本人体型に合わせて、少し小さくしたボディシェイプです。

ストローク、アルペジオ共に万能にこなせる音量とレスポンスを兼ね備えています。

 

また、木材にA.R.E. [Acoustic Resonance Enhancement]を施して鳴りをよくしています。

ARE
YAMAHA独自の木材改質技術。長年弾き込まれたような豊かな鳴りを作り出す

生音は大きく、価格の割に響きも豊かに感じます。

5万円でこれだけ、ちゃんと生音も鳴るのはさすがYAMAHA…といったところです。

 

ピックアップはプリアンプは未搭載のパッシブタイプというものです。

パッシブは出力が弱く、音量をそのまま大きくするとノイズが載ってしまいがち。

 

…といってもカフェや部室といった狭い会場なら十分いけます。

広い会場やバンドでの使用の場合は音を綺麗に増幅できるプリアンプというもの別途用意しましょう。

 

5万円以内で万能に使えるエレアコを求めている方にはほんとにおすすめです。

アンプを通さない生音での使用も良いですし、アンプを通してエレアコとして使っても良し…と万能な1本です。

LL6 ARE

関連記事

5万円で買えるエレアコ YAMAHA(ヤマハ) LL6 AREをレビューする

YAMAHA LL6AREYAMAHA(ヤマハ) LL6 AREをレビュー。5万円で買えるコスパ抜群のエレアコ

LS6 ARE

9位 YAMAHA AC3M

  • 10万円で買えるプロアーティスト使用者も多いエレアコ
  • 中音域が出やすいスリムなカッタウェイボディ
  • YAMAHA製ピックアップ SRT2搭載のエレアコ
  • 実売価格 9万円程度

YAMAHAのAシリーズより人気エレアコ、YAMAHA AC3Mです。

10万円未満の価格帯ですが、プロアーティスト使用者が複数いる高品質なエレアコです。

 

トップ:シトカ・スプルース、サイド&バック:マホガニーでオール単板で優秀なピックアップ搭載。

コスパ・品質・実用性、どの点で見ても優秀なエレアコです。

 

ジャカジャカ弾いた時のパワーはドレッドノートと比べてやや不足しています。

その分、音のレスポンスが良く細かいニュアンスや軽快なストロークは良い音で鳴ってくれます。

昨今のシンガーソングライターのスタイルには相性が良い音質です。

 

また、エレアコ機能として内蔵されたピックアップのSRT2が非常に優秀。

内蔵ピックアップでアコギの音を拾い、予めレコーディングスタジオで収音されたコンデンサーマイクのギター音とブレンドして出力するデュアルピックアップになっています。

  • A: Volume Control
  • B: Treble Control
  • C: Bass Control/AFR (Auto Feedback Reduction) [PUSH]
  • D: Blend Control/Mic Type Switch [PUSH]

このブレンド機能が弾き語りだと非常に有効です。

マイクの生鳴り感がブレンドされて、自然で心地よい音質になります。

 

出力もしっかり出るので、バンドの中にはいっても全然問題ありません。

ライブハウスや自宅からの配信など、いろんな場面で使える安定の1本です。

AC3Mの使用者

  • 中島みゆき
  • MADOKA(たんこぶちん)
  • 山崎あおい
  • 弓木英梨乃(KIRINJI)

関連記事

プロ使用者も多い10万円以内で買えるエレアコ、YAMAHA(ヤマハ)AC3Mをレビューする

YAMAHA AC3MYAMAHA(ヤマハ)AC3Mをレビュー。プロ使用者も多い10万円未満で買えるエレアコ

8位 Fender CD-60S

  • エレキで有名なFenderのアコギ
  • 握りやすいEasy-to-Playネック
  • ピックアップ未搭載
  • 実売価格 2.5万円程度

ギターメーカーでは超有名なFenderのアコギ Fender CD-60S

主力製品がエレキギターということもあり、エレキから持ち替えやすいアコギを製造しています。

 

初心者でも弾きやすいようにネックに滑らかな加工を施したFender独自の「Easy-to-Play」ネックを使っています。

握るとネックが薄く感じるので、コードを押さえやすい仕様になっています。

手が小さい女性やお子さんにもおすすめです。

 

ボディサイズはアコギの通常サイズである、ドレッドノート仕様になっています。

音量もしっかり出て、音の鳴り方もちゃんとしたアコギの音です。

 

ストラップピンもボディ上部に付いています。

ギターストラップも簡単に付けられるので、立って弾く場面が多い人には使いやすいですね。

安心して買える初心者向けギターに仕上がっています。

7位 Aria 101CE

  • 国内老舗メーカー Ariaのエントリーモデル
  • 000(トリプルオー)に近いオーディトリアムサイズ
  • Fishman製ピックアップ 搭載のエレアコ
  • 実売価格 2.8万円程度

1960年代から存在する国内の老舗ギターメーカー Ariaのエントリーモデル Aria 101CE

トップ:スプルース、サイド&バック:サペリで構成されているエレアコです。

 

少し小型のオーディトリアムサイズのボディにカッタウェイが付いています。

音量は控えめで音の鳴り方も2万円台のアコギに良くある感じで、ちゃんとアコギの音がします。

 

また、ギター内部には安心のFishman製ピックアップが内蔵されており、ボディ横にコントローラーがついています。

チューナーと高音・低音を調節できるEQがあり、2万円台にしてはかなりしっかりしたシステムです。

 

値段も手ごろで機能面も充実しているところはさすがに老舗メーカーですね。

3万円未満で小ぶりの使えるエレアコって中々ないので、貴重な存在です。

関連記事

ARIA 101CEをレビュー。3万円未満でフィッシュマン搭載の有能なエレアコ

アコースティックギターARIA 101CEをレビュー。3万円未満でフィッシュマン搭載の有能なエレアコ

6位 Martin LX1

  • 通称リトルマーチン
  • 携帯性に優れたミニギター
  • ピックアップ FISHMAN Sonitone内蔵
  • 実売価格 5万円程度(ピックアップ有は6万円)

リトルマーチンことMartin LX1です。

5万円前後の価格帯で、しっかりとMartinの音がする優れものです。

 

初心者が初めて買うギターとして選べば、成長した後もずっとメインギターにすることも可能。

後々、高級ギターを買ってもお出かけ用兼自宅用サブギターにできます。

僕はメインギターはTaylorでセッションや自宅作曲用でリトルマーチンを使っています。

 

なお、エド・シーランはLX1にピックアップ FISHMAN SonitoneがついたエレアコのMartin LX1Eを使用しています。

低音が薄い軽めの音とエモーショナルなボーカルがマッチしてカッコいいですね。

 

汎用性が高く、腕前が成長していく過程で音楽への姿勢がどう変わっても対応できる万能ギターです。

エレアコが欲しい方はLX1にピックアップを内蔵したLX1Eを買いましょう。

LX1(アコギ)

LX1E(エレアコ)

関連記事

使えるミニギター!リトルマーチンを解説し、Martin LXMをレビューする

リトルマーチンリトルマーチンをレビュー。Martin LX1とLXMの違いや使用感を解説する

5位 Morris G-401

  • 国内メーカー Morrisのエントリーモデル
  • ドレッドノートサイズ
  • Morris製ピックアップ MP3搭載のエレアコ
  • 実売価格 3.2万円程度

ソロギタリストから支持が厚い、国内ギターメーカーMorrisのエントリーモデル Morris G-401

トップ:スプルース、サイド&バック:サペリで構成されているエレアコです。

 

ボディシェイプはドレッドノートでドッシリとした音量と低音が効いています。

音質もちゃんとしたアコギで、ボディも鳴ってる感じがします。

予算3万円のエレアコでは最上位レベルの品質です。

 

ピックアップ&プリアンプはMorris製のMP3が搭載されています。

5万円のモデルと同じピックアップシステムですね。

チューナーが内蔵されていて、4バンドEQが付いている本格的なプリアンプが内蔵されています。

 

3.2万円のエレアコとはほんとに思えない高品質なエレアコですね。

上手い人がライブで弾いていたら、それなりのエレアコに見えちゃいますね。

 

3万円程度でエレアコを探している人には安定かつ鉄板の1本です。

安いエレアコの中ではコスパ・品質共にMorris G-401が文句なくNo.1です。

関連記事

Morris(モーリス) G-401をレビュー。3万円台とは思えない実用的なエレアコ

ギターを弾く指Morris(モーリス) G-401をレビュー。3万円台とは思えない実用的なエレアコ

4位 S.Yairi YM-02

YM-02

  • Amazonでベストセラーのミニギター
  • お試しで買うには最適
  • ピックアップ未搭載
  • 実売価格 1万円程度

1万円以内で買えるミニギターS.Yairi YM-02

チープな音ですが、自宅で練習する分には十分です。

成長したら、新しいギターを買うつもりで1本目のギターとして購入しましょう。

 

ミニギターの強みは成長して良いギターを買った後も自宅で気軽に使えるサブギターとして活用できる点です。

まずは手軽なギターを買って初めてみたいという人に最適なギター。

小中学生のお子さん用に買うにもおすすめの製品です。

関連記事

S.Yairi YM-02をレビュー。1万円でちゃんと使える、激安ミニギター

YM-02S.Yairi YM-02を実演付きでレビュー。1万円でちゃんと使える激安ミニギター

3位 Taylor Academy12e

  • 音は本格的だが、ビギナー向けに配慮されたギター
  • くびれを作ってレスポンスと音量を両立したグランドコンサートシェイプ
  • 実売価格 8万円程度(ピックアップ有は9万円程度)

Taylorが「ビギナーの方が途中でギターをやめてしまわないように」というコンセプトを基に作ったギター Taylor Academy12eです。

 

弾きやすさを重視して作られており、下記の2点が特徴です。

  • 握りやすい細めのナット幅を採用したネック
  • 腕が疲れないようボディにアームレスト部分が作られている

初心者がコードを押さえやすいようにネックを細く作っているギターメーカーはたくさんありますが、アームレストは斬新ですね。

Academy アームレスト

右腕を長時間置いても痛くないように配慮されています。

これが、結構楽で部屋でギターをずっと抱えているような人にも、おすすめです。

 

また、初心者に配慮したモデル…といってもプロアーティストでも使用者がいるくらいの品質です。

ピックアップも内蔵されているエレアコなので、成長してライブなどしたくなっても安心です。

関連記事

Taylor Academy (テイラー アカデミー)をレビュー。初心者に配慮されたアコギシリーズ

Taylor Academy (テイラー アカデミー)をレビュー。初心者に配慮されたアコギシリーズ

2位 MORRIS M-280

  • 国内メーカー Morrisのエントリーモデル
  • ドレッドノートサイズ
  • ピックアップ未搭載
  • 実売価格 2.4万円程度

ソロギタリストやバンドマンから信頼の厚い国内ギターメーカーMorrisのエントリーモデル MORRIS M-280

ドレッドノートサイズでストロークにアルペジオに万能に使えるアコギです。

 

音質は安い鳴りにまとまった音で響きもあり、予算3万円以内ではトップクラスです。

そして、各パーツの造りや接着もしっかりしており、低価格帯アコギですが耐久性も高そうです。

この価格帯だとYAMAHAとMorrisは他メーカーと比べて品質への安心感が頭一つ抜けてますね。

 

初心者定番のYAMAHA FGシリーズは3万円は必要なので、予算2.5万円以内で考えている方には安心品質の非常に良い選択肢です。

関連記事

Morris(モーリス)M-280をレビュー。2万円台で買える安定品質のアコギ

モノクロの写真Morris(モーリス)M-280をレビュー。2万円台で買える安定品質のアコギ

1位 YAMAHA FG830

  • トップ:スプルース単板、サイド&バック:ローズウッド合板
  • ドレッドノートを日本人の体形に合わせて作り替えたオリジナルシェイプ
  • ピックアップ未搭載
  • 実売価格 3.5万円程度

初心者用ギターの定番メーカーYAMAHAからドレッドノート型ギターFG830です。

低価格帯ギターの中では抜群の演奏性と音質です。

YAMAHA FGシリーズはかなり昔から初心者用ギターの代表格に君臨しているイメージですが、試し弾きすると納得します。

 

FシリーズにはFGとFSがあり、ボディ形状が異なります。

FG830とFS830

FGはドレッドノートを日本人体型に合わせて作り替えた、YAMAHA独自のトラッドウェスタンシェイプ。

FSはFGを小ぶりにしたスモールボディになっています。

 

3万円台なので特段良い鳴りをするわけではないですが、ジャッキとまとまった音質で音量も大きいです。

初心者や趣味でギターを弾く人にとっては申し分ない音です。

 

このギターより品質を求めるなら、上の価格帯にいきましょう。

低価格帯では間違いない安心の1本です。

関連記事

初心者が最初に買うアコギに最適!YAMAHA(ヤマハ) FG830をレビューする

YAMAHA(ヤマハ) FG830をレビュー。初心者が最初に買うアコギに最適!

簡単な質問に答えるだけであなたに合う製品を提案!

簡単な質問をタップ(クリック)で答えていくだけで、あなたに最適な製品を提案するツール「弾き語りすとナビ」を作りました!

ランキングやおすすめ商品を読んでも、自分に合うものがどれかはなかなかわからないですよね。

弾き語りすとナビは質問の回答に応じて最適な商品を提案するスタイルなので、あなたの好みに合わせたものがきっと見つかりますよ!

弾き語りすとナビ

 

初心者向けアコギ まとめ

  • 初心者に適しているギターは普通の王道ギター
  • 3万円くらい出せば、普通に使えるエレアコも選べる
  • まずは安いギターを買って、成長したら買い替えするのがおすすめ

ぎたすけ

最初から良い音で練習したほうが成長早いから高い方が良いんじゃない?

たけしゃん

一理あるんだけどね。最初は普通のギターを弾き倒してから、良いギターにステップアップしたほうがギター選びで失敗する可能性が下がるよ

初心者向けアコギの解説でした。

ランキングを振り返ってみましょう。

低価格帯中心に満遍なく色んな価格のアコギが入っています。

 

僕のおすすめとしては…

この2本ですね。

ザ・王道な初心者向けギターなので、弾き倒せば他のギターに持ち替えても苦労することはありません。

低価格ですが、質も良くて安定していますしね。

 

…といっても愛着がわくことが一番大事です。

なので、ルックスやインスピレーションで選んでしまうのが実は一番良かったりもします。

迷いすぎて、わけわからなくなってきたら難しく考えずに直感に頼りましょう。

大量のアコースティックギター初心者におすすめのアコギ 5選と購入するギターの選び方をタイプ・予算別で解説 アコギ弦アコギ弦 おすすめランキングベスト10を解説【プロアーティスト使用弦も紹介】 クリップチューナークリップチューナー おすすめランキングベスト10を解説 カポタスト解説カポタスト おすすめランキングベスト10を解説【プロアーティスト使用カポも紹介】 アコギ用ピック おすすめランキング ベスト10を解説【プロアーティスト使用ピックも紹介】