3万円以内 アコギ(エレアコ) おすすめランキング ベスト10を解説

アコギと木

ぎたすけ

最初に買うギターは予算3万円くらいで済ませたいよなぁ

たけしゃん

予算3万円でも、ちゃんと弾けるギター自体は結構あるからね。僕も最初のアコギは1.5万円くらいのだったよ
この記事でわかること
  • 予算3万円のアコギ(エレアコ)の特徴
  • 予算3万円のおすすめアコギ(エレアコ) ランキング ベスト10

予算3万円のアコギ(エレアコ)とは

アコースティックギター

予算3万円で買えるアコギ(エレアコ)というと、ズバリ初心者向けギターです。

おもちゃのようなものも多いですが、ギターとしての造りはちゃんとしており練習用に必要十分なアコギ(エレアコ)も、たくさんあります。

 

音の鳴りを期待するのは厳しい価格帯なので…

  • 造りはちゃんとしているか?(耐久性があるか)
  • ギターらしい音が鳴るか?

この2点を満たしているかが重要なポイントです。

逆にこの2点を満たしていれば、自宅で練習するためのギターとしては必要十分な性能と言えます。

3万円以内のアコギ(エレアコ)を作っているメーカー

3万円で選べるギターメーカー

上記は主要アコギメーカーで3万円以内の商品有無をまとめた表です。

ご覧の通り、半分くらいのメーカーで製造しています。

 

上記に記載のあるメーカーはどこも大手なので品質は安定しています。

各メーカーの特徴を書くと…

  • Fender…エレキギターシェア率 No.1の海外メーカー
  • Epiphone…Gibsonギターの安価モデルを製造するGibsonの子会社(海外メーカー)
  • YAMAHA…初心者からプロまで使用者がいる安定の国内メーカー
  • Morris…ソロギタリスト、バンドマンに人気の国内メーカー
  • S.Yairi…安価なギターをメインに製造する国内メーカー

…とまあ、こんな感じ。

楽器屋さんに行っても、上記のメーカーの商品が初心者向けで並んでます。

 

どこの大手メーカーも海外工場で機械によって製造されているので、個体差も少なく安定しています。

予算3万円の中古ギター

予算3万円での中古ギターはおすすめしません。

安価なギターは耐久性が弱いので、故障が発生しやすいです。

 

中古となると、更に故障発生のリスクが上がります。

そして、格安ギターであっても修理すると1万円程度は普通にかかります。

 

基の値段が安いので中古になっても、大して価格が落ちませんしね。

リスクの割にはメリットが少ないので新品を買ったほうが良いです。

予算3万円のエレアコ

3万円以内で買えるエレアコに搭載されているピックアップですが…

意外と普通に使えるピックアップが搭載されています。

 

しかも、チューナーが内蔵されているものも結構あります。

なので、予算3万円でもライブハウスなどで使えるエレアコは買えます。

 

ただ、本体自体が安いギターなので音はもちろん大したことはありません。

そして、ピックアップに原価がかかる分、ギター本体の質は下がります。

 

よって、エレアコの必要があるか?はちゃんと考えましょう。

同じ価格でもアコギを買ったほうがギターの質自体は良くなるため、エレアコである必要がなければアコギを選ぶべきです。

予算3万円のおすすめアコギ(エレアコ) ランキング ベスト10

アコースティックギター

それでは、予算3万円で買えるアコギ(エレアコ)のおすすめランキングを解説していきます。

 

はじめに総評すると…「2万円以上の大手メーカーの製品は安定していて、どれも一緒」です。

どれも限られた原材料で作っているので、違いがほとんどわかりません。

そして、どれも練習用ギターとして申し分ないです。

 

逆に1万円台はどれも厳しいです。

具体的には造りがチャチだったり、音の響きが安っぽかったりします。

それでも、練習自体はできるのでアコギを試しに買ってみたい…という需要は満たせます。

 

上記を踏まえて、1万円台・2万円台の商品を解説していきます。

自身の需要にあったギターを探しましょう。

10位 YAMAHA CS40J

CS-40J

  • ミニサイズのクラシックギター
  • 青葉市子さんが使用しているモデル
  • ピックアップ未搭載
  • 実売価格 1.2万円程度

YAMAHAのミニサイズのクラシックギター YAMAHA CS40J

ジュニア用のクラシックギターとして昔から定番の製品ですね。

…といってもボディサイズが小さいだけなので、大人も普通に弾けます。

 

音はポロンポロンとややおもちゃっぽい感じの音です。

…が青葉市子さんの演奏を聴くと、それが逆に味で高級ギターのようにも聴こえちゃうからすごいものです。

青葉さんはライブもレコーディングもピックアップを後付けしたCS40Jでこなしています。

なので、1.2万円で買えるものの耐久性は問題なさそうです。

 

チューニングはやっぱり、狂いやすいので頻繁に合わせるようにした方が良いでしょう。

クラシックギターを始めるにあたっての、お試しとしては十分に機能してくれる製品です。

9位 YAMAHA APXT2

APXT2 NT

  • ミニサイズのエレアコ
  • YAMAHA APXシリーズを小さくしたモデル
  • YAMAHA製のピックアップ SRT搭載のエレアコ
  • 実売価格 2.5万円程度

エレアコで定番のYAMAHA APXシリーズをミニサイズ化した YAMAHA APXT2

ミニギターでは貴重なカッタウェイボディ&エレアコです。

 

サイズ感は弦長 580mmとよくあるミニギターサイズ。

リトルマーチンとドレッドノート

※弦長580mmのMartin LXMと通常サイズのMartin DX1

手軽に持ち運び出来て、部屋に置いておくにもちょうどよいサイズ感です。

 

音質はこの価格でエレアコなのもあり、チープでボディの共鳴はあまりなく弦が鳴っている感じです。

ただ、普通に演奏できるレベルは担保されているので、練習用ギターとしては問題ありません。

 

また、YAMAHA製ピックアップ SRTが搭載されており、チューナー付きのプリアンプが内蔵されています。

APXT2のプリアンプ

2.5万円の売値で、このピックアップ&プリアンプってコスパがすごいですね…。

音質はチープですが、エレアコとして活用できます。

安くて小さいエレアコが欲しい!…という方にはAPXT2以上の製品はないでしょうね。

8位 Epiphone AJ-220SCE

Epiphone AJ-220SCE

  • Gibson伝統のラウンドショルダーボディ
  • NanoFlex製ピックアップとShadow製プリアンプ内蔵のエレアコ
  • 実売価格 2.8万円程度

Gibsonギターの安価モデルを製造・販売しているEpiphoneのエントリーモデル Epiphone AJ-220SCE

トップ:シトカ・スプルース単板、サイド&バック:マホガニー合板という2~3万円台のアコギによくある木材構成。

 

ボディシェイプはGibson J-45などに代表されるラウンドショルダーにカッタウェイを入れたタイプです。

Gisbonギターボディ

ラウンドショルダーはパワーや音量もあって、レスポンスも割と良いので万能に使えるボディシェイプです。

初心者の方が最初に買うギターとしては最適ですね。

 

音質も安いギターという感じですが、1万円前半のアコギよりはしっかりとアコギっぽい音がします。

少し良い感じの練習用ギターといったところです。

 

そして、ピックアップ&プリアンプ内蔵のエレアコとなっています。

AJ-220SCE プリアンプ

ボディ横にShadow Performer Tuner Preampが内蔵されています。

チューナー機能からEQまでついている、結構本格的なピックアップシステムです。

 

このスペックで、3万円切っているのはすごいですね。

僕が中学生とかの時代にこんな安くて使えるエレアコがあれば、色々楽だったのになぁ…と思ってしまいました。

7位 YAMAHA JR2

YAMAHA JR2

  • YAMAHAのミニギター
  • ミニギターの中でも更に小さめ
  • ピックアップ未搭載
  • 実売価格 1.5万円程度

YAMAHAの人気ミニギター YAMAHA JR2

弦長580mmのミニギターが多い中で、弦長540mmと更に小さめサイズのミニギターです。

 

音質は価格相応です。

チープでボディの共鳴で少し変なエコーがかかった感じの音です。

 

ウクレレとギターの中間よりややギター寄りって感じの音です。

ただ、1万円台のミニギターってどれも、こんな感じです。

 

ネックの造りや弾いた時の感触は割と普通なので、物自体は良いですね。

すぐに壊れそうな感じはありません。さすがYAMAHA。

 

弦長が短いこともあり、チューニングはすぐに狂います。

頻繁にチューナーで合わせるようにした方が良いでしょう。

 

正に自宅での練習用ギターといったところです。

ギターを始めたいけど、続けられるか不安なので何万円もするギターはちょっと…という方向けの製品です。

6位 Fender CD-60S

CD-60S

  • エレキで有名なFenderのアコギ
  • 握りやすいEasy-to-Playネック
  • ピックアップ未搭載
  • 実売価格 2.5万円程度

ギターメーカーでは超有名なFenderのアコギ Fender CD-60S

主力製品がエレキギターということもあり、エレキから持ち替えやすいアコギを製造しています。

 

初心者でも弾きやすいようにネックに滑らかな加工を施したFender独自の「Easy-to-Play」ネックを使っています。

Easy To play ネック

握るとネックが薄く感じるのでコードを押さえやすい仕様になっているのは初心者に嬉しい配慮です。

 

ボディサイズはアコギの通常サイズである、ドレッドノート仕様になっています。

音量もしっかり出て、音の鳴り方もちゃんとしたアコギの音です。

やはり、2万円半ばの価格帯となると一気におもちゃ感はなくなり、普通のアコギとなりますね。

 

ストラップピンもボディ上部に付いています。

CD-60S 背面

ギターストラップも簡単に付けられるので、立って弾く場面が多い人には使いやすいですね。

安心して買える初心者向けギターに仕上がっています。

5位 S.Yairi YM-02

S.Yairi YM-02

  • Amazonでベストセラーのミニギター
  • お試しで買うには最適
  • ピックアップ未搭載
  • 実売価格 1.0万円程度

Amazonでベストセラーとなっている、人気ミニギター S.Yairi YM-02

大手メーカー製品では貴重な1万円以内で買えるギターです。

 

音質はさすがにチープです。

ミニギター特有の低音の薄さに加えて、木が薄いのか箱鳴りの仕方が不自然でエコーがかかったような音です。

ウクレレとギターの中間的な鳴りで、かなりチープな音です。

 

ただ、演奏してみると動画の通りで割と普通に弾き語れます。

弾いていて、細かいところで不満はあるものの、練習用ギターとして考えれば全然問題ありません。

 

ミニギターなのもあり、チューニングはやはりすぐに狂います。

1時間くらい弾いてるとナチュラルに音が下がるので、こまめにチューニングしましょう。

 

ギターを練習して本格的に頑張る!という人には不向きですが、「続けられるか試しにやってみたい…」という人には安くて最適なお試しギターです。

4位 Morris M-351

M-351 TS

  • トップ:スプルース、サイド&バック:サペリ
  • ドレッドノート
  • ピックアップ未搭載
  • 実売価格 3万円程度

ソロギタリストやバンドマンで使用者が多い、国内ギターメーカーMorrisのエントリーモデル Morris M-351

トップには単板のスプルース、サイド&バックにはサペリが使用されています。

サペリは海外メーカーが10万円程度のギターに良く使っている木材ですね。

 

ボディサイズはドレッドノートで音量はしっかりと出ます。

音質は各音域のバランスが良くジャッキと軽快な音です。

ストロークでオープンコードを鳴らすと心地良く、リズムを刻めます。

 

ピックアップは搭載されていません。純粋なアコギです。

3万円ジャストでこの品質はすごいですねぇ。

初心者向けのアコギとしてはYAMAHA FG800(1位で登場)に負けない鉄板の1本ですね。

3位 EPIPHONE 1963 EJ-45

EPIPHONE 1963 EJ-45

  • Gibson J-45を基に作られた安価モデル
  • ボディシェイプはラウンドショルダー
  • ピックアップ未搭載
  • 実売価格 2.5万円程度

有名ギターGibson J-45の1963年モデルを基に作られた安価ギター EPIPHONE 1963 EJ-45

チェリーサンバーストカラーやピックガードなど再現性が高いですね。

 

ボディシェイプはラウンドショルダーです。

Gisbonギターボディ

パワーや音量もあって、レスポンスも割と良いので万能に使えるボディシェイプです。

 

音質はジャキっとしていて、響きはあまりない価格相応のアコギです。

ですが、1万円台のアコギとは違って造りも音もちゃんとしたアコギなので安心して選べるギターに仕上がっています。

 

実売価格 2.5万円程度なので、エレアコでなく普通のアコギで問題ない方にはコスパが良いモデルです。

ルックスもJ-45にそっくりなので、部屋のインテリアとしても良い感じなのも嬉しい点ですね。

2位 MORRIS M-280

M-280

  • 国内メーカー Morrisのエントリーモデル
  • ドレッドノートサイズ
  • ピックアップ未搭載
  • 実売価格 2.4万円程度

Morrisアコギのエントリーモデル MORRIS M-280

4位のMorris M-351との違いはトップ材のスプルースが合板になっていることです。

音の響きではやや劣る分、価格も5,000円ほど下がっています。

 

…といっても音質は安い鳴りにまとまった音で響きもあり、予算3万円では十分上位に属するレベルです。

造りもしっかりしており、この価格帯だとYAMAHAとMorrisは安心感が頭一つ出ていますね。

 

自宅での練習用ギターとして選ぶなら、MORRIS M-280で十分な品質です。

価格帯も2.4万円と手が出しやすいところもあり、上位にランクインさせました。

1位 YAMAHA FG800

YAMAHA FG800

  • 初心者には定番のYAMAHA FGシリーズ
  • ドレッドノートを基に日本人に合わせたオリジナルシェイプ
  • ピックアップ未搭載
  • 実売価格 3万円程度

初心者向けギターとして不動の地位を築いている YAMAHA FGシリーズの最も安いモデル YAMAHA FG800

 

FGシリーズはFG800FG820FG830が主に初心者向けで登場するモデルです。

違いはサイド&バックの木材で下記のようになっています。

FGシリーズのサイド&バック木材

  • FG800(3万円)…ナトー合板。アコギらしい音がする
  • FG820(3.2万円)…マホガニー合板。暖かみとパワーがプラスされた音
  • FG830(3.6万円)…ローズウッド合板。音の伸びが良くバランス良い鳴り方

FG830までいくと音の伸びが加わり、バランスが良くなるのでワンランク上に感じますね。

 

…といっても、FG800でも3万円にしてはちゃんとした音で鳴ります。

3万円以内では間違いなくトップレベルで初心者向けとしては十分すぎる品質です。

 

FシリーズのボディシェイプはFGとFSの2種類が存在します。

FG830とFS830

  • FG…ドレッドノートを基に日本人体型に合わせたシェイプ。パワーがあって万能
  • FS…小型ボディで音のレスポンスと抱えた時の弾きやすさを向上させたモデル

FG800が定番ですが、女性やお子さんはFS800のほうが抱えやすくて弾きやすいのでおすすめです。

 

また、YAMAHAのFGシリーズは造りがしっかりしており、丈夫なところが定番たる所以でもあります。

お父さんが学生の頃に買ったYAMAHA FGが子供に引き継がれる…ということはよくありますからね。

 

MORRIS M-280とどちらを1位にするのか迷いましたが、やはりYAMAHAの信頼度の高さは強いですね。

FG800

FS800

予算3万円のアコギ(エレアコ)まとめ

木

  • 予算3万円だと安心の大手メーカーを中心に検討しよう
  • 予算3万円でもエレアコは選べるので、自分の使用用途に合わせて検討しよう
  • 2万円台なら音質はどれも変わらないが、耐久性で定評のあるYAMAHAとMorrisが安心

ぎたすけ

YAMAHAが安心っていうのは何かわかる気がするよな。歴史かなぁ

たけしゃん

僕の友達でも、父親からお古のYAMAHA FGを引き継いだ人が何人かいたからねぇ。やっぱり、それ見てるからかYAMAHAは安心感が違うと感じちゃうよね

予算3万円のアコギ(エレアコ)選びについての解説でした。

改めて、ランキングを振り返ってみましょう。

  1. YAMAHA FG800FS800も良い)
  2. MORRIS M-280
  3. EPIPHONE 1963 EJ-45
  4. Morris M-351
  5. S.Yairi YM-02(ミニギター)
  6. Fender CD-60S
  7. YAMAHA JR2(ミニギター)
  8. Epiphone AJ-220SCE(エレアコ)
  9. YAMAHA APXT2(ミニエレアコ)
  10. YAMAHA CS40J(ミニクラシックギター)

こうやって見ると、予算3万円でもかなり充実した品ぞろえですねぇ。

エレアコも数本あるし、本当に技術の進歩に合わせて低価格・高品質な製品が増えた感じがします。

 

あと、目ぼしいエレアコは3万円台に何本かあって、予算5万円コーナーに行ってしまったんですよねぇ。

なので、予算5万円の記事も参考にしていただきたいですね。

 

初めて買うギターとしてはもちろん、良いギターを持っている人のサブギターとしても使えるものが多いです。

ぜひ、チェックしてみてください!

音楽教室の無料体験レッスンに行ってみよう!

アコギを弾く男性

音楽理論と作曲・演奏を紐づけて学ぶにはプロに習うのが一番です。

マンツーマンでプロの講師に作曲・演奏を学ぶことで実践しながら音楽理論を体系的に学ぶことができます。

 

シアーミュージックは全国に校舎がある大手音楽教室なので、講師の質も高く安心です。

まずは30分の無料体験レッスンに行って、体感してみましょう。