Amazonサイバーマンデー おすすめのセール品

マランツプロ MPM1000Uをレビュー。ちゃんと使える激安コンデンサーマイク

MPM1000U

評価:4.5

ぎたすけ

コンデンサーマイクで7,000円って、まともに使えるの?

たけしゃん

それが普通に使えるんだよね。後半にMPM1000Uで歌録りした動画を載せるけど、まともな音で驚くよ

飛ばし読みガイド

マランツプロ MPM1000U

MPM-1000U 正面

  • 7,000円で買える激安コンデンサーマイク
  • USBタイプと通常のXLRタイプ(1,000円安い)がある
  • ゲーム実況、ライブ配信などに人気の製品

1万円未満で買えるのにちゃんと使えることで人気のコンデンサーマイク マランツプロ MPM1000U

ゲーム実況、ライブ配信から歌ってみた動画の製作によく使われる人気製品です。

 

こんな安いマイクでまともな音が録れるのかな…?と少し不安でしたが、使ってみたらびっくり。

普通に良い音で録れます。人気なのも納得。

 

まずはMPM1000Uの仕様を解説していきましょう。

MPM1000U(USB)

MPM1000(XLR)

MPM1000U 基本スペック

  • 単一指向性
  • 周波数特性:20Hz〜17kHz
  • S/N比:78dB
  • 最大入力音圧レベル 132dB
  • 重量 約300g

数値で見る限りは至って普通の仕様ですね。

よくあるコンデンサーマイク…という感じで困ることはなさそうです。

 

付属品はスタンドマウントとUSBケーブルです。

MPM-1000Uと付属品

マイク用のケースは付属しないので、普段は密封できるジップロックに乾燥剤を入れてしまっておくと良いでしょう。

ジップロック

乾燥剤

単一指向性

指向性は単一指向性のみに対応しています。

MPM1000Uは単一指向性の中でも横に広いです。

 

配信で複数人が話す場合も横に並べば、そこそこ拾ってくれます。

歌の録音での使用はMPM1000Uの指向性で何ら問題ありません。

 

ただ、周りの音がうるさい環境で使う場合は指向性の狭いMPM2000Uや更に狭いダイナミックマイクを使ったほうが良いですね。

大きさ・重量

MPM-1000U 正面

  • 長さ× 直径:約158 x 48mm
  • 重量…約 300g

大きさ、重量は普通ですね。

定番コンデンサーマイクである audio technica  AT2020と並べると、こんな感じ。

MPM-1000UとAT2020

自宅でも使いやすい大きさですね。

MPM-1000U(MPM-1000) マイクスタンド

僕の自宅にあるマイクスタンドの対応状況はこちら。

どれでも安定していけました。

ライブ配信で使うことを考えると、マイクアームで安定して支えられる重さなのは嬉しいですね。

 

セットで買うマイクスタンドとしてはマイクアームか定番のKCブームスタンドがおすすめです。

Roycel マイクアーム

KC ブームスタンド

最大入力音圧レベル

132dbなので普通です。

生ドラムの収録はさすがにきついですが、ボーカルとアコギの録音であれば、何も困ることはありません。

スタンドマウント

MPM-1000U スタンドマウント

マイクスタンドに取付けて使えるスタンドマウントが付属しています。

スタンドマウントはそのままスタンドに取付けするタイプの器具です。

マイクスタンドとスタンドマウント

※マイクスタンドとマイクが直接連結されるので、振動が伝わりやすい

そして、XLRタイプのMPM-1000と1つ上のグレードであるMPM2000Uはショックマウント付属です。

ショックマウントは吊り下げタイプの器具です。

※ショックマウントのMPM-1000

ショックマウントの場合は吊り下げることで振動を拾いにくい造りになっているので、足音などを拾いません。

 

僕の経験上で言うと、床に静音カーペットのようなものが敷かれていればスタンドマウントでも問題ありません。

実際に、僕はスタンドマウントタイプで仮歌の仕事をいくつもしてましたしね。

作家さんからノイズの指摘をされたこともありませんでした。

 

ただ、フローリング直置きは、さすがにきついです。

足でリズムを取る時もかなり気を付けないと、ボン!といった低音をマイクが拾ってしまいます。

僕も引っ越し時に静音マットを捨ててからはノイズを拾うので、ショックマウントを買いました。

 

というわけで、フローリング直置きにする予定の人はショックマウント付属のMPM-1000(XLRタイプ)かMPM2000U(USBタイプ)を選んだほうが無難です。

MPM1000(XLR)

MPM2000U(USB)

USBとXLR どちらを選ぶ?

MPM1000シリーズにはUSB接続のMPM1000UとXLR接続のMPM-1000があります。

 

XLR接続というのは通称キャノンと呼ばれる音響機器に最もよく使われる接続形式。

※一般的なXLRケーブル(オスーメス)

USBタイプとXLRタイプのどちらを買うか迷っている人はこんな感じの切り分けがおすすめ。

  • 歌ってみた動画など音楽制作がメイン…MPM-1000(XLR)
  • ゲーム実況やライブ配信のみ…MPM1000U(USB)

XLRタイプの場合はオーディオインターフェイスが必要となりますが、音楽メインの方は迷わず「MPM-1000(XLR)+ オーディオインターフェイス」にすべきです。

やはり、オーディオインターフェイスがないと音質面やレイテンシー関連の問題で苦しみます。

レイテンシー
モニターした音が遅れて聴こえる現象のこと

逆にゲーム実況する方はオーディオインターフェイス無しで使えるMPM1000U(USB)のほうが便利です。

MPM1000U(USB)

MPM1000(XLR)

 

マランツプロ MPM1000U レビュー

MPM-1000U 正面

それでは、MPM1000Uをレビューしていきます。

なお、MPM-1000(XLR)も基本は一緒なので、同じように参考にしてください。

 

…で総評すると「エントリーモデルとしては十分な品質。最初の1本に最適」です。

不満はそれなりにあるものの、7,000円(MPM-1000は6,000円)と考えると十分すぎます。

 

YouTube動画やライブ配信で使うなら、MPM1000Uで普通にいけます。

音質はお値段以上

補足
ボーカルをMPM1000Uで録ってます

音質はクリアで変な癖もありません。

原音に忠実に拾ってくれるので、低価格帯にしては珍しく素直な仕上がりです。

 

ただ、安いマイク特有の1枚膜が張られたような感じはあり、音が奥に引っ込みます。

プラグインでチューブ系のコンプレッサーをかけるなど、音を前に出す処理は必要です。

 

また、仮歌など仕事として使う人や本格的な音楽制作で使う人にはさすがに役不足なマイクです。

逆にライブ配信やYouTubeで歌ってみた動画を作る分にはこれで十分ですね。

軽くて自宅で使いやすい

MPM1000U スタンド取付け時

大きさ・重量的に自宅で使用しやすいのが嬉しいところです。

軽いため、マイクアームや自立型の卓上マイクスタンドでも安定して使えます。

 

自宅で配信する人は通常のマイクスタンドだと大きくて不便なので、卓上マイクスタンドで使えるのはポイント高いです。

おすすめは定番のRoycel マイクアームですね。

Roycel マイクアーム

KC ブームスタンド

ポップガードは必要

内蔵ポップガードもないため、近い距離で歌うと吹かれによるノイズが発生します。

 

雑談や実況なら、なくても大丈夫かな…と感じましたが、歌で使用する人はポップガードを別で買いましょう。

ポップガード

音楽制作ならMPM-1000

MPM1000U(USBタイプ)だと、ASIOドライバが使えないのでレイテンシーが酷くてリアルタイムで自分の音をモニタリングできません。

ASIOドライバ
Windowsと音響機器を繋げるオーディオ規格。レイテンシーが少なく音質が良いため、オーディオインターフェイスではほぼASIOが使われる

ASIO4ALLというソフトウェアを使えば、ASIO非対応のUSBマイクやPCのサウンドカードもASIO対応にはできます。

 

ただ、僕の環境だとPCのサウンドカード側の問題だと思いますが、ASIO4ALLを入れてもプチプチノイズが出てモニタリングはかなり辛かったです。

PCのサウンドカードに良いものを入れてる人は稀なので同じ現象が起きる人は多そうです。

 

なので、自身の声をモニターしなくてもできるゲーム実況や雑談配信なら良いですが、カラオケ流しながらの歌枠配信や音楽制作をするならオーディオインターフェイス&MPM-1000にした方が良いです。

 

安くてそこそこ良い環境を揃えるなら、歌枠のライブ配信に使いやすい YAMAHA AG03(オーディオインターフェイス)とMPM-1000という組み合わせが鉄板ですね。

MPM-1000(XLR)

YAMAHA AG03

 

マランツプロ MPM2000Uとの比較

MPM1000Uの上位モデルにあたるのがMPM2000U

変わるポイントは下記の通りです。

  • 指向性が狭くなり、余計な音を拾わない
  • マイクホルダーがスタンドマウントからショックマウントに変わる
  • S/N比(数値が高いほど低ノイズ)が78dbから84dbに改善
  • 実売価格 1万円(MPM1000Uより +3,000円)

基本的には音質向上して、価格アップというコンセプトです。

ただ、求める人がほんとに少なそうなニッチな製品です。

 

ゲーム実況や雑談であれば、音質的にMPM1000Uで十分でそれ以上は必要ないです。

音楽メインとして使うのであれば、お金を貯めてMPM-1000(XLRタイプ)&オーディオインターフェイスを買ったほうが音質的にも将来的にも確実に有用です。

 

なので、USBマイクが良くて音質にはこだわりたい…というニッチな層向けの製品です。

購入する層は声優、ナレーター、音フェチ系…とかですかね。

 

とにかく、ミュージシャンには不要な製品なので…

上記の選択肢のどちらかで落ち着いたほうが良いです。

MPM1000U(USB)

MPM1000(XLR)

YAMAHA AG03

 

マランツプロ MPM1000U まとめ

  • 7,000円で買えるUSBタイプのコンデンサーマイク
  • 音質はそこそこ良くて、YouTube動画や配信に使うなら問題なし
  • 音楽メインの人はMPM-1000(XLRタイプ)とオーディオインターフェイスを買ったほうが良い

ぎたすけ

やっぱり、USBタイプのマイクって音楽制作には向かないんだな

たけしゃん

まあ、オーディオインターフェイスの役割って大きいからね。スマホやタブレットで使うこと考えてもUSBタイプは不便だしね

MPM1000Uの解説でした!

7,000円(MPM-1000は6,000円)で買えるのにこの性能って…ほんとに驚きです。

 

僕がDTM始めた時代は安くてもRODE NT-1Aで2万円近くしましたからねぇ。

それでも、先輩方は「コンデンサーマイクが2万円ってすごい時代だな」…と言ってたもんです。

 

今や1万円切ってますからねw

スマホの内蔵マイクからのステップアップにおすすめなマイクです!

MPM1000U(USB)

MPM1000(XLR)

Roycel マイクアーム

コンデンサーマイクコンデンサーマイク おすすめランキングベスト10【2019年版】 〜プロアーティスト使用マイクも紹介〜 コンデンサーマイク安いコンデンサーマイク おすすめランキングベスト5。コスパが良い低価格モデルに限定して解説 PCで音楽制作している環境オーディオインターフェイス おすすめランキング ベスト10【2019】初心者向けに選び方やポイントを解説 マイクスタンドマイクスタンド おすすめ製品を種類別で解説【ライブ配信・DTM向け】 コンデンサーマイクとケーブルマイクケーブル おすすめランキング ベスト5を解説