AKG Lyra-Y3をレビュー。老舗マイクメーカーの高音質なUSBマイク

AKG Lyra-Y3をマイクアームにつけた正面から撮った画像

評価:4.5

ぎたすけ

USBマイクって有名なマイクメーカーも作るもんなんだな。テレワークとかで使うもんじゃないの?

たけしゃん

そうだね。Lyra-Y3はテレワークはもちろん、ナレーションとか歌とか色んな用途で使える高音質なUSBマイクなんだよ
補足

レビューのために国内正規代理店のヒビノ様から製品をお借りしました

先にLyra-Y3の評価まとめ
音質
 (4.5)
使いやすさ
 (4)
汎用性
 (4)
価格(実売12,600円程度)
 (4.5)
総合評価
 (4.5)
主な用途所感
原稿を読んでいる男性
ライブ配信
高音質で良好
ステレオアプリも使える
マイクを設置しているスタジオ

DTM
それなりに使える
Windowsは一工夫必要
オンラインで仕事しているところ

テレワーク
高音質で良好
マイクスタンド不要で楽
メリット
デメリット
  • USBマイクの中では最高レベルの音質
  • 192kHz/24bitの音質で録音可能
  • 4つの指向性を選択可能
  • 専用台座とマイクスタンドの2Way利用が可能
  • 本体にゲインつまみがある
  • ダイレクトモニター機能がある
  • DAWも付属
  • WindowsだとASIO非対応なのでDTMにはやや不向き
  • 周りの音をやや拾いやすい
型番のY-3有無について

Y-3はヒビノ取扱で3年保証の製品です。Y-3がついていないものはサウンドハウス取扱もしくは並行輸入品です

この記事の著者
音楽ブロガーたけしゃん

ミュージシャン

たけしゃん

tkshan

プロフィール

ギター弾き語りのシンガーソングライター。長年の音楽活動や音楽の仕事で得た知識・経験を基にブログを書いています。
そのほか雑誌の音楽記事執筆、音楽専門書の執筆(工学社)、IPC VOICE STUDIOの公認ボイストレーナーの資格を持っています。
プロフィール詳細お問い合わせ

AKG Lyra-Y3の特徴

AKG Lyra-Y3を正面から撮った画像
マイクタイプ USBコンデンサーマイク
指向性 フロント
フロント&バック
タイトステレオ
ワイドステレオ
周波数特性20Hz~20kHz
サンプリング周波数 192kHz / 24bit
対応OS Windows、Mac
Android、iOS
寸法(W×H×D)110×250×123mm
重量920g
(スタンド含む)
公式サイトより引用

老舗のマイクメーカー AKGが作る高音質・多機能なUSBマイク Lyra-Y3。

USBマイクの中でもトップレベルの高音質・高性能で価格も安い素晴らしい製品です。

AKGのUSBマイクはLyraとAraの2種類があり、比較すると以下の通りです。

AKG ara-Y3
Ara-Y3
AKG Lyra-Y3
Lyra-Y3
指向性2種類4種類
ビットレート96kHz / 24bit192kHz / 24bit
ゲインつまみなしあり
最大音圧レベル120dB129dB
実売価格約10,780円約12,600円

Ara-Y3のほうがツマミも少なく、操作はシンプルです。

対して、Lyra-Y3は色んな状況に対応できる万能品という位置づけですね。迷ったらLyra-Y3が間違いないです。

なお、AKG LyraにはLyraとLyra-Y3の2つの型番が存在します。

製品名内容
Lyraサウンドハウス取り扱い
3年保証
Lyra-Y3ヒビノ取り扱い
3年保証

輸入代理店が異なるだけで、製品自体は一緒です。

それではもう少し、細かく製品仕様を解説していきます。

仕様を飛ばして、レビューを読みたい方は<Lyra-Y3をレビュー>を参照ください。

製品仕様の目次

4つの指向性

Lyra-Y3のマイク
指向性特徴
Lyraの指向性 Front
フロント
正面の音を拾う
ボーカル・ナレーション向き
Lyraの指向性 Front&back
フロント&バック
全面の音を均一に拾う
対談やデュエット向き
Lyraの指向性 Tight Stereo
タイトステレオ
前面の音をステレオで拾う
楽器の収録向き
Lyraの指向性 Wide Stereo
ワイドステレオ
前面、背面をステレオで拾う
ライブレコーディング向き

AKG Lyra-Y3は内蔵マイクが4つ入っており、指向性切替できる仕様になってます。

USBマイクで指向性切替可能な製品は少ないので貴重ですね。

しかも、音楽やナレーション用途でも使えるレベルの高音質マイクなので、かなり便利な製品です。

指向性の切替は本体背面ツマミで操作します。

AKG Lyra-Y3の裏面を裏面を説明した画像

上の収音モード選択ツマミを回すと、前面側にあるLEDが切り替わります。

AKG Lyra-Y3の収音モード

選択されているモードが青色に点灯するので、任意のモードに合わせましょう。

基本的には「FRONT」で使用し、用途に合わせて切り替える感じですね。

ちなみに全モードでステレオ入力でした。

おかげでiOSのステレオアプリで利用しても、ちゃんと両耳から音が出ます。

モノラルとステレオ

モノラル入力だとiOSのステレオ仕様のアプリだと左からしか音がでない

なお、全モードステレオ入力ですが、試した感じはステレオの2モードはLとRでちゃんと違う音になります。

指向性特徴
Lyraの指向性 Tight Stereo
タイトステレオ
前面の音をステレオで拾う
楽器の収録向き
Lyraの指向性 Wide Stereo
ワイドステレオ
前面、背面をステレオで拾う
ライブレコーディング向き

左側から録れば、左寄り。右側から録れば右寄りに音が振り分けられます。

対して、FRONTとFRONT&BACKは同じモノラル音声がLとRの両方に出力されてるだけのようでした。

指向性特徴
Lyraの指向性 Front
フロント
正面の音を拾う
ボーカル・ナレーション向き
Lyraの指向性 Front&back
フロント&バック
全面の音を均一に拾う
対談やデュエット向き

目次に戻る

192KHz/24bitに対応

AKG Lyra-Y3を斜め横から撮った画像

AKG Lyra-Y3は192KHz/24bitのAD変換が可能です。

AD変換の数値はアナログで録った音をデジタルに変換する際のビットレートで高いほどに音質が良くなり、データサイズが重くなります。

参考

CDなど通常の市販音源は44.1kHz/16bitで収録されており、ハイレゾ音源は96kHz/24bitなどが多い

仮歌だと24bitで録るように制作側から指示されたりするので、制作でマイクを使う人には割と重要な項目です。

USBマイクだと24bit対応のものはまだまだ少ないので、Lyra-Y3は制作用途などで重宝されているようですね。

目次に戻る

ダイレクトモニター

AKG Lyra-Y3の下部端子の説明

Lyra-Y3は本体下部にUSB端子とヘッドホン端子がついています。

ヘッドホン端子にイヤホンやヘッドホンを繋ぐことで、USB接続したPCやスマホの音もマイクで拾った音もモニターすることが可能です。

なお、繋いだヘッドホンから聴こえるマイクの音は常時ダイレクトモニターになっており、ダイレクトモニターOFFにはできないようです。

ダイレクトモニタリングのルーティング図
PCを経由せずに音声を返すのがダイレクトモニタリング

この「ダイレクトモニターの音」と「USB接続したPCやスマホの音」は本体前面にあるヘッドホン音量ツマミで音量調整できます。

AKG Lyra-Y3 前面パネルの概要

ちなみに下のミュートボタンを押すと、ミュートとなりマイクの音が出なくなります。

audio technica AT2020USB+のようにダイレクトモニターを切れると、DTMでも使いやすかったんですけどね。

補足説明

DTMでの歌録りではDAW側の音をモニターしたいのでダイレクトモニターOFFにしたいことが多い

とはいえ、モニター機能がないUSBマイクが多いのでモニターできるだけありがたいです。

また、付属するUSBケーブルはType C to Type Aケーブルです。

AKG Lyra-Y3付属のUSBケーブル

Lyra-Y3側がType Cなので、接続するPCやスマホもType Cの場合はC to Cのケーブルが別途必要です。

なお、iOSの場合はUSB 3カメラアダプタを介して付属ケーブルで接続します。

USB接続とは別で給電もしないと電力不足で動かないため、USBカメラアダプタでは駄目です。

使えるのはUSB 3カメラアダプタなので注意してください。

目次に戻る

専用マイクスタンド付き

AKG Lyra-Y3を上から撮った画像

AKG Lyra-Y3はマイク用の台座が付属しています。

そのため、別途マイクスタンドを購入せずとも机に置いて使用することが可能です。

雑談配信とかラジオ配信系であれば、付属のスタンドで十分ですね。

また、台座は取り外し可能となっており、下のネジを回せば外れます。

AKG Lyra-Y3の台座はねじ回して外せる
AKG Lyra-Y3本体と台座

台座を外すと、別売りのマイクスタンドに取り付け可能な状態になります。

マイクアームに取り付けした画像がこちら。

AKG Lyra-Y3をマイクアームにつけた正面から撮った画像

歌録りや楽器録りにおいてはマイキングの自由度から、マイクアームやマイクスタンドを使いたいところ。

2Way仕様になっているので、色んな場面で使いやすくて良いですね。

なお、マイクスタンド接続部分のネジ穴は5/8サイズです。

AKG Lyra-Y3の底は5/8インチ

付属品として3/8変換ネジがついてるので、マイクスタンド側が3/8ネジだった場合は変換ネジを使いましょう。

AKG Lyra-Y3付属の3/8変換ネジ

ちなみにLyra-Y3は台座も含めると920gですが、マイク本体だけなら500g程度なので大抵のマイクスタンドで大丈夫です。

僕が使用しているマイクアームも全く問題なく使えました。

目次に戻る

DAWも付属

AKG Lyra-Y3付属のAbleton Liveの紙

AKG Lyra-Y3はDAWのAbleton Live 10 Liteが付属します。

補足

製品付属はダウンロード用のシリアルナンバー付きの紙。サイトからダウンロードが必要

USBマイクの付属でDAWがついてくる製品もほとんどないので、すごいですね。

一方でLyra-Y3はASIO非対応なので、WindowsのDAWで使いにくいんですよね。

補足

詳しくはレビューの章で解説してますが、Macなら特に問題ないです

なので、WindowsのDTMで使うことが主目的な人は普通にオーディオインターフェイスとXLRマイクを買ったほうが良いです。

とはいえ、Windowsでもそこそこには音楽制作できます。

USBマイク単体で見てもコスパはすごく良いので、DAWもついてくるのは嬉しいですね。

 

AKG Lyra-Y3をレビュー

AKG Lyra-Y3を斜め横から撮った画像
先にLyra-Y3の評価まとめ
音質
 (4.5)
使いやすさ
 (4)
汎用性
 (4)
価格(実売12,600円程度)
 (4.5)
総合評価
 (4.5)

それでは、具体的にAKG Lyra-Y3を具体的に解説していきます。

まず、箇条書きでメリット、デメリットをまとめると以下の通りです。

メリット
デメリット
  • USBマイクの中では最高レベルの音質
  • 192kHz/24bitの音質で録音可能
  • 4つの指向性を選択可能
  • 専用台座とマイクスタンドの2Way利用が可能
  • 本体にゲインつまみがある
  • ダイレクトモニター機能がある
  • DAWも付属
  • WindowsだとASIO非対応なのでDTMにはやや不向き
  • 周りの音をやや拾いやすい

まず、USBマイクとしての音質や性能は素晴らしいですね。

価格も安いですし、言うことないです。

一方でUSBマイクなので、WindowsユーザーがDTMで使うにはやはり微妙です。

基本的にはUSB接続でライトに高音質ライブ配信できる製品と捉えるのが良いですね。

レビューの目次

音質はUSBマイクではトップレベル

AKG Lyra-Y3で録った動画

さすがにAKGが作っているマイクだけあって、音質は非常に良いです。

音はクリアだし、各帯域のバランスも良くて聴きやすいです。USBマイクでこれだけの音質のマイクはなかなかありません。

実際にAKG Lyra-Y3を使ってレコーディングした演奏動画がこちら。

詳しくは後述しますが、WindowsのSONARでASIO 4ALLを使ってマイク認識させて録ってます。

音質的にはXLRの同価格帯コンデンサーマイクと変わらないレベルです。

XLR

主にマイクと音響機器の接続に用いられる端子。PCやスマホと繋ぐ場合はオーディオインターフェイスが必要

ライブ配信やナレーション入れなどに使うには十分なレベルですね。

ただし、MPM2000Uと比べて若干周辺の音を拾いやすい感じがしました。

マランツプロ MPM2000U

FRONTにしても音を拾う範囲は少し広いのかもしれませんね。

僕の家は防音室で静かなので、そこまで気になるレベルではなかったですが、環境音の混入が気になる人はMPM2000Uのほうがいいかもしれないです。

マイクの指向性切替は便利

Lyra-Y3のマイク

USBマイクでありながら、指向性切替できるのがLyra-Y3の強みです。

1人で使用する以外にも対談や会議とか色んな場面で活用できます。

基本的にはFRONTだけ使えれば十分ではありますが、アコギ録りではタイトステレオも良い感じです。

指向性特徴
Lyraの指向性 Front
フロント
正面の音を拾う
ボーカル・ナレーション向き
Lyraの指向性 Front&back
フロント&バック
全面の音を均一に拾う
対談やデュエット向き
Lyraの指向性 Tight Stereo
タイトステレオ
前面の音をステレオで拾う
楽器の収録向き
Lyraの指向性 Wide Stereo
ワイドステレオ
前面、背面をステレオで拾う
ライブレコーディング向き

また、バンドでスタジオからライブ配信する際はワイドステレオが使えます。

一台持っておくと、色んな用途で使えるので便利です。

逆に自宅からの配信やテレワークで使うだけなら、下位モデルのAra-Y3で十分かなと思います。

Ara-Y3はFRONT、FRONT&BACKの2種類の指向性に対応しています。

WindowsのDAWはASIO 4ALLが必要

ASIO4ALL Windowsのダイアログ

Lyra-Y3はASIOドライバがありません。

Macは特に問題ないですが、WindowsでDAWを使う場合はOS標準ドライバだと遅延とノイズが厳しいです。

また、大半のDAWがWindows標準ドライバだとマイクを認識すらしないので、ASIO 4ALLというフリーソフトを使う必要があります。

補足

この事象はほぼ全てのUSBマイクで共通の現象なので、Lyra-Y3特有ではありません。

そんなわけで、先ほどの演奏動画もASIO 4ALLで動作させてレコーディングしています。

ASIO 4ALLを使えば、まあそんなに問題なくレコーディングできます。

ダイレクトモニターをOFFにできないので、DAW側のモニターはOFFにしないとですが、その点もそこまで困らないです。

とはいえ、ASIO 4ALLはフリーソフトなので動作がやや不安定なんですよね。

まあ、WindowsでDTMをガッツリやるならUSBマイクは正直厳しいので、素直にオーディオインターフェイス&XLRマイクを買いましょう。

ゲインのツマミがある

AKG Lyra-Y3の後面コントロールパネル
背面下のツマミがゲイン

Lyra-Y3は背面にゲインのツマミがあるので、本体だけでマイクの入力音量を変更できます。

USBマイクはゲインのツマミがないのが普通です。

その場合はOS側のサウンドプロパティをいちいち開いて調整しないといけないんですよね。

Windowsのサウンド入力 調整画面
Windowsのサウンドプロパティ

Lyra-Y3は本体にツマミがあるので、配信中にマイクの音量をパッといじれて便利です。

特に歌枠とか音楽系の配信する人は音量調整が大事ですから、地味に重要です。

これだけ、機能が充実していて音質も良いのに13,000円くらいで買えるのは素晴らしいですね。

僕も色んなUSBマイク触りましたが、価格と品質のバランスNo.1の製品だと思いました。

 

AKG Lyra-Y3 まとめ

AKG Lyra-Y3の梱包時の画像
  • 老舗マイクメーカー AKGの高音質なUSBコンデンサーマイク
  • USBマイクには珍しく、指向性切替可能でステレオ入力仕様
  • スマホやPCからのライブ配信で活躍。テレワークでも可愛いルックスなので使いやすい

ぎたすけ

Lyra-Y3ってUSBマイクなのに色んな機能があるんだなぁ

たけしゃん

ライブ配信メインで使うといいけど、テレワークとか歌ってみたとかにも併用できるから良いよね

AKG Lyra-Y3のレビューでした。

ルックスも良い感じだし、色んな用途で使える便利な製品です。

でも、やっぱりライブ配信での利用が一番性能を活かせるかなーと感じます。

ライブ配信を高音質にしたいと考えている方は購入を検討してみてください。

関連記事

AT2020USB+の写真audio technica AT2020USB+をレビュー。配信やナレーションに最適な高音質なUSBマイク MPM1000U 正面マランツプロ MPM1000Uをレビュー。ちゃんと使える激安のUSBコンデンサーマイク ART2100x-USBaudio technica ATR2100x-USBをレビュー。XLRとUSB両対応のダイナミックマイク。 AT2020USB+とAT2020USBマイクとオーディオインターフェイスの仕組みを解説。XLRマイクとの違いを理解しよう コンデンサーマイクを10本並べた画像コンデンサーマイク おすすめランキングベスト10【2022年版】 〜プロアーティスト使用マイクも紹介〜 マイク弾き語り配信に必要な機材と選び方・おすすめの製品を解説