Amazonサイバーマンデー おすすめのセール品

Zoom UAC-2をレビュー。USB3.0に対応した低レイテンシーなオーディオインターフェイス

DTMをやる男性

評価:3

ぎたすけ

USB3.0対応って珍しいもんなの?

たけしゃん

エントリーモデルだとほとんどないね。USB3.0でも動くけど、速度は2.0みたいなパターンがほとんどだよ

飛ばし読みガイド

Zoom UAC-2

  • コンボジャック2つの使いやすいオーディオインターフェイス
  • USB3.0で高速通信可能
  • Cubase LEが付属

エフェクターなどで有名なZOOMが販売するオーディオインターフェイス Zoom UAC-2

USB3.0 SuperSpeedインターフェースを搭載しているのが大きな特色です。

 

DTMをやっているとレイテンシーとの戦いは避けられず、高速通信で超低レイテンシーをうたうZoom UAC-2は気になる存在ですよね。

まずは基本仕様から解説していきましょう。

2IN 2OUT

  1. ファンタム電源対応のコンボジャック2つ
  2. LINE端子の出力 ×2
  3. MIDI入出力

シンプルな2IN 2OUTです。

珍しい点といえば、入力のコンボジャックが両方ともHi-Z対応ということ。

Hi-Z
ハイインピーダンスの略。Hi-Z対応端子はエレキギターやエレキベースなどインピーダンスが高い楽器を接続しても音が正常に録り込まれる

1万円台から2万円前半のオーディオインターフェイスは片方のコンボジャックだけHi-Z対応が多いです。

 

エレキギター&エレキベースを同時に録りたい…といった需要にも応えられます。

それ以外は入出力については他の競合機種と変わらないですね。

USB 3.0対応 超低レイテンシー

  • クラス最速2.2msの超低レイテンシー
  • 最大5V/900mA(USB 2.0の1.8倍)の給電能力

Zoom UAC-2のウリであるUSB 3.0 SuperSpeedインターフェース。

USB 3.0の性能をちゃんと活かせる仕様です。

補足
USB 3.0とUSB 2.0は互換性があるため、USB 3.0でも動作するが性能はUSB 2.0相当という製品が圧倒的に多い

高速通信で低レイテンシーを実現します。

また、電源供給がUSB 2.0の1.8倍であることも地味に大きいです。

ファンタム電源対応のコンボジャック 2つを持つ機種になるとUSBでの電源供給だけだと心許ないため、別売りの電源アダプタを買うのが安定でしたからね。

 

今後はUSB 3.0が主流になっていくことは間違いないので、既に対応しているのは嬉しい点です。

ちなみにUSB 3.0と2.0は互換性があるため、USB 2.0でも動作します。

もちろん、通信速度と電源供給はUSB 2.0の能力に下がります。

UAC-2 ループバック機能

ループバック機能

ループバック機能に対応しています。

PC内で流しているBGMとマイクからの入力音をオーディオインターフェイスを介して配信で流すことが可能です。

 

喋っている時に効果音を出したり、BGMを流したり…と活用範囲は広いです。

配信をしたいと考えているなら、ループバック機能は必須と言ってもいいくらいの機能になりつつありますね。

内蔵エフェクト

付属のUAC-2 MixEfxというアプリを使って、内蔵ミキサーとエフェクト機能を使うことができます。

エフェクト

  • ローカットフィルター
  • PHASE
  • リバーブ/ディレイ

まあ、必要最低限ってところでしょうか。

EQとコンプレッサーは付けてほしかったなぁと感じます。

 

内蔵ミキサーもルーティングを変えられる類の物ではなく、各チャンネルの音量やエフェクトのかかり具合を調節できるレベルのものです。

競合機種についているソフトウェアと同レベルくらいですね。

Cubase LEが付属

付属DAWはCubase LEです。

YAMAHAやSteinberg製品の付属DAWになっているCubase AIの下位モデルです。

 

Steinbergは自社製品(YAMAHA含む)にはCubase AIを付属し、他社製品にはワンランク下のCubase LEを付属しています。

AIとLEの主な違い

  • MIDI トラック数…AI(48)、LE(24)
  • オーディオトラック数…AI(32)、LE(16)
  • VST インストゥルメントトラック数…AI(16)、LE(8)
  • 最大入出力数…AI(16)、LE(8)

…とまあ、こんな感じで最大トラック数が半分になっています。

弾き語りで軽くDTMをやる程度なら、LEでもチャンネル数は足ります。

 

逆にガッツリDTMをやる人はElement以上にグレードを上げるでしょうから、AIかLEかで悩む人はそういない気もします。

 

Zoom UAC-2をレビュー

PCを入力している人

それでは、Zoom UAC-2を解説していきます。

はじめに総評すると「レイテンシーを最優先する人が買うオーディオインターフェイス」です。

 

USB 3.0の恩恵もあって、レイテンシー自体は低く感じました。

…がそれ以外は至って普通で価格もやや高いです。

 

なので、リアルタイム入力がメインでレイテンシーをとにかく抑えたい…という人向けの製品です。

少し硬めで癖のない音

マイクを繋いで音を録ってみると、ちょっと硬めですが癖のない録り音です。

ボーカル・ギター共に普通に使える音質です。

 

同価格帯のオーディオインターフェイスと比較して、良くも悪くも普通の音です。

十分実用的でDTMや配信で困ることはありません。

低レイテンシーなオーディオインターフェイス

レイテンシーは確かに小さく感じました。

リアルタイムで演奏しても発音が早く感じます。

 

ただ、僕はUSB 2.0でも十分でUSB 3.0になったからといって、そこまでの恩恵は感じませんでした。

シビアに演奏している人だと大事なのかもしれませんね。

 

レイテンシーをとにかく抑えたい…という人は試してみる価値はありそうです。

UAC-2は配信で便利

ループバック機能と内蔵エフェクトがあるため、ライブ配信はオーディオインターフェイスの機能で十分いけます。

リバーブも普通に使えて、ループ、ホール、プレート、エコーと4種類あります。

 

ただ、コンプレッサーは欲しいなぁと感じます。

歌枠だとボーカルのダイナミクスに合わせて音が割れないように調節すると、どうしてもAメロの音量が小さくなりがち。

 

コンプレッサーが欲しい人はOBS STUDIOAudio Input FXなどの配信ツールを使ってエフェクトをかけましょう。

UAC-2はDACとしても優秀

公式でもPCオーディオのDACとしての活用を推奨していますが、確かにZoom UAC-2を通してiTunesを聴くとクリアで良い音です。

DAC
デジタルからアナログに信号を変換する機器のこと

DTMや配信をやる人以外でも、自宅で高音質なオーディオ環境を構築したい…という人にも良いですね。

24bit/192kHzまで対応しているため、ハイレゾ音源もそのまま聴けます。

 

もしかすると、オーディオマニアの人にこそ需要がある製品かもしれません。

 

競合機種との比較

UAC-2 比較

競合となりそうなのは3機種。

価格、機能面ではSteinberg UR22mkIIが最も優れている印象です。

付属DAWもCubase AIなので、Cubase LEよりグレードが高いですし。

 

そんな中でZoom UAC-2が優れているところはUSB 3.0対応という点です。

やはり、低レイテンシーに重きを置く人向けの製品ですね。

 

UAC-2におすすめのマイク

UAC-2とセットで買う、おすすめのマイクはズバリ AKG C214です。

プロのレコーディングスタジオで定番となっているAKG C414を基にDTMer向け安価版として発売された製品ですね。

 

AKG C214は本格的なDTMをやる方にもよく使用されているマイクです。

初期状態で高音が強めにチューニングされており、音の抜けも安価なコンデンサーマイクよりグッとよくなります。

 

そして、小さくてコンパクト。重さは280gと非常に軽いです。

この軽さなら卓上マイクスタンドでも問題なく使えますので、自宅での使いまわしが非常に楽です。

 

自身でボーカル録り、アコギ録りを完結させたい人にはおすすめのコンデンサーマイクです。

AKG C214

UAC-2

 

Zoom UAC-2 まとめ

コップと本

  • USB 3.0対応で高速通信と安定したUSB電源供給を実現した製品
  • エントリーモデルでUSB 3.0の高速通信対応機器は他にはない
  • 低レイテンシーを重要視する人にはおすすめ

ぎたすけ

低レイテンシーって、やっぱり大事なの?

たけしゃん

大事だよ。といっても、高速通信以外にもダイレクトモニタリングとか低レイテンシーにする方法は他にもあるからニッチな需要な感じはするね

Zoom UAC-2の解説でした。

USB 3.0への対応はどんどん進むでしょうが、Zoom UAC-2はその先駆けですね。

 

ただ、USB 3.0対応のPCを持っている人もまだまだ多くはないですよね。

僕のPCもUSB 2.0なので、今回試してみるのに知人の環境を借りましたし。

 

低レイテンシーとUSBでの安定した電源供給は魅力的なので、USB 3.0オーディオ対応機器が今後もどんどん増えていってほしいですね。

PCで音楽制作している環境オーディオインターフェイス おすすめランキング ベスト10【2019】初心者向けに選び方やポイントを解説 コンデンサーマイクコンデンサーマイク おすすめランキングベスト10【2019年版】 〜プロアーティスト使用マイクも紹介〜 マイク弾き語り配信に必要な機材と選び方・おすすめの製品を解説