YAMAHA AG06MK2をレビュー。弾き語り配信にも最適な配信に強いオーディオインターフェイス

YAMAHA AG06MK2

ぎたすけ

AG06MK2は人気のAG06の後継機種でいいのかな?

たけしゃん

そうだね。AG06MK2になってコンデンサーマイクを2本使えるようになったのが大きいね!
補足

レビューするためにYAMAHA様からデモ機をお借りしました

AG06MK2の評価まとめ
音質
 (4)
使いやすさ
 (5)
価格(2.3万円程度)
 (4)
総合評価
 (4.5)
メリット
デメリット
  • 音質は必要十分なレベル
  • iOS専用アプリがある
  • マイクを2本同時に使える
  • 豊富な入出力で配信に強い
  • Cubase AI付属でDTMもできる
  • 音楽制作だとUR-Cシリーズの方が良さげ

AG06MK2

YAMAHA AG06MK2

AG03

YAMAHA AG03 正面からの写真
この記事の著者
音楽ブロガーたけしゃん

ミュージシャン

たけしゃん

tkshan

プロフィール

ギター弾き語りのシンガーソングライター。長年の音楽活動や音楽の仕事で得た知識・経験を基にブログを書いています。
そのほか雑誌の音楽記事執筆、音楽専門書の執筆(工学社)、IPC VOICE STUDIOの公認ボイストレーナーの資格を持っています。
プロフィール詳細お問い合わせ

YAMAHA AG06MK2

YAMAHA AG06MK2
入力端子コンボジャック×2
LINE(ステレオ) × 2
AUX ×1
出力端子ステレオアウト×1
モニターアウト×1
Phone ×2(同時使用不可)
AUX ×1
サンプリングレート192kHz/24bit
接続端子 USB 2.0
4極ミニ入出力
対応OSWin,Mac,iOS,Android
※Androidは4極ミニ接続
寸法(WHD)152 × 63 × 201mm
公式HP

ライブ配信で人気の高いYAMAHA AGシリーズの最新機種 AG06MK2。

人気のAG06から細かいところを改良し、より使いやすい製品となっています。

先代のAG06からの変化は以下の通りです。

  1. 音質の改善
  2. CH2もファンタム電源に対応
  3. 4極ミニ入出力端子の追加
  4. ミュートボタンの追加
  5. iOS専用アプリの追加
補足

iOS専用アプリは先代のAG03/AG06でも使えるようになっています

個人的に一番大きいのはCH2がファンタム電源に対応したことですね。

YAMAHA AG06MK2の上部
ファンタム電源

コンデンサーマイクを使う際に必要な電源。AG06はCH2は非対応だった

弾き語りやデュオなど、コンデンサーマイクを2本使いたい人たちにも勧められる製品になりました。

また、4極ミニ入出力が使えるようになったのも地味に大きいですね。

早速製品仕様から解説していきます。

使用を飛ばしてレビューを読みたい方は<AG06MK2をレビュー>を参照ください。

製品仕様の目次

入出力端子

YAMAHA AG06MK2の上部
入力端子
出力端子
  • コンボジャック ×2
  • LINE(ステレオ)×2
  • ヘッドセット入力
  • AUX入力
  • ステレオアウト
  • モニターアウト
  • ヘッドホン端子
  • ヘッドセット出力
  • AUX出力

AG06MK2は充実した入出力端子が用意されています。

1人での利用はもちろん、デュオやアコースティックユニットでも活用できます。

AG06MK2になって、コンボジャックが2基ともファンタム電源対応になりました。

YAMAHA AG06MK2のファンタム電源
+48Vがファンタム電源

コンデンサーマイクを2本挿せることで、利用範囲が色々と広がります。

弾き語り配信ではボーカル、アコギにそれぞれコンデンサーマイクを立てられますね。

そのため、シンガーソングライターの方はAG03MK2よりAG06MK2を買ったほうが安定です。

YAMAHA AG03MK2とAG06MK2
左がAG03MK2、右がAG06MK2

また、AGシリーズはヘッドセット端子も用意されており、雑談やゲーム実況でも使いやすいのが良いですね。

なお、AUX端子が「4極ミニ入出力」です。先代は入力のみでしたが、AG06MK2は入出力対応になっています。

YAMAHA AG06MK2のコントロールパネル

AUX端子が入出力対応になったことに関する変化も説明していきます。

4極ミニ入出力の恩恵

YAMAHA AG06MK2をUSB接続した場合と4極ミニ入出力接続した場合

4極ミニ端子は主にスマホやタブレットと繋ぐときに使用します。

USB接続だと正常に動作しないときに使うのがメイン用途です。

AndroidだとUSB接続すると端末相性があって、動かない機種やアプリが多いんですよね。

机の上にスマートフォン

4極ミニ接続の場合は電源供給や専用アプリとの連携などはできないですが、その分端末相性はほとんど出ません。

たけしゃん

4極ミニ接続と言えばイヤホンマイクですが、端末相性とかほとんどないですよね

なので、公式でも「Android: 4極ミニ入出力端子(TRRS)接続により対応」と記載があります。

また、iOSでも通話モードになるアプリだとUSB接続の機種は動作しません。

対して、4極ミニ接続は通話モードになるアプリでも使えます。

通話モードになるアプリ例

  • 通話
  • LINE電話
  • SKYPE
  • FaceTime…など

たけしゃん

ほかにもたくさんあります。通話・会議系のアプリは基本USBは使えません
補足

ZOOMは通話モードにならないのでUSB接続でも使えます

少し前に流行ったClubhouseも流行った時はUSB接続の外部マイクは使えませんでした。

USBと4極ミニの両方が使えると、こういった場面で接続を切り替えれば対応できるので良いですよね。

また、細かいですがUSBと4極ミニ入出力は同時利用できる仕様になってます。

そのため、例えばPCでツイキャス配信しつつ、同時にスマホでSpoonにも配信といったことが可能です。

YAMAHA AG06MK2でPC、スマホ同時配信をする

あとはラジオ番組でよくある番組中にリスナーと電話を繋ぐ的なこともできますね。

USB接続したPCで配信しつつ、4極ミニで繋いだスマホから電話すれば相手の声もPC配信に流せます。

YAMAHA AG06MK2でスマホの通話をPC配信に流す
相手の声も流す場合はINPUT MIXを使う

AG06MK2は入力端子も豊富なので、色んな使い道ができそうですね。

また、Androidはオーディオインターフェイスの選択肢が非常に狭いので、AG06MK2の登場は非常に大きいですね。

本体スイッチで一通りの操作が可能

YAMAHA AG06MK2の下部

AGシリーズが配信利用で人気なのは本体で操作が一通り完結するからです。

AG06MK2は先代のAG06からミュートスイッチが追加されています。

YAMAHA AG06MK2 ミュートスイッチ

AG03MK2と違ってフェーダーがないので、ミュートスイッチはあると助かりますね。

マイクの入力を一時的に切りたいときに便利です。

また、エフェクトもON/OFFスイッチがついています。

AG06MK3のエフェクトボタン

本体だけでエフェクトON/OFFできるのは良いですね。

細かい調整だったり、ボタンにないエフェクトをかけたい場合は専用アプリから調整しましょう。

オプションでフットスイッチにも対応

YAMAHA FC5

AG06MK2は別売りのフットスイッチFC5を取付できます。

FC5を取付することで足元でリバーブやミュートのON/OFFを切替できます。

YAMAHA AG06MK2にフットペダルFC5を取付

フットスイッチに何の機能をアサインさせるかは専用アプリのAG Controllerから選択できます。

YAMAHA AG Controller 設定
設定画面

使い道は色々ありそうですが、パッと思いつくのはリバーブの細かいON/OFFです。

ラジオ番組みたいにタイトルコールやセリフにだけ深いリバーブをかけるような使い方が適してますね。

手で本体スイッチを押すでも良いですが、足元のほうが瞬時にできますからね。

深めのリバーブをセットしておいて、足元で切替できると、よりラジオ番組っぽい構成が作れそうです。

AG Controller

YAMAHA AG ControllerのSimple(AG06)

AG06MK2にはWindows、Mac、iOSで動く専用アプリ「AG Controller」が用意されています。

AG Controllerを使うことでアプリ上でエフェクトの調整などを細かく行えます。

AG Controller

AG Controller

Yamaha Corporation無料posted withアプリーチ

補足

USB接続した機器と連携できます。4極ミニ接続だと使えません

AG Controllerには「Simple」と「Detail」の2モードが用意されています。

Simpleモードは音響機器が分からない人でも感覚的に使えるように設計されています。

YAMAHA AG Controller SimpleとDetail(AG06))

Detailは通常モードという感じでエフェクトなどを微調整できます。

最近はPC持ってない人も多いので、スマホ内でエフェクト調整が完結できるのは強いです。

YAMAHA AG ControllerのDetail(AG06)

コンプレッサーやリバーブは微調整したいことが多いので、専用アプリの有無は大事です。

実際のエフェクトのかかり具合は後半のレビューでサンプル音源を付けて紹介していきます。

ループバック機能

ループバック機能の説明図解

配信ではよく使うループバック機能も、もちろん搭載されています。

ループバックのON/OFFは本体スイッチで操作できます。

AG06MK2のループバック機能
項目内容
DRY CH
1-2G
1CHと2CHをパラ出力
DTMなど制作用途で使用する
エフェクトは反映されない
INPUT MIX全入力をステレオミックス
エフェクトは反映する
LOOPBACK全入力・端末の音をステレオミックス
エフェクトは反映する

配信で使うのは「INPUT MIX」か「LOOPBACK」のどちらかです。

PCの再生音を配信に流したいなら、LOOPBACKですね。

INPUT MIXはスマホでのライブ配信やコラボ配信で使うことが多いですね。

コラボ配信でLOOPBACKを選ぶと、相手の声がハウリングしますので注意しましょう。

コラボ配信ではループバックをONにすると相手の声もループしてハウリングする
コラボ配信でLOOPBACKすると相手の声が無限ループする

INPUT MIXとLOOPBACKを正しく使い分けることが地味に大事です。

ループバックについての詳しい話は下記の記事を参照ください。

付属品

YAMAHA AG06MK2の外箱
YAMAHA AG06MK2の付属品
  • 取扱い説明書
  • USBケーブル
  • Cubase AI(ダウンロード)
  • Cubasis LE(ダウンロード)
  • WaveLab Cast(ダウンロード)
  • Rec’n’Share(ダウンロード)

USBはAG06MK2本体の端子はUSB-Cですが、接続の形式自体はUSB2.0です。

YAMAHA AG06MK2のUSB端子
挿す先は右です。左に挿しても動作しません

そのため、接続先のPCはUSB2.0でも特に問題はありません。

USB2.0での接続でも、別での電源供給は不要でバスパワーのみで動作します。

ただし、スマホ・タブレットへの接続、4極ミニ端子での接続時は別途電源供給が必要になります。

スマホをUSB接続する場合

YAMAHA AG06MK2のUSB端子の使い分け

4極ミニで接続する場合

AG06MK2とスマホを4極ミニ接続するときの配線

iOSの場合はUSB 3カメラアダプタを別途用意しましょう。

また、4極ミニ端子用のケーブルは付属しないため、別途用意しましょう。

また、ソフトウェアはDAWであるCubase AIとCubasis LE(スマホ・タブレット)のライセンスが付属します。

Cubaseのミキサー画面
Cubase AI

歌ってみたなどの音楽制作への対応のバッチリです。

他にもYAMAHAのRec’n’Shareと連携して手軽な撮影なども可能です。

Rec'n'Share

Rec’n’Share

Yamaha Corporation無料posted withアプリーチ

アコースティックユニットでの撮影なども絡めると豊富な入出力が一層活きますね。

 

YAMAHA AG06MK2をレビュー

YAMAHA AG06MK2
AG06MK2の評価まとめ
音質
 (4)
使いやすさ
 (5)
価格(2.3万円程度)
 (4)
総合評価
 (4.5)

それでは、AG06MK2を細かくレビューしていきます。

はじめにメリット・デメリットを箇条書きしていくと以下の通りです。

メリット
デメリット
  • 音質は必要十分なレベル
  • iOS専用アプリがある
  • マイクを2本同時に使える
  • 豊富な入出力で配信に強い
  • Cubase AI付属でDTMもできる
  • 音楽制作だとUR-Cシリーズの方が良さげ

弾き語りの配信、アコースティックユニットでの配信などに最適な機種ですね。

ボーカル&ギター&ピアノという編成で配信可能です。

さらにはゲーム実況などにも適しており、オールラウンダーというべき機種ですね。

音質はクリアで良好

YAMAHA AG06MK2

AG06MK2でボーカル、アコギの音を色々録ってみました。

先代のAG06とほぼ変わらない印象で、配信やカバー動画制作などで使うには十分なレベルです。

比較用でワンフレーズ録ってみましたので、聴き比べてみましょう。

使用したマイクはAG06MK2と同時発売のYAMAHA YCM01です。

YAMAHA AG06MK2とYCM01

AG06MK2

YAMAHA AG06MK2

AG03

YAMAHA AG03 正面からの写真

Babyface Pro FS

RME Babyface pro fs

聴き比べてみると、AG06MK2は先代よりは中高音域がハッキリしている印象を受けます。

プロユースのBabyface Pro FSと比較しても、割と良い勝負なので十分なレベルですね。

AG06MK2でカバー動画も制作してみました。

AG06MK2でレコーディングしているところ

HERO(Cover)/Vaundy(YouTube)

動画制作で使っても、良い感じですね。

配信からカバー動画制作まで万能に使えます。

ちなみに先代と一緒でダイレクトモニターの音はホワイトノイズがやや多いです。

AG06MK2のダイレクトモニター
ダイレクトモニター

PCを介さず、オーディオインターフェイスの入力音を直接ヘッドホンに送る機能

ですが、実際に録音される音(配信で流れる音)はクリアでキレイに録れます。

また、INPUT MIXとLOOPBACKはDRY CH1-2Gより音量が小さいです。

AG06MK2のループバック機能

これも先代と一緒ですが、適正な音量はモードによって変わるので気を付けましょう。

たけしゃん

DAWでのRECはDRY CH1-2Gを使いましょう。そのほうがノイズを抑えられます

このあたりの細かい使い分けをちゃんとしておけば、制作でも配信でも十分役に立つはずです。

複数人配信でも使いやすい

YAMAHA AG06MK2の上部

AG06MK2はコンボジャック2基にLINE入力も2系統と入力端子が豊富です。

CH2のコンボジャックもファンタム電源対応になったので、対応できる幅が広がりました。

使用例

  • 弾き語りの録音・配信
  • 対談配信
  • アコースティックデュオの録音・配信
  • アコースティックバンドの録音・配信

ボーカル・ギター・ピアノといった3人編成もAG06MK2だけで対応可能です。

2万円程度のオーディオインターフェイスで3人編成をカバーできる機種ってほとんどないんですよね。

AG03MK2は1人での配信に適していますが、AG06MK2は1人〜3人くらいの配信に適しています。

YAMAHA AG06MK2

AG06MK2を選んでおけば、後々ユニットやグループを組んだときに複数人で利用できます。

価格差も5,000円くらいなので、迷ったらAG06MK2にしておくのが間違いないですね。

また、ギター弾き語りの人は弾き語りやアコギRECなどマイクを2本使うときは結構多いのでAG06MK2推奨です。

AT2020とSM57の2本でアコギを録音しているところ
アコギRECはマイク2本でステレオ録音が多い

やはり、ギター弾き語りだとコンボジャック2基の製品が間違いないですね。

AG Controllerが使いやすくて便利

YAMAHA AG ControllerのDetail(AG06)

新しくなったAG Controllerは非常に使いやすい作りになっています。

初心者にも優しいSimpleモードでは用途を選ぶだけでエフェクトが自動で設定されます。

エフェクトなし

下図のエフェクト設定

YAMAHA AG ControllerのSimple(AG06)

リバーブがほんのりかかって、コンプレッサーはやや強めに効いてます。

Detaliモードでは1CHと2CHのエフェクトを細かく調整できます。

YAMAHA AG ControllerのDetail(AG06)

Detailモードでは直感的にパラメーターを調整できる上にプリセットも豊富に用意されています。

YAMAHA AG Controller EQ
EQ
YAMAHA AG Controller コンプレッサー
コンプレッサー
YAMAHA AG Controller アンプシミュレーター
アンプシミュレーター
YAMAHA AG Controller リバーブ
リバーブ

プリセットは1CHはマイク用途中心、2CHはギター・ベース用途中心に用意されていますね。

YAMAHA AG Controller EQ
1CHのプリセット
YAMAHA AG ControllerのEQ(AG06)
2CHのプリセット

なお、2CH側にも少量ながらボーカル・スピーチ用途のプリセットも用意されています。

プリセットだけでも色んな音色を作れるので、詳しく無い人でも触りやすいですね。

また、各エフェクトの他にPANやSENDの設定もできるようになっています。

YAMAHA AG ControllerのDetail(AG06)
PAN

入力音の配置を設定できる。Lに振ると左から、Rに振ると右から聞こえるようになる

ユニットで演奏するときに楽器ごとにPANを触れるのは良いですね。

最近は配信アプリもステレオが多くなったので、このあたりの設定を活かせることも多そうです。

なお、エフェクトは「DRY CH1-2G」だとモニター専用になります。

AG06MK2のループバック機能
モニター専用

自分のヘッドホンにはエフェクト有の音が流れるが、配信や録音はエフェクトなしの音が流れる

なので、配信でエフェクトをかけた音を流す場合は「INPUT MIX」か「LOOPBACK」を選択しましょう。

たけしゃん

配信はINPUT MIXかLOOPBACK。RECはDRY CH1-2Gと覚えておきましょう

4極ミニ入出力が地味に便利

YAMAHA AG06MK2をUSB接続した場合と4極ミニ入出力接続した場合
AUXが4極ミニ入出力

AG06MK2になって、出力にも対応したAUX端子。

下記のような人が恩恵を受けられます。

  • Androidユーザー
  • スマホでLINE通話やSKYPEなどを使う人
  • ボイスチャットなど通話を手軽に配信で流したい人
  • 2つの配信アプリで同時に配信したい人

Androidユーザーはもちろん、iPhoneユーザーも会議系のアプリで外部マイクが使えます。

テストでAG03MK2を経由してコンデンサーマイクで友達とLINE通話しましたが、音が超キレイになります(笑)。

テストがてら手持ちのAndroid AQUOS sense2でnanaの歌録りをやってみました。

nana-music.com

音の遅延は少し感じましたが、nana側で調整して普通に録れました。

補足

冒頭にホワイトノイズが載ってますが、楽器伴奏側のものです

AndroidだとAG Controllerは使えませんが、本体ボタンでエフェクトやループバック自体は使えます。

YAMAHA AG06MK2の下部
4極ミニ入出力でも本体機能は普通に使える

USBと4極ミニ入出力の両対応自体が珍しいですが、更に多機能なので使い道が広がりますね。

AG06MK2の登場でスマホ配信の自由度が上がりそうです。

なお、接続に際して、iOSは3.5mm変換アダプタが必要です。

iOS用

UR-Cシリーズとの比較

YAMAHA AG06MK2
AG06MK2
UR22Cの正面から撮った写真
UR22C
UR24C 正面の画像
UR24C
入力端子コンボジャック×2
LINE×2
コンボジャック×2コンボジャック×2
ビットレート192kHz / 24bit192kHz / 32bit192kHz / 32bit
4極入出力××
ヘッドセット××
エフェクト
スマホアプリ
ループバック
実売価格約23,100円約17,820円約24,000円
補足

UR-Cシリーズは品薄で価格変動が激しいため、実売価格は参考です

AG06MK2を購入検討する際に迷うのはSteinberg UR-Cシリーズです。

ただ、AGシリーズとUR-Cシリーズは割と棲み分けができています。

製品こんな人におすすめ
YAMAHA AG06MK2
AG06MK2
配信メインの人
ゲーム実況をやる
マイクを2本使う
UR22Cの正面から撮った写真
UR22C
音楽制作メインの人
ゲーム実況はやらない
マイクを2本使う
UR24C 正面の画像
UR24C
音楽制作メインの人
ゲーム実況はやらない
マイクを2本使う
出力が4OUT欲しい人

こんな感じで配信と音楽制作のどちらがメインかで選択肢を変えると良いですね。

音楽制作メインの人はUR-Cシリーズの方がシンプルで使いやすいです。

UR24Cの背面
UR-CシリーズはMIDI入出力がある

逆にゲーム実況など、色んなジャンルの配信をやる人はAG06MK2がいいですね。

ヘッドセット、AUX端子など配信で活躍する端子が色々とついています。

YAMAHA AG06MK2のコントロールパネル

また、AG06MK2は入力端子が豊富なので、ボーカル・アコギ・ピアノなどのユニットで活躍します。

このあたりは自身の用途を整理して、適した製品を選びましょう。

 

AG06MK2 まとめ

YAMAHA AG06MK2の付属品
  • ミュートボタン、4極ミニ入出力など細かいところが便利になった
  • 専用アプリが使いやすく、初心者でもエフェクトを効果的にかけられる
  • 音楽制作がメインの人はUR-Cシリーズの方が良い

ぎたすけ

色んな端子があってスマホでも使えて専用アプリもあるのはすごいな

たけしゃん

スマホだけでもエフェクトを細かく調整できるのは良いよね。色んな場面で使えそうな便利機種だね

AG06MK2のレビューでした!

これだけ入出力端子が充実していて、iOSやAndroidでも使えるのが素晴らしいですよね。

先代のAG06以上に色んな使い道が見つかりそうな機種だと感じました。

新しいAGシリーズでライブ配信事情もまた変化していきそうですね。

関連記事

PCで音楽制作している環境オーディオインターフェイス おすすめランキング ベスト10【2022年】配信、歌ってみたに適した機種を徹底解説 M-Audio M-Track soloとM-Track Duo【1万円以内】安いオーディオインターフェイス おすすめランキング ベスト5。失敗しない見るべきポイントも解説 MOTU M2をiPhoneで使っているところ【2022年】iPhone向け オーディオインターフェイスおすすめ5選。選び方や注意点をiPhoneで配信している筆者が徹底解説 コンデンサーマイクを10本並べた画像コンデンサーマイク おすすめランキングベスト10【2022年版】 〜プロアーティスト使用マイクも紹介〜 audio technica AE3300ボーカルマイク おすすめランキングベスト10【2022年】ープロアーティスト使用マイクも紹介ー DTMをやっているデスク弾き語り配信に必要な機材の選び方とおすすめ製品を解説