歌ってみた・カバー動画をミックスしてみよう。やり方やコツをCubase AIの画面を使って細かく解説

DAWで音楽制作している人

ぎたすけ

ミックスって難しそうで自分でやるのは無理な気がするんだよなぁ

たけしゃん

ミックスは奥が深いのは間違いないけど、割と敷居は低いから自分でやってみるのは大事だよ
補足

本記事はDTMer向けではなく、ボーカルが自分でやるためのミックス講座です

ミックスとは歌と伴奏の音量やエフェクトの調整を行うことですが、mix師と呼ばれる方に頼む人も多いです。

ただ、コンスタントに作品をアップしていくなら最低限は自分でやれたほうが絶対良いです。

しかも、歌ってみたとか弾き語りカバー動画のミックスは作業範囲が狭いので、そんなに難しくありません。

そんなに難しくない理由

ミックスで一番難しいギター・ベース・ドラムなどの楽器隊をまとめる作業がないため

また、自分である程度やれるとmix師との意思疎通もかなり楽になりますし、音の録り方がいかに重要かも理解できます。

本記事ではミックスをやったことがないボーカルの方向けに基本かつライトなやり方を解説していきます。

動画制作講座にもどる

この記事の著者
音楽ブロガーたけしゃん

ミュージシャン

たけしゃん

tkshan

プロフィール

ギター弾き語りのシンガーソングライター。長年の音楽活動や音楽の仕事で得た知識・経験を基にブログを書いています。
そのほか雑誌の音楽記事執筆、音楽専門書の執筆(工学社)、IPC VOICE STUDIOの公認ボイストレーナーの資格を持っています。
プロフィール詳細お問い合わせ

ミックスとは

DAWで音楽制作している人 2

まずは実作業に移る前にミックスの基本的な考え方や作業範囲を解説していきます。

年々、ミックスの作業範囲が広くなっていてmix師も大変だな…と思うばかりですが、ミックスとは主に以下の作業を指します。

  • 各楽器パートの音量調整
  • 各楽器の定位の調整
  • EQ・コンプレッサーなどエフェクトによる音の調整
  • リバーブ・ディレイなどのエフェクト調整
定位

ステレオで聞いたときに聴こえる音の位置。ボーカルを中央にして各楽器は左右に散らす

主には各パートの音量バランスやエフェクト調整ですね。

昨今だと、上記に加えて下記の作業がミックスに盛り込まれているケースが多いです。

  • ピッチ修正
  • リズム修正
  • ノイズ除去

ここまでくると、かなり守備範囲が広くなりますね…。

外注でミックスをお願いするときはピッチ修正やノイズ除去は別料金になってることが多いですね。

本記事では主に下記の項目について、基本的なことを解説していきます。

  • 各楽器パートの音量調整
  • 各楽器の定位の調整
  • EQ・コンプレッサーなどエフェクトによる音の調整
  • リバーブ・ディレイなどのエフェクト調整

そして、割と重要なのがミックスは「録った音を聴きやすく整理する」作業でしかないことを理解しておくことです。

演奏や録音状況がダメだと、ミックスをいくら頑張ってもよくはなりません。

Baby Bottleでレコーディングしているところ

特に音数が少ない弾き語り系のカバー動画だと録音の時点でクオリティはほぼ決まってしまいます。

なので、クオリティを高めるならミックス以前に録音にこだわるべき…ということは頭に叩き込んだほうが良いです。

 

リファレンス音源を用意しよう

ATH-EP1000IR

ミックス作業をするときに欠かせないのがリファレンス用の音源です。

要は見本となる音源ですね。できるだけ、ミックスする音源と近い楽器構成の曲を選びましょう。

歌ってみたの場合は一番楽なのが本家の音源を聴くことです。

ただし、本家がボーカロイドの場合は参考にしづらいので、大手のカバー動画や近しい楽曲を聴くようにしましょう。

弾き語り系カバーの場合は秦基博さんの弾き語りアルバムevergreenシリーズがリファレンスとしてちょうど良いです。

リファレンスを用意したら、ボーカルと伴奏の音量バランスの基準として使いましょう。

リファレンスを使わずに感覚でやってると、絶対バランスが狂うので基準をしっかり決めるのはほんとに大事です。

なお、やってみるとわかりますが、リファレンス音源と同じ音色にするのは相当難しいです。

なので、完全に近づける…というよりは音のバランスや聴こえ方をある程度近づけるくらいの感覚で使いましょう。

 

歌ってみた・弾き語りのミックス手順

暗い部屋でMacで音楽制作しているところ

歌ってみた、弾き語り系カバーのどちらでもミックスのポイントはボーカルと伴奏をうまく馴染ませることです。

歌ってみたの場合はミックス済みのボーカルOFF音源にボーカルを入れるだけですが、違和感なく馴染ませるのは意外と難しいです。

馴染ませるためのミックス作業としてやる工程は主に下記の4点です。

  1. ボーカルと伴奏の音量調整
  2. コンプレッサーを使って音量を揃える
  3. リバーブなどでオケとボーカルを馴染ませる
  4. 音量を再度調整してマキシマイザーをかける

なお、EQについては本記事では割愛します。

歌ってみたや弾き語り系カバー動画だとEQを使わなくても大丈夫なことが多いです。

補足

弾き語りは音数が少ないし、歌ってみたはオケがすでにEQ処理済みなので意外と音がぶつからない

下の動画はボーカル・アコギともにEQは何もしていないです。

初心者はEQをかけすぎてわけがわからなくなることが多いので、まずはEQを使わずにやってみたほうが音の変化など理解しやすいと個人的に思います。

目次

ボーカルと伴奏の音量調整

AT2040と別売りのショックマウントを組み合わせた画像2

最初の工程はボーカルと伴奏の音量調整です。

Cubaseであれば、上のメニューバーにある「スタジオ」からMixConsoleを開きましょう。

Cubase AIのMixConsole画面
MixConsole画面

MixConsoleでは各トラックのフェーダーが一覧で出てくるので、音を再生しながらフェーダーを調整していきます。

前段で用意したリファレンス音源と何度も聞き比べて、ボーカルと伴奏の音量バランスを同等くらいにしましょう。

音量を上げすぎて超過すると、超過したトラックが赤く点灯します。

Cubase AI ステレオアウトが音量超過で赤く点灯
Stereo Outが音量超過で赤く点灯

赤く点灯していると音が歪んだり、プチっというクリップノイズが発生するので音量を下げましょう。

上図のようにStereo Out(マスター)が点灯する場合は全体の音量が大きすぎるのでボーカル、ギターなどの各トラックのフェーダーを下げて調整します。

補足

Stereo Out(マスター)のフェーダーはこの段階ではいじらず、各トラックの音量で調整しよう

なお、この段階での音量調整ではStereo Out(マスター)は余裕のある音量に収まるように低めで調整しましょう。

たけしゃん

僕は最大音量がフェーダーの-0あたりで収まるようにしてます
Cubase AIの音量調整の目安

このあと、エフェクト調整すると全体の音量が上がることが多いので、この段階でギリギリまで上げてしまうと都度調整が発生して面倒です。

この段階ではボーカルと伴奏の音量バランスを整えることが目標で、全体の音量上げ下げは最後の仕上げでやったほうが効率いいです。

PANの設定

フェーダーの上部にPANの設定があり、そのトラックの音をステレオの左右に振り分けられます。

Cubase AIでのPAN設定

僕はボーカルをセンターでアコギはやや右に振ってます。

このほうが音がぶつからずボーカルが聞こえやすいです。

歌ってみたの場合はオケは既に製作者側でPANが振り分けられているので、ボーカルも伴奏も特にいじる必要はありません。

コーラスを入れる場合はちょっと横に振るか、同じコーラスを2本とってLRに振り分けるなどするとよいでしょう。

コンプレッサーを使って音量を揃える

Steinberg VSTDynamics
Steinberg VSTDynamics

ボーカルのミックス作業で一番重要と言っても過言ではないのが、コンプレッサーの調整です。

コンプレッサーは大きい音を圧縮して、トラック全体の音量を底上げできるエフェクトです。

本記事ではCubase AI/LEに無料で付属しているVSTDynamicsで調整方法を解説します。

補足

Cubase AI/LEには単独のコンプレッサーがありませんので、VSTDynamicsを使うしかないです

まずはエフェクトをかけたいトラックの「INSERTS」にVSTDynamicsを追加します。

Cubase AI インサートにエフェクトを追加しよう
MixConsole画面

INSERTSの下の「Pre」と書かれたところをクリックするとエフェクト一覧が出てくるので「Dynamics」からVSTDynamicsを選択します。

Cubase AI VSTDynmicsはDynamicsフォルダにある

ここからはVSTDynamicsの解説していきます。

VSTDynamicsは「GATE」「COMPRESSOR」「LIMTER」の3つが一体化したマルチエフェクターです。

Steinberg VSTDynamicsのエフェクターの種類と配置
エフェクト効果
GATE設定値より小さい音を無音化する
COMPRESSOR設定値より大きい音を圧縮する
LIMITER 設定値より大きい音を
設定値以下に抑える

COMPRESSORとLIMITERが混合しやすいですが、COMPRESSORは設定値より大きい音を設定した比率で圧縮する機能です。

対してLIMITERは設定値を超えた音は全て設定値以下まで強制的に下げるので、COMPRESSORより強力に圧縮がかかるイメージですね。

今回はCOMPRESSOR部分に限定して説明していきます。

COMPRESSORはグラフで視覚的に覚えるのがわかりやすいです。

ツマミを全てOFFにしたときのグラフがこちら。

Steinberg VSTDynamicsのコンプレッサーグラフ

キレイな直角三角形になります。この状態だとコンプレッサーは機能しません。

ここから、各値をいじってグラフを変形させますが、重要になるのは「スレッショルド」「レシオ」の2項目です。

VSTDynamicsのコンプレッサー。各ツマミの効果を説明した図

スレッショルド(THRESHOLD)とレシオ(RATIO)でどのレベルの音をどこまで圧縮するのか決めて、MAKE-UPで全体の音量を底上げします。

ここからは重要となるスレッショルドとレシオに絞って細かく説明していきます。

スレッショルドは圧縮開始する音量値を決めるパラメーターです。

スレッショルドのつまみを右に回すとグラフの点が上部に移動します。

コンプレッサーのスレッショルドを変えるとグラフ内の点が移動する

そして、このグラフの縦軸はトラックの音量になります。

つまり、ボーカルトラックであれば、ボーカルの音量ですね。

コンプレッサーの表の縦軸はそのトラックの音量

トラックの音量がスレッショルドの点の位置を超えるとコンプレッサーが機能して超過した音を圧縮します。

スレッショルドで設定した点の位置より音量が小さい場合はコンプレッサーは機能しません。

続いて、レシオはもう一つの点です。

ツマミを右に上げると点の位置が下がり始めます。

コンプレッサーのレシオを変えるとグラフ内の点が移動する

レシオはスレッショルドを超えた音をどれくらい圧縮するかを設定するパラメータです。

音量をMAXで出しても圧縮がかかってレシオの点の位置まで音量が下がります。

コンプレッサーのレシオを上げると圧縮率が上がって最大音量が下がる

なので、スレッショルドでコンプが発動する位置を決めて、レシオで超過した音量をどこまで潰すか決めるわけですね。

とりあえずはプリセットでVocal系のものを選択して、そこから色々いじってみましょう。

Steinberg VSTDynamicsのプリセットを使おう

色々とこだわり出すと、Aメロ、サビなどパートごとに音量をいじってからコンプレッサーをかけたりとかします。

ですが、まずは普通にコンプレッサーを使って音量を均一化してみましょう。

なお、アコギについてはコンプレッサーをかけるかは曲によりますね。

僕はアルペジオとストロークが交互に出る曲ではコンプレッサーで音量をそろえていますが、ストロークオンリーの曲などは何もしていないです。

AKG P220で録っているところ

このへんは構成にもよりますね。

バンドの中に入れるアコギはコンプで粒揃えますし、ボーカル・アコギオンリーの場合は録った音そのままだったりしますね。

リバーブなどでオケとボーカルを馴染ませる

Waves Rverb
Waves Renaissance Reverb

最後はリバーブやエコーといった空間系のエフェクトをかけていきます。

ここでは、Cubase AIに付属しているRoomWorks SEを使って解説していきましょう。

Steinberg RoomWorks SE

まずはリバーブ用のFXトラックというものを用意します。

FXトラック

エフェクトを複数トラックに使い回す用のトラック。各トラックにエフェクトを挿すより管理が楽

Cubase AI MixConsole画面でFXトラックを追加する
MixConsole画面

MixConsole画面で何もないところを右クリックすると「エフェクト トラックを追加」という項目があります。

クリックするとFXトラック作成のダイアログが開きます。

Cubase AI FXトラックのダイアログ

今回はリバーブ用なので「エフェクト」のプルダウンから「Reverb」→「RoomWorks SE」を選択しましょう。

Cubase AI VSTDynmicsはReverbフォルダにある

残りの項目はそのままでOKなので、トラックを追加をクリックしましょう。

すると、一番右にFXトラックができます。

Cubase AIでFXトラックを作ったところ

FXトラックができたら、次はリバーブの設定をしましょう。

まずは各項目のザックリした意味を一覧で出すと以下の通りです。

RoomWorks SEの各パラメーターの意味を一覧にした図

初心者はプリセットを使って、プリセットを適当にいじくるのをおすすめします。

プリセットは左上のボックスをクリックすると選択可能です。

Steinberg RoomWorks SEのプリセット
赤枠部分がプリセット欄
補足

FXトラックに使う場合はMIXは100%に設定変更しましょう

僕はバンドオケの場合は「Plate Reverb」などPlate系を使ってます。

アコースティックの場合は薄っすらかかるぐらいが良いので、「Modal Room」や「Tired Room」あたりを使ってます。

リバーブの値を設定したら、ボーカルやギターなど各トラックの音をどれくらいFXトラックに送るかを設定しましょう。

音を送るトラックの「SENDS」欄にある「1-Pre」をクリックすると送り先のFXトラックを選択するダイアログが開きます。

Cubase AI FXトラックにSENDする
Cubase AI SENDするFXトラックを選択する
先ほど作ったFXトラックを選択しよう

FXトラックの選択が終わると「SENDS」欄にFXトラックが表示されるので、送る量を設定しましょう。

Cubase AI FXトラックにSENDする量を調整しよう
画面の-17.2だとかなり薄めのリバーブになる

バンドだとガッツリかけないとリバーブ感出ませんが、アコースティックだとちょっとかけるだけでもリバーブ感が思い切り出ます。

なので、楽器編成に合わせて送る量も調整したほうがいいですね。

ボーカルの設定が終わったらコーラス、ギターなどのトラックも同じようにSENDSの設定をして送る値を決めていきましょう。

補足

歌ってみたの伴奏は製作者さん側で処理済みだと思われるので、設定不要です

音量を調整して書き出し

Cubase AIのMixConsole画面

さて、エフェクトの調整も終わったら改めて、音量を調整します。

リファレンスの音源と何度も聞き比べながら、音量をそろえましょう。

音量を揃えたら、マキシマイザーというプラグインで音圧を適度に上げていきます。

Waves L3-Ultra Maximizer
Waves L3 Ultramaximizer
マキシマイザー

音量が設定値を超えないように全体の音圧を底上げしてくれるプラグイン

上げすぎると音が極端に潰れてしまいますし、YouTubeなどに投稿すると結局は音圧調整されてしまいます。

なので、適度に上げる程度に抑えましょう。

ちなみにエンジニアの方々は違和感なく音圧を上げられるように事前にマルチバンドのEQやコンプレッサーで細かく整理します。

このへんの一連の作業を「マスタリング」と呼びますが、素人が下手にマルチバンドを触るとグチャグチャになるのでやめときましょう。

なお、Cubase AI/LEだとマキシマイザーは付属していません。

買い足すか、フリーで使える「W1 Limiter」を使うと良いでしょう。

W1 Limiter

W1 Limiter ダウンロードページ

買い足す場合は一通り必要なものがセットで入っている、Waves Platinumバンドルがおすすめです。

音量調整が全部終わったら、ファイルを書き出します。

まずは書き出す範囲を指定します。

時間軸をスタートする位置に合わせて「右クリック」→「左ロケーターをプロジェクトカーソル位置に設定」を選択しましょう。

Cubase AI プロジェクトカーソル位置を設定
スタート位置が指定される

同じように終了位置まで時間を移動させて、「右クリック」→「右ロケーターをプロジェクトカーソル位置に設定」を選択しましょう。

Cubase AI プロジェクトカーソル位置を設定2
終了位置も指定する

これで指定した範囲の音が書き出し可能になります。

あとは右上の「ファイル」→「書き出し」→「オーディオミックスダウン」から書き出しを行いましょう。

Cubase AIのオーディオミックスダウン画面

ファイル名や保存先を指定して、ファイルタイプは「Waveファイル」で書き出しましょう。

サンプリングレートやビット解像度は必要に応じて変更しますが、わからない場合は44.100 kHz、16bitで大丈夫です。

長かったですが、以上で基本的な作業で終わりです!

このあとはミックスが楽になる有料プラグインをいくつか紹介します。

たけしゃん

僕はミックス、マスタリングは手軽に済ませたいので便利プラグインに頼りまくってます
 

ミックスで便利なプラグイン

iZotope RX8 Voice de noise
iZotope RX8 Voice De-noise

最後にミックスで持っておくと便利なプラグインをいくつか紹介していきます。

僕も自分で色々やってますが、歌ってみたと弾き語り系動画を作るだけならパラメーター設定が簡単でわかりやすいのがおすすめです。

具体的に僕が使っている中で、これは便利だなーと思っているのは以下のプラグインです。

エフェクト効果
Waves Vocal Rider 上半分

Waves Vocal Rider
音量を自動調整するエフェクト
ボーカルやアコギで使える
Waves RVox
Waves
Renaissance Vox
ボーカル用コンプレッサー
設定が簡単で効きも良い
アコギにも使える
Waves Rverb
Waves
Renaissance Reverb
リバーブ
プリセットだけでかなり良い感じ
iZtope RX8 Voice de noise
iZotope RX8 Element
ノイズ除去
自動処理で素晴らしい効果
ライブ配信でも使える
ピッチ修正ソフト melodyneの画面
Melodyne
ピッチ修正ソフト
修正後の違和感が少ない

ちなみに自動化で有名なiZotope Ozoneなどの各種プラグインは歌ってみた・アコースティックカバーのミックスだけだと正直微妙です。

iZotope Ozone 9 Advaced
iZotope Ozone9 Advaced

僕も持っていて、色々使ってみたんですがボーカル・アコギだけの構成だと極端な調整をされがちです。

歌ってみたでもボーカルを混ぜるだけだと、対して工数削減にならないのでコスパが悪いんですよね。

なので、ライトなミックス作業であればプリセットが使いやすいもの、パラメーターが少ないものを選んだほうが効率よくやれますね。

それでは、1つずつプラグインをザックリと解説していきましょう。

Waves Vocal Rider

Waves Vocal Rider

Vocal Riderは設定した値に音量が揃うように音量フェーダーを自動で上げ下げしてくれるプラグインです。

コンプレッサーの場合は設定値を超えた音を圧縮して潰しますが、Vocal Riderはフェーダーを下げて対処してくれるので圧縮はされません。

なので、主な使い方としてはコンプレッサーの前段に挿して音量をならす役割ですね。

Vocal Riderで音量をある程度揃えてからコンプレッサーで圧縮したほうが圧縮の度合いが下がるので音質変化は少ないです。

ちなみにVocalとなってますが、アコギに挿しても良い感じに動きます。

Vocal Riderは上位のバンドルにしか入っていないので、セールなどのときに単品買いするのがおすすめです。

Waves Renaissance Vox

Waves RVox

Wavesのボーカル用に特化したコンプレッサー Renaissance Voxです。

このプラグインの良いところは「Comp」の値を変えれば、自動で色んなパラメーターが動いて調整してくれることです。

コンプレッサーは色んな値を適切に使わないと音が変になりがちで難しいんですよね。

対してRenaissance Voxは「Comp」だけ変えれば、良い感じにボーカルが前に来るので超便利です。

僕はRenaissance Voxをほぼ必ず使ってます。

たけしゃん

設定が楽なんでアコギに使うときも割とあります

Renaissance Voxは単品買いでも良いですが、セール時期にWaves Platinumバンドルを買うのがおすすめです。

補足

最近はPlatinumバンドルもセールだと1.5万円くらいで買えます。昔は10万はしてたのに…(苦笑)

PlatinumバンドルにはRenaissance Reverbも入ってますし、EQやマキシマイザーなどのあると便利なプラグインも一通り入ってます。

Waves Renaissance Reverb

Waves Rverb

Wavesの使いやすいリバーブ Renaissance Reverb。

パラメーターも色々あって調整も効きますが、プリセットがいい感じでそのまんま使っても十分いけます。

下の動画はプリセットの「Vocal Hall」をうすーくかけたものです。

僕は秦基博さんみたいにリバーブをほんとにうっすらかけたい派なんですが、Renaissance Reverbは近い感じに作りやすいので助かってます。

一方で今回挙げているプラグインの中では、購入優先度はそこまで高くはないです。

リバーブに関しては、Cubase AIに付属するRoomWorks SEでも割と何とかなるからです。

Steinberg RoomWorks SE
RoomWorks SE

前段のRenaissance Voxを手に入れるためにPlatinumバンドルを買えば、セットでついてくるのでバンドルで買うのがいいですね。

iZotope RX8 Element

iZtope RX8 Voice de noise
iZtope RX8 Voice De-noise

続いてはノイズ除去ソフトとして超有名なiZotope RXです。

色んなノイズ除去機能が付いていますが、特に使えるのはVoice De-noiseです。

Voice De-noiseは自動処理でエアコンの音、PCの動作音、車の走行音などを除去してくれます。

ノイズ除去してない音源

ノイズ除去をかけてる音源

イヤホンで音量をそれなりに上げて聴くと、差が明確にわかりますね。

静かな環境で録った音でも、Voice De-noiseをかけるとリバーブなどのエフェクトの乗りがよくなります。

スタンドアロンなのでライブ配信などにリアルタイムで適用できるのもいいですね。

Voice De-noiseはRXシリーズ下位のRX Elementに入っています。

年に3回程度あるセール期では3,000円くらいで買えるので、とりあえず買っといて損はないプラグインですね。

Melodyne

ピッチ修正ソフト melodyneの画面

ピッチ修正ソフトで最も有名なMelodyne。

使いやすいUIと音質の変化が少ないことから使用者が非常に多いプラグインです。

歌ってみたでコーラスとかも色々と入れて作りこむ人は、割と優先度高めで買ったほうが良いプラグインですね。

メインパートでも効果高いですが、コーラス入れる場合はなおさら効果大です。

ピッチ修正ソフト melodyneの画面
コーラスはピッチ修正してビブラートを抑えると馴染む

また、自分のボーカルをピッチ修正すると、いかにピッチやリズムが悪いかも理解できます。

なので、自身の歌を知るためにピッチ修正をやってみたほうが良いですね。

なお、Melodyneにはグレードが4つあります。

グレード概要
Melodyne studioボーカル、合唱、楽器に使える
価格 849$
Melodyne editor ボーカル、色んな楽器に使える
価格 499$
Melodyne assistantボーカル用でピッチ以外に
ビブラートなど色々直せる
価格 299 $
Melodyne essentialボーカルの
ピッチとタイミングを直せる
価格 99 $

ピッチ修正とタイミング修正するだけだったら、Melodyne essentialで大丈夫です。

ビブラートのかかり具合、フレージング、ダイナミクスなど表現の細かいところも修正するならassistantですね。

まずはessentialを買ってみて、物足りなくなったらセールのタイミングでassistantにアップグレードという買い方がおすすめですね。

補足

コーラスの調整に使うならビブラートなど消せるassistantが良いです

 

ミックスのやり方 まとめ

音楽ミキサーとPC

ぎたすけ

うーん。やり方はわかったけど、やっぱり何か難しそうな感じはしたなぁ

たけしゃん

まあ、最初は難しく感じると思うよ。数こなすとわかってくるからチャレンジすることが大事だね

ミックスについての解説でした!

エンジニアさんが実際にやっているミックス作業を見ると、もっとはるかに細かいことをやってます。

そこまで身に着けようとするとしんどいですが、本記事に沿ってやってみるだけでも色々わかることは多いです。

基本的なところをやったことがあるかどうかで見える世界が大分変わるので、チャレンジしてみることが大事ですね!

弾き語り動画制作講座(初級編)

弾き語り動画制作講座(中級編)

歌ってみた制作講座