ASIOを理解しよう。オーディオインターフェイス選びでよく失敗するドライバの罠を解説

DTMをやっている環境

ぎたすけ

ASIOってたまにアプリで使う機器の推奨条件とかで出てくるよな

たけしゃん

OSとオーディオ機器を繋ぐソフトウェアのことだよ。オーディオインターフェイスで重要になるね

飛ばし読みガイド

この記事の著者
音楽ブロガーたけしゃん

ミュージシャン

たけしゃん

tkshan

プロフィール

ギター弾き語りのシンガーソングライター。長年の音楽活動や音楽の仕事で得た知識・経験を基にブログを書いています。
雑誌の音楽記事執筆、音楽専門書の執筆(工学社)、nana公認クリエイター、IPC VOICE STUDIO公認ボイストレーナーです。
プロフィール詳細お問い合わせ

ASIOドライバとは

オーディオインターフェイスとPCを繋ぐときの説明図
ザックリのイメージ図

ASIOとはPC内で動作するオーディオドライバの規格です。

主にオーディオインターフェイスをPC内で動かすために用いられるソフトウェアですね。

まず、この記事の要点として押さえてほしいことは下記の3点になります。

  1. Windowsの音楽制作ではASIOはほぼ必須
  2. ASIOはOS標準ドライバではないため、メーカーが制作・提供している
  3. MacはOS標準ドライバがASIOとほぼ同等なので繋げば使える

つまりは基本的にはWindowsの方向けの話です。

昨今ではガジェットなどを中心に接続しただけで使える、プラグアンドプレイ製品が主流です。

PCにUSB機器を接続している写真

これは接続した機器がOS標準ドライバで動くことで実現しています。

しかし、WindowsのOS標準ドライバは音楽制作において音の遅延が発生したり、DAWが製品を認識しなかったりします。

WindowsでのOS標準ドライバだとDAWが認識しないことがある

そこでオーディオメーカーはASIOという規格を用いて、自社製品専用のドライバを開発・提供しています。

補足

ASIOはCubaseを作っているSteinbergにより、提供された規格です

大半のオーディオインターフェイスは専用のASIOドライバを介して動くようになっています。

オーディオインターフェイスとPCを繋ぐときの説明図

Windowsでいきなり、オーディオインターフェイスをPCに繋げると正常に動作しないのはこのためです。

必ず、メーカー公式サイトから専用のASIOドライバをダウンロード・インストールして、機器を接続しましょう。

MacはOS標準ドライバで動く

iMac

MacはOS標準ドライバのCore Audioが優秀で、ASIOとほぼ同等の技術が用いられています。

そのため、Macに関しては大半のオーディオインターフェイスがプラグアンドプレイで動きます。

補足

最近はオーディオインターフェイスの多機能化でMacでも専用ドライバを使う製品が増えた

なので、Windowsだとまともに使えない製品でも、Macだと優秀というパターンはよくあります。

しかも、DTMerやガジェット系のレビュアーは圧倒的にMacユーザーが多いです。

よって、WindowsユーザーはあまりECサイトのレビューは信用しないほうが良いですね。

Windowsで使うのは厳しい製品が、高評価になっていることはかなり多いです。

たけしゃん

ちなみに僕はメインPCがWindowsで、検証機としてMacも持っています

ASIO対応の安いオーディオインターフェイス

製品M-Audio M-Track solo
M-Track SOLO
Steinberg UR12
UR12
Zoom U-22を上から撮った写真
U-22
アナログ入出力コンボジャック
LINE
XLR
LINE
コンボジャック
ステレオミニ
ビットレート48kHz/16bit192kHz/24bit96kHz/24bit
ループバック××
総合評価
実売価格約5,500円 約9,500円 約10,000円
ECサイトAmazon
楽天市場
Yahoo!
サウンドハウス
Amazon
楽天市場
Yahoo!
サウンドハウス
Amazon
楽天市場
Yahoo!
サウンドハウス

実売価格が1万円近辺の製品でASIOドライバが用意されている製品は上記の3製品です。

大手メーカーは基本、ASIOドライバが用意されています。

補足

1万円以上の製品はWindows対応なら、大半がASIOドライバはあります

ただし、大手の中でもbehringerはASIOがない製品もあるので気を付けてください。

ベリンガー UM2
behringer UM2はASIOがない

なお、ASIOドライバが用意されていて、最も安いのはM-Audio M-Track Soloです。

M-Audio M-Track solo

5,000円程度でASIOドライバがあるので、発売当初から人気の機種です。

ちなみにコンボジャックが2つになったM-Track DUOも人気ですね。

 

ASIOドライバの細かい話

DAWで音楽制作している人 2

ここからはASIOドライバについて、もう少し細かい話をしていきます。

お題は以下の2点です。

ASIO 4 ALLはASIOドライバで機器を動作させるフリーソフトです。

メーカーから専用のASIOドライバが提供されていない製品で使えます。

USBマイクとASIOの関係

AKG Ara-Y3

USBマイクはUSB接続できるマイクのことですね。

ザックリ言うと、マイクとオーディオインターフェイスが一体化した製品です。

USBマイクの中にはオーディオインターフェイスが内蔵されている

USBマイクはほとんどの製品がASIOドライバは用意されていません。

そのため、Windowsでの音楽制作で使うのは厳しいです。

その代わり、Windowsでもプラグアンドプレイで動作します。

また、ゲーム機などに直接接続して使えるというメリットもあります。

補足

オーディオインターフェイスは基本的にゲーム機に繋いでも動作しません

一方で最近はUSBマイクの需要が上がったことで選択肢が増えています。

例えば、PreSonus RevelatorはUSBマイクですが、ASIOドライバが用意されています。

また、SHURE MV7のようにUSBマイク・XLRマイクを兼用できる製品も登場しました。

SHURE MV7のXLR端子とUSB端子

このようにUSBマイクは2019年くらいから、多様な用途に対応できるよう年々進化しています。

ただ、ほとんどの製品でASIOドライバは用意されていないため、基本的にはWindowsでの音楽制作には不向きです。

ASIO4 ALL

ASIO4ALLの設定画面

最後はASIO4 ALLについてです。

ASIO4 ALLはオーディオ機器をASIOドライバで動かすことができるフリーソフトです。

専用のASIOドライバがない機種でも、ASIO4 ALLを使うことでASIOで動作させることが可能です。

僕もUSBマイクのレビューで演奏動画を録るときは、ASIO4 ALLで動かしてWindowsのDAWに認識させてます。

ASIO4 ALLを使って録った動画

風景 / 秦基博 アコースティックCover

ASIO4 ALLを使うことで、ASIOドライバがなくても割と何とかなります。

ただ、フリーソフトなのでPCや製品との相性が結構出ます。

たけしゃん

僕も製品相性でダメなときは諦めて、Macに繋いで録ってます

なので、最初からASIO4 ALLありきで製品選定することはおすすめしません。

基本的にメーカー側で専用のASIOドライバを用意している製品を選びましょう。

低価格でASIOが用意されている製品

製品M-Audio M-Track solo
M-Track SOLO
Steinberg UR12
UR12
Zoom U-22を上から撮った写真
U-22
アナログ入出力コンボジャック
LINE
XLR
LINE
コンボジャック
ステレオミニ
ビットレート48kHz/16bit192kHz/24bit96kHz/24bit
ループバック××
総合評価
実売価格約5,500円 約9,500円 約10,000円
ECサイトAmazon
楽天市場
Yahoo!
サウンドハウス
Amazon
楽天市場
Yahoo!
サウンドハウス
Amazon
楽天市場
Yahoo!
サウンドハウス
 

ASIO まとめ

オーディオインターフェイスとPCを繋ぐときの説明図
  • ASIOは音響機器をOSで動かすためのドライバ
  • Windowsでの音楽制作ではASIOドライバは必須に近い
  • MacはOS標準ドライバがASIOとほぼ同等なので必要ない

ぎたすけ

なるほど。音楽制作はMacが良いっていうのもこのへんが理由なんだな

たけしゃん

昔はASIOドライバ用意してくれるメーカーはごく一部だったからね。今はWindowsでも問題ないよ

ASIOについての解説でした!

最近は大手メーカーはどこもASIOドライバを提供しているので、昔ほど苦労することはなくなりましたね。

一方で格安製品、無名メーカーの製品を購入する際は気を付けたほうが良いです。

Windowsで音楽制作をやる人は必ず、ASIOドライバが用意されている製品を買いましょう。

製品M-Audio M-Track solo
M-Track SOLO
Steinberg UR12
UR12
Zoom U-22を上から撮った写真
U-22
アナログ入出力コンボジャック
LINE
XLR
LINE
コンボジャック
ステレオミニ
ビットレート48kHz/16bit192kHz/24bit96kHz/24bit
ループバック××
総合評価
実売価格約5,500円 約9,500円 約10,000円
ECサイトAmazon
楽天市場
Yahoo!
サウンドハウス
Amazon
楽天市場
Yahoo!
サウンドハウス
Amazon
楽天市場
Yahoo!
サウンドハウス

関連記事

Apogee Duet 3を動作させているところオーディオインターフェイス おすすめランキング ベスト10【2022年】DTM、歌ってみたに適した機種を徹底解説 MOTU M2をiPhoneで使っているところ【2022年】iPhone向け オーディオインターフェイスおすすめランキングベスト10。選び方や注意点をiOSで配信している筆者が徹底解説 M-Audio M-Track soloとM-Track Duo安いオーディオインターフェイス おすすめランキング ベスト5。高コスパで失敗しない選び方も解説 コンデンサーマイクを10本並べた画像コンデンサーマイク おすすめランキングベスト10【2022年版】 〜プロアーティスト使用マイクも紹介〜 DTMをやっているデスク弾き語り配信に必要な機材の選び方とおすすめ製品を解説