SONY MDR-7506をレビュー。世界的に有名なスタジオ用モニターヘッドホン

SONY MDR-7506

評価:4

ぎたすけ

SONYのヘッドホンって赤いラベルのやつが有名なんじゃないの?

たけしゃん

赤はMDR-CD900STだね。MDR-7506も世界的に有名でこっちのほうが万能ではあるね
MDR-7506の評価
音質
 (4)
付け心地
 (4)
コスパ(10,980円程度)
 (4.5)
総合評価
 (4)
メリット
デメリット
  • フラットでバランスが良い
  • 頑丈で軽い
  • 比較的安い
  • リケーブルできない
用途 項目

普段使い
音質も良く
聴きやすい
マイクを設置しているスタジオ
DTM
フラットで
モニター用途に最適
ライブ配信している人のイラスト
ライブ配信
フラットで
モニター用途に最適
この記事の著者
音楽ブロガーたけしゃん

ミュージシャン

たけしゃん

tkshan

プロフィール

ギター弾き語りのシンガーソングライター。長年の音楽活動や音楽の仕事で得た知識・経験を基にブログを書いています。
そのほか雑誌の音楽記事執筆、音楽専門書の執筆(工学社)、IPC VOICE STUDIOの公認ボイストレーナーの資格を持っています。
プロフィール詳細お問い合わせ

SONY MDR-7506

SONY MDR-7506の外箱開けた写真
型式密閉ダイナミック型
ドライバー径φ40mm、ドーム型
プラグ3.5mm
※6.3mm変換アダプタ付属
インピーダンス63Ω
重量230g
公式サイト

世界的に有名なSONYのモニターヘッドホン MDR-7506

国内だと、MDR-CD900STが非常に有名ですが、海外だとMDR-7506が主流なんですよね。

MDR-CD900STはハウジングシールが赤で、MDR-7506が青なことからMDR-7506は「青帯」と呼ばれてます。

SONY MDR-CD900ST
MDR-CD900ST
SONY MDR-7506

MDR-CD900STと比較すると、MDR-7506は音がフラットで色んな用途で使えます。

実際、MDR-7506は音楽制作以外でも、映像制作の分野でも定番の製品です。

まずはMDR-7506の製品仕様から解説していきます。

仕様を飛ばして、レビューを読みたい方は<MDR-7506をレビュー>を参照ください。

製品仕様の目次

ドライバ径 40mm

SONY MDR-7506

MDR-7506はドライバ径は40mmのドーム型が採用されています。

1万円近辺のヘッドホンだと、よくある普通のドライバー径です。

周波数特性は10~20,000Hzとなっており、5~30,000HzのMDR-CD900STより若干狭いです。

音を聴き比べてみると、MDR-CD900STは高音域に特性があり、MDR-7506はフラットな特性になっています。

密閉ダイナミック型

SONY MDR-7506

MDR-7506は密閉ダイナミック型のヘッドホンです。

遮音性の高いオーバーイヤータイプのイヤーパッドで音漏れもなく、レコーディングで使用するのに適しています。

オーバーイヤー

耳を覆うタイプのイヤーパッド。遮音性が高い

イヤーパッドは90度に反転させることができます。

SONY MDR-7506のイヤーパッドを反転させた

側圧も優しめで長時間作業にも適しています。

1.2mのカールコード

SONY MDR-7506のカールコード

MDR-7506は1.2mのカールコードを採用しています。

伸長時は約3mまで伸ばせるので、通常用途では特に困ることはありません。

端子は3.5mmで6.3mmの変換アダプタが付属しています。

その他、キャリングポーチも付属しています。

SONY MDR-7506のポーチ

ヘッドホン本体は折りたためるようになっており、携帯性も良いですね。

SONY MDR-7506を折り畳んだ写真

MDR-CD900STと違って、完全業務用ではないので付属品も保証書もついてきます。

 

SONY MDR-7506をレビュー

SONY MDR-7506
MDR-7506の評価
音質
 (4)
付け心地
 (4)
コスパ(10,980円程度)
 (4.5)
総合評価
 (4)

それでは、MDR-7506を細かくレビューしていきます。

はじめにメリット・デメリットを箇条書きでまとめると以下の通りです。

メリット
デメリット
  • フラットでバランスが良い
  • 頑丈で軽い
  • 比較的安い
  • リケーブルできない

優等生という感じで、良い意味であまり言うことがありません。

MDR-CD900STとは全然違うキャラクターで、録音から編集まで万能に使えるモニターヘッドホンです。

レビューの目次

フラットで1台目のモニターヘッドホンに最適

SONY MDR-7506の外箱開けた写真

MDR-7506はフラットな特性でバランスの取れた音になっています。

レコーディング時のモニター、ミックス時のモニター、リスニングと万能に使えるヘッドホンです。

低音域がしっかり出つつ、ボーカルなどメインパートの音が近く、サウンドの全体像をつかみやすいですね。

コードもカールコードで使いやすく、3.5mmと6.3mm端子の両対応です。

SONY MDR-7506のカールコード

音質も取り回しも良好で、万能に使える仕様になっています。

MDR-CD900STと悩む方が多いと思いますが、1台目のヘッドホンなら間違いなくMDR-7506をおすすめします。

側圧が優しめで長時間作業もいける

SONY MDR-7506を上から撮った

MDR-7506は側圧が優しめなので、長時間付けていても苦になりません。

ただ、イヤーパッドは大きくないので、耳との接着位置は気を付けないと耳が痛くなります。

僕も最初は耳が痛くなってましたが、イヤーパッドの角度に気を付けたら長時間付けても大丈夫になりました。

SONY MDR-7506のイヤーパッドを反転させた

なお、イヤーパッドはMDR-CD900STと一緒で耐久性はあまり高くありません。

数年使っているとボロボロになります。

ただ、別売りの交換用イヤーパッドがあるので、交換は簡単にできます。

MDR-7506とMDR-CD900STのイヤーパッド

イヤーパッド以外は非常に頑丈で、耐久性はかなり高いです。

編集作業などで長時間使うにも、非常に適したヘッドホンです。

競合製品との比較

製品SONY MDR-7506
MDR-7506
SONY MDR-CD900ST
MDR-CD900ST
audio technica ATH-M30x
ATH-M40x
メーカーSONYSONYaudio technica
ドライバ径φ40mmφ40mmφ40mm
インピーダンス63Ω63Ω35Ω
特性フラット音にややクセがあるフラット
ケーブル着脱不可不可
実売価格約10,980円約15,000円約11,500円
ECサイトAmazon
楽天市場
Yahoo!
サウンドハウス
Amazon
楽天市場
Yahoo!
サウンドハウス
公式サイト
Amazon
楽天市場
サウンドハウス

MDR-7506の競合製品として、MDR-CD900STとATH-M40xと比較しました。

まずは、MDR-CD900STの比較ですね。

MDR-CD900STは低音域が抑えられており、高音域がかなり強く出ます。

SONY MDR-CD900ST

その特性からボーカルやアコギなどのレコーディング時のモニターとしては非常に良いですね。

一方でミックスやリスニングで使うと、独特な癖が出ます。

そのため、色んな用途で万能に使うならMDR-7506のほうが適しています。

逆にレコーディングのモニターが中心で、ミックスは簡単なものしかやらない人はMDR-CD900STは良いです。

続いては、同価格帯のaudio technica ATH-M40xとの比較です。

audio technica ATH-M40x

まず音はどちらも良好です。

ATH-M40xのほうが低音の出が良く、深みもあります。

僕は音質に関してはATH-M40xのほうが好みでした。

audio technica ATH-M40xの側面

ただ、ATH-M40xは側圧がかなり強いので、付け心地では断然MDR-7506のほうが良いです。

SONY MDR-7506

側圧は使ってるうちに程よくなってはいきますが、購入当初はATH-M40xで長時間作業はきついです。

低音の聴きとりを重視したい人はATH-M40xをおすすめしたいですが、悩ましいところですね。

総合的に万人向けなのはMDR-7506です。

MDR-7506の側圧なら相性出る人はほとんどいないと思うので、その点は安心です。

 

SONY MDR-7506 まとめ

SONY MDR-7506の外箱
  • MDR-CD900STと並ぶ世界的に有名なモニターヘッドホン
  • フラットでバランスの取れた音で万能に使いやすい
  • 初めて買うモニターヘッドホンとして最適

ぎたすけ

世界的に有名だけど、1万円くらいで買えるってのも良いよな

たけしゃん

そうなんだよね。さすが長年定番になっているヘッドホンって感じだったね

SONY MDR-7506のレビューでした。

僕は長年、MDR-CD900STを使ってきましたが、こうやって聴き比べると良くも悪くもMDR-CD900STはクセがありますね。

その点、MDR-7506は万人向けで幅広く対応できる優等生といった感じのヘッドホンです。

関連記事

OneOdio monitor60OneOdio MONITOR 60をレビュー。1万円未満で普段使いもしやすいモニターヘッドホン AKG K361-BT-Y3AKG K361-BT-Y3をレビュー。1万円台で買える優秀なBluetooth対応モニターヘッドホン audio technica ATH-M30xaudio technica ATH-M30xをレビュー。1万円未満で買える定番のモニターヘッドホン SONY MDR-CD900STSONY MDR-CD900STをレビュー。業界標準機の超定番モニターヘッドホン ゼンハイザー IE 100 PROSennheiser IE 100 PROをレビュー。イヤモニ・リスニングのどちらでも優秀なイヤホン