ギターシールド おすすめの長さは何mか?用途別で解説する

ぎたすけ

ギターシールドって心配でついつい長いの買っちゃうんだけど、長すぎて余るんだよね

たけしゃん

まあ、届かないより余るほうがマシだしね。シンガーソングライターが使うことを想定して長さ別で解説していくよ
この記事でわかること
  • ギターシールドの長さの種類
  • ギターシールド 長さ別の使用用途
  • 弾き語りで使うギターシールド おすすめの長さ

ギターシールドの長さの種類

CANARE SL 3m

たけしゃん

各メーカーで用意されている長さの種類は違いますが、定番のパターンで解説していきます!

ギターシールドの長さ

  • 15cm…エフェクター同士を接続するのに使う
  • 30cm…エフェクター同士を接続するのに使う
  • 1m…短い距離の機器接続に使う
  • 3m…ちょうど良い、使いやすい長さ
  • 4m…ちょうど良い、使いやすい長さ
  • 5m…やや長いが接続機器が離れていても対応できて万能
  • 6m…長いが広めのスタジオでも困ることは少ない
  • 7m以上…建物内をはわせる業務用。個人ではあまり使わない

ザックリと長さの種類と使用用途を書くと、こんなところ。

ギターとアンプ・PAを接続するのに使用するものは3m・4m・5mのどれかがメインとなります。

 

エフェクター、ペダルチューナー、プリアンプなどを使用される方は短いケーブルも活用することも多いですね。

それぞれの長さをもう少し掘り下げてみましょう。

15cm~30cmのギターシールド

パッチケーブル

主な使用用途

  • エフェクター同士の接続

エフェクター同士を接続するための短いシールドの長さが15cm~30cm。

別名、パッチケーブルと呼びます。

 

エフェクターボード内で使用されるのが一般的。

エフェクターボード

上記画像はエフェクター同市を16cmのパッチケーブルで接続しています。

一番左の大きい2つのように接続口が上下クロスするケースは20cm~30cmのシールドにしとくのが無難です。

実際に長さがやや足りてなく、全体的にエフェクターが引っ張られて斜めになってます。

 

15cm~30cmは足元にエフェクター(チューナー、プリアンプ含む)を2つ以上置く人しか必要ないシールドでもあります。

16cm

20cm

30cm

1mのギターシールド

Canare シールド1m

主な使用用途

  • 接近した機器の接続
  • 自宅練習(座って近くのアンプに接続を想定)

使用用途が限定されている、1mのギターシールド。

かろうじてギターとアンプを接続できる長さではありますが、立って演奏すると長さが足りません。

 

主な使用用途は接近した機器の接続です。

僕の家だとオーディオインターフェースとミキサーを接続するのに使用しています。

他にはエフェクターボード内で配置を入れ替えたい時に使うこともあります。

3m~4mのギターシールド

CANARE SL 3m

主な使用用途

  • 自宅練習(座り、立ちどちらでも可)
  • ギターとアンプの接続
  • ギターとD.Iの接続

ギターと音響機器を接続するのに使いやすい長さが3m~4m。

自宅練習、ライブ本番共に使用できるうえに長すぎないため、使いやすい長さです。

 

接続先がギターアンプの場合は演奏者の近くに設置されているため、3mあれば接続するには十分。

 

エレアコの場合はライブハウスならD.I、リハーサルスタジオであればミキサーに繋ぐのが一般的。

D.Iだと演奏者の近くに置いてあるので、3mで十分。

リハーサルスタジオのミキサーだと場所によって離れていることもあり、3mだと届かないことがあります。

 

しかし、自宅で使うには3mが長すぎず、短すぎず最適な長さです。

リハーサルスタジオでは届かなければ、ギターシールドをお店に借りればよいだけなので3mを買っておくのが無難な選択肢です。

 

また、4mは自宅ではやや長いもののリハーサルスタジオでも届かないことは少なく万能に使えます。

しかし、販売しているメーカーが少ないので選択肢が限られている点が難点です。

3m

4m

MEMO
商品リンクはエレアコの接続に適したL字型を選択しています

5mのギターシールド

Canare ギターシールド 5m

主な使用用途

  • 自宅練習(座り、立ちどちらでも可)
  • ギターとアンプの接続
  • ギターとD.Iの接続

最も万能に使えるのが、5mのギターシールド。

基本的にどこの会場も演奏者と接続機器の距離は長くても3m以内にしているため、5mなら届かないケースはほぼありません。

 

その一方で自宅やライブハウスでの使用では長すぎて、結構な長さが余ります。

MEMO
ライブハウスでは3mのシールドで接続機器に届かいケースはほとんどない

余ったシールドはきちんと、巻いて整理しておけば良いわけですが焦って放置すると足元が危ない上に見ため的にもイマイチです。

 

僕は普段、3mのギターシールドを使っていますが断線対策の予備として5mのギターシールドもギターケースに入れています。

このように予備 兼 長さ不足対策で用意しておくのが最も使い勝手が良いです。

 

持ち歩くギターシールドは1本が良い!という方は5mしておくと長さ不足の心配がないため、安心です。

MEMO
商品リンクはエレアコの接続に適したL字型を選択しています

弾き語りで使うギターシールド おすすめの長さ

アコギ弾き語り

  • 1本に絞るなら…5m
  • 予備を持つなら…メイン 3m、予備 5m

僕的におすすめなのはメイン 3m、予備 5mの2本持ちです。

荷物を減らしたいなら、5mを1本持ちましょう。

 

シンガーソングライターの方はエレアコ使用が基本なので、ライブハウスでの接続先はD.I。

ライブハウスではあなたの近くにD.Iが置いてあるので、接続に使うギターシールドは3mでも余裕があります。

(参考)ライブハウスの機器

よくあるライブハウスの機器構成

なので、5mの長さが必要になるのはリハーサルスタジオで複数人で演奏するケースくらいです。

自宅での利用も考えると、3mが最適ですが1本で済ませたい場合は届かない状況が発生しない 5mが無難です。

 

ただ、シールドの断線って急に発生するので、トラブルを防止するためにも予備は持っていたほうが良いです。

なので、やはりおすすめはメイン 3m、予備 5mの2本持ちです。

3m

5m

ギターシールドの長さ まとめ

ライブステージ

  • 長さ不足の心配がないのは5m。ただ、長すぎて余るケースが多い
  • 自宅、ライブで使いやすいのは3m。ただ、リハスタなどで届かないケースもあり
  • メイン 3m、予備として5mを1本ずつ持つのが最適

ぎたすけ

ギターシールドってかさばるから何本も持ち歩きたくないんだよなぁ

たけしゃん

まあ、ライブハウスやスタジオなら5mのギターシールドは常設しているから、3mを1本持っていけば大丈夫っちゃ大丈夫だよ

ギターシールドの長さについての解説でした!

改めて、長さ別に用途をまとめると…。

ギターシールドの長さ

  • 15cm…エフェクター同士を接続するのに使う
  • 30cm…エフェクター同士を接続するのに使う
  • 1m…短い距離の機器接続に使う
  • 3m…ちょうど良い、使いやすい長さ
  • 4m…ちょうど良い、使いやすい長さ
  • 5m…やや長いが接続機器が離れていても対応できて万能
  • 6m…長いが広めのスタジオでも困ることは少ない
  • 7m以上…建物内をはわせる業務用。個人ではあまり使わない

…とこんな感じ。

3m5mの2本持ちが万能で断線トラブルが起きても安心なので、おすすめです。

 

今回はギターシールドの長さについてのお話でしたが、シールドごとに音質の特性などがあって結構深いんですよね。

おすすめのエレアコ用シールドを解説した記事もあるので、ぜひ色んなギターシールドを研究してみてください。

関連記事

エレアコ用シールド おすすめランキングベスト5を解説【プロアーティスト使用シールドも紹介】

ギターシールド解説エレアコ用シールド おすすめランキングベスト5を解説【プロアーティスト使用シールドも紹介】
Amazonでギターシールドを安く買う方法

Amazonギフト券

Amazonでの買い物はAmazonギフト券にお金をチャージ(入金)して買い物するのがおすすめです。

チャージするたびに「チャージ金額 × 最大2.5%」分のAmazonポイントが付与されます。

Amazonを利用される方は使わない手はありません!僕は貯まったポイントでギター弦を購入してます。