アコギ用プリアンプ おすすめ5選。エレアコに適した選び方や機能を徹底解説!

Venue.D.I 本体の画像

ぎたすけ

プリアンプってそもそもなに?アンプと違うの?

たけしゃん

プリアンプはアンプの前段で音を増幅させるための機械だよ。エレアコだとよく使うね
この記事の著者
音楽ブロガーたけしゃん

ミュージシャン

たけしゃん

tkshan

プロフィール

ギター弾き語りのシンガーソングライター。長年の音楽活動や音楽の仕事で得た知識・経験を基にブログを書いています。
そのほか雑誌の音楽記事執筆、音楽専門書の執筆(工学社)、IPC VOICE STUDIOの公認ボイストレーナーの資格を持っています。
プロフィール詳細お問い合わせ

アコギ用プリアンプとは

Venue.D.I 本体の画像
L.R.Baggs Para Acoustic D.I.

プリアンプとはアンプやスピーカーの前段で音を増幅させるための機械です。

ライブハウスでエレアコを使って演奏する際に重宝します。

エレアコはエレキギターと違って、エフェクターやギターアンプを使うことはあまりありません。

エレキギターとエレアコの接続先の違い
エレアコはミキサーからスピーカーに繋いで音を出す

また、エレキギターと違って音を歪ませずにできるだけ原音をキープさせて増幅させます。

そこで、「音をキレイに増幅させてノイズを防ぎつつ音響機器に送る」ためにプリアンプが活用されます。

ミキサーやスピーカーだけでも音は増幅できますが、エレアコ専用のプリアンプを使ったほうがキレイに音を整理できます。

プリアンプとは? 目次

内蔵プリと外付けプリ

Anthem
アコギ用ピックアップ L.R.baggs Anthem

アコギをエレアコにするために取り付けるピックアップはプリアンプを内蔵しているものが多いです。

補足

プリアンプ内蔵のピックアップをアクティブ、非内蔵をパッシブと呼ぶ

エレアコは音量の確保やノイズの抑制でプリアンプが必要になるケースが多いためでしょうね。

そのため、ピックアップにコントローラー機能がついています。

Anthemコントローラー
Anthemのコントローラー
補足

プリアンプがないパッシブだとボリューム調整機能などはない

このようにピックアップと一体化したプリアンプを一般的に内蔵プリと呼びます。

対して、ピックアップと別になっているプリアンプを外付けプリと呼びます。

ZOOM AC-2
ZOOM AC-2

外付けプリアンプは使用される回路が良質だったり、多機能だったりします。

内蔵型と違ってコストやスペースの自由度が高いため、高品質・多機能を実現できるわけですね。

近年はYAMAHA、Taylor、Matonなどをはじめ、内蔵プリアンプを高性能化させてるメーカーが多いです。

一方で外付けプリアンプも高機能化が進んでおり、やはり今も外付けプリを購入する人は多いですね。

たけしゃん

プロアーティストも外付けプリを使っている人が多いです

エレアコにプリアンプは必要か

エレアコで演奏している人

エレアコにプリアンプが必要か?というと必須ではないですが、合ったほうが良いです。

プリアンプなしのパッシブタイプだと、環境によって音量が足りないことは割とあります。

一方でエレアコ用のピックアップはプリアンプ内蔵型が主流です。

なので、わざわざ外付けのプリアンプを追加で買う必要があるのか迷うところですよね。

プリアンプ
Taylorの内蔵プリアンプ(旧型)

このへんは内蔵プリアンプの品質によります。

僕は最初のアコギでピックアップにL.R.Baggs element Activeを使ってましたが、音が細くてパラアコを追加で買いました。

element Active

Gibsonのエレアコなどに採用されている有名なピックアップ

L.R.Baggs para acoustic di
ベストセラー製品のパラアコ

パラアコを挟むことで大分、音の細さは改善されました。

また、弾き語り系のライブハウスだと低音が回ることが多かったので、パラアコのローカットが重宝しました。

なので、最初から外付けプリを買う必要はないですが、エレアコの出音に悩んでる人は導入する意味は十分あります。

たけしゃん

内蔵プリは出力が低いものも多いので、その場合は外付けプリがあると安心ですね

プリアンプの二重接続はOK?

Venue.D.I 本体の画像

さて、続いては「内蔵プリ→外付けプリ」の二重接続についてです。

アコギ用のピックアップは大半がプリアンプ内蔵なので、外付けプリアンプを追加するとプリアンプが二重になります。

結論を言うと、二重接続しても問題はありません。

プロアーティストでも二重接続して使ってる人はたくさんいます。

ZOOM AC-2を使っているところ

ただ、二重接続となる場合は以下の2点に気を付けたほうが良いです。

  1. 内蔵プリで音量は十分引き上げること
  2. 内蔵プリ側のEQなどはフラットにすること

まず、音量は内蔵プリ側で十分引き上げたほうがノイズは少ないです。

というのも、ギターの音とノイズの比率は前段のプリアンプで大半決まるからです。

音声とノイズの比率

音声(ギターの音)とノイズの比率をS/N比とも呼ぶ。Sはシグナル、Nはノイズを指す

ピックアップやプリアンプは音量が小さくても一定のノイズは発生します。

そのため、ギターの音量が低いと全体におけるノイズの比率が高い状態になります。

VolによるS/N比の関係
Volを適正値まで上げることでS/N比が改善される

外付けプリは内蔵プリからの音をそのまま増幅するので、内蔵プリの時点でノイズが多いとどうにもなりません。

外付けプリは内蔵プリの音をそのまま増幅する
ギターもノイズの音も一緒に増幅される

なので、プリアンプが二重になる場合は前段のプリで音量を十分に稼いでS/N比を最適化しましょう。

たけしゃん

最初は僕もわかってなくて、デモ機をお借りしたメーカーの開発の方に教えていただきました

また、EQなどのエフェクトに関しては内蔵プリはフラットにして外付けプリを使いましょう。

内蔵プリで音を作ってしまうと、わざわざ外付けプリアンプを付けている意味がなくなります。

 

アコギ用プリアンプの選び方

Venue.D.I 右側面

弾き語りの方がアコギ用プリアンプを選ぶ際に気にするべき点は主に2つです。

  1. 原音を忠実に上げるのか、メイクアップするのか
  2. 部品の質がそれなりに良いものを選ぶ

まず、アコギ用のプリアンプは大きく分けると、下記の2種類があります。

種類特徴
プリアンプ型原音を忠実に増幅するタイプ
エフェクター型原音をメイクアップするタイプ
名称は僕が勝手につけました

プリアンプ型は原音を忠実に増幅して送るタイプです。

L.R.Baggs para acoustic di
プリアンプ型の代表製品はパラアコ

原音を整理・増幅・送る機能に限定されています。その分、パーツは良質な製品が多いですね。

対してエフェクター型はプリアンプ型の機能に加えて、空間系エフェクトやモデリング機能などが搭載されています。

ZOOM AC-2
エフェクトも搭載のZOOM AC-2

原音を大きく変化させるような積極的な音作りも可能になっています。

なので、「原音を大きく変えたいのか?忠実に増幅したいのか?」で選ぶ製品が大きく変わります。

たけしゃん

音を太くしたいなどはプリアンプ型でOK。音をマイク録りに近くしたいなどはエフェクト型ですね

また、プリアンプの主な役割である音の増幅機能の質は基本的に価格比例します。

L.R.Baggs VOICEPRINTの裏面。XLRアウトとセンド端子がある
増幅機能の質はパーツの良さに依存する

なので、安いプリアンプを買うと逆効果だったりするので、安くても1万円以上の製品をおすすめします。

ここからはもう少し掘り下げて、主だったプリアンプの機能について解説していきます。

自分に必要な機能がどのへんかを検討してから製品選びに進みましょう。

D.I.

ZOOM AC-2の上部

D.Iはダイレクト・インジェクト・ボックスのことを指します。

主には下記の機能を提供してくれます。

  • 音響機器とインピーダンスを合わせる
  • アンバランス接続をバランス接続に変換する

超ザックリいうと、低ノイズでキレイに音響機器に音を送ることができます。

アコギ用のプリアンプならほぼ間違いなく付いている機能です。

ちなみにライブハウスにはほぼ確実に備え付けのD.Iが設置されてます。

ライブハウスで超定番のBOSS DI-1

そして、D.Iは二重接続できません。

なので、D.I機能付きのプリアンプをライブハウスに持ち込むときはPAさんに伝えて、D.Iの接続先を変えてもらいましょう。

あとは使用するシチュエーションによっては出力数を確認しておきましょう。

例えば、モニター用のギターアンプとPA卓の2か所同時に送りたい場合は2系統の出力が必要です。

Veunue D.I.でギターアンプとPA卓に音を送っているときの配線
実際にライブハウスで2系統に音を送ってるときの配線

大体の製品は2系統出せるようになってます。

弾き語りだと1系統で十分ですが、ギタリストの方はモニターアンプとPA卓で2系統使う方が多いですね。

EQ(イコライザー)

ZOOM AC-3の3バンドEQ

EQは各帯域の音をブーストあるいはカットする機能です。

製品によって選べる帯域数が異なっており、3か所なら3バンドEQ、5か所なら5バンドEQと呼びます。

まあ、どれくらい細かく調整したいかによりますが、3バンドで概ね大丈夫ですね。

プリアンプ
内蔵プリは3バンドが多い

外付けプリアンプだと5バンドEQなど細かい調整が可能です。

更に内蔵プリのEQと比べてブースト・カットの幅が広いケースが多いです。

Venue.D.I EQ部分の説明
Venue D.I.はかなり細かく調整可能

なので、外付けプリアンプを買って調整の自由度上げるのは有効ですね。

パラアコなど定番製品のEQは、狙った部分をしっかりカット・ブーストできるので使いやすいです。

ここまではプリアンプ型にも搭載されている機能です。

この先はエフェクト型に主に搭載されている機能説明になります。

エフェクト機能

ZOOM AC-3
ZOOM AC-3

続いては、アコギ用プリアンプによく搭載されているエフェクト機能です。

よくあるエフェクトをザックリ説明すると以下の通りです。

エフェクト特徴
リバーブ残響音を加える
ディレイ山びこのように音が遅れて鳴る
コーラスディレイ音を
上下に揺らした音を加える
クリーンブースター音を歪ませずに増幅する

つまりは空間系エフェクトとブースターが搭載されています。

正直、弾き語りだとあまり使わないです。ギタリスト向けですね。

あとはエフェクトじゃないですが、チューナー機能が内蔵されているものが多いです。

AC-2のチューナー機能

プリアンプ内蔵のチューナーはONにすると、ピックアップの音がミュートされます。

なので、ステージ上では静かにチューニングできるのが良いですね。

モデリング機能

AC-2のアコースティックリモデリング機能

モデリング機能はモデリングした音を加える機能です。

有名ギターをシミュレートした音を原音に加えることで、マイク録りしたような生感を出すことができます。

ピックアップの音に不満がある場合に有効な機能ですね。

たけしゃん

とはいえ、マイク録りした音には到底敵いません。期待しすぎないようにしましょう

最近はiPhoneと連携して高度なシミュレート音を作る機種もあります。

L.R.baggs VOICEPRINTをiPhoneと連携させていてるところ
L.R.Baggs VOICEPRINT

後半のおすすめ製品紹介では、実際にどれくらい変わるのかサンプル音も用意しています。

 

アコギ用プリアンプ おすすめ5選

L.R.Baggs para acoustic di

それでは、アコギ用のプリアンプでおすすめ製品を5つ紹介していきます。

ご紹介する製品を表で一覧化するとこちら。

製品名L.R.Baggs para acoustic di
パラアコ
Venue.D.I 本体の画像
Venue D.I
ZOOM AC-2
AC-2
ZOOM AC-3
AC-3
L.R.baggs VOICEPRINT
VOICEPRINT
D.I機能
EQ5バンド5バンド3バンド3バンドソフトウェア
エフェクトなしブースターブースター
リバーブ
ブースター
空間系 4種
コンプレッサー
なし
モデリング××
チューナー××
実売価格約19,200円 約30,000円 約18,000円約27,000円約51,800円
解説詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

アコギ用プリアンプは買ったり、借りたりで一通りの機種は触りました。

その所感で言うと、弾き語りはパラアコが安定ですね。

ソロギターの方だと多種多様な使い方をされると思うので、エフェクト付きを検討するのが良いかと思います。

たけしゃん

僕は弾き語りなので、各機種の解説も弾き語り目線で書いていきます

L.R.Baggs Para Acoustic D.I.

L.R.Baggs para acoustic di
入力端子 1/4フォン
出力端子XLR(バランス)
1/4フォン(アンバランス)
ゲイン4dB~18dB
EQ5バンド
寸法(LDH)14.2 x 9.1 x 4.8cm
重量411g
実売価格19,200円程度
公式サイトより引用

アコギ用プリアンプの代名詞、L.R.Baggs Para Acoustic D.I。通称パラアコです。

色んなアーティストが長年使い続けているベストセラー製品ですね。

パラアコはディスクリートA級回路を採用しており、楽器本来の音を忠実に増幅してくれます。

パラアコを正面から撮った画像

パラアコはノイズを抑えつつ、十分に音量を稼げるので、しっかり調整するとノイズをかなり抑えられますね。

本体には4バンドのEQとハウリングを抑えるためのノッチがついています。

パラアコ
4つのEQツマミ。MIDは効かせる帯域を変えられる
ノッチは特定帯域をカットできる。ハウリング抑制で使う

エフェクトやモデリング機能はないので、原音を大きく変えることはできません。

一方でステージでの音調整に使う機能は一通り搭載されており、品質も良いです。

弾き語りだとエフェクト周りは使うことはあまりないので、パラアコで必要十分なんですよね。

パラアコは音響設備が充実していないカフェなどでライブするときにも重宝します。

カフェ
ライブカフェだとパラアコ備え付けの店も割と多い

色んな所でギター弾き語りライブをやる人なら1台持っていて損なはない機種ですね。

使用アーティスト
  • 大石昌良
  • 秦基博
  • miwa

L.R.Baggs Venue D.I

Venue.D.I 本体の画像
入力端子 1/4フォン
出力端子XLR(バランス)
1/4フォン(アンバランス)
ゲイン-12dB~26dB
EQ5バンド
機能チューナー
クリーンブースター
寸法(LDH)19.4 x 19 x 3.8cm
重量1,100g
実売価格30,000円程度
公式サイトより引用

パラアコをベースに機能を拡張したプリアンプ Venue D.Iです。

EQやゲインなどの調整幅が広く、チューナーとクリーンブースターを搭載した機種です。

パラアコと同じ5バンドEQですが、ツマミの数が多い上に高音域の調整幅がやや広くなってます。

Venue.D.I EQ部分の説明
Presenceの幅が±12dB(パラアコは±6dB)

また、細かいですがLINE OUTとXLR OUTの音量を別管理もできます。

Venue.D.IのVolumeとGain

ギタリストの方だとLINEをモニターに送って、XLRを卓に送ることもあるので便利っちゃ便利ですよね。

そして、チューナーとクリーンブースターが搭載されています。

クリーンブースターはギターソロなどで音量を一時的にあげたいときに便利ですね。

チューナーも視覚的に見やすく、精度も悪くないです。

Venue D.Iのチューナー機能

弾き語りの人は別にパラアコで良いかなと思います。

一方で弾き語りだけでなく、ギターサポートなどもやる人はVenue D.Iのほうが便利ですね。

たけしゃん

僕もギターサポートやるときはクリーンブースターとペダルチューナーを使ってます
使用アーティスト
  • 秦基博

ZOOM AC-2

ZOOM AC-2
入力端子 標準フォン
出力端子XLR
標準ステレオフォン
標準フォン
EQ3バンド
機能チューナー
クリーンブースター
リバーブ
リモデリング機能
寸法(DWH)158 x 107 x 52mm
重量570g
実売価格18,000円程度
公式サイトより引用

ZOOMのアコギ用プリアンプ AC-2です。

小型ボディでプリアンプ機能、エフェクター機能を搭載した多機能製品ですね。

ZOOM AC-2の上部
バランス接続に変換するDI機能
AC-2のエフェクト調整部分
3バンドEQ、リバーブ、ブースター機能

リバーブをかけた音

AC-2のチューナー
チューナー機能
AC-2のフットペダル
チューナー、ブーストをON/OFFするペダル

そして、16種類のギターボディをリモデリングした音を加える機能がついています。

AC-2のアコースティックリモデリング機能

設定を変えると音色が微妙に変わります。

3種類ほどリモデリングした音を聴いてみましょう。

リモデリングなし

ドレッドノート

000

Jumbo

微妙に音の感じが変わりますね。

とはいえ、原音から大きく補正がかかるというよりは微妙に変わるというレベルですね。

上位機種のAC-3だと有名ギターのリモデリングなどもできるようになります。

ZOOM AC-2
AC-2
ZOOM AC-3
AC-3
ソースギター
(リモデリング)
16種類16種類
ターゲットギター
(リモデリング)
なし15種類
リバーブ1種類3種類
コンプレッサー×
空間系エフェクトリバーブのみ9種類
XLR出力12
実売価格1.8万円程度2.7万円程度

まあ、弾き語り向けに音を作りたいというレベルならAC-2で良いかなと思います。

色んなギターの音色を用意したい人はAC-3まで検討するとよいでしょう。

ZOOM AC-3

ZOOM AC-3
入力端子 標準フォン
出力端子XLR ×2
標準ステレオフォン
標準フォン
EQ3バンド
機能チューナー
クリーンブースター
空間エフェクト9種類
コンプレッサー
リモデリング機能
寸法(DWH)158 x 237 x 52mm
重量1,150g
実売価格27,000円程度
公式サイトより引用

多彩なエフェクトやリモデリング機能を搭載したZOOM AC-3。

AC-2の上位モデルでボディが大きくなり、ツマミの量も大分増えています。

3バンドEQやクリーンブースターの他に9種類の空間系エフェクトが用意されています。

リバーブ以外にディレイやコーラス、トレモロなどあるので色んな音が作れます。

また、コンプレッサーがついているのは嬉しいですね。

アタック感を揃える場合などに重宝するエフェクトです。

そして、リモデリング機能です。

AC-3はボディサイズの選択に加えて有名ギターのモデリングも用意されています。

AC-3のアコースティックリモデリング機能
ボディサイズ 16種類
AC-3 ターゲットギターノブ
有名ギター15種類

3種類ほどサンプルで音を聞いてみましょう。

リモデリングなし

J-45リモデリング

D-28リモデリング

SJ-200リモデリング

それなりに音が変わってますね。

僕はD-28リモデリングの音が一番好みでした。

ピエゾピックアップをそのまま出すととげとげしさがありますが、リモデリングすると丸くなって聴きやすくなりますね。

弾き語りの人にはオーバースペック気味な機種ですが、ピエゾの音を調整するのに使える機種です。

L.R.Baggs VOICEPRINT D.I.

L.R.baggs VOICEPRINT
入力端子 1/4フォン
出力端子XLR(バランス)
1/4フォン(アンバランス)
EQソフトウェア
機能VoicePrint
実売価格51,800円程度
公式サイトより引用

iPhoneを使って音を作り込める、L.R.Baggs VOICEPRINT D.I.です。

スマートフォンの処理能力を使って、ピックアップの音をアコースティック音に変換するユニークな機種ですね。

対応機種

iPhone6以降のモデル。Androidは非対応

実際に音を作る流れは以下の通りです。結構凝ってます。

ボディを叩く音を録る

チュートリアル動画を参考にボディを叩く音を録ります

VOICEPRINT タッピングの音を録るチュートリアル動画
ストロークを録る

続いてはストローク音を録音します。色んなフレットで弾いた方がいいっぽいです。

VOICEPRINTのストロークを録音画面
アルペジオを録る

アルペジオを録ります。アルペジオも色んなフレット位置で演奏した方がいいみたいです。

VOICEPRINTでアルペジオを録る画面
スケールを録る

最後は最低音から最高音まで好きなスケールを録ります

VOICEPRINTでスケールを録る
完成したボイスプリントを聞く

完成したボイスプリントをON・OFFして音の違いを確認できます

作成したVOICEPRINTを聴く画面
プリセットを保存

作ったプリセットに名前と説明を入れて完成

VOICEPRINTのプリセット保存

iPhoneとBluetoothで接続したうえで、上記の工程が終わると音ができます。

Anthemの音

Anthem

VOICEPRINTを通した音

VOICEPRINTを動作させている写真

かなり強力な変化です。

ちなみにAnthem以外のピックアップも試しましたが、同じような音になりました。

エレアコによって大きく音が変化するわけではなさそうです。

色んなメーカーのモデリング機能を試してますが、ここまで強力に変化するのはVOICEPRINTくらいです。

変化後の音が好きな人には非常に良い機種ですね。

他にもアンチフィードバックやEQが機能搭載されています。

L.R.baggs VOICEPRINTのツマミ 機能説明

EQは本体ではなく、スマホの専用アプリから操作できます。

VOICEPRINTのCUSTOM EQ画面

本体操作ではない分、DAWのEQのように非常に細かい調整が可能です。

EQでの調整を細かく行い人には非常に良い仕様です。

価格は高めですが、音を強力に補正してくれるのでピエゾピックアップでライブしていく人には強い味方になりそうです。

 

アコギ用プリアンプ まとめ

  • プリアンプはアンプの前段で音を増幅させる機械
  • エレアコだとかなり重要なアイテム
  • プリアンプ型とエフェクター型の適したほうを選ぼう

ぎたすけ

後半は原音を大きく変えるやつまであって、すごかったな

たけしゃん

プリアンプもどんどん進化して色んな機能が搭載されていってる感じだよね

アコギ用のプリアンプについてでした。

便利な機能が色々増えてますが、弾き語りなら結局はパラアコが安定ですね。

L.R.Baggs para acoustic di

弾き語りの場合は積極的な音作りはしないですからね。

シンプルに音を整えて増幅させられる機種で十分なんですよね。

ピックアップの出音に悩んでる人はぜひパラアコの導入を検討してみてください。

関連記事

エレアコで演奏している人アコギ用ピックアップ おすすめ5選。音源付きで選び方や製品の違いを徹底解説! アクティブピックアップとパッシブピックアップの違いを解説する Taylorのエレアコを弾いている男性エレアコのおすすめ10選。最新のメーカー別・価格帯別の特色や選び方を解説 ギターシールドを3本並べた画像エレアコ用ギターシールド おすすめ5選。比較音源付きで選び方を解説。アコギ向けワイヤレスも紹介 ギターショップのアコギコーナー【2022年】アコギのおすすめ10選。価格帯別で選び方を徹底解説! 色違いのアコースティックギター3本初心者向けアコギ おすすめ5選。購入するギターの選び方を107名のアンケート調査付きで解説