audio technica ATH-E40をレビュー。優れた音質で聴きとりやすいインイヤーモニター

audio technica ATH-E40

評価:4

ぎたすけ

オーディオテクニカもイヤモニを販売しているんだな

たけしゃん

そうだね。主にATH-Eシリーズの3機種でATH-E40はエントリーモデルだね
補足

レビューするためにメーカー様よりデモ機をお借りしました

ATH-E40の評価
音質
 (4.5)
使いやすさ(イヤモニ)
 (3)
普段使い
 (3)
価格(1.2万円程度)
 (4.5)
総合評価
 (4)
メリット
デメリット
  • 低音・中音域に迫力がある
  • 音量が大きいので調整が楽(デメリットにもなる)
  • フィット感がいまいち
この記事の著者
音楽ブロガーたけしゃん

ミュージシャン

たけしゃん

tkshan

プロフィール

ギター弾き語りのシンガーソングライター。長年の音楽活動や音楽の仕事で得た知識・経験を基にブログを書いています。
そのほか雑誌の音楽記事執筆、音楽専門書の執筆(工学社)、IPC VOICE STUDIOの公認ボイストレーナーの資格を持っています。
プロフィール詳細お問い合わせ

audio technica ATH-E40

audio technica ATH-E40
型式ダイナミック型
再生周波数帯域20~20,000Hz
出力音圧レベル107dB/mW
インピーダンス12Ω
入力端子A2DCコネクタージャック
重量約10g
公式サイト

audio technicaのインイヤーモニター ATH-E40

audio technica Eシリーズのエントリーモデルです。

製品audio technica ATH-E40
ATH-E40
audio technica ATH-E50
ATH-E50
audio technica ATH-E70
ATH-E70
タイプダイナミック型バランスド
アーマチュア型
バランスド
アーマチュア型
再生周波数20~20,000Hz20~18,000Hz20~19,000Hz
インピーダンス12Ω44Ω39Ω
重量約10g約5g約9g
実売価格約12,000円 約22,400円 約46,300円

1万円前半という手ごろな価格帯で音質もかなり良いです。

一方で、僕の耳だと装着時のフィット感がイマイチで惜しいと感じてしまいました。

まずはATH-E40の製品仕様から解説していきます。

製品仕様を飛ばして、レビューを読みたい方は<ATH-E40をレビュー>を参照ください。

製品仕様 目次

ダイナミック型のインイヤーモニター

audio technica ATH-E40のドライバー部分

ATH-E40はダイナミック型でデュアルフェーズ・プッシュプル・ドライバー搭載のイヤホンです。

EシリーズはATH-E40のみダイナミック型で、ATH-E50とATH-E70はバランスドアーマチュア型(BA型)を採用しています。

形式一般的な特徴
audio technica ATH-E40のドライバー部分
ダイナミック型
再生帯域が広い
低音域の厚みが出やすい
価格はピンキリ
audio technica ATH-E50
バランスド
アーマチュア型
再生帯域は若干狭い
小型で明瞭な音質
高級イヤホンに多い

形式はどっちが良いというわけでもなく、好みの問題です。

ダイナミック型は中低音域の厚みが出やすく、ATH-E40も低中音域に迫力があります。

コードを耳にかけて固定

ATH-E40を取り付けた耳のアップ

ATH-E40は耳にスポッと入れて、フレキシブルに曲げられるコード部分を耳に引っ掛けて固定します。

ATH-E40の付け心地は少し特殊ですね。

最初付けたときはイヤホンが浮いている感覚があります。

audio technica ATH-E40のカナル部分

ただ、演奏してみるとこの浮いた感じでちゃんと固定されているんですよね。

慣れるまでは違和感がありますが、慣れてしまえば特に問題はありません。

A2DCコネクタージャック

audio technica ATH-E40のケーブルを取り外した

ATH-E40はaudio technica独自のA2DCコネクタージャックを採用しています。

そのため、リケーブルは可能ですが、MMCXなどを採用した他社のケーブルは接続できません。

なお、ライブのイヤモニとして使う場合は耐久性の観点からも純正ケーブルが望ましいです。

なので、イヤモニとして運用する人は独自端子である点をデメリットに捉える必要はありません。

付属品

audio technica ATH-E40のケース
audio technica ATH-E40の付属品

ATH-E40の付属品は専用ケースとシリコンイヤーピース、6.3mm変換プラグです。

付属品の質も良いですね。

装着時の浮きはシリコンイヤーピースのサイズ交換で若干改善されたりもします。

付属品でXS、S、M、Lの4種類付いているので、色々試してみるとよいでしょう。

 

audio technica ATH-E40をレビュー

audio technica ATH-E40
ATH-E40の評価
音質
 (4.5)
使いやすさ(イヤモニ)
 (3)
普段使い
 (3)
価格(1.2万円程度)
 (4.5)
総合評価
 (4)

それでは、ATH-E40を細かくレビューしていきます。

まず、メリット・デメリットをまとめると以下の通りです。

メリット
デメリット
  • 低音・中音域に迫力がある
  • 音量が大きいので調整が楽(デメリットにもなる)
  • フィット感がいまいち

音質面はすごく良いですね。

音の分離も良く、各楽器の音が聴きやすいのでイヤモニとしても非常に良いです。

逆に気になる点は装着感です。

しっかり固定させても、本体が少し浮いた感覚です。ただ、固定力・遮音性は優れています。

レビューの目次

正確な定位とクリアなサウンド

audio technica ATH-E40

ATH-E40をライブ配信とバンドセッションで使ってみました。

中音域が前に来るので、ボーカルの音が聴きとりやすくて良好でした。

上位モデルのATH-E50と比べると、低音域の迫力がありますね。

一方で音の分離はATH-E50のほうが優れており、どのパートを中心にモニターするかで好みが分かれそうです。

audio technica ATH-E50
ATH-E50

僕はリズム隊を意識しながら歌うことが多いので、ATH-E40の音は相性よかったです。

音の解像度に関しては1万円前半なら間違いなくトップレベルです。

非常にクリアで各パートの距離感も良い具合に再現されています。

フィット感はいまいち

audio technica ATH-E40のカナル部分

ATH-E40は音に関しては価格以上で素晴らしいですが、フィット感はいまひとつです。

サイズがやや大きめで耳に入れても、少し浮いた感覚があります。

ただ、ちゃんとフィットはしているんですよね。

動き回っても外れないですし、音もしっかり遮断されています。

audio technica ATH-E40のドライバー部分

なので、慣れの問題な気もしますが、借りて数日使った感覚では微妙に感じました。

ECサイトの口コミを見ても、「音は良いが装着感が微妙」と書いてる人が多かったです。

ちなみに僕は上位モデルのATH-E50とATH-E70は装着感もバッチリでした。

競合製品との比較

製品audio technica ATH-E40
ATH-E40
IE 100 pro
IE 100 PRO
SHURE SE215 Special Edition
SE215 SPE-A
メーカーaudio technicaSennheiserSHURE
形式ダイナミック型ダイナミック型ダイナミック型
インピーダンス12Ω20Ω20Ω
特性フラットドンシャリ寄り低音が強い
端子独自端子独自端子MMCX
実売価格約12,300円約13,000円約12,400円
ECサイト公式ストア
Amazon
楽天市場
サウンドハウス
Amazon
楽天市場
Yahoo!
サウンドハウス
Amazon
楽天市場
Yahoo!
サウンドハウス

競合製品として、同価格帯のSennheiser IE 100 PRO、SHURE SE215 SPA-Aと比較しました。

3製品とも音のタイプは結構違います。

この3製品で総合力的に一番優れていると感じたのはIE 100 PROです。

IE 100 PROの付属品一覧

音質はやや高音が強くなっており、装着時のフィット感は良好です。

やや味付けされた音になっており、モニター用途でもリスニング用途でも聴きやすいです。

SHURE SE215 SPA-Aは低音がドーンとくるチューニングになっています。

SHURE SE215 Special Edition

リスニング用途では良いですが、モニター用途だと他2機種よりは使い辛い印象です。

また、装着時のフィット感は良好ですが、長時間付けると僕はやや耳が痛くなります。

ATH-E40はフラットなバランスで最もモニター用途に適してます。

audio technica ATH-E40

ただ、フィット感に関しては他2機種に比べるといまいちです。

フラットな特性を重視したい人にはATH-E40をおすすめしたいですね。

 

audio technica ATH-E40 まとめ

audio technica ATH-E40
  • 1万円前半で買える、ライブ向けのインイヤーモニター
  • 音質はフラットで、低中音域の迫力もしっかりある
  • 装着時のフィット感はいまいちだが、固定力などは問題なし

ぎたすけ

フィット感が少し惜しいけど、全体的には良い感じだったな

たけしゃん

そうだね。特に音質はすごく良かったよ。モニターらしい音だったね

audio technica ATH-E40のレビューでした。

低中音域に迫力がありながら、全体のバランスはフラットでどの音源を聞いていても聴きやすかったです。

1万円近辺で正確にモニターできるイヤホンが欲しい人におすすめです。

関連記事

ゼンハイザー IE 100 PROSennheiser IE 100 PROをレビュー。イヤモニ・リスニングのどちらでも優秀なイヤホン SHURE SE215 Special EditionSHURE SE215 Special Editionをレビュー。1万円近辺のベストセラーイヤホン Senheiser IE 500 PROSennheiser IE 500 PROをレビュー。ボーカリスト・ギタリスト向けのハイエンドなイヤモニ Senheiser IE 400 PROSennheiser IE 400 PROをレビュー。ドラマー・ベーシスト向けの本格的なイヤモニ