Sennheiser IE 100 PROをレビュー。1万円半ばで買える高性能なイヤモニ

IE 100 PROの外箱

評価:4.5

ぎたすけ

イヤモニってことはライブ用で使うイヤホンなのか。1万円半ばって高いの?安いの?

たけしゃん

イヤモニで1万円半ばは安いよ。しかもIE 100 PROは普段使いもしやすくなってるからコスパいいしね。
先代のIE 40 PROと比較しながら細かくレビューしていくね
補足

レビューのためにメーカー様から製品提供いただきました!

先にIE 100 PROの評価まとめ
音質
 (4.5)
使いやすさ(イヤモニ)
 (5)
普段使い
 (3)
価格(1.4万円程度)
 (4)
総合評価
 (4.5)
主な用途所感
IE 100 PROのREDを付けている男性ミュージシャン
ライブ
モニターしやすい
長時間でも疲れない
ライブ配信の撮影風景

ライブ配信
モニターしやすい
目立たなくて良い
iPhoneを使っているところ

日常使用
音質は非常に良い
ノイキャンなどはない
メリット
デメリット
  • 音の分離が良く、非常に鮮明
  • ボーカルと楽器がキレイに分かれてモニターしやすい
  • 普通に音楽を聴くにも心地よい音
  • 長時間付けていても耳が痛くならない
  • オプション品購入でBluetooth化できる
  • 独自端子で他社製品とのリケーブル不可
  • ノイズキャンセリングはなく、完全ワイヤレスにもできないため、日常使いでの利便性はイマイチ

注意

製品保証は正規特約店、取扱店、代理店での購入が対象となります。

当ページの商品リンクは正規取扱店(三木楽器 or サウンドハウス)を指定していますが、Amazonについてはこちらで販売元を指定できませんので販売元がAmazon.co.jpになっていることを確認して購入ください。

※Amazonでは販売元Amazon.co.jp以外は全て非正規品です

IE 100 PROの仕様・付属品

IE 100 PRO

2021年6月17日に新発売されたSennheiser IE 100 PRO。

イヤモニとして人気が高かった、IE 40 PROの後継機です。

IE 100 PROとIE 40 PRO
補足

IE 40 PROは2021年3月で販売終了となった

後継品のIE 100 PROでは上位機種のIE 400/500 PROと同じコネクターを使用し、イヤーフックの強化やケーブルの耐久性が向上しています。

IE 100 PROとIE 40 PROのコネクターを比較した

さらにBluetooth対応のIE PRO BT CONNECTORが2021年10月14日から発売されました。

IE PRO BT Connector

IE 40 PRO時代から日常使いのイヤホンとしても人気が高かったので、その点も考慮してBluetooth対応できるようにしたのかなと思います。

BT CONNECTORは単品でも買えますし、イヤホンとのセット販売のIE 100 PRO Wirelessも用意されています。

IE 100 PROの装着はイヤーフックを使って、耳に引っ掛けて固定するタイプです。

IE 100 PROを耳につけているところ

耳の中にフィットしてイヤーフックでしっかり固定されるので、激しく動き回っても取れません。

装着感も違和感などなく、自然で長時間つけていても問題ないのもいいですね。

製品仕様 目次

端子は上位モデルと同一

IE 100 PROのドライバーとケーブルを外した写真

IE 100 PROのコネクターは上位モデルのIE400/500 PROと同じで、ゼンハイザー独自の端子を採用しています。

先代のIE 40 PROは上位モデルと異なる独自端子を採用していたので、上位モデルで使われているケーブルは使用できなかったんですよね。

IE 100 PROとIE 40 PROのコネクターを比較した

付属ケーブルもIE 400 PROと同じものになっており、IE 40 PROのときよりも耐久性が向上しています。

イヤーフックの強化、ケーブルダクトの耐久性向上など、長時間の激しいライブパフォーマンスでも、より安心して安心して使える仕様に改善されていますね。

IE 100 PROのイヤーフック

ちなみにIE 500 PROの付属品にはツイストケーブルが採用されており、オプションでも販売されています。

Senheiser IE 500 PRO

ツイストケーブルは端子が同一のIE 100 PROでも使うことが可能です。

さらにオプション品のIE PRO BT CONNECTORに付け替えることでBluetooth イヤホンにもなります。

IE PRO BT CONNECTOR
IE PRO BT CONNECTORにイヤホンを取り付けするところ

IE PRO BT CONNECTORにはマイクも内蔵されているので、通話も可能です。

なお、IE 100 PROは独自端子のため、他社のケーブルとのリケーブルはできません。

とはいえ、ライブ用のイヤモニとして使う分にはメーカーが品質保証している純正品の組み合わせ以外は基本使わないので、純正品ケーブルの選択肢が増えたことは嬉しいですね。

目次に戻る

カラーバリエーション

IE 100 PROのカラーバリエーション

IE 100 PROはBlack、Clear、Redと3種類のカラーバリエーションが用意されています。

オーソドックスで使いやすいのはイヤモニでは定番のClearカラーですね。

IE 100 pro

Clearを使う人が多いので、逆にBlackやRedで人と違うイヤモニするのも面白いですね。

イヤモニでRedカラーってクセが強そうだなと思いましたが、モデルさんがつけているの見るとおしゃれです。

IE 100 PROのREDを付けている男性ミュージシャン

最近はイヤモニ自体が一般的に認知されているので、わからないようにするよりはファッションの一部って捉え方がいいですよね。

ヒゲダンの藤原さんとかライブ演奏中にイヤモニ外すシーンがよくカメラに抜かれてますが、そういったときに赤とかだとインパクトあっておしゃれな感じしますしね。

目次に戻る

IE 100 PROの付属品

IE 100 PROの付属品一覧

IE 100 PROには本体、1.3mケーブル、ソフトポーチ、シリコンアダプタ、フォームアダプタ、クリーニングツールが付属しています。

ソフトポーチはサイズ感も程よくて、質感も良好なので使いやすいです。

IE 100 PROのソフトポーチ

僕も最近はモバイルバッテリーなどの小物入れるポーチの中に入れてコワーキングスペースに持って行ってます。

また、イヤーピースはサイズ別で替えが付属してます。

IE 100 PROのクリーニングツールとイヤーピース

※クリーニングツール、フォームアダプタ、シリコンアダプタ

本体を装着してみて、サイズ感が微妙と感じたら交換してみると良いでしょう。

なお、IE 100 PROの接続端子はイヤホン標準の3.5mm端子になっています。

IE 100 PROの接続ジャック

オーディオインターフェイスなどは6.3mmであることが多いので、ライブ配信などで使う場合は変換アダプタを用意しておくと良いでしょう。

また、iPhoneに直接接続したい場合はLightning – 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタが必要なので、こちらも必要に応じて用意しましょう。

 

IE 100 PROをレビュー

IE 100 PROのイヤーフック

それでは、具体的にIE 100 PROをレビューしていきます。

最初にレビュー内容を箇条書きでまとめると以下の通りです。

  • 音に輪郭があって、分離も良いのでモニターしやすい
  • IE 40 PROと基本は一緒でブラッシュアップされた製品という印象
  • イヤーフックは着け心地がよく、長時間使っていても痛くなかった
  • ミュージシャンの一通りの用途はこれ1つでいける

全体的にすごく良くて、何の不満もないですね。

イヤモニとしての使い勝手は素晴らしいですし、普通に音楽聴くにも使いやすい製品です。

価格帯も14,300円前後とプロユースのイヤモニとしては安いです。

最近は宅録用で密閉型ヘッドホン買うより、宅録・ライブ配信兼用できるイヤモニ買ったほうが良いかもなぁと思うことが多いですが、兼用するにはIE 100 PROは最適な製品ですね。

レビューの目次

音がクッキリしていて、分離も良い

IE 100 pro

IE 100 PROをいただいてから自宅でのレコーディング・ミックス・ライブ配信・普段のリスニングなどで使ってみました。

とにかく良いなと思うのが、音の輪郭がしっかり聴こえる点ですね。

弾き語りやってるとアコギの音が粒立ち良く、クッキリ聴こえるかは大事なんですよね。

クッキリ聴こえると演奏していてテンション上がるし、ギターの音の立ち上がりが早く聞こえてリズムも取りやすいです。

Sennheiser MK 8で録音しているところ

僕はライブ配信もRECもモニターのリバーブは薄っすらかける程度でクッキリと立体感ある音にしたい派なので、ゼンハイザーのイヤモニは相性が良くて助かります。

また、音の分離が良いのもポイント高いです。

音の輪郭がしっかりしているので、アコギ側の音量下げてもリズムは埋もれずにちゃんと聴こえてきます。

PANでアコギを少し横に振ると、しっかりボーカルとアコギが分離されて聴きやすいのも良い感じ。

目次に戻る

先代のIE 40 PROと比較

IE 100 PROとIE 40 PRO

IE 100 PROとIE 40 PROを両方使って比較してみると、基本的にはほとんど変わらないという印象です。

いつも聴いてる自分の歌声で聴き比べても聴こえ方は一緒に感じました。

一方で接続端子が上位モデルと同じになって、耐久性の高いケーブルが付属している上に別売りのオプション品の選択肢が増えています。

IE 100 PROとIE 40 PROのコネクターを比較した

※コネクター部分が変わって汎用性が高くなった

イヤーフックも装着感は変わらずに、強化されているのでIE 100 PROは見えない部分でブラッシュアップされてますね。

IE 40 PROとIE 100 PROのイヤーフック比較

※強化されたイヤーフックは見た目や付け心地自体は変わらない

IE 40 PROの時点で使い心地は良好だったので、変に変わることなく耐久性が強化されているのは嬉しいですね。

パフォーマンス用途のイヤモニなので耐久性は重要ですし、地味だけど大きい改善です。

目次に戻る

長時間つけていても疲れない

IE 100 PROのイヤーフック

IE 100 PROをつけてライブ配信や自宅でのレコーディングを長時間やってみました。

耳も痛くならず、長時間付けていても全然問題ありませんでした。

僕はもともと、SHURE SE215を長年使っていたのですが、長時間付けていると耳が痛くなっちゃうのが悩みだったんですよね。

個人の相性的な問題だと思いますが、僕はゼンハイザーのイヤモニだと長時間つけていても耳が痛くならないので助かってます。

IE 100 PROは軽くて、つけているときも違和感がないので長期的に使うイヤモニとしておすすめですね。

目次に戻る

一通りの用途はこれ1つでいける

IE 100 PROの付属品一覧

IE 100 PROは1つで下記の用途を使いまわせます。

  • ライブステージ・ライブ配信のイヤモニ
  • レコーディングのイヤモニ
  • ミックスでのイヤモニ
  • 普段、音楽を聴くときに使うイヤホン

メインはライブでのイヤモニとしての利用ですが、素直で聴きやすい音質なのでレコーディングやミックス時のイヤモニとしても普通に使えます。

特にボーカリストやシンガーソングライターが自宅で音源作ったり、演奏動画作る分には全く問題ないレベルです。

また、普段の音楽を聴くときのイヤホンとしても良好です。

僕もIE PRO BT CONNECTORを使って、外出時もIE 100 PROをメインに使ってます。

IE PRO BT Connector

Bluetoothにしても音はクリアで非常に聴きやすいです。

これまで使ってたAirPods Proと比較してもIE 100 PROのほうが明らかに音がクッキリ鮮明に聴こえます。

一方でIE 100 PROはBT CONNECTORを使っても完全ワイヤレスではないですし、ノイズキャンセリングや防滴機能などもありません。

IE PRO BT CONNECTOR

※ IE PRO BT CONNECTOR

通勤・通学で使うのがメインなら同メーカーの完全ワイヤレスイヤホンMOMENTUM True Wireless 2のほうが明らかに強いです。

※MOMENTUM True Wireless 2

そのため、IE 100 PROをおすすめしたい人は下記のような人です。

  • ライブやライブ配信用のイヤモニが欲しい
  • 1~2万円程度の予算でイヤモニと普段使いのイヤホンを兼用できるものが欲しい
  • 完全ワイヤレスイヤホンを既に持っていて、自宅用に良質な有線イヤホンも欲しい

自宅でのRECや配信で使える密閉型ヘッドホンが欲しくて、ちゃんとしたイヤホンも欲しいけど、予算1~2万円くらいで済ませたいという人は非常に多いと思うんですよね。

予算1~2万円程度で密閉型ヘッドホンと普段使いのイヤホンの両方買うよりはIE 100 PRO 1台買ったほうが質は良くなります。

僕も自宅でのレコーディング、ライブ配信、ミックスで使いましたが、IE 100 PROだけで問題なくこなせました。

1~2万円くらいで音楽制作・ライブ・リスニングをオールインワンにこなせるものだとIE 100 PROは非常に強い選択肢ですね。

 

Sennheiser IE 100 PRO まとめ

IE 100 PROの外箱
  • IE 100 PROは2021年6月17日発売で、人気製品 IE 40 PROの後継にあたるイヤモニ
  • コネクターが上位モデルと同じになり、ケーブルやイヤーフックなどが強化されている
  • 14,300円程度でライブ・音楽制作・リスニングとオールインワンでこなせる製品

ぎたすけ

確かにイヤホンやヘッドホン何台も買うより、1台で全部済ませられたら楽だよな

たけしゃん

まあ、色々買えるならそれはそれで良いけどね。IE 100 PROは1.4万円くらいなのに使い勝手良くてほんといいよ

IE 100 PROのレビューでした!

最近はライブ配信がメインの活動になってる人も大分増えてるので、イヤモニの出番も大分増えているはず。

スタジオライブや自宅での音楽制作など、良いイヤモニを1台持っておくと使える場面が意外と多いのに気づくものです。

自宅での音楽活動が増えている人は普段のリスニング環境改善も含めて、IE 100 PROの購入を検討してみることをおすすめします!

Senheiser IE 400 PROSennheiser IE 400 PROをレビュー。ドラマー・ベーシスト向けの本格的なイヤモニ Senheiser IE 500 PROSennheiser IE 500 PROをレビュー。ボーカリスト・ギタリスト向けのハイエンドなイヤモニ
YouTube
Facebook
Twitter
Feedly
SHARE