audio technica ATH-E70をレビュー。3基のドライバーを搭載したイヤモニのフラッグシップモデル

audio technica ATH-E70

評価:4.5

ぎたすけ

3基のドライバーってなんかすごそうだな

たけしゃん

低中高の音域ごとにドライバーが用意されていて、さすがフラッグシップモデルって感じだよね
補足

レビューするためにメーカー様よりデモ機をお借りしました

ATH-E70の評価
音質
 (5)
使いやすさ(イヤモニ)
 (5)
普段使い
 (4)
価格(4.6万円程度)
 (4)
総合評価
 (4.5)
メリット
デメリット
  • 非常に優れた音の解像度
  • 低中高で3基のドライバーを搭載
  • 音が立体的でボーカル・楽器の分離も良い
  • とくになし
この記事の著者
音楽ブロガーたけしゃん

ミュージシャン

たけしゃん

tkshan

プロフィール

ギター弾き語りのシンガーソングライター。長年の音楽活動や音楽の仕事で得た知識・経験を基にブログを書いています。
そのほか雑誌の音楽記事執筆、音楽専門書の執筆(工学社)、IPC VOICE STUDIOの公認ボイストレーナーの資格を持っています。
プロフィール詳細お問い合わせ

audio technica ATH-E70

audio technica ATH-E70の外箱
型式ダイナミック型
再生周波数帯域20~19,000Hz
出力音圧レベル109dB/mW
インピーダンス39Ω
入力端子A2DCコネクタージャック
重量約9g
公式サイト

audio technicaのインイヤーモニターでフラッグシップモデルにあたるATH-E70

低中高で3基のバランスド・アーマチュアドライバーを搭載した、イヤモニです。

Eシリーズ一覧

製品audio technica ATH-E40
ATH-E40
audio technica ATH-E50
ATH-E50
audio technica ATH-E70
ATH-E70
タイプダイナミック型バランスド
アーマチュア型
バランスド
アーマチュア型
再生周波数20~20,000Hz20~18,000Hz20~19,000Hz
インピーダンス12Ω44Ω39Ω
重量約10g約5g約9g
実売価格約12,000円 約22,400円 約46,300円

一聴した段階で音の解像度の高さに驚きますね。

定位の再現度がすごくリアルで、各楽器の音が立体的に聴こえてきます。

まずは、ATH-E70の製品仕様から解説していきます。

仕様を飛ばして、レビューを読みたい方は<ATH-E70のレビュー>を参照ください。

製品仕様の目次

バランスド・アーマチュア型

audio technica ATH-E70のカナル型イヤホン

ATH-E70はバランスド・アーマチュア型(BA型)を採用したイヤホンです。

形式の違い

形式一般的な特徴
audio technica ATH-E40のドライバー部分
ダイナミック型
再生帯域が広い
低音域の厚みが出やすい
価格はピンキリ
audio technica ATH-E50
バランスド
アーマチュア型
再生帯域は若干狭い
小型で明瞭な音質
高級イヤホンに多い

低中高でドライバーが3基搭載されおり、各帯域とも正確に再現されています。

音が立体的に聴こえるのが良いですね。歌と楽器がしっかり分離されます。

コードを耳にかけて固定するタイプ

ATH-E70を取り付けた耳のアップ

ATH-E70は耳にすぽっと入れて、コードを耳に引っ掛けて固定するタイプです。

イヤモニでも一般的な形式ですね。

ドライバーが3基入っていることもあり、小型が多いBA型にしてはやや大きいです。

audio technica ATH-E70のイヤホン

フィット感は良好で、スタジオで長時間付けていても快適でした。

A2DCコネクタージャック

audio technica ATH-E70のイヤホンを外したところ

ATH-E70はaudio technica独自のA2DCコネクタージャックを採用しています。

そのため、リケーブルは可能ですが、MMCXなどを採用した他社のケーブルは接続できません。

なお、イヤモニとして使う場合は耐久性の観点からも純正ケーブルが望ましいので、他社との互換性を気にする必要はあまりありません。

付属品

audio technica ATH-E70のケース
audio technica ATH-E70の付属品

ATH-E70の付属品は下記の4点です。

  1. 専用ケース
  2. 6.3mm変換アダプタ
  3. シリコンイヤーピース(XS,S,M,L)
  4. コンプライ™フォームイヤピース(Mサイズ)

EシリーズでATH-E70のみコンプライ™フォームイヤピース(Mサイズ)が付属しています。

基本はシリコンイヤーピースで良いと思いますが、用途に応じてコンプライ™フォームを使うのも良いでしょう。

 

audio technica ATH-E70をレビュー

audio technica ATH-E70
ATH-E70の評価
音質
 (5)
使いやすさ(イヤモニ)
 (5)
普段使い
 (4)
価格(4.6万円程度)
 (4)
総合評価
 (4.5)

それでは、ATH-E70を細かくレビューしていきます。

はじめにメリット・デメリットを箇条書きでまとめると以下の通りです。

メリット
デメリット
  • 非常に優れた音の解像度
  • 低中高で3基のドライバーを搭載
  • 音が立体的でボーカル・楽器の分離も良い
  • とくになし

音の解像度、定位のリアルさなど、ほんとに素晴らしいです。

予算が許すなら、ぜひおすすめしたいイヤモニですね。

ちなみにATH-E70はミュージシャンだけでなく、ゲーマーの方で使用者が多いです。

音の定位が非常にリアルなので、色んな音が渋滞するFPSなどと相性良いんでしょうね。

レビューの目次

音の距離感が絶妙で解像度も高い

audio technica ATH-E70のカナル型イヤホン

ATH-E70でサウンドを聞いてみると、音の距離感が非常にリアルに感じます。

ボーカルは明瞭で繊細な表現も再現されており、リズム隊の厚みもウワモノの艶やかな音もクリアに再現されています。

特に音場がすごく良いです。奥行もあって、各楽器の距離感がとにかくリアルです。

audio technica ATH-E70

最初にサウンド聴いたときに感動しましたね。

低中高でドライバー3基搭載しているため、各帯域過不足なく、心地よいサウンドになっています。

フィット感や固定力も良好

audio technica ATH-E70のイヤホン

ATH-E70でライブ配信、バンドリハで使ってみました。

装着時のフィット感も良好で、動いても緩むことなく、快適にモニターしながら歌えました。

フレキシブルに動くフック部分の自由度が高いので、耳にかけるのも楽です。

audio technica ATH-E70のケーブル

4時間のバンドリハで使いましたが、耳も痛くならずにすごく快適でした。

リスニング向けとしても優秀

audio technica ATH-E70

ATH-E70は音が非常に良いので、リスニング用途で使っても優秀です。

フラットな特性ですが、物足りなさもなく、各楽器の音も分離されてキレイに聴こえてきます。

有線で遮音性が高すぎることから、外出用には不向きですが、室内や電車の中で使う分には非常に良いです

audio technica ATH-E70のケース
持ち歩き用ポーチも良質

ステージ上のイヤモニ、リスニング、ミックスなど一通りの用途はこれ1台で対応できますね。

1~2万円台のイヤホンと比べて音の解像度は格段に高いので、予算が許せばぜひ使ってみてほしいです。

 

audio technica ATH-E70 まとめ

audio technica ATH-E70の外箱
  • audio technica フラッグシップモデルのイヤモニ
  • 音場が綿密に作られており、定位が非常にリアル
  • 低中高 3基のドライバー搭載で各帯域で過不足なくリアルな音を再現

ぎたすけ

高級イヤホンだけあって、すごく良かったんだな

たけしゃん

一聴して感動するレベルだったよ。イヤモニとしてすごく使いやすかったね

audio technica ATH-E70のレビューでした。

すごく良いイヤモニで感動しました!

4.6万円程度となかなかのお値段ですが、それだけの価値はある製品ですね。

関連記事

ゼンハイザー IE 100 PROSennheiser IE 100 PROをレビュー。イヤモニ・リスニングのどちらでも優秀なイヤホン SHURE SE215 Special EditionSHURE SE215 Special Editionをレビュー。1万円近辺のベストセラーイヤホン Senheiser IE 500 PROSennheiser IE 500 PROをレビュー。ボーカリスト・ギタリスト向けのハイエンドなイヤモニ Senheiser IE 400 PROSennheiser IE 400 PROをレビュー。ドラマー・ベーシスト向けの本格的なイヤモニ