トラベルギターを外出先に持ち歩こう!便利で使いやすい魅力を解説

ぎたすけ

トラベルギターって旅行にギター持ってくの?

たけしゃん

スナフキン的な感じ?実際はちょっとした外出をする時に持ってくとか家で手軽に触れるってのが売りだと思うけどね

本日はトラベルギターについての解説です。

少し前にMartinのトラベルギターをNASAが宇宙に持ちこむというニュースがありました。

 

ミニギターの中でもシェイプアップされていたり、折りたためたり…と外出時に持っていきやすい構造のギターです。

ミュージシャンの中には全国周ってストリートライブやられる方もいますよね。

外出先や旅行に気軽に持っていけるギターが欲しい方は是非参考にしてください。

トラベルギターの特徴

画像はMartinのバックパッカー。代表的なトラベルギターです。

まずはトラベルギターの特徴を勉強しましょう。

ここでは「トラベルギターのサイズ」「トラベルギターの音質」について解説していきます。

トラベルギターのサイズ

基本サイズはミニギターと一緒。

弦長(スケール)でいうと通常のドレッドノート型が650mm程度で、ミニギターは580mmか540mmが主流。

トラベルギターはミニギターから更に横幅や厚みをシェイプアップされたもの。

 

代表的なMartin バックパッカーは弦長は609mmと長めですが、横幅と厚みが大幅にカットされています。

実際に持ち運びするとわかりますが、移動時に楽になるのは弦長より横幅と厚みです。

一番面積取るのは横幅と厚みなので一気に軽くなり場所もとりません。

トラベルギターの音質

さすがにボディが薄いので音量も小さく、ペラい音がします。

といっても、普通に弾き語りはできるレベル。

外出用か部屋で気軽に弾くためのギターと思って買えば後悔はしないでしょう。

 

小さいサイズがほしいけど、音質も良質なものを…と考えるならリトルマーチンを買うべし。

トラベルギターのメリット

続いてはトラベルギターのメリット。

  • 外での持ち運びが楽
  • 部屋で軽く弾くのに便利

トラベルギターのメリットは気軽に「どこでもギターが弾ける」ことが売り

そのメリットを掘り下げて解説していきます。

外での持ち運びが楽

トラベルギターが作られた理由は持ち運びの利便性。

  • 軽い
  • サイズが小さい
  • 音量が小さい

当たり前の内容ですが、想像以上に持ち運びが楽。

ミニギターでも軽くて楽ですが、トラベルギターはさらに軽くて驚きます。

 

各サイトのレビューを読むと旅行先に持っていくのはもちろん、出張先に持っていく人まで…。

確かにこの軽さなら、出張先に持って行ってホテルに置いておけば普通にいけそう。

 

そして、音量が小さいことはデメリットのようでメリットでもあります。

使う用途が外出先なので、周りの人に迷惑がかからないレベルの音量でなければいけません。

トラベルギターのアルペジオは音が小さいので、室内でも響きません。

部屋で軽く弾くのに便利

外出用というイメージが強いですが、実は自宅使いでも便利。

音が小さく、サイズも小さい。

この特徴が自宅利用にマッチします。

 

ふと思い立ってギターを弾くとき。手軽に取れて軽く弾けます。

テレビを見ていて急にギターが弾きたくなる…

本を読んでいて急にギターが弾きたくなる…

電気消したけど眠れなくて、ギターを弾いてみる…

こんな感じで、僕も頻繁にリトルマーチンを手にして弾いてます。

代表的なトラベルギター

それでは代表的なトラベルギターを3本ほど、ご紹介します。

どれも特徴があるので、ご自身の利用用途に合わせて選びましょう。

Martin バックパッカー

  • 軽さとコンパクト間はNo.1
  • この見た目に反して意外とちゃんと鳴る
  • 膝にフィットしないので座って弾くのは難しい。
バックパッカーの評価
携帯性
(5.0)
音質
(3.5)
利便性
(2.5)
総合評価
(3.5)

NASAに提供されて宇宙にもいったトラベルギターの代表作。

軽くてコンパクト。持ち運びやすさはNo.1。

しかも、意外とちゃんと鳴るので旅先で演奏するには十分な音質。

 

惜しいのは膝にフィットせず座って弾くのが難しいこと。

ストラップつけてないと安定して演奏できません。

後悔しないように買う前に試し弾きしましょう。

ARIA ASA-18

  • ほかのミニギターより軽くてコンパクト
  • 座っても安定して弾ける
  • 手ごろな値段。音質は値段相応
ASA-18の評価
携帯性
(4.0)
音質
(2.5)
利便性
(4.0)
総合評価
(3.5)

1万円以内で手ごろなトラベルギターがほしい人におすすめ。

音質は値段相応で安い音。

でも、外出先や自宅でパッと弾く用途であれば十分です。

ガッツリ演奏するときは他のギターにして使い分けするのが有効な使い道です。

Voyage-air Guitar VAOM-02

  • 折りたたんで運べるギター
  • 通常サイズで音質はなかなか良い
  • 折りたたむのに弦を緩める必要があって面倒
VAOM-02の評価
携帯性
(2.5)
音質
(3.5)
利便性
(2.5)
総合評価
(2.5)

最後はVoyage-air Guitar。

折りたたみギターってことで、楽器屋の店員さんから教えてもらったときは驚きました(笑)

 

通常のギターサイズなので音量もあるし、音質もなかなか良かったです。

また、工具がなくても折りたためて組みなおしも可能。

ただ、弦を完全に緩めきらないと畳めないので面倒。

また、サイズは普通なので自宅で使うにはミニギターのように便利に使えないのも微妙。

友達に魅せるとネタにはなるので、話題づくりという使い道ならあり。

まとめ

  • 軽くてコンパクト。気軽に外へ持って行ける
  • 音量・サイズ共に小さく自宅利用にも便利
  • メインギターとして考えるならリトルマーチン買ったほうが無難

ぎたすけ

自宅利用でも便利ってのが意外だったな

たけしゃん

まあ、自宅利用ならミニギターで事足りるから、トラベルギターは外出先で使う想定の場合に買ったほうがいいよ

トラベルギター特集でした!

携帯性を重視しているので、音質はそれなり。

小さいギターがほしい場合は目的別で買うのを分けたほうが良いですね。

  • 外出利用がメイン⇒トラベルギター
  • 自宅利用がメイン⇒ミニギター

ザックリとこんな感じで目的は明確にして買い物しましょう。

僕はインドア派だからリトルマーチン買いました。

アウトドア派だったら、トラベルギターがおすすめですよ。是非、ご検討ください。