SENNHEISER HD 25をレビュー。DJ用モニターヘッドホンの業界標準機

SENNHEISER HD 25

ぎたすけ

HD25ってコンパクトで軽そうなヘッドホンだな

たけしゃん

DJのヘッドホンとして、すごく有名な製品だよね。軽いから自宅でも使いやすいよ
補足

ゼンハイザージャパン様より、デモ機をお借りしました

HD 25の評価
音質
 (4)
付け心地
 (4.5)
コスパ(15,000円程度)
 (3.5)
総合評価
 (4)
メリット
デメリット
  • クリアな音質で低音域が魅力的
  • クラブミュージックなどに最適
  • コンパクトで使い勝手も良い
  • ポップスのDTM用途にはやや不向き
用途 項目

普段使い
低音が魅力的
サイズも扱いやすい
マイクを設置しているスタジオ
DTM
音に特性があり
ミックスにはやや不向き
ライブ配信している人のイラスト
ライブ配信
音質も良く
遮音性も高い

製品保証は正規特約店、取扱店、代理店での購入が対象となります。

Amazonでの購入は販売元 Amazon.co.jpのみ正規品です。購入時に販売元を確認してください。

Amazonの購入元を確認する画面

その他、当サイトの商品リンクは楽天市場(ゼンハイザー公式ストア)・サウンドハウス・イケベ楽器と正規店を選択しています。

この記事の著者
音楽ブロガーたけしゃん

ミュージシャン

たけしゃん

tkshan

プロフィール

ギター弾き語りのシンガーソングライター。長年の音楽活動や音楽の仕事で得た知識・経験を基にブログを書いています。
雑誌の音楽記事執筆、音楽専門書の執筆(工学社)、nana公認クリエイター、IPC VOICE STUDIO公認ボイストレーナーです。
プロフィール詳細お問い合わせ

SENNHEISER HD 25

SENNHEISER HD 25 斜め上
型式密閉ダイナミック型
周波数特性16 ~ 22,000 Hz
プラグ3.5mm
6.3mm変換アダプタ付属
公称インピーダンス70Ω
重量(ケーブルを除く)140g
公式サイト

ゼンハイザーのモニターヘッドホン HD 25

幅広い用途で人気のヘッドホンですが、DJヘッドホンとして非常に有名な製品です。

高い音圧にも対応できるスペックを持ちつつ、軽量かつ頑丈な作りになっています。

SENNHEISER HD 25 斜め上から

使ってみた印象は側圧がやや強めで、フィット感に優れたヘッドホンです。

音のバランスも心地よく、音楽に没入できますね。

それでは、HD 25の製品仕様から解説していきます。

製品仕様を飛ばして、レビューを読みたい方は<SENNHEISER HD 25をレビュー>を参照ください。

製品仕様 目次

HD 25のバリエーション

製品SENNHEISER HD 25 Light
HD 25 LIGHT
SENNHEISER HD 25
HD 25
SENNHEISER HD 25 Plus
HD 25 Plus
軽量デザイン
ケーブル交換
ケーブル出し両側片側片側
分離式ヘッドバンド
回転式イヤーカップ
予備ケーブル
予備イヤーカップ
キャリングポーチ
実売価格約12,500円約15,000円約21,900円

HD 25は主に3つの製品バリエーションが用意されています。

まず、HD 25 LIGHTとHD 25は細かい仕様が異なります。

HD 25はケーブルが片出しですが、HD 25 LIGHTは両出しです。

SENNHEISER HD 25とHD 25 Light
左がHD 25 LIGHT、右がHD 25
片出しと両出し

片出しは片耳から、両出しは両耳からケーブルが出るタイプのこと

あとは細かい点で、ヘッドバンドの厚み、イヤーカップの可動域が若干異なります。

SENNHEISER HD 25
HD 25

両方借りましたが、自宅で使う分にはどちらでも良いかなと感じました。

ケーブルが片出し、両出しのどっちが良いかで選ぶと良いでしょう。

HD 25 PlusはHD 25に下記の付属品が追加で付いています。

  • 1.5~3m カールコード(予備ケーブル)
  • ベロアイヤーパッド(予備イヤーパッド)
  • キャリングポーチ

ヘッドホン自体はHD 25と同等なので、追加の付属品が欲しい人はHD 25 Plusを選択しましょう。

なお、3製品ともドライバーは同じものが採用されており、音の特性は同じです。

補足

2020年にHD 25 LIGHTの仕様変更があり、ドライバーが同じになった

密閉ダイナミック型

SENNHEISER HD 25 下から

HD 25は遮音性の高い密閉ダイナミック型のヘッドホンです。

イヤーカップはコンパクトで側圧はやや強く、フィット感は非常に良いです。

SENNHEISER HD 25

そのため、他社のヘッドホンと比べても遮音性に優れていますね。

また、イヤーカップが回転する仕様になっています。

SENNHEISER HD 25 イヤーパッドが回転する
反転はしない

なお、HD 25 LIGHTは回転しません。こういった細かい点で違いがあります。

サイズ調整は大分余裕がある

SENNHEISER HD 25 斜め上から

HD 25はサイズ調整用の可変する幅が広めに取られています。

かなり余裕があるので、日本人の方でサイズに困る人はほとんどいないでしょう。

ヘッドバンドのパッド部分も厚めに作られています。

SENNHEISER HD 25 下から

軽量なこともあり、長時間つけていても頭頂部分が痛くなることもなかったです。

付属品

SENNHEISER HD 25

HD 25の付属品は6.3mm変換アダプタのみです。

他の付属品はなく、シンプルな構成になっています。

HD 25 Plusを選択すると、キャリングケースと交換用のケーブル、イヤーパッドが付属します。

 

SENNHEISER HD 25をレビュー

SENNHEISER HD 25
HD 25の評価
音質
 (4)
付け心地
 (4.5)
コスパ(15,000円程度)
 (3.5)
総合評価
 (4)

それでは、HD 25を細かくレビューしていきます。

はじめにメリット・デメリットを箇条書きでまとめると以下の通りです。

メリット
デメリット
  • クリアな音質で低音域が魅力的
  • クラブミュージックなどに最適
  • コンパクトで使い勝手も良い
  • ポップスのDTM用途にはやや不向き

低音域が魅力的で、クラブミュージックなどに最適です。

加えて、本体が非常にコンパクトなので、普段使いのヘッドホンとしても優秀です。

一方でポップスのミックスなどにおいては、サウンドの傾向が違うのでやや不向きですね。

レビューの目次

魅力的で迫力ある低音

SENNHEISER HD 25 斜め上から

HD 25は低音域がズンとくるサウンドになっています。

迫力ある低音域はボワっとせずにタイト目なので、中高音域を邪魔することはありません。

4つ打ち曲を聞いていると、ビートが強調されつつも、ボーカルやシンセサイザーはちゃんと抜けてきます。

ダンスミュージックやシティポップなど非常に心地よく聴けますね。

SENNHEISER HD 25 斜め上

DJヘッドホンとして有名なのが、よくわかるサウンドです。

モニターヘッドホンですが、リスニング用途でも使いやすいです。

一方でポップスなどのミックス用途にはやや不向きですね。

DTM用途では、HD 300 PROなどのほうが使いやすいです。

コンパクトで頑丈

SENNHEISER HD 25 横から

HD 25は非常にコンパクトで、本体重量140gと軽いです。

密閉型モニターヘッドホンは200g~300gが多いので、圧倒的に軽いです。

作り自体もシンプルで一見安そうですが、耐久性はしっかりしています。

さすがにDJヘッドホンとして業界標準機になっているだけあります。

SENNHEISER HD 25

持ち運びも楽ですし、自宅でも場所を取らないので良いですね。

HD 25 LIGHTとの比較

SENNHEISER HD 25 Light

最後は同シリーズのHD 25 LIGHTとの比較です。HD 25より2,500円程度安いです。

その分、HD 25 LIGHTは下記部分が変わります。

SENNHEISER HD 25とHD 25 Light
左がHD 25 LIGHT、右がHD 25
  • ケーブルが両出し
  • ヘッドバンドのパッドが薄くなる
  • イヤーカップが回転しなくなる

HD 25 LIGHTはイヤーカップが回転しないため、片耳聴きなどは少し不便です。

一方でリスニングやライブ配信では、HD 25 LIGHTで困ることは特にないですね。

HD 25 LIGHTのサウンドは低音の迫力はありつつ、やや中音域が前にきているのでボーカルが聴こえやすいです。

HD 25のほうがより低音域のビートが目立つサウンドになっています。

SENNHEISER HD 25

なお、HD 25、HD 25 LIGHTは同じドライバーが採用されているため、音の特性は基本同じです。

聴こえ方が若干違うというレベルで大きな違いはありません。

現場に持って行ったり、業務用途で使う方は機能的にHD 25が間違いないかなと感じました。

逆に普段使いと自宅でのライブ配信用途なら、HD 25 LIGHTで十分こなせますね。

 

SENNHEISER HD 25 まとめ

SENNHEISER HD 25
  • DJ用として業界標準のヘッドホン
  • コンパクトで軽く、普段使い・配信でも便利
  • DTM用途だと、HD 300 PROのほうが適している

ぎたすけ

軽くてコンパクトって地味に大きいよな

たけしゃん

使ってる時間が長いほど、重量って大事になるからね。この軽さで頑丈なのも良いね

SENNHEISER HD 25のレビューでした!

僕はDJでないので、DTM・配信・リスニング用途でレビューしましたが、すごく良いヘッドホンでした。

関連記事

モニターヘッドホン 6台モニターヘッドホン おすすめランキング10選。DTM・歌ってみた・配信で使いやすい製品を徹底解説 AKG K361-BT-Y3AKG K361-BT-Y3をレビュー。1万円台で買える優秀なBluetooth対応モニターヘッドホン audio technica ATH-M30xaudio technica ATH-M30xをレビュー。1万円未満で買える定番のモニターヘッドホン SONY MDR-CD900STSONY MDR-CD900STをレビュー。業界標準機の超定番モニターヘッドホン audio technica ATH-E70のカナル型イヤホンモニターイヤホン(イヤモニ) おすすめランキング ベスト5。選び方から使い方まで徹底解説!