SENNHEISER HD 400 PROをレビュー。スピーカー環境に近い開放型モニターヘッドホン

SENNHEISER HD 400 PRO

ぎたすけ

開放型って耳の部分がメッシュとかになっているやつだよな?

たけしゃん

そうだね。HD 400 PROはスピーカーで聴いているような開放感があって良いよ
補足

ゼンハイザージャパン様より、デモ機をお借りしました

HD 400 PROの評価
音質
 (5)
付け心地
 (5)
コスパ(32,000円程度)
 (4)
総合評価
 (4.5)
メリット
デメリット
  • スピーカー環境に近い聴こえ方
  • フラットな特性で正確にモニターできる
  • 軽量で長時間作業も疲れない
  • 開放型なので遮音性は低い
用途 項目

普段使い
フラットで高音質
スマホ直はやや音量不足
マイクを設置しているスタジオ
DTM
フラットな特性で
正確にモニターできる
ライブ配信している人のイラスト
ライブ配信
遮音性は低いので
やや不向き

製品保証は正規特約店、取扱店、代理店での購入が対象となります。

Amazonでの購入は販売元 Amazon.co.jpのみ正規品です。購入時に販売元を確認してください。

Amazonの購入元を確認する画面

その他、当サイトの商品リンクは楽天市場(ゼンハイザー公式ストア)・サウンドハウス・イケベ楽器と正規店を選択しています。

この記事の著者
音楽ブロガーたけしゃん

ミュージシャン

たけしゃん

tkshan

プロフィール

ギター弾き語りのシンガーソングライター。長年の音楽活動や音楽の仕事で得た知識・経験を基にブログを書いています。
雑誌の音楽記事執筆、音楽専門書の執筆(工学社)、nana公認クリエイター、IPC VOICE STUDIO公認ボイストレーナーです。
プロフィール詳細お問い合わせ

SENNHEISER HD 400 PRO

SENNHEISER HD 400 PRO
型式ダイナミック 開放型
周波数特性6 – 38,000 Hz
プラグ3.5mm
6.3mm変換プラグ付属
インピーダンス120Ω
重量(ケーブルを除く)240g
公式サイト

2022年3月に発売した、ゼンハイザーの開放型モニターヘッドホン HD 400 PRO

スピーカー環境に近い感覚でリスニングできるヘッドホンです。

軽量で通気性もよく、長時間作業に最適な製品ですね。

SENNHEISER HD 400 PRO

聴こえ方も本当にスピーカー環境に近く、これぞ開放型ヘッドホン!と感じました。

それでは、HD 400 PROの製品仕様から解説していきます。

仕様を飛ばして、レビューを読みたい方は<HD 400 PROをレビュー>を参照ください。

製品仕様の目次

ダイナミック 開放型

SENNHEISER HD 400 PRO

HD 400 PROは開放型(オープン)のモニターヘッドホンです。

開放型はイヤーパッド部分がメッシュなどになっており、ハウジングの外にも音が出るように設計されたものです。

タイプ特徴
SENNHEISER HD 400 PRO
開放型
音の抜けがよい
音場が広い
聴き疲れしにくい
遮音性は低い
SENNHEISER HD 280 PRO
密閉型
低音が出やすい
遮音性が高い
音がこもりやすい

HD 400 PROは音場が広く、高音の抜けも非常に良いです。

更に聞き疲れしにくいなど、開放型の強みを存分に活かしてますね。

一方で構造的に音漏れはするため、レコーディング時のモニターには適していません。

ミックス、編集作業、リスニングなどの用途に適していますね。

サイズ調整幅

SENNHEISER HD 400 PROのサイズ調整部分

HD 400 PROのサイズ調整部分は大分広めに取られています。

僕は頭がやや大きいですが、サイズを全開にするとかなり余りますね。

他のヘッドホンと比べても、調整幅は広いので頭が大きい人でも安心です。

なお、ヘッドホンを左右に広げる部分が折れそうに感じましたが、色々使ってみたところでは耐久性に問題はなさそうでした。

付属品

SENNHEISER HD 400 PROの3.5mm端子と6.3mm変換プラグ
SENNHEISER HD 400 PROの予備ケーブル

HD 400 PROの付属品は6.3mm変換プラグと1.8mのストレートケーブルです。

なお、ケーブルは最初から3mのカールケーブルがヘッドホンに接続されています。

SENNHEISER HD 400 PROの3.5mm端子と6.3mm変換プラグ

取外しできるので、用途に応じて自身でストレートケーブルに取り換えましょう。

自宅利用の場合はカールケーブルのほうが何かと便利です。

 

SENNHEISER HD 400 PROをレビュー

SENNHEISER HD 400 PRO 上から撮った
HD 400 PROの評価
音質
 (5)
付け心地
 (5)
コスパ(32,000円程度)
 (4)
総合評価
 (4.5)

それでは、HD 400 PROを細かくレビューしていきます。

はじめにメリット、デメリットを箇条書きでまとめると以下の通りです。

メリット
デメリット
  • スピーカー環境に近い聴こえ方
  • フラットな特性で正確にモニターできる
  • 軽量で長時間作業も疲れない
  • 開放型なので遮音性は低い

開放型ヘッドホンの良さがしっかり出ている製品ですね。

モニター用途でも、リスニング用途でも、めちゃくちゃ良いヘッドホンだなと思いました。

レビューの目次

フラットな特性で正確にモニターできる

SENNHEISER HD 400 PROのイヤーパッド

HD 400 PROはフラットな特性で、低音域から高音域まで原音に忠実に再現されます。

音のレンジが広いので、各帯域余裕がありますね。

音量をかなり引き上げても、音がゴチャゴチャせずにキレイなまま再生されます。

また、音場が広く、スピーカー環境に近い聴こえ方になっています。

SENNHEISER HD 400 PRO

ライブ音源を聴くと、会場の空気や臨場感まで再現されますね。

低音域もタイトで量もしっかりあるので、物足りなさもありません。

モニターからリスニングまで万能に使えるサウンドになってます。

色んなサウンドを聴き比べしていて、すごく良いヘッドホンだなと思いました。

軽量で長時間作業も楽

SENNHEISER HD 400 PRO

HD 400 PROは本体重量 240gと軽量で、付けた感触も軽いです。

開放型で音疲れもしにくいため、長時間の作業やリスニングでも心地よく使えますね。

夏場に長時間付けていても、耳が蒸れることもなく快適です。

SENNHEISER HD 400 PRO

側圧も僕はほとんど感じないレベルで、編集作業を長時間やっていても非常に楽でした。

競合製品との比較

製品SENNHEISER HD 400 PRO
HD 400 PRO
audio technica ATH-R70x
ATH-R70x
SENNHEISER HD 600 PRO
HD 600
メーカーSENNHEISERaudio technicaSENNHEISER
ドライバ径不明φ45mm不明
インピーダンス120Ω470Ω300Ω
特性フラットフラットフラット
実売価格約32,000円約35,000円 約39,500円
ECサイトAmazon
楽天市場
イケベ楽器
サウンドハウス
公式ストア
Amazon
楽天市場
サウンドハウス
Amazon
楽天市場
サウンドハウス

最後は競合製品との比較です。ここでは、audio technica ATH-R70xとSENNHEISER HD 600と比較しました。

まず、audio technica ATH-R70xとの比較です。

audio technica ATH-R70x

どちらもすごく良いヘッドホンですが、聴こえ方は結構違う印象を受けました。

ATH-R70xは音場は広いですが、音像の距離感は近めで音に輪郭があります。

対して、HD 400 PROはスピーカーに近い感覚で、周囲の空気感もリアルに再現したサウンドです。

SENNHEISER HD 400 PRO

ATH-R70xは密閉型と開放型の良いとこ取りした製品で、HD 400 PRO開放型の良いところを最大限活かした製品だなと僕は感じました。

僕なら密閉型と併用するならHD 400 PROを選びますね。

続いて、同じゼンハイザーのHD 600との比較です。

SENNHEISER HD 600 PRO

サウンドの特性はほとんど一緒に感じました。

HD 600のほうが若干、音像が近く聴こえますね。HD 400 PROは音の聴こえ方が広いです。

付け心地は両方とも素晴らしく、サウンド・機能面ともに甲乙つけがたいです。

強いて言うなら、HD 400 PROのほうが5,000円程度安く、最新機種という点が優位なくらいですね。

 

SENNHEISER HD 400 PRO まとめ

SENNHEISER HD 400 PRO
  • 2022年3月発売の開放型モニターヘッドホン
  • 音の聴こえ方がスピーカー環境で聴いてる感覚に近い
  • 本体が軽くて、付け心地も非常に良い

ぎたすけ

すごく良いヘッドホンだったんだな。音楽には密閉型みたいなイメージあったよ

たけしゃん

開放型はミックスとかリスニングとかで良いよね。HD 400 PROは密閉型と併用するのにすごく良いよ

SENNHEISER HD 400 PROのレビューでした。

最近はミュージシャンでも音楽制作からの動画編集など、長時間作業になることが多いですよね。

そんなときに開放型のヘッドホンがあると、疲労度が大分違います。

HD 400 PROは密閉型と併用で持っておくのに最適なヘッドホンですね。

関連記事

モニターヘッドホン 6台モニターヘッドホン おすすめランキング10選。DTM・歌ってみた・配信で使いやすい製品を徹底解説 AKG K553 MKII-Y3AKG K553 MKII-Y3をレビュー。音場が広く、各楽器の音を確認しやすいモニターヘッドホン AKG K371-BT-Y3AKG K371-BT-Y3をレビュー。Bluetooth、有線両対応で優れた音質のモニターヘッドホン SONY MDR-CD900STSONY MDR-CD900STをレビュー。業界標準機の超定番モニターヘッドホン audio technica ATH-E70のカナル型イヤホンモニターイヤホン(イヤモニ) おすすめランキング ベスト5。選び方から使い方まで徹底解説!