audio technica ATH-M30xをレビュー。1万円未満で買える定番のモニターヘッドホン

audio technica ATH-M30x

評価:4

ぎたすけ

モニターヘッドホンって、相場観がよくわからないけど1万円未満って安いの?

たけしゃん

1万円は安いほうだね。でも、ATH-M30xは音も良いし、モニターしやすい良いヘッドホンだね
補足

レビューのためにメーカー様よりデモ機をお借りしました

ATH-M30xの評価
音質
 (4)
付け心地
 (4)
コスパ(8,800円程度)
 (4.5)
総合評価
 (4)
メリット
デメリット
  • 音がクリアで聴きとりやすい
  • 良質な製品で1万円未満
  • 付け心地も良好
  • 低音がやや目立つ
  • +3,000円のATH-M40xのほうが音は大分良い
用途 項目

普段使い
低音が目立つので
ジャンルによる
マイクを設置しているスタジオ
DTM
聴きとりやすく
モニター用に最適
ライブ配信している人のイラスト
ライブ配信
聴きとりやすく
モニター用に最適
この記事の著者
音楽ブロガーたけしゃん

ミュージシャン

たけしゃん

tkshan

プロフィール

ギター弾き語りのシンガーソングライター。長年の音楽活動や音楽の仕事で得た知識・経験を基にブログを書いています。
そのほか雑誌の音楽記事執筆、音楽専門書の執筆(工学社)、IPC VOICE STUDIOの公認ボイストレーナーの資格を持っています。
プロフィール詳細お問い合わせ

audio technica ATH-M30x

audio technica ATH-M30x
型式密閉ダイナミック型
ドライバー径φ40mm
CCAWボイスコイル
プラグ3.5mm
※6.3mm変換アダプタ付属
インピーダンス47Ω
重量220g
公式サイト

予算1万円以内で買えるaudio technicaのモニターヘッドホン、ATH-M30x

audio technica Mシリーズの下から2番目にあたるモデルです。

audio technicaのモニターヘッドホン

製品audio technica ATH-M20x
ATH-M20x
audio technica ATH-M30x
ATH-M30x
audio technica ATH-M40x
ATH-M40x
audio technica ATH-M50x
ATH-M50x
audio technica ATH-M60x
ATH-M60x
audio technica ATH-M70x
ATH-M70x
audio technica ATH-R70x
ATH-R70x
タイプ密閉ダイナミック型密閉ダイナミック型密閉ダイナミック型密閉ダイナミック型密閉ダイナミック型密閉ダイナミック型オープンバック
ダイナミック型
ドライバー径φ40mmφ40mmφ40mmφ45mmφ45mmφ45mmφ45mm
インピーダンス47Ω47Ω35Ω38Ω38Ω35Ω470Ω
重量190g220g240g285g220g280g210g
実売価格約5,800円 約8,800円 約11,500円 約19,000円約23,000円約32,000円約35,000円

実売価格で8,800円程度ですが、音質や品質は良好で優秀な製品です。

audio technica ATH-M30x 上部

予算1万円以内でモニターヘッドホンを探すなら、かなり有効な選択肢ですね。

まずは製品仕様から解説していきます。

仕様を飛ばして、レビューを読みたい方は<ATH-M30xをレビュー>を参照ください。

仕様の目次

φ40mmCCAWボイスコイルドライバー

audio technica ATH-M30x イヤーパッド

ATH-M30xはφ40mmCCAWボイスコイルドライバーが採用されています。

これはアルミニウムを主体とした複合材料で振動レスポンスが良く、高級ヘッドホンにも良く使われています。

そのため、音はクリアで解像度が高いですね。

ATH-M20xも同じドライバーを採用していますが、ATH-M30xのほうが音の広がりが良いですね。

密閉ダイナミック型

audio technica ATH-M30x 正面

ATH-M30xは密閉ダイナミック型です。

遮音性の高い楕円形状のイヤカップを採用しており、REC時も音漏れの心配がありません。

側圧もほどほどで長時間作業でも苦にならないですね。

イヤーパッドの付け心地も良好です。

なお、片耳リスニングしやすいようにイヤーパッドが90度反転します。

audio technica ATH-M30x イヤーパッド

横方向には回転しません。

ATH-M40xからは横にも回転させられるようになります。

3.5mm端子で変換アダプタ付属

audio technica ATH-M30xのケーブルと6.3mm変換アダプタ

ATH-M30xは片出しコードになっており、先端は3.5mm端子です。

付属品に6.3mm変換アダプタがついているため、接続機器に合わせて着脱しましょう。

付属品としてポーチが付いています。

audio technica ATH-M30x付属のポーチ

ATH-M30xはコンパクトに折りたためるので、収納・携帯も楽です。

ATH-M30xを小さく折りたたんだ

ちなみにATH-M30xはケーブル取外しできませんが、ATH-M40xからは着脱可能になります。

 

audio technica ATH-M30xをレビュー

audio technica ATH-M30x
ATH-M30xの評価
音質
 (4)
付け心地
 (4)
コスパ(8,800円程度)
 (4.5)
総合評価
 (4)

それでは、ATH-M30xを細かくレビューしていきます。

はじめにメリット・デメリットを箇条書きでまとめると以下の通りです。

メリット
デメリット
  • 音がクリアで聴きとりやすい
  • 良質な製品で1万円未満
  • 付け心地も良好
  • 低音がやや目立つ
  • +3,000円のATH-M40xのほうが音は大分良い

全体的に非常に良くできています。

音はクリアで明瞭なので、楽器の音もモニターしやすいです。

付け心地も良好なので、非常にコスパが良いです。

レビューの目次

クリアで聴きとりやすい

audio technica ATH-M30x 側面

ATH-M30xで色んな音源を聴いてみました。

感じた所感は以下の3点。

  1. 音がクリアで解像度が高い
  2. 中高音がやや引っ込んでる
  3. 低音がやや目立つ

全体的にはすごく聴きやすいので、②と③は若干というレベルです。

リスニング用ヘッドホンでいう「低音が強い」と比べると、全然小さいレベルの話ですね。

低音がやや目立つのは強いというよりは、中高音域がやや引っ込んでいて相対的に目立つという感じです。

また、目立つ低音はかなり下の帯域なので、アコギ弾き語りのモニターでは非常にバランス良いです。

AT4040でレコーディングしているところ

ちなみに上位モデルのATH-M40xにすると、中高音域も前に出てバランス良く聴こえます。

audio technica ATH-M40x
ATH-M40x

ATH-M30xが8800円程度、ATH-M40xが11,500円程度なので、価格相応に差がある印象ですね。

ATH-M30xも十分優秀ですが、シビアにバランスを求めるならATH-M40xまで頑張ったほうが良いです。

側圧もほどほどで付け心地が良い

audio technica ATH-M30x 正面

ATH-M30xは側圧もほどほどで、長時間作業で使っても苦になりませんでした。

付け心地はなかなか良好です。

イヤーパッドの耐久性も高そうで、付け心地も良いですね。

audio technica ATH-M30x イヤーパッド

製品の作りは価格の割に非常に良くできています。

他製品との比較

製品audio technica ATH-M30x
ATH-M30x
OneOdio monitor60
MONITOR 60
audio technica ATH-M20x
ATH-M40x
ドライバ径φ40mmφ50mmφ40mm
特性フラット聴きやすいフラット
実売価格約8,800円約8,680円 約11,500円
ECサイト公式サイト
Amazon
楽天市場
サウンドハウス
公式サイト
Amazon
楽天市場
Yahoo!
公式サイト
Amazon
楽天市場
サウンドハウス

ATH-M30xの比較対象とした選出したのはOneOdio MONITOR 60ATH-M40xです。

まず、OneOdio MONITOR 60と比較すると、ATH-M30xはしっかりモニターヘッドホン仕様ですね。

対して、MONITOR 60はリスニング用途に大分寄ってます。

OneOdio monitor60
OneOdio MONITOR 60

なので、演奏のモニターやミックスで使うなら、普通にATH-M30xのほうが良いです。

モニター用途よりリスニングが多いのであれば、聴きやすく調整されたMONITOR 60で良いかなという感じですね。

続いて、同じauidio technicaのATH-M40xとの比較です。

audio technica ATH-M40x
ATH-M40x

ATH-M30xとのは価格差は3,000円程度ですが、結構差があります。

  • 音のバランスはATH-M40xのほうが良い
  • ATH-M40xはケーブル着脱可能
  • ATH-M40xはイヤーパッドが横回転可能
  • ATH-M40xは側圧がかなり強い

特にATH-M40xは音のバランスや質感がグッと良くなりますね。

ただ、ATH-M40xは側圧がかなり強くて、弱くなるまで馴らさらないと長時間作業がきついのが弱点です。

悩ましいところですが、予算的に頑張れるならATH-M40xがおすすめです。

一方で予算1万円以内なら、ATH-M30xは非常に良い選択肢ですね。

 

audio technica ATH-M30x まとめ

audio technica ATH-M30x 側面
  • 1万円未満で買える優秀なモニターヘッドホン
  • 低音がやや目立つが、全体的にはモニターしやすい
  • 予算的に頑張れるなら+3,000円のATH-M40xがおすすめ

ぎたすけ

確かに8,800円と11,500円だと悩むな。1万円超えるとためらっちゃうよ

たけしゃん

選択できるってのは良いことだけどね。予算1万円未満ならATH-M30xはすごく良いと思ったよ

audio technica ATH-M30xのレビューでした。

1万円未満でよくできているなと思いました。さすが人気製品です。

低予算でDTM環境を作りたい人には、非常に良いヘッドホンです。

関連記事

AKG K-271MKIIAKG K271 MKII-Y3をレビュー。自然なサウンドと快適な装着感のモニターヘッドホン audio technica ATH-M20xaudio technica ATH-M20xをレビュー。低価格でもポイントをしっかり押さえたモニターヘッドホン AKG K361-BT-Y3AKG K361-BT-Y3をレビュー。1万円台で買える優秀なBluetooth対応モニターヘッドホン OneOdio Pro050を斜めから撮った画像OneOdio Pro50をレビュー。楽器とスマホを同時接続できる格安ヘッドホン マランツプロ MPH-1マランツプロ MPH-1をレビュー。激安でちゃんと使えるモニターヘッドホン