SONY MDR-CD900STをレビュー。レコーディングスタジオで大定番のモニターヘッドホン

MDR-CD900ST

ぎたすけ

このヘッドホンってテレビ番組やスタジオとかでよく見るよな

たけしゃん

業界標準になってるからね。これ使っておけば、あとは自分の耳の問題って安心感はあるね

飛ばし読みガイド

この記事の著者
音楽ブロガーたけしゃん

ミュージシャン

たけしゃん

tkshan

プロフィール

ギター弾き語りのシンガーソングライター。長年の音楽活動や音楽の仕事で得た知識・経験を基にブログを書いています。
そのほか雑誌の音楽記事執筆、音楽専門書の執筆(工学社)、IPC VOICE STUDIOの公認ボイストレーナーの資格を持っています。
プロフィール詳細お問い合わせ

SONY(ソニー) MDR-CD900ST

音楽業界で使うヘッドホンのハイスタンダード、SONY MDR-CD900STです。

元々はSONYが自社スタジオで使用するために作ったそうですが、それを業務用販売するようになって普及した製品です。

MDR-CD900ST

1989年に発売されて、現在も業界標準機として君臨しているわけなので、30年以上も第一線で活躍しているヘッドホンです。

音質はクリアで中高音が強めに味付けされており、歌や楽器の音が聴きとりやすいです。

そして非常に頑丈で壊れないので、業務用としてはベストなんでしょうね。

密閉ダイナミック型

SONY MDR-CD900ST

密閉型は音が外に漏れないようにイヤー後方部分が密閉されているタイプの事です。

レコーディングなど、音漏れしては困る場面に使われます。

ただ、低音が強めになり、音がこもりやすいという特徴があります。

開放型はイヤーパッド部分がメッシュなどになってます。

audio technica ATH-R70x
audio technica ATH-R70x

開放型は低音がこもりにくく、高音の伸びも良いですが、音漏れはしやすいです。

MDR-CD900STはレコーディングのモニターで使うことが想定されている製品なので、密閉型が採用されています。

コードの長さは2.5m

MDR-CD900ST

MDR-CD900STのコードは2.5mとやや長めです。

自宅で使う分には余るくらいで、短くて困ることはあまりないでしょう。

動画制作のカメラワークの関係などで、デスクから少し離れた環境まで引っ張りたい…というときも柔軟に対応できます。

サイズは10段階可変

MDR-CD900ST LR表示

MDR-CD900STは頭のサイズに合わせて10段階でサイズ可変できます。

左右独立してサイズ感を変えられるので、自身の頭に合うサイズに可変させましょう。

10まで上げれば、かなり大きいので頭が大きくても入らない人はあまりいないでしょう。

側圧も程よいレベルで長時間付けていても疲れません。ただ、耳は少し痛くなるときはありますね。

6.3mmステレオ標準プラグ

ステレオ標準プラグ

MDR-CD900STの接続は6.3mmステレオ標準プラグです。

ミキサーやオーディオインターフェイスはステレオ標準プラグが基本なので困ることはないでしょう。

ただ、スマホや一般オーディオ機器だと、3.5mmミニプラグが一般的です。

自身が使用する機材がミニプラグしか対応していない場合は変換アダプタを別途購入しましょう。

無償修理期間(メーカー保証)はなし

MDR-CD900ST

MDR-CD900STは業務用ヘッドホンということで、初期不良対応以外は全て有償修理となります。

とはいえ、非常に頑丈でそうそう壊れません。

僕も10年以上使ってますし、周りでも壊れたという話をほとんど聞かないです。

もちろん、電気製品なので当たり外れがあるとは思いますが頑丈なことには定評のある製品です。

 

SONY(ソニー) MDR-CD900STをレビュー

それでは、MDR-CD900STのレビューをしていきます。

はじめに総評すると「RECに最適なモニターヘッドホン」です。

音の分離も良く、キレイに聞こえるのでRECのモニターヘッドホンとしては定番かつ優秀な1台ですね。

また、どこのスタジオも基本はCD900STなので、慣れておくと楽という点も大きいです。

レコーディングでモニターしやすい

SONY MDR-CD900ST

MDR-CD900STがよく使われる理由として一番強いのは音をモニターしやすいことです。

僕もレコーディング時のヘッドホンは色々使ってみましたが、やっぱりMDR-CD900STは聴きやすいです。

僕がRECするのはボーカル、アコギ、コーラスの3つがほとんどですが、どれも音が前に出てくるので録りやすいです。

C414XLSでギターのレコーディングしているところ

MDR-CD900STは色んな評価がありますが、REC時のモニターヘッドホンとしては非常に使いやすいです。

また、僕はアコースティック系の音源と「歌ってみた」のミックスをやりますが、この範疇であれば問題ないです。

DTMをやっているデスク

ただ、やはり中高音は強めで癖のある音なので、ミックスメインの人向けではないですね。

ボーカル、生楽器のレコーディング用途がメインで、簡単なミックスもこなす…という使い方がベターです。

レコーディングスタジオでも変わらない

レコーディング用のマイク

MDR-CD900STは業界標準機なので、レコーディングスタジオにはほぼ置いてあります。

日頃から自宅で使っている環境と同じモニターヘッドホンでレコーディングできるのは地味にでかいです。

レコーディングスタジオ2

ヘッドホンの聴こえ方やサイズ感が違うと気になっちゃったりしますからね。

業界標準機に慣れておくと、場所が変わってもヘッドホンは変わらないので良いですね。

どこでも同じヘッドホンを使いたい…という理由でMDR-CD900STを買う人はかなり多いです。

パーツをバラで買って交換可能

MDR-CD900STのパーツ交換

サウンドハウスでMDR-CD900STのパーツがバラ売りされているので、壊れたら自身で対応することも可能です。

口コミを見ると断線修理を自身でされている方が多いようです。

自身でパーツを仕入れて、修理できるのは業務用の利点ですね。

…といっても、普通の人はイヤーパッド交換するくらいですね。

イヤーパッドは古くなってくると音漏れしはじめるので、何年かに1度は交換したほうが良いです。

装着感は軽くて良好

MDR-CD900ST

MDR-CD900STの重量は200g(コード含まず)とかなり軽いです。

装着時に周りの音が遮断される密閉感はありますが、つけっ放しでも首が疲れたりしません。

録音した音源の確認やミックスなどで長時間作業していても疲れないのは良いですね。

ただ、ずっとつけていると耳が痛くなったりはします。程よく休憩を入れましょう。

頑丈で物持ちが良い

MDR-CD900ST LR表示

僕はMDR-CD900ST10年以上使っていますが、全然問題なく現役です。

音漏れが酷くなってきて、2回イヤーパッドを交換しただけです。

15,000円くらいしますが、業界標準なので音質は文句ないですし、頑丈で物持ち良い機種なのでコスパは非常に良いです。

長い期間使い続けられるので、宅録やライブ配信を積極的にやっていく人にはMDR-CD900STはおすすめです。

リスニングにも使えるがクセはある

デスクにMDR-CD900STに置いている写真

まず、前提としてMDR-CD900STはリスニング用では作られていません。

レコーディング時にボーカルや楽器が自身の音を聞くためのモニターヘッドホンです。

とはいえ、リスニングにも使えます。

MDR-CD900STは中高音強めなので、音楽によって合う合わないはありますね。

MDR-CD900ST

アコースティックな音楽を聴く分には全然問題ないです。

ただ、原音に忠実なヘッドホンが欲しいなら、audio technica ATH-M50xをおすすめします。

audio technica ATH-M50x
audio technica ATH-M50x

MDR-CD900STはリスニングに適しているわけではないけど、普通に聴けるという感じですね。

 

SONY(ソニー) MDR-CD900ST まとめ

ヘッドフォンとコード表
  • 30年以上、業界標準となっている定番ヘッドホン
  • 中高音強めで楽器の音をモニターするには適している
  • 頑丈で長い期間使えるので、宅録や配信用で使える

ぎたすけ

頑丈だけど、10年も使っていると写真から使用感がすごい伝わってくるな

たけしゃん

ははは(汗)。もっとキレイに使っている人は10年経ってもキレイなんだと思うよ

MDR-CD900STのレビューでした。

買った当時は僕もヘッドホンに15,000円かぁ…と思ったもんです。

ただ、10年以上使った今となってはあの時と買っておいて良かったなと心底思える製品ですね。

モニター環境ってボーカルにはものすごく大事ですからね。

音程やリズム感もモニター環境がしっかりしていると、細かくなって精度も上がってきます。

良い演奏をするためにも、モニター用のヘッドホンは頑張ってお金かけたほうが良いですね。

関連記事

ATH-EP1000IRaudio technica ATH-EP1000IRをレビュー。楽器用の低遅延ワイヤレスヘッドホン audio technica ATH-M20xaudio technica ATH-M20xをレビュー。低価格でもポイントをしっかり押さえたモニターヘッドホン Oneodio Pro010の画像OneOdio Pro10をレビュー。格安だけど普通に使える多機能な密閉型ヘッドホン OneOdio Pro050を斜めから撮った画像OneOdio Pro50をレビュー。楽器とスマホを同時接続できる格安ヘッドホン マランツプロ MPH-1マランツプロ MPH-1をレビュー。激安でちゃんと使えるモニターヘッドホン