あなたに最適なギターを提案!弾き語りすとナビ

YAMAHA(ヤマハ) FGX5をレビュー。18万円と思えない驚異のエレアコ現る

ギターを弾く女性

ぎたすけ

YAMAHA FGって初心者向けのアコギじゃなかったっけ?

たけしゃん

FGX5は18万円くらいの本格的なエレアコだよ。こんなすごいエレアコ出されると他のメーカーつらいだろうなぁ…って思うくらいすごいよ
この記事でわかること
  • YAMAHA FGX5について
  • YAMAHA FGX5のレビュー
  • 同価格帯ギターとの比較

YAMAHA FGX5

YAMAHA FGX5

2019年5月に発売された、YAMAHA FG / FS Red Labelの新作ギターYAMAHA FGX5

通称、赤ラベルという名前で昔から親しまれてきた、YAMAHA FG180などの系譜を受け継ぐモデルです。

 

ルックスは昔ながらのYAMAHAスタイル。

ですが、中身はYAMAHAの最新技術を詰め込んだすごいやつです。

まずは仕様から、しっかりと解説していきます。

FGX5

FSX5

YAMAHA FG / FS Red Label

YAMAHA FG Red Lebel

YAMAHA FG/FS Red Lebelは5と3の2種類のグレードにボディサイズ(FG・FS)が2パターンの計4種類。

更に4種類それぞれにエレアコモデルがあるため、全部で8本存在します。

YAMAHA FG Red Lebel

どの製品も定価から-1万円前後が実売価格となっています。

YAMAHA FGX5も実売価格は17.5万円~18万円程度です。

 

なお、「5」と「3」の違いは下記の通り。

5シリーズ
  • 国内生産
  • ハードケース付属
  • 上駒・下駒枕が牛骨
3シリーズ
  • 中国生産
  • ライトケース付属
  • 上駒・下駒枕がユリア

トップ・サイド&バックの木材は一緒です。

なので、大きな違いは生産場所が日本か中国かくらいなものです。

 

ただ、本体を弾き比べても5シリーズのほうが響きや箱鳴りが良くて木材が同じのわりには結構な差を感じます。

逆に3シリーズはMartinやTaylorによくある10~20万円くらいのサペリのアコギという感じです。

 

…で今回レビューするYAMAHA FGX5は、上位モデルの5シリーズかつエレアコですね。

ボディのサイズ

ボディサイズの違い

YAYAMAHA FG/FS Red LebelはボディサイズはこれまでのFGシリーズと同様に2種類です。

 

YAMAHA FGX5はジャンボサイズであるトラッドウェスタンタイプ。

一般的なギターに採用されるドレッドノートを日本人体型に合わせて変化させた、YAMAHAオリジナルシェイプです。

 

トラッドウェスタンはボディが大きいので低音が豊かで音量もしっかり出ます。

ジャカジャカと鳴らすと、聴き心地の良い響きが生まれて弾き語りにはピッタリのボディサイズです。

アルペジオでも、低音がドッシリと出て安定感あるプレイができます。

 

ちなみにフォークタイプのFSボディは低音がスッキリして音のレスポンスが良いです。

フィンガースタイルや細かく刻むストロークなどのギタープレイを好む人はFSのほうが相性が良いですね。

木材

YAMAHA FGX5 背面

  • トップ:シトカ・スプルース
  • サイド&バック:マホガニー
  • ネック:マホガニー

YAMAHA FGX5はシトカ・スプルースとマホガニーを用いたオール単板ギターです。

YAMAHAで国内生産のマホガニーオール単板ギターというと、A5シリーズでしたがあれはカッタウェイだけでした。

※YAMAHA A5M

なので、カッタウェイなしで国内生産のマホガニーオール単板ギターはYAMAHA FG Red Lebelくらいなものかと。

Gibsonの影響もあって、マホガニーオール単板だとカッタウェイなしが欲しくなりますし、ありがたいですね。

 

トップ材のシトカ・スプルースにはYAMAHAお得意のA.R.E.加工が施されています。

A.R.E.
YAMAHA独自の木材改質技術。長年弾き込まれたような豊かな鳴りを作り出す

ボディ内部のスキャロップドブレイシングも最新の音響解析シミュレーション技術を駆使して検討された造りになっています。

 

50年以上前に製造開始された伝統の赤ラベルではありますが、ギターを作る技術においては最新の技術を駆使していますね。

ピックアップ Atmosfeel™ (アトモスフィール)

FGX5のピックアップ

YAMAHA FG/FS Red Lebelの目玉が新しく開発された、「SYSTEM74(ハイブリッド3WAYシステム)Atmosfeel™」です。

アコギの生音を3つのシステムが拾う仕組みになっています。

3Wayピックアップ

  1. ピエゾセンサー(アンダーサドル)
  2. コンタクトセンサー
  3. マイク

この3つの方法で拾った音はプリアンプでミックスされて出力されます。

ボディ側面に3つのプリアンプコントローラーがあります。

Atmosfeelプリアンプ

あれ?この新しい3Wayピックアップシステム…ピックアップがとにかくすごいと評判のColeなんちゃらさんの3Wayピックアップシステムとそっくり…。

 

実際の使い勝手や音質もColeなんちゃらさんと同等で全ギターメーカーでトップレベルの素晴らしい音質です。

 

生音も良くて、ピックアップも最高レベル。そして、20万円未満で買えちゃう。

これはすごいエレアコが生まれてしまいましたねぇ…。

FGX5

FSX5

YAMAHA FGX5 レビュー

バンドボーカル

それでは、YAMAHA FGX5をレビューしていきます。

はじめに総評すると「18万なのに30万のエレアコと互角以上。YAMAHA 本気の1本」です。

 

Cole Clarkのギターを触って、エレアコの音は最高なんだけど生音がちょっと…と思った人がYAMAHA FGX5を触ったら即買いそうです(笑)。

生音がかなり良い

スプルース × マホガニーのオール単板だけあって生音でも音の響きや暖かみが良い感じです。

 

僕は同じ木材の組み合わせであるGibson J-45を使っていますが、Gibsonとはキャラクターが違う音です。

Gibsonのようにジャキっとしている…というよりYAMAHA FGX5はザクザクした感じの音です。

 

楽器屋の店員さんには「5シリーズは往年の赤ラベルにそっくりなサウンドで、3シリーズは今時な感じです」

…と言われたんですが、確かに竹原ピストルさんの演奏聴いたら、近い感じはしますね。

補足
演奏されているギターはYAMAHA FG200

サビのストロークで出ている音がYAMAHA FGX5と似てますね。

タイプ的にはこういったザクザクした感じの音です。

 

ただ、往年の赤ラベルはザクザクしている中に暴れた感じの野性味があって味があります。

対して、YAMAHA FGX5は音のバランスが綺麗に整っていて聴きやすい音になってます。

ピックアップが素晴らしい

FGX5のピックアップ

新開発のピックアップは使い勝手抜群です。

マイクとセンサー(ピエゾ&コンタクト)との音量比率でマイクに全振りすると非常にナチュラルな音です。

ストロークのザクザク感と箱鳴り感がそのまま出力されて心地良いです。

 

ただ、マイクオンリーだと低音強めでした。Bass EQを9時くらいに調節すると良い感じでしたね。

 

そして、センサーに全振りしてもコンタクトセンサーのおかげかピエゾ臭が薄くて使いやすい音です。

Cole Clarkと比べて生音がちゃんと出る分、ハウリングには弱いはずなので対策としてセンサー比率高めにすることは多そうです。

ですが、センサー比率高めにした音もかなり良い感じなので心配なさそうです。

 

EQで調節できるのがBassだけなので、細かく調節したい方は外付けのプリアンプを用意しましょう。

ROLAND AC-33に繋いで演奏している分にはマイク全振り時にBassをカットするくらいで、それ以外のEQ調節は不要でした。

渋いルックス

YAMAHA FGX5

形状、色合い、インレイ、ギターヘッドと昔ながらの渋いルックスです。

派手さやおしゃれ感はないですが、逆にそこが魅力でもあります。

 

塗装の仕上げもセミグロス仕上げとなっており、ヴィンテージギターっぽい風合いです。

Taylorのような垢ぬけた感じのエレアコが好みの人には合いませんが、この渋さが好きな人はたくさんいそう。

YAMAHA FGX3との違い

YAMAHA FGX3

※FGX5とそっくりなYAMAHA FGX3

比較してみると…

FGX5
  • 国内生産
  • ハードケース付属
  • 上駒・下駒枕が牛骨
  • 18万円程度
FGX3
  • 中国生産
  • ライトケース付属
  • 上駒・下駒枕がユリア
  • 11万円程度

見た目は全然変わっていません。使っている材もほとんど一緒ですしね。

 

ただ、生音で弾き比べると結構違いがあります。

YAMAHA FGX5はザクザクとした音質と箱鳴りした感じで、Gibson J-45やMartin D-18といった高級ギターに並ぶギターだなと感じます。

 

対して、YAMAHA FGX3は箱鳴りは薄めのジャキっとした音で各音域のバランスが良いです。

10~20万円くらいのMartinやTaylorのエントリーモデルでありそうな音です。

 

なので、予算を頑張れるならYAMAHA FGX5がおすすめ。

ただし、YAMAHA FGX3でも本格的な音楽活動をするには申し分ない性能です。

 

予算的に厳しければ、FGX3で妥協しても全然問題ありません。

FGX3自体も10万円前後で買えるエレアコでは最強と言っても過言ではない 1本です。

FGX3

FSX3

予算20万円なら最強レベル

実売価格が18万円程度のYAMAHA FGX5ですが、同価格帯では最強じゃないかと感じています。

これまでは予算20万ならCole Clark CCFL1EC-BMを最も推していましたが、生鳴りがやや弱いんですよね。

 

YAMAHA FGX5は生鳴りも20万円以内だと、かなり良いほうなので弱いところがないです。すごすぎます。

 

そして、予算30万円でもかなり上位に入りそうなエレアコです。

予算30万円になると良質なローズウッドを使ったオール単板ギターが選べるので、最強とまではいきません。

しかし、30万円以内で買えるマホガニーのエレアコだとYAMAHA FGX5が一番良い気がします。

FGX5

FSX5

YAMAHA FGX5  まとめ

ペン

  • 長いときを経て発売された YAMAHA赤ラベルの新作ギター
  • 3Wayピックアップシステムが素晴らしいエレアコ
  • 生音、エレアコ両方良し。予算20万円ならイチオシのすばらしいギター

ぎたすけ

ギターって新商品はイマイチなのが多いと思ってたけど、そんなこともないんだな

たけしゃん

実際、新商品はイマイチなの多いよ。ただ、このギターは色んなギターの良いとこ取りした素晴らしい製品だね

YAMAHA FGX5の解説でした。

実売価格18万円程度で…

  • 国内生産
  • サイド&バック:マホガニのオール単板
  • 3Wayピックアップ搭載

この3つを満たしているのは凄いですねぇ。

 

ちなみに国内生産ということですが、ボディとネックは中国工場で製造・取付けされてるそうです。

その後、日本に送られ日本製の他パーツを組み込んで最終セットアップをするとのことで半国内生産といったレベルでしょうか。

こうした品質維持とコストダウンの工夫をしているわけですね。

 

まだ発売されて間もないですが、今後はプロアマ問わずに使用者がどんどん増えそうな名ギターです!

FGX5

FSX5