あなたに最適なギターを提案!弾き語りすとナビ

弾き語りのギターに難しいテクニックは必要ないよね?と聞く人が多いから回答を用意した

ぎたすけ

たしかに気になる質問だよな。必要ない気がするけど

たけしゃん

僕もほんとう何回も聞かれてきた質問だけど、「はい」「いいえ」で答えるのが難しいから記事にしてみたよ
この記事でわかること
  • 弾き語りのギターに難しいテクニックは必要ない?の回答
  • ギターが下手だった時代の僕の経験談
  • この質問をする人が本当に考えなければいけないこと

弾き語りのギターに難しいテクニックは必要ない?の回答

質問者

ギター弾き語りのギターは伴奏だから、難しいテクニックはいらないですよね?

たけしゃん

いりません!ただし、シンプルに良い演奏するのって相当な努力と技術が必要です

結論から言うと、弾き語りの伴奏に難しいテクニックはいりません。

現にプロミュージシャンの演奏を見ても、そこまで難しいテクニックは使われていません。

 

ただし…!派手さはないけど、良い伴奏である必要はあります。

歌を引き立てる伴奏は鳴っている音に不自然さがありません。

この不自然さをなくす作業というのは思いのほか、難しいのです。

 

 

僕自身も「弾き語りのギターに難しいテクニックは必要ないよね」と思っている時代がありました。

今はそう思っていないんですが、なんで考えが変わったかを当時の経験踏まえて説明します。

ギターが下手だった時代の僕の経験談

コンデンサーマイク

たけしゃん

僕も弾き語りで活動を始めた時に同じこと思っていました。ただ、活動していくと色々とわかってくるんですよねぇ

大学卒業して、1年間お金を貯めて上京。

プロアーティストを目指してギター弾き語りで活動を始めました。

 

活動開始時点では「歌は上手いほうで、ギターは下手」というステータスでした。

ギターは下手といっても、基本的なことは一通りできていたので「ギターはあくまで伴奏だから、歌で勝負」…と思っていました。

ギターが悪目立ちする

ライブハウスの店員さん

歌はうまいけどギターがなぁ。もうちょっとギター頑張ったほうがいいよ

…とライブハウスのブッキングマネージャーさんにしょっちゅう言われてました。

 

そこで自分の演奏を聞いてみると…。

  • ストロークが擦れた感じの音で不快
  • 鳴っている音が幼稚な感じがする
  • どの曲も伴奏が似通っていて飽きる

何より、得意な歌よりイケてないアコギ伴奏がやたら気になる!

たけしゃん

確かに、こりゃギター頑張れって言われるわ…

弾き語りについて勉強する

これじゃいかん!と思って、弾き語りのギター伴奏について勉強を始めます。

 

伴奏の引き出しを増やすことも考えつつ…

まずは不自然なアコギ伴奏を聴きやすくするためにはどうしたらいいか?を必死に考えていました。

 

その結果、やることにしたのはこの3つ。

勉強したこと

  • ギター弾き語りアルバムをたくさん聞く
  • 本人監修のギタースコアを買って、完コピ
  • ギターを人に習って、演奏して感じる疑問を聞く

 

本人監修のギタースコアでは秦基博さんと山崎まさよしさんの楽曲に取り組みました。

秦基博さんは基礎テクニックの向上、山崎まさよしさんは伴奏の引き出し増やすことを目的としていましたね。

おすすめのギタースコア

注意
星野源さんのギタースコアは本人監修ではないですが、7割方の曲がライブ映像からほぼ完全再現で採譜されています

秦基博さんの曲をたくさん完コピしたお陰で大分、違和感ない演奏ができるようになりましたね。

また、山崎まさよしさんの曲を完コピしたおかげで色んなアコギテクニックも身につきました。

 

上記で紹介しているギタースコアはライブアルバムやライブDVDから採譜されたギタースコアなので、本人の模範演奏を聴きながら練習できるのがよかったです。

山崎まさよしさんのアルバム

山崎まさよしさんのギタースコア

秦基博さんのアルバム

秦基博さんのギタースコア

星野源さんのライブDVD

星野源さんのギタースコア

ギター伴奏がまともになるまで2年

結局、自分なりに不自然さがない歌を引き立てる伴奏というやつができている!と思えるまで2年かかりました。

23歳から本格的に活動していたので、ギター伴奏が良くなったのは25歳。

 

しかも、2年でできるようになったのは「不自然さがない歌を引き立てる伴奏」で色んなテクニックが身につくのは更に数年後の話です。

 

本章で僕が強く言いたいのは「弾き語りのギターは伴奏だから、難しいテクニックはいらない」と言っても、伴奏として十分なクオリティを保つには年単位の練習は必要ということです。

 

僕のようにプロアーティストを目指し始めるのが遅い人は「伴奏は他人の任せる」という選択肢も検討すべきと思いますね。

この質問をする人が本当に考えなければいけないこと

考える人

たけしゃん

当時の僕を思い出して、余計なお世話ですが本質的なアドバイスをさせていただきます!

「弾き語りのギターに難しいテクニックは必要ないよね?」と聞く人が本当に考えるべきことはギターの伴奏内容ではありません。

本当に考えるべきことはギター弾き語りを活動の軸とするかどうかです。

 

「弾き語りって歌が上手ければ、ギター大して弾けなくても問題ないでしょ?結局はみんなが聴くのってギターじゃなくて歌だし」

これ。当時の僕が考えていた本音。

 

ただ、上記のように考えるならボーカルだけやればいいんですよ。

ギター弾き語りを中心に活動するなら、ギターの腕は非常に重要。

構成が「歌」と「ギター」のみなので、両方とも専門的な技術と知識を持っていて当然です。

 

厳しい回答ですが、ギターに興味が持てないならギター弾き語り中心で活動してもライバルには絶対勝てません。

キッパリ諦めたほうが良いです。

今一度、自身の強みを出せる活動方法について考えましょう。

セルフプロデュースをしよう

セルフプロデュースはあなた自身を魅力的に見せる方法をあなた自身が考えることです。

  • あなたの強みは何か?
  • あなたは周りにどう見られたいか?
  • あなたの強みを活かせる活動方法は何か?

…などを考えて、活動方針や活動方法を決めていきます。

 

正直なところ、弾き語りをやっている人気アーティストでギターが下手な人は実際にたくさんいます。

だから、ギターは下手でもいいと誤解しがちですが、その方々は弾き語りは活動の1つであって主軸じゃないんですよね。

 

例えば、ドラマの配役であったり、ギター女子ブームに乗っかるためだったり…とマーケティング戦略と合わせてやっていたりするわけです。

最近はアーティストやタレントのパーソナリティが重視されていて、弾き語りも1つのコンテンツでしかありません。

 

演奏がすごいかどうかより、誰が何をやっているか?のほうが大事だったりするわけです。

人気の女性アーティストやアイドルを分析すると色々と勉強になりますよ。

 

モデルや俳優・女優、ボーカリストがたまにやる弾き語りと弾き語り中心のシンガーソングライターでは意味合いや重みが全然違います。

弾き語りにどこまで軸を置くかをしっかり考えましょう。

 

そして、ギター弾き語りを主軸にするならギターのテクニック向上は避けては通れません。

やめることを決めるべし

音楽活動はやることがたくさんあります。

特にシンガーソングライターは1人で全部まかなうので、やることだらけ。

やることの一例

  • 作詞・作曲
  • ボーカル
  • 楽器演奏
  • DTM
  • 宣伝活動

ザっと並べただけで、これだけある。

全部を高い水準で実行するのは中々に難しいです。

自身の活動方針に合わせて3種類の仕分けをしましょう。

3種類の仕分け

  • 自分でやる
  • 人にやってもらう
  • やらない

僕自身の例で言うと「ギターは誰か上手い人に演奏してもらう」という選択肢もありでした。

短い期間で結果を出すために重要なのはやることを決めるのではなく「やめることを決める」です。

ギターを頑張ると決めた人へ

スタートラインに立つ人

さて、前章まで読んでギターは誰かに任せようと考える人も良し。

弾き語りは活動のサブ的なものだから、それなりで良い…と考える人も良し。

 

本章では改めて、弾き語りを活動の主軸に置きギターを頑張ろうと決めた人に向けた解説をしていきます。

やると決めたら集中して行うのが良いです。

そこでおすすめの取り組みは下記の3つ。

  1. ギターを習う
  2. 人前で演奏する
  3. 完コピしまくる

ギターを習う

短期間で上手くなるなら、人に習ったほうが良いです。

ただし、重要なのは受け身にならないこと!

 

自分で色んな曲を練習して、人前で演奏してわからないところをガンガン聞くというスタイルでいきましょう。

習うというより日頃活動していて、わからないことを聞くという姿勢が大事。

一度、近くの音楽教室に無料レッスンで行ってみるとよいでしょう。

人前で演奏する

人前で演奏すると成長速度が速いです。

人前で演奏して恥を書くことで、もっと上手くなりたい!と強く思うからです。

 

なので、ガンガン人前で演奏して恥をかきましょう。

弾き語りすとにおすすめなのはオープンマイク。都内なら、いたるところで開催されていますので、勇気を出して参加してみましょう。

完コピしまくる

僕もやりましたが、完コピは大変なように見えて一番手っ取り早い練習です。

特にプロアーティスト本人が演奏している内容をそのままコピーすると、色んなノウハウを吸収することができます。

 

そこで前の章でも紹介しましたが、おすすめのギタースコアを改めて掲載。

上記のギタースコアはライブアルバムやライブDVDの実演奏から採譜されて作られたものです。

コードの選択やリズムパターン、フレーズの作り方など伴奏の引き出し増やしにはもってこいです。

 

山崎まさよしさんと星野源さんのギタースコアは難易度が高いので、まずは秦基博さんのギタースコアから攻めるのがおすすめです。

秦基博さんのアルバム

秦基博さんのギタースコア

山崎まさよしさんのアルバム

山崎まさよしさんのギタースコア

星野源さんのライブDVD

星野源さんのギタースコア

弾き語りのギターに難しいテクニックは必要ない?の回答 まとめ

まとめ

  • 弾き語りに難しいテクニックは必要ないが、シンプルで洗練された演奏でなくてはいけない
  • 弾き語りを活動の主軸に置くのか、他の活動のサブなのかを今一度整理しよう
  • 弾き語りを活動の主軸にするなら、テクニックが必要かどうか気にしてないで、とにかくやりこむこと

ぎたすけ

たしかにギター下手で弾き語りしている人は他に魅力があったりするよな

たけしゃん

そうそう。可愛いアイドルならすげー下手でも弾き語りを見たい人は多いでしょ。人それぞれで求められるものが違うってことなんだよ

弾き語りとテクニックについての解説でした。

 

僕の経験上で言うと「弾き語りのギターに難しいテクニックは必要ない?」と質問する人は9割方、弾き語りで活動する必要がない人です。

 

周りにバンドを組む友達がいないとか、人とコミュニケーション取るのが苦手といった理由で仕方なく弾き語りという活動方法を選択している人です。

ただ、プロを目指すなら自分が輝ける活動方法や本当に好きなことに専念できる活動方法を選択するべきです。

 

なので、今一度自分自身を見つめ直して活動方針から、しっかり考えることをおすすめします。