MOTU 828mk3 Hybridをレビュー。音質はプロレベルだがWindowsとの相性がイマイチ

MOTU 828mk3 Hybrid

評価:3.5

ぎたすけ

オーディオインターフェイスだよな。普段から使ってるの見るけど、音いいよな

たけしゃん

僕も828mk3は10年くらい使ってて音質はすごく良いんだけど、ちょっとWindowsとの相性がイマイチなんだよねぇ。その辺含めてレビューしていくよ
この記事でわかること
  • MOTU 828mk3 Hybridの機能
  • Windowsで使ったときのMOTU 828mk3 Hybridレビュー
この記事の著者
音楽ブロガーたけしゃん

ミュージシャン

たけしゃん

tkshan

プロフィール

ギター弾き語りのシンガーソングライター。長年の音楽活動や音楽の仕事で得た知識・経験を基にブログを書いています。
雑誌の音楽記事執筆、音楽専門書の執筆(工学社)、nana公認クリエイター、IPC VOICE STUDIO公認ボイストレーナーです。
プロフィール詳細お問い合わせ

MOTU 828mk3 Hybrid

MOTU 828mk3 Hybrid

DAWでは昔から知られているDigital Performerを販売しているオーディオメーカーMOTU。

そのMOTUが販売している、定番のオーディオインターフェースがMOTU 828mk3 Hybrid。

ヒャダインさんなどプロアーティストの使用者も多く、特にMACユーザーには昔から愛されているオーディオインターフェイスです。

僕も高音質のオーディオインターフェイスを探している時に当時、音楽を習っていた先生に薦められて買いまして、長年使ってます。

基本仕様

MOTU 828mk3 Hybrid
  • 28イン / 30アウトの多チャンネル仕様
  • Hi-Z 1/4” ギター入力 、TRS フォーン端子のアナログ入力、または Low-Z XLR マイク入力
  • ステレオ 24bit 96kHz 対応の S/PDIF 入出力
  • ワードクロック(Word clock)入出力
  • SMPTE 入出力
  • CueMix FX – 内蔵 DSP エフェクト搭載
  • V-Limit /Soft Clip機能
  • CueMix FX クロスプラットフォーム・ミキシングソフトウェア
  • 前面パネルからコントロール:ミックス/エフェクト等全てを前面パネルからコントロール可能。
  • CueMix FX で多彩なミックス
  • Sample-accurate MIDI
  • 独立ヘッドフォンアウトプット
  • AudioDesk 同梱

入出力は数も種類も多く、DSPエフェクトが使えてスタンドアロン、ヘッドフォンアウトが2系統ある…など完全に本格的なレコーディング対応を想定したプロユースな仕様です。

ぶっちゃけ、僕は今でも持て余してます(苦笑)。

ライブ配信にしろ、DTMをやるにしろ、機能面が充実していて何でもできちゃうので困ることはないですね。

サイズは1Uサイズなので、他の機材と一緒に収納ケースへ入れられるので楽です。

MOTU 828mk3 Hybrid フロントパネル左

前面にはXLR/ライン入力 両対応のコンボ端子が2つ。ヘッドフォン端子が2つとコントローラー・ディスプレイという構成。

ヘッドフォン端子が2つが独立していて、それぞれに違う音を割り振ったりできます。

続いて、背面は入出力端子がずらっと並びます。

MOTU 828mk3 Hybrid リアパネル
  • 8イン、8アウトのライン接続端子
  • D.I入力(2系統)
  • 独立したメインアウト(XLR)
  • センド出力(2系統)
  • ADAT入出力(2系統)
  • S/PDIF入出力
  • ワードクロック入出力
  • MIDI入出力

かなりの入出力端子が備えられています。

ハードの外部音源など使う方もこれだけあれば、困ることは少ないでしょう。

動作環境

MOTU 828mk3 Hybrid フロントパネル右
  • Windows/MAC 両対応
  • USB2.0もしくはFireWire

発売されたのが2011年なので、FireWire端子が存在しています。

ずっと、MAC対応のみだったMOTUがWindowsにも初めて対応させたのが828mk3 Hybridだったので、OSはWindowsとMAC両対応となっています。

 

MOTU 828mk3 Hybridのレビュー

MOTU 828mk3 Hybrid フロントパネル左

たけしゃん

音質はすごく良いんですが、Windowsとの相性が悪くてノイズが入ったり、急に認識しなくなったりします

それでは、MOTU 828mk3 Hybridをレビューしていきます。

総評すると「機能、音質は最高。ただ、Windowsでは動作が不安定」です。

動作不安定の部分は828mk3を再起動すれば直るので、大して困りはしないのですが面倒です。

音質は原音に忠実でクリア

以前はROLAND UA-101を使用していましたが、比較しても音質は828mk3 Hybridのほうが断然良いです。

※ROLAND UA-101

828mk3 Hybridは変な色付けはされずに原音に忠実な音をキレイに出力してくれます。

マイクの録り音も癖がなくクリアでクッキリとした音で録れます。

PC経由でオーディオを聴いていても、低音から高音までクリアになってくれるので耳が疲れません。

僕の買った目的も録り音をもっと良くしたい…だったので目的は見事に達成されました。

DSPの内蔵エフェクトは微妙

motu cuemix

828mk3 HybridはDAW側のエフェクトを使わずに内蔵エフェクトをかけられます。

…ですが質はあんまり高くなく、結局使ってません。

リバーブとかライブ配信時とか使いたいんですけど、なんか安っぽい響きなんですよね。

結局、Wavesプラグインのエフェクト使って配信しています。

オマケでついてくる程度に思っていたほうが良いです。

Windowsのドライバーと相性が悪い

MOTU 828mk3 Hybrid リアパネル中央

828mk3 Hybridを買って、失敗したなぁと思う点がWindowsと相性が悪いことです。

Macでは抜群の安定性を誇るそうなので、残念です。

実際に僕の家で良く起こる症状は…

  • ブラウザ経由で動画など見るとブツブツ音が入る(1日1回頻度)
  • 突然、ブラウザ経由の音だけ鳴らなくなる(1か月に1回頻度)
  • ハードウェアをWindowsが認識しない(月1頻度)

こんな症状で6~7年使ってますが、今も普通に発生します。

毎日のように起こるブラウザ経由の音に雑音が入る現象は828mk3だけ再起動で直ります。

残りの音が鳴らなくなる2つは発生都度、ドライバー再インストールをしないと直らないことが多いので、結構面倒です。

ちなみにPCのOS再インストール、使用ブラウザの変更、828mk3本体交換(初期不良対応)も行いましたが、現象は直りませんでした。

僕の家のPCの仕様で828mk3に異常がないので返品不可と言われてしまったので、そのまんま使ってます。

まあ、音質はすごく気に入っているのでPCを入れ替え時に直ればいいな…くらいな感覚です。

Macの人にはおすすめですが、Windowsの方はRMEなどを選んだほうが良いかもしれません。

たけしゃん

僕は結局、RME Babyface Pro FSに変えました。Babyfaceは非常に安定しています
 

MOTU 828mk3 Hybrid まとめ

MOTU 828mk3 Hybrid
  • 機能面は本格レコーディングに対応したプロユースな仕様
  • 音質は原音に忠実でクリア。5万円前後のオーディオインターフェイスとはワンランク違う
  • Windowsとの相性が悪くて不安定

ぎたすけ

たしかにブツ!って音がしょっちゅう入るよな。あれドライバの相性なのか

たけしゃん

ブラウザとドライバの相性だと思うよ。DAWでは発生しないし。Windows版もどんどん改良されていくとは思うけどね

MOTU 828mk3 Hybridのレビューでした!

買ってよかった…と言える部分と言えない部分が両方あるので難しいところ。

音楽制作面ではそこまで困ってないので悪くはないんですけどねぇ。

しかし、以前は良い感じのオーディオインターフェイスがMACのみ対応…という製品が多かったですが、Windowsと両対応にもなってきて有難いです。

両対応が標準になってくれば、ドライバの問題も発生しにくくなるだろうし、今後に期待ですね。

関連記事

YAMAHA AG03MK2で録音しているところオーディオインターフェイスの使い方。基本操作からDAW・配信での初期設定まで具体的に解説 Steinberg UR22CSteinberg UR22Cをレビュー。1万円台で機能性抜群のオーディオインターフェイス SERIES 102iTASCAM SERIES 102iをレビュー。質の高いマイクプリを搭載したオーディオインターフェイス UR24C 正面の画像Steinberg UR24Cをレビュー。多様なモニター環境を作れるオーディオインターフェイス DTMをやっているデスク弾き語り配信に必要な機材の選び方とおすすめ製品を解説 PCで音楽制作している環境オーディオインターフェイス おすすめランキング ベスト10【2022年】配信、歌ってみたに適した機種を徹底解説