楽器シェアサービス JAM²を解説。楽器を貸せて借りれる便利なサービス

3本のギターヘッド

ぎたすけ

楽器シェアって楽器レンタルと違うの?

たけしゃん

基本は一緒だよ。楽器シェアはJAM²が仲介してユーザーがユーザーに楽器を貸すって形式だね

楽器シェアサービス JAM²

JAM2

※公式HPから引用

JAM²はユーザーがユーザーに楽器を有料レンタルする楽器シェアサービスです。

JAM²が仲介することで、ユーザー同士のやりとりが一切なく安心で気軽に楽器をシェアできます。

JAM²を利用することで貸し手、借り手の両社にこんなメリットがあります。

貸し手
借り手
  • 使っていない楽器で利益が得られる
  • 使っていない楽器をメンテしてもらえる
  • 使いたいときには返してもらえる
  • 色んな楽器を手軽に試せる
  • 安く楽器を借りることができる
  • 借りて気に入ったら購入も可能(対象製品のみ)

楽器を弾くユーザーからすると、楽器が増えすぎて置き場所がなかったり、メンテが疎かになるのはよくあること。

我が家もギターがたくさんあって置き場に困っている

※我が家も楽器の専有面積が…

そんなときはJAM²に貸し出しておけば、メンテもしてもらえるし、レンタル料金の一部が利益になるので嬉しいですよね。

逆に借りるユーザーからすると、色んな楽器を手頃な価格で試せるのは大きなメリット。

JAM²は個人ユーザーだけでなく、楽器メーカーとも提携しており、新品を試し弾き用にレンタルして購入することも可能です。

OF410の解体時の写真

※解体できるミニギターOF410Nもレンタル・購入できる

地方在住の方で気になった楽器メーカーがあるけど、試奏できない…というお悩みも解消してくれそうですね。

本記事では借り手、貸し手側の両面について、使い方や料金などを詳しく解説していきます。

たけしゃん

ちなみに僕も楽器をJAM²さんで貸し出してます!

飛ばし読み目次

 

JAM²で楽器を借りる

YAMAHA FG820

JAM²で楽器を借りるには公式HPから借りたい楽器を選択して、申し込みするだけです。

2021年3月現在は支払いはクレジットカードのみです。

申し込み手順を書くと以下の通り。

借りる楽器を選択

楽器はギター、ベース、ドラム、エフェクター、マイクなど色々ある

JAM2の楽器一覧画面
レンタル/購入フォームを入力

氏名・連絡先やレンタル期間などを入力する。申し込みには本人確認書類が必要となる

JAM2のレンタル/購入フォームの入力
最終確認及び決済

メールで契約の最終確認と決済についての案内が届く。

コーヒーを飲みながら文章を書いてる人
楽器の到着

決済が確認取れ次第、楽器が配送される

YAMAHA FG820のソフトケース

基本的な流れは以上です。

料金設定や規約については利用規約に細かく書かれてますが、なかなか全部読むのは辛いので重要なところを絞って解説していきましょう。

料金設定

JAM2のレンタル総額

JAM²で楽器を借りる際に発生する費用は「レンタル料金 + 送料 + 返送料」です。

補足

費用は送料・返送料も含めて、申込時に一括引き落としされます。また、返送用で着払い伝票が同封されます

レンタル料金は月額2,200円(税込)~になっており、レンタル期間は1カ月から12カ月まで選択可能です。

楽器を借りる際に高くなるのが送料ですが、下記のようになっています。

  • レンタル期間が6カ月未満:送料・返送料共にユーザー負担
  • レンタル期間が6カ月以上:返送料のみユーザー負担

そして、東京23区と埼玉県の一部(川口市、蕨市、戸田市、さいたま市、越谷市、草加市、和光市)はJAM²スタッフによる直接受け渡しも可能となっており、直接受け渡しの場合は送料無料になります(2021年3月現在)。

そのため、直接受け渡しで受取・返却の両方を済ませばレンタル料金だけでOKになります。

直接受け渡しが可能な東京23区と埼玉県一部の方は、JAM²が料金最安の楽器レンタルサービスになるでしょうね。

また、配送料が安く済むマイクとかが増えれば使い勝手も一層よくなるでしょうね。

レンタル開始日~返却日

JAM2のレンタル開始日と終了日

JAM²のレンタル開始日はユーザーが楽器を受領した日となり、そこから起算してレンタル期間終了日が設定されます。

レンタル期間終了予定日はあらかじめ、メールにて通知があります。

終了予定日の設定には数日間の余裕が設けられているので、どのタイミングで借りても31日間はレンタルできます。

また、返却予定日についてもJAM²側から「〇日までにJAM²に発送ください」と通知があります。

到着日の指定はないので、天候などの影響で到着が遅れても指定日までに発送されていればOKです。

注意してほしいのは返送時に宅急便を利用する場合で、ギターやベースなど大型の集荷依頼は訪問の時間指定を受けてくれないケースが多いことです

時間指定なしで集荷依頼するか、近くの店舗に持ち込むしかないので気を付けましょう。

なお、JAM²スタッフの受取可能地域(東京23区および埼玉県一部)なら、時間を相談して受取に来てもらうのが一番楽です。

返送

段ボールの中に入った緩衝材

楽器となると返送時の梱包が面倒なのですが、JAM²の場合は受取時の梱包材を使って返送するだけです。

なお、HPの注意書きで「梱包材を破棄された場合は、別途費用をご請求させていただくことがございます」と記載があるので、捨てずに返送時に再利用するようにしましょう。

公式HPにも各楽器の梱包方法について解説が載ってるので、参考にするとよいでしょう。

また申込時に配送を選択すると返送料を先払いすることになるため、佐川急便の着払い伝票が同封されます。

なので、同封の着払い伝票を使用して佐川急便に集荷を依頼しましょう。

東京23区および埼玉県一部の方は申込時にJAM²スタッフの直接受け取り(送料無料)も選択可能で選択すれば、スタッフの方に取りに来てもらうだけです。

一部楽器は購入も可能

YAMAHA FG820

レンタル品のなかには購入することが可能なものもあります。

購入タイミングはレンタル前でもよいですし、レンタル後でも可能です。

購入可能製品かどうかはレンタル一覧の画面で確認できます。

JAM2の楽器一覧画面

※購入可能品は購入時の価格も記載されている

レンタル品の中にはメーカーコラボ楽器もあって、メーカーコラボ楽器は1~2週間レンタルしてから購入することが可能で購入時はレンタル料金分が割り引かれます。

JAM2のメーカーコラボ楽器

メーカーコラボ楽器は東京や一部大都市以外で試し弾きが難しいメーカーが多いので、地方在住の方は試してから買えるのはいいですね。


JAM²は2020年8月にサービス開始した事業ですが、すでに結構な数のレンタル品があります。

ギター中心に高価格帯から低価格帯まで幅も広いので、どんどん使い勝手がよくなりそうです。

ギターを始めてみたいのでレンタルしたいという方から、色んなギターを触りたいギターマニアの人まで幅広い使い方ができそうなサービスですね。

JAM²の公式サイトを見る

 

JAM²で楽器を貸す

Gibson J-45

JAM²では使っていない楽器を貸し出すことで利益を得ることが可能です。

貸出手順は以下の通りで簡単です。

貸出受付フォーム入力

公式HPから楽器貸出受付フォームを開き、個人情報・振込口座・楽器情報を入力。本人確認書類が必要。

JAM2の楽器貸出受付フォーム
メールで連絡がくる

申込内容の確認と楽器明細書が届く。楽器明細書にレンタル時の収益が記載されている

ノートPCでタイピングしている人
楽器の受け渡し

配送もしくは直接受け渡しで楽器を預ける

YAMAHA FG820のソフトケース
収益の入金

貸出楽器がレンタルされると、レンタル終了月の翌月最終営業日に収益が振り込まれる

お札

以上が貸出の流れです。

一度に複数楽器を貸し出したいときは最初の楽器貸出受付フォームの備考欄に他の楽器情報も記載すれば、一緒に対応してくれます。

楽器貸出に関わる料金や細かい規則は利用規則に記載されていますが、全部読むのは大変なので重要なところを絞って解説していきましょう。

貸出期間と返却

YAMAHA FGX5 ハードケース

貸し出した楽器はもちろん返却してもらえますが、貸出開始から1年間は返却不可となっています。

近々、使用するかもしれない楽器を貸し出すのはやめておきましょう。

また、貸出楽器をJAM²に配送・返却してもらう際の配送料はユーザー負担となっています。

ただし、東京23区及び埼玉県一部(川口市、蕨市、戸田市、さいたま市、越谷市、草加市、和光市)についてはJAM²スタッフとの直接受け渡しを選択することで配送料無料となります。

楽器の配送料は高いので、あまり頻繁に貸出・返却をやっているとあっという間に赤字になってしまいます。

基本的には貸出したら、当分の間は貸っぱなしにしておくのが良いでしょう。

レンタル収益

お金

レンタル収益は貸出楽器のレンタル終了月の翌月最終営業日に一括振込されます。

振込手数料はユーザー負担となります。

レンタル期間が短期で回ってると、振込手数料だけで大分持ってかれるので、プールして振込タイミングを任意にできるようにしてほしいですね。

なお、楽器の1カ月当たりのレンタル収益額は楽器貸出受付フォーム入力後にJAM²スタッフからメールで通知が来ます。

新品で5万円未満の楽器のレンタル収益は1カ月当たり1,000円が多いですね。

さすがに投資用で楽器をたくさん買ってレンタル収益で黒字化するのは無理なので、やはり弾かなくなった楽器を貸し出すのが良いでしょうね。

メンテナンス・保険

アコギを清掃しているところ

貸出した楽器はJAM²でメンテナンスをしてくれます。

弦楽器におけるメンテナンス

  • ギター・ベース等弦楽器の弦交換
  • ネック調整
  • 弦高調整
  • オクターブ調整
  • ストラップピン他、ポット等のパーツの緩みチェック
  • ガリ・ノイズ調整オレンジオイルによる指版の汚れ落とし
  • ポリッシュによるボディ本体の汚れ落とし
  • アクティブ回路の電池チェック

なお、レンタルによって著しく演奏に支障をきたすなどの破損または盗難・紛失など貸出時の状態に回復できない場合はJAM²が補償してくれます。

ただし、経年劣化などの範疇と判断される場合は補償対象外です。

そして、保険についてもJAM²が費用負担して加入してくれます。

誰かに弾いてもらって、JAM²にメンテナンスしてもらうわけなので、自宅でずっと眠らせているよりは楽器の状態は良くなりそうですね。

JAM²の公式サイトを見る

 

JAM² まとめ

ブロガーのデスク
  • 楽器をユーザー同士で貸し借りできる楽器シェアサービス
  • 借り手は安く色んな楽器をレンタルすることができる
  • 貸し手は家で眠ってる楽器を使ってお小遣いを稼げる

ぎたすけ

へー、ユーザー数増えたら便利そうなサービスだな!

たけしゃん

ね、面白そうだよね。僕も使ってない楽器はどんどん貸し出しちゃおうと思ってるよ

楽器シェアサービスJAM²の解説でした!

楽器レンタル市場は最近かなり熱いっぽいので、シェアサービスの登場でますます熱くなりそうですね。

ギターに関しても、買ってから最初の3カ月が乗り越えられるかどうかで続けられるか決まってくる印象があります。

なので、最初の3カ月をレンタルで試して超えられたら、ちゃんとギターを買うという二段階方式にするのはすごく効果的ですよ。