SHURE BETA58Aをレビュー。スーパーカーディオイドの定番ボーカル用マイク

SHURE BETA58

評価:4

ぎたすけ

SHUREのマイクといえばSM58ってイメージだけど何が違うの?

たけしゃん

音を拾う範囲とか、音の特性とか結構違うよ

シンガーソングライターだとSMよりBETAシリーズ使ってる人の方が多い印象あるね

飛ばし読みガイド

SHURE BETA58A

SHURE BETA58A

SHUREのボーカル用マイク、BETA58A。

超定番のSM58から指向性を狭くして、低音域と高音域を拡張させた仕様になってます。

 

音楽業界だとSM58がスタンダードなイメージですが、BETA58Aも高確率でライブハウス・リハーサルスタジオに常設されてます。

たけしゃん

僕はBETA58Aのほうが好みなので、よく借りてましたが割とどこでも置いてありました

ちなみにBETA58AはBETA58と呼ぶことが大半ですが、メーカーカタログ記載の名称はBETA58A-Xです。

 

つまり、BETA58とBETA58AとBETA58A-Xは同じ製品を指してます。

本記事でも以降は公式サイトの表記に沿ってBETA58Aと記載します。

 

それでは、早速BETA58Aの仕様から解説を進めていきましょう。

仕様は飛ばしてレビューを読みたいという方は<SHURE BETA58Aをレビュー>を参照ください。

BETA58A 仕様 目次

指向性

BETA58Aの指向性

※公式のスペックシートから引用

BETA58Aの指向性はスーパーカーディオイド(超単一指向性)です。

正面の音のみ拾う、カーディオイド(単一指向性)から更に音を拾う範囲を絞ったマイクです。

 

SM58と比べて、BETA58Aは音を拾う範囲が狭いので他の楽器の音が周り込みにくくなってます。

そのため、ハウリングに強く、音もクッキリします。

 

一方で口がマイクから外れると、音量がガクンと下がるため、激しく動きながら歌うボーカルにはやや不向き。

弾き語りのように動きが限定化される場合はBETA58Aの指向性でも十分です。

周波数特性

BETA58Aの周波数特性

※公式のスペックシートから引用

BETA58Aは50Hz~16KHzの周波数特性になっています。

公式によるとSM58よりは低音域と高音域が拡張されているとのことですが、若干…という感じですね。

 

イメージ的にもBETA58Aは高音域というよりは中音域あたりが力強い印象ですしね。

実際の音に関しては<SHURE BETA58をレビュー>で詳しく解説していきます。

大きさ・重量

SHURE BETA58A

  • 高さ×横 164mm × 53mm
  • 重量:278g

マイクの中でも標準的な大きさ・重量です。

僕の自宅にあるマイクスタンドで実験しましたが、どれでも問題なく使えます。

まあ、SM58とBETA58Aはマイクの中でも基準となる製品ですしね。

BETA58Aで使えないマイクアクセサリー製品の方が珍しいくらいです。

 

世界的に定番となってる製品って、アクセサリー用品が自由に選べるのも良いところですよね。

付属品

マイクケース

SHURE BETA58Aのマイクケース

マイクホルダーと変換ネジ

SHURE BETA58Aのマイクホルダーと変換ネジ

付属品には携帯用のマイクケースとマイクホルダーがついています。

マイクホルダーにはマイクスタンドに合わせた変換ネジもついてるので、セットで持ち歩けばどこのスタジオでも使えますね。

 

SHUREのマイクホルダーは最初硬いですが、繰り返し使用していると馴染んできます。

最初は取り付けるのに力が入りますので注意しましょう。

 

BETA58Aは定番製品だけあって、付属品の質も良いですね。

BETA58A

マイクケーブル

 

SHURE BETA58Aをレビュー

SHURE BETA58A

それでは、BETA58Aを詳しくレビューしていきます。

最初に箇条書きでざっくりまとめると以下の通り。

  • 音にパワーがあって存在感がある
  • 音の抜けは普通
  • グリルが硬いし、頑丈
  • どこにでもあるから何かと楽

業界定番マイクだけあって、使い勝手は良いし、耐久性も高くて物持ちが良いです。

 

SM58よりは音が抜けてきますが、やっぱり音の抜けが良い方ではないですね。

繊細なボーカルよりはパワーや勢いがあるボーカルに適してる感じです。

レビューの目次

パワーがあって存在感ある音

BETA58Aでレコーディングしているところ

BETA58Aを使って、歌やアコギを色々と録ってみました。

歌とアコギを個別にBETA58Aで録った演奏動画がこちら。

歌声は勢いもあって、音が前に出てる感じで良い具合に録れてます。

上の動画はアコギも別録りにしてBETA58Aで録ってますが、アコギもキレイに録れてますね。

 

ただ、最初歌録りしてる段階だと音の抜けイマイチだなーと感じてたんですよね。

音の抜けならゼンハイザー e935のほうが、大分よく感じました。

e935で録った演奏動画

ですが、録った音をEQ・コンプレッサーなどかけて、歌とアコギ伴奏と合わせてみるとBETA58Aの音もすごく良い感じなんですよね。

 

BETA58Aの音は中音域が出ていてパワーがあるので、オケに混ぜても存在感がちゃんと出てくれる感じが良いですね。

歌を単体で聞くとパッとしない印象を受けたりしますが、オケと合わせると歌の存在感があってすごく良い感じの音になります。

頑丈で物持ちが良い

SHURE BETA58A

BETA58Aはライブハウスやリハーサルスタジオに常設されるだけあって、頑丈で物持ちが良いです。

グリル部分も硬くて、写真のマイクも先日スタジオで誤って落としてしまったんですが全く凹んでないです。

たけしゃん

頑丈ですが、大事なマイクなんで取り扱いには気をつけましょう…

SHUREの製品はほんとに頑丈で、僕もSHUREのマイクを何本か持ってますが、みんな現役です。

 

BETA58Aはライブでもスタジオでも宅録でも使えるので、1本買えば長期的に使い倒せるのが魅力ですね。

BETA58A

マイクケーブル

どこにでもあるので汎用性が高い

SHURE BETA58

BETA58AはSM58と並んで、どこにでも置いてあるボーカルマイクです。

そのため、ライブハウスやスタジオに持ち込んで使えないというリスクがありません。

PAやってる方でBETA58Aを知らないって人もいませんしね。

 

そして、プロのライブでも良く使用されているマイクなので、音質的にも信頼できる製品です。

買って失敗した…というリスクが非常に少ないのがBETA58Aの強みですね。

BETA58とSM58の違い

BETA58とSM58

BETA58A
  • 超単一指向性
  • 音の抜けはまあまあ良い
  • シンガーソングライターで使用者が多い印象
  • 実売価格 1.4万円程度
SM58
  • 単一指向性
  • 音の抜けはいまひとつ
  • ロックボーカルで使用者が多い印象
  • 実売価格 1.1万円程度

BETA58はSM58と比べて指向性が狭くなり、音の抜けや感度も良くなっています。

それぞれのマイクでボーカル録りしたサンプル音がこちら。

BETA58A

SHURE BETA58A

SM58

シャウトしたり、ハードな歌い方をすることが多いボーカルだとSM58の方が相性が良いです。

 

逆にポップス曲が中心のボーカルだと、高音もそこそこ抜けてパワーもあるBETA58Aのほうが相性良いですね。

僕はSM58よりはBETA58Aのほうがしっくりくるので、スタジオやライブハウスではBETA58Aを良く借りてました。

 

弾き語りで演奏してると指向性も狭くて問題ないですし、シンガーソングライターだとBETA58Aのほうがハマること多いんですよね。

BETA58A

マイクケーブル

SHURE BETA58A まとめ

外でPC作業をする女性

  • BETA58AはSM58と並んで、どこにでも置いてある定番のボーカルマイク
  • SM58より指向性を絞って、低音域と高音域を広げた音質
  • シンガーソングライターだとSM58より、BETA58Aのほうが合う人多そう

ぎたすけ

どこにでも置いてある定番製品って、やっぱり安心感あるよな

たけしゃん

そうなんだよね。定番になるには理由があるからね

定番品はみんな扱い慣れてるからセッティングも楽なのも良いよね

SHURE BETA58Aのレビューでした。

僕もライブやセッションでは昔から良く使ってるマイクなのですが、宅録ではあまり使ってなかったので色々と試せて楽しかったです。

 

音にパワーがあって頑丈なので、ライブと宅録で兼用して使うにも良いマイクです。

バンドオケに入っても埋もれないので、バンドオケの歌ってみたで使うにもちょうど良い1本ですね。

BETA58A

マイクケーブル

ライブで使うボーカルマイクを解説ボーカルマイク おすすめランキングベスト10【2020年】ープロアーティスト使用マイクも紹介ー

マイクスタンドに取り付けしたマイクおすすめのマイクと利用シーン別の選び方

アコギ向けマイク おすすめランキングベスト10を解説 マイクスタンドマイクスタンド おすすめ製品を種類別で解説【ライブ配信・DTM向け】 コンデンサーマイクとケーブル【音が変わる!】マイクケーブル おすすめランキング ベスト5を解説