ワイヤレスイヤモニ XVIVE XV-U4をレビュー。基本的な使い方も解説

XVIVE XV-U4

評価:4

ぎたすけ

イヤモニってライブとかでアーティストが良く付けているやつだよな

たけしゃん

そうだね。スタジオとかでも自分の音をしっかりモニターできるから超便利だよ
XV-U4のレビューまとめ
音質
 (3.5)
使い勝手
 (4.5)
価格(24,630円程度)
 (5)
総合評価
 (4)
メリット
デメリット
  • SHUREの1/3以下の価格
  • スタジオ、ライブハウスで便利
  • ライブ用なら音質も十分
  • 取扱いが簡単
  • モノラル出力のみ
  • 大きいライブハウスだと伝送距離が足りない
  • イヤホンは別途必要
この記事の著者
音楽ブロガーたけしゃん

ミュージシャン

たけしゃん

tkshan

プロフィール

ギター弾き語りのシンガーソングライター。長年の音楽活動や音楽の仕事で得た知識・経験を基にブログを書いています。
雑誌の音楽記事執筆、音楽専門書の執筆(工学社)、nana公認クリエイター、IPC VOICE STUDIO公認ボイストレーナーです。
プロフィール詳細お問い合わせ

XVIVE XV-U4

XVIVE XV-U4 パッケージ
チャンネル数6チャンネル
最大伝送距離27m(使用環境による)
レイテンシー5ms未満
使用周波数帯域 2.4GHz ISMワールドワイド
駆動時間約5時間(フル充電時)
重さトランスミッター:約90g
レシーバー:約118g
公式HP

比較的安価で手軽に使えるワイヤレスシステム XVIVE XV-U4。

伝送距離も通常のライブハウスなら問題ないので、アマチュアにも使いやすい製品です。

ステージからPA席まで

箱の形状によりますが、500人キャパのライブハウスで15m程度が多いです

僕もバンドのスタジオセッションなどで、ボーカルモニター用に購入しました。

使ってみた感じは非常に良いですね。やはり、イヤモニがあると歌いやすさが格段に違います。

一方でミキサーについての知識などが少しはないと使いこなせません。

そのため、本記事ではミキサーの使い方がわからないボーカル向けに使い方も解説していきます。

XVIVE XV-U4 送信機

まずはXV-U4の製品仕様から解説していきます。

仕様を飛ばして、使い方を見たい方は<ワイヤレスイヤモニの使い方>を、レビューを読みたい方<XV-U4のレビュー>を参照ください。

製品仕様 目次

トランスミッターとレシーバー

XVIVE XV-U4
左がトランスミッター、右がレシーバー

XV-U4はトランスミッターとレシーバーのセット製品です。

トランスミッターはミキサー側に接続します。

XV-U4をミキサーに接続

基本的にはトランスミッターはミキサーのAUXに接続します。

AUX端子はミキサーによってXLRとフォーン端子に分かれます。

XLRとフォーン端子の説明図

XV-U4のトランスミッターの端子はXLRですが、付属品にフォーン変換アダプタがついています。

XVIVE XV-U4 送信機
トランスミッターのXLR端子
XVIVE XV-U4 変換アダプタ
付属のフォーン変換アダプタ

ミキサーの端子に合わせて、変換アダプタを使用しましょう。

AUXの使い方については後編の<ワイヤレスイヤモニの使い方>で細かく解説していきます。

続いてレシーバーです。レシーバーは自身のベルト部分に取り付けましょう。

XVIVE XV-U4 背面

レシーバー上部には3.5mmのイヤホン端子が付いているので、有線イヤホンを接続します。

XVIVE XV-U4 受信機上部

イヤホンは付属しないため、自身で用意しましょう。

僕はゼンハイザーのIE100 PROを使っています。

IE 100 PRO

IE 100 PROは音質が非常に良く、フィット感も優れています。

1万円前半のイヤモニの中では一押しですね。

チャンネル数

XVIVE XV-U4 受信機

XV-U4は6チャンネル用意されており、他の無線と競合した際に周波数切替できます。

チャンネル周波数
12402MHz、2480MHz、2482MHz
22408MHz、2472MHz、2474MHz
32416MHz、2464MHz、2466MHz
42434MHz、2440MHz、2442MHz
52427MHz、2448MHz、2450MHz
62422MHz、2456MHz、2458MHz
取扱説明書より引用

僕がスタジオセッションで利用した際はCH1だとノイズが酷く、CH3で安定しました。

楽器隊でワイヤレスを使ってる人がいるとぶつかることがあるので、チャンネルを切り替えてみましょう。

ちなみにXV-U4は新スプリアス規定に対応しています。

製品ページには対応の記載はありませんが、総務省の電波利用HPで適合証明を調べると新規定になってます。

XV-U4 総務省の電波利用ホームページの認証結果
総務省 電波利用ホームページより
新スプリアス規定

電波法改正で適応される予定の新基準。旧規定の無線機器は使用不可になる予定

また、XV-U4は複数台のレシーバーに対応できるため、バンドメンバー全員で使う場合はレシーバーを増設するとよいでしょう。

充電と駆動時間

XVIVE XV-U4付属のUSBケーブル
項目内容
充電時間約2.5時間
連続駆動時間約5時間(フル充電時)

トランスミッター、レシーバーともにUSB充電です。

付属の二股USBケーブル(USB 2.0)で同時充電可能になっています。

実際にスタジオで4時間使ってみましたが、全く問題なく使用できました。

USB充電対応なので、保険でモバイルバッテリーをセットで携帯しておくとよいでしょう。

付属品

XVIVE XV-U4
XVIVE XV-U4 変換アダプタ
XVIVE XV-U4付属のUSBケーブル
XVIVE XV-U4付属のポーチ
  • トランスミッター
  • レシーバー
  • フォーン変換アダプタ
  • 二股USBケーブル
  • ポーチ

本体含めて、5つのアイテムが同梱されています。

ポーチは付属品全てとイヤホンが入るサイズ感なので、使いやすくて良いですね。

スタジオで利用する場合は念のため、ポーチに全部入れて持ち歩くのが良いでしょう。

 

ワイヤレスイヤモニの使い方

続いてはワイヤレスのイヤモニの使い方を解説していきます。

ライブハウスで使う分にはPAさんに事前に伝えて、トランスミッターを渡せばOKですが、スタジオでは自分で設定しなければいけません。

イヤモニを導入したいボーカルさんも設定が不安で断念する方が多いと思うので、初心者でもわかるように具体的に解説します。

XVIVE XV-U4 送信機

なお、使い方がわかっている人は本章を飛ばして<XV-U4をレビュー>を参照ください。

たけしゃん

写真のミキサーがホコリまみれですが、倉庫に眠ってたやつなので許してくださいませ…

ミキサーのAUX端子に接続しよう

まず、イヤモニを効果的に運用するにはPhone端子ではなく、AUX(AUX SEND)端子を使います。

ここが肝なので、AUXの仕組みをしっかり理解しましょう。

Phone
AUX
  • イヤホンやヘッドホンを挿す端子
  • メインアウトと同じ音が出る
  • モニタースピーカーなどを挿す端子
  • メインアウトと異なる音を出せる

Phone端子はメインアウトと連動しているため、自分の好きなように音を調整するわけにはいきません。

メインアウト

主に客席などに向けるメインスピーカーを接続する端子

右上のヘッドホンアイコンがPhone端子

対して、AUXであれば自分のイヤモニに流す音だけを個別調整できます。

なので、必ずAUX端子を使ってメインアウトの音と切り離して調整しましょう。

なお、XV-U4は接続する端子によって、音量レベルのベースを変えられる仕様になってます。

XV-U4はAUXとLINEで入力レベルを変えるスイッチがある
AUX(-10dBV)
LINE(+4dBu)
  • 一般オーディオ機器、PC接続向け
  • ミキサーなど音響機器接続向け

紛らわしいですが、ミキサーのAUXに繋ぐときはLINEです。

LINEで音が大きすぎる場合はAUXに切り替えてみましょう。

AUX端子が埋まってる場合

狭いスタジオだと、AUX端子がモニタースピーカーとの接続で全て埋まってる場合があります。

モニタースピーカー
床に置いてあるのがモニタースピーカー
参考

14畳以下のスタジオだと、基本的にモニタースピーカーで埋まってます

この場合はモニタースピーカーを1台外して、代わりにイヤモニ用のトランスミッターを取付けましょう。

ボーカルには専用でモニターを1台割り振ってもらえることが多いので、そのモニターを外せばOKです。

モニタースピーカーを外すときは、必ずメンバーに一声かけましょう。

また、スタジオ退出時にはモニターの接続を元に戻しましょう。

AUXに返す音を調整しよう

AUXはメインアウトと別管理になっているため、各チャンネルにAUXのツマミがあります。

上段の緑のツマミがAUX

今回はトランスミッターをAUX1に接続しているので、イヤモニに出したいチャンネルだけAUX1のツマミを回しましょう。

補足

フェーダーを上げ下げしてもAUXの音には影響しない。AUXツマミで調整しよう

例えば、CH1に接続したボーカルマイクの音をイヤモニに出したいなら、CH1のAUX1ツマミを右に回しましょう。

ミキサーでボーカルの音だけAUXに流す

同じ要領でイヤモニに音を返したいパートのCHだけ、AUXを右に回して音量調整します。

スタジオでバンドセッションする場合、ボーカルのイヤモニには基本ボーカル、コーラスだけ返せばOKです。

ただし、返す音量はギター、ベース、ドラムなど他の楽器の音がそれなりに聞こえるレベルに抑えましょう。

補足

ギター、ベース、ドラムはスタジオだとミキサーを通さないことが多いのでイヤモニに音を返せない

エレアコ、キーボードはミキサーを通すので、AUXツマミを利用してイヤモニに音を返せます。

必要に応じて、AUXを回して音を返すと良いでしょう。

たけしゃん

このへんの調整は好みですね。自分の歌いやすい返しを色々研究してみましょう

ワイヤレスの電源を入れる

XVIVE XV-U4 トランスミッターの電源ON
XVIVE XV-U4 レシーバーの電源オン

ミキサーのAUXにトランスミッターを繋いだら、トランスミッターとレシーバーの電源をONにします。

電源をONにすると現在の設定チャンネルが点灯するので、トランスミッターとレシーバーのチャンネルを合わせます。

XVIVE XV-U4 トランスミッターのチャンネル設定
XVIVE XV-U4 レシーバーのチャンネル設定

チャンネルを合わせれば、レシーバーに差し込んだイヤホンから音が聞こえるようになります。

ノイズが酷い場合は他のワイヤレスと競合している可能性が高いので、チャンネルを変えてみましょう。

 

XVIVE XV-U4をレビュー

XVIVE XV-U4
XV-U4のレビュー
音質
 (3.5)
使い勝手
 (4.5)
価格(24,630円程度)
 (5)
総合評価
 (4)

それでは、XV-U4を細かくレビューしていきます。

メリット・デメリットを箇条書きすると以下の通り。

メリット
デメリット
  • SHUREの1/3以下の価格
  • スタジオ、ライブハウスで便利
  • ライブ用なら音質も十分
  • 取扱いが簡単
  • モノラル出力のみ
  • 大きいライブハウスだと伝送距離が足りない
  • イヤホンは別途必要

総評すると、非常に良いですね。

スタジオセッションで使ってみましたが、自分の声がクッキリと聞こえるので断然歌いやすくなりました。

価格も2.5万円程度と頑張れるレベルなので、ライブをたくさんやる人にはかなりおすすめです。

ライブでの歌いやすさが違う!

XVIVE XV-U4

XV-U4越しで聞こえる音質ですが、有線よりはホワイトノイズが多く、やや音痩せはしています。

とはいえ十分高音質なので、バンドでのモニターで使うなら全く問題ないレベルです。

なお、音はモノラルで出力されます。ライブでのボーカルモニターであれば問題ないです。

IE 100 pro

逆にレコーディングではさすがに厳しいです。モノラルですしね。

ライブステージ、ライブ配信用のモニターシステムと割り切ったほうが良いです。

スタジオセッションで使ってみた感じは非常に良かったです。

モニタースピーカーと比べて格段に自分の歌が聞き取りやすいですね。

SHURE BETA58A-X

イヤモニがあると歌いやすさが全然違いました。

バンドで自分の歌声が聞こえにくいと感じてる方は導入したほうが良いです。

電波は結構遠くまで届く

XVIVE XV-U4 送信機

XV-U4は伝送距離は27mということで、実験してみました。

障害物的なものがなければ、確かに20m以上はいけました。ドアとか挟むと10mくらいで途切れます。

ライブハウス、スタジオで使う分にはほとんど問題ないかなと思います。

色んなライブハウスの間取図を見ましたが、ステージからPA席の距離は10~15m程度が大半です。

参考

渋谷O-WEST(キャパ600人)、代官山UNIT(キャパ500人)で15m程度です

よほど、広い箱でやる場合以外はXV-U4でまず問題ないでしょう。

取扱いが簡単でよい

XV-U4は特に難しい設定もなく、本体の電源を入れてチャンネルを合わせるだけで使えます。

無線機によっては難しい調整があったりするので、誰でも使える手軽さは強いですね。

さすがにミキサーのAUX周りの基本操作は覚える必要がありますが、このへんも仕組みを覚えれば簡単ですからね。

ミキサーのコントローラー部分

これくらいのレベルなら機械に詳しくない人でも取り扱いできるはずです。

また、携帯性に優れている点もポイント高いですね。

XVIVE XV-U4

他社ワイヤレスシステムのトランスミッターは箱型でもう少し大きいものが多いです。

XV-U4は付属の小さいポーチに必要なものは全部入る手軽なサイズ感が良いんですよね。

XVIVE XV-U4付属のポーチ

ギター用ギグバッグの小さいポケットでも入るので、持ち運びが非常に楽です。

操作性、携帯性を考えても個人が所有するのにちょうどいい製品ですね。

 

XVIVE XV-U4のまとめ

XVIVE XV-U4 パッケージ
  • イヤホンをワイヤレス接続できるアイテム
  • 2.5万円程度とワイヤレスの中では安価だが、ちゃんと使える
  • ライブやバンド練で使うと格段に歌いやすい!

ぎたすけ

イヤモニってプロはみんな使ってるイメージだけど、やっぱ便利なんだな

たけしゃん

やっぱり、自分の音は聞こえたほうが断然やりやすいよね。僕も使ってみて、もう欠かせないなと思っちゃったよ

ワイヤレスイヤモニ XVIVE XV-U4についての解説でした。

僕も普段は弾き語りが多いので、バンドでやると自分の音が聞こえなくて困ること多かったんですよね。

イヤモニを導入してみて、こんな違うんだな…と驚きました。

イヤモニを使うのは大分敷居高いイメージでしたが、現在は個人でもこんなに簡単に導入できるんだなと感動します。

関連記事

ゼンハイザー IE 100 PROSennheiser IE 100 PROをレビュー。イヤモニ・リスニングのどちらでも優秀なイヤホン audio technica ATH-E70audio technica ATH-E70をレビュー。3基のドライバーを搭載したイヤモニのフラッグシップモデル SHURE SE215 Special EditionSHURE SE215 Special Editionをレビュー。1万円近辺のベストセラーイヤホン audio technica ATH-E50audio technica ATH-E50をレビュー。コンパクトで高音質なイヤモニ モニターヘッドホン 6台モニターヘッドホン おすすめランキング10選。DTM・歌ってみた・配信で使いやすい製品を徹底解説 audio technica ATH-E70のカナル型イヤホンモニターイヤホン(イヤモニ) おすすめランキング ベスト5。選び方から使い方まで徹底解説!