Universal Audio Volt 476をレビュー。アナログコンプレッサー搭載の4イン4アウトのオーディオインターフェイス

Universal Audio Volt 476

評価:4

ぎたすけ

4イン4アウトでアナログコンプ搭載って、本格的な感じするな

たけしゃん

そうだね。5万円くらいだけど、この価格帯は意外と選択肢が少ないからVolt 476は貴重だよね

補足

レビューするためにフックアップ様からデモ機をお借りしました

Volt 476の評価
音質
 (4)
機能性
 (4.5)
コスパ(50,500円程度)
 (3.5)
総合評価
 (4)
メリット
デメリット
  • 音質はかなり良い
  • ビンテージマイクプリモードで音の暖かみを出せる
  • アナログコンプレッサーが使える
  • 本体だけでモニターに出力する音を変えられる
  • Melodyneなどのソフトが付属する
  • ループバック機能がない
  • リバーブなどはない
プール / 秦基博 【アコースティックCover】
この記事の著者
音楽ブロガーたけしゃん

ミュージシャン

たけしゃん

tkshan

プロフィール

ギター弾き語りのシンガーソングライター。長年の音楽活動や音楽の仕事で得た知識・経験を基にブログを書いています。
雑誌の音楽記事執筆、音楽専門書の執筆(工学社)、nana公認クリエイター、IPC VOICE STUDIO公認ボイストレーナーです。
プロフィール詳細お問い合わせ

Universal Audio Volt 476

Universal Audio Volt 476の外箱
入力端子コンボジャック×2
1/4 “ライン入力×2
出力端子1/4 “ライン出力×4
モニター用 1/4 “ライン×2
ヘッドホン端子 ×1
サンプルレート192kHz / 24bit
接続端子 USB-C
対応OSWin,Mac,iOS
公式HP

プロユースのオーディオメーカーUniversal Audioの低価格オーディオインターフェイス Volt 476

ビンテージマイクプリ、アナログコンプレッサーなど豊富な本体機能が特徴の製品です。

Voltシリーズは5種類の製品があります。

製品Universal Audio Volt1
Volt 1
Universal Audio Volt 2の全てのボタンをONにした
Volt 2
Universal Audio Volt 176
Volt 176
Universal Audio Volt 276
Volt 276
Universal Audio Volt 476
Volt 476
入力端子コンボジャック×1コンボジャック×2コンボジャック×1コンボジャック×2コンボジャック×2
1/4ライン×2
出力端子1/4 ライン×21/4 ライン×21/4 ライン×21/4 ライン×21/4 ライン×4
ビンテージ
マイクプリ
コンプレッサー××
実売価格約18,920円 約25,850円 約33,880円約40,700円約50,050円

Volt 476はVoltの基本機能に加えて、豊富な入出力端子とモニターに出力する音を操作できる機能がついています。

まずはVolt 476の製品仕様から解説していきます。

仕様を飛ばして、レビューを読みたい方は<Volt 476をレビュー>を参照ください。

製品仕様の目次

4イン4アウト

Universal Audio Volt 476 前面

Volt 476は4イン4アウトの入出力端子があります。

まず、入力ですが前面パネルのコンボジャック2基ですね。2基とも48Vのファンタム電源対応です。

Universal Audio Volt 276

また、「INST」ボタンでインピーダンスを変更できます。

エレキギターやベースを直接接続する際は「INST」を点灯させましょう。

背面には1/4ライン入力端子が2つあります。

Universal Audio Volt 476 背面
一番右のINPUTが入力端子

主に楽器などラインレベルのソースを接続できます。

続いて、出力端子ですが、背面パネルの1/4ライン端子です。

Universal Audio Volt 476 背面
OUTPUTの4つが出力端子

LINE1~4までの4つの出力端子に加えて、モニター出力用に2つのライン端子が用意されています。

また、MIDI入出力端子も付いています。

なお、ヘッドホン端子は前面パネルについています。

Universal Audio Volt 476 前面

そして、MONITORの音量は上部のMONITORつまみで調整します。

Universal Audio Volt 476の上部

MONITORやヘッドホンに出力する音はつまみ横にある「MONITOR SOURCE」で変えられるようになっています。

Universal Audio Volt 476 上部の右部分
ソース概要
IN 3-4背面のライン入力端子の音が
ダイレクトでモニターに出力される
IN 1-2前面のコンボジャックの音が
ダイレクトでモニターに出力される
OUT 3-4端末側でOUT 3-4に出力設定した音が
モニターに出力される
OUT 1-2端末側でOUT 1-2に出力設定した音が
モニターに出力される

IN 3-4とIN 1-2は要はダイレクトモニター機能です。

ダイレクトモニタリングのルーティング図
ダイレクトモニターはマイクの音を遅延なく聴ける

基本的にDAWでレコーディングする場合は「OUT 1-2」だけ点灯させておけばOKです。

OUTPUTとMONITORで出力する音を変える場合に「OUT 3-4」も使う感じですね。

例えば、ライブで同期させるときにMONITOR側だけ「OUT 3-4」に設定したクリック音を出すとか、そういった使い方です。

ビンテージマイクプリとアナログコンプレッサー

Universal Audio Volt 476の上部

Volt 476はビンテージマイク・プリアンプモードとアナログコンプレッサーが搭載されています。

機能概要
ビンテージマイク
プリアンプモード
アナログチューブプリアンプの
サウンド特性を付加
76コンプレッサーボリュームピークをコントロール
サウンドにパンチと明瞭さを付加

コンボジャックに接続したマイクや楽器の音を上記の機能で変化させることができます。

ビンテージマイク・プリアンプはON/OFFのみで、VINTAGEボタンで切替できます。

Universal Audio Volt 476 上部
チャンネルごとにボタンが独立している

コンプレッサーは3種類から選択可能になっています。

Universal Audio Volt 476 上部の左部分
モード概要
VOCボーカル向けのプリセット
速いアタック、遅いリリース
GTRギター・ベース向けのプリセット
遅いアタック、比較的速いリリース
FASTアグレッシブな設定
非常に速いアタック、適度なリリース

使ってみると、やはりボーカルはVOCが使いやすかったです。

がなる系の曲はFASTでも良いかなという感じでした。

なお、ビンテージマイクプリとコンプレッサーのサウンドの作り方は、まずは以下のように調整してみましょう。

  1. ゲインノブをゼロの位置にする
  2. 76コンプレッサーをONにして、録音ソースにあったプリセットを選択
  3. ビンテージマイクプリをONにする
  4. 若干の歪みを耳で確認できるまで、ゲインをゆっくり上げる
  5. 歪みの発生位置を基準に好みの歪みになるようゲインを調整する

アプリなどいらず、オーディオインターフェイスだけで使えるので、配信では便利ですね。

オーディオソフトウェアが付属

Volt付属のオーディオソフトウェア

Volt 476にはオーディオソフトウェアが多数付属しています。

ついてくるものは下記の8つです。

ソフト概要
Ableton Live Lite総合音楽ソフト(DAW)
Ableton LiveのLite版
Marshall Plexi Classic
Amp Bundle
ギター用のプラグイン
Melodyne Essentialピッチ修正ソフト
Ampeg® SVT-VR
Classic Bass Bundle
ベース用のプラグイン
LX480 Essentials空間系エフェクト
Virtual Drummer DEEPドラムのインストゥルメント
Virtual Bassist DANDYベースのインストゥルメント
LABSインストゥルメント
ライブラリー

ボーカルだと、Melodyne Essentialがついているのはありがたいですね。

ピッチ修正ソフト melodyneの画面
Melodyne

ソフトウェアはPCで動作するアプリ「UA Connect」経由でダウンロードできます。

補足

ASIOドライバーなどもUA Connect経由でインストールします

付属しているソフトだけで、結構なレベルの制作ができるようになっています。

付属品

Universal Audio Volt 476 外箱を開けたところ

Volt 476の付属品はUSBケーブルと電源アダプタです。

Universal Audio Volt 476 ACアダプタとUSBケーブル

PCに接続する際はUSBケーブルだけで駆動します。

iOS端末と接続する場合は電源アダプタも必要となります。

本体にも端末接続用のUSB-C、電源供給用の5VDCの2つの挿し口があります。

Universal Audio Volt 476 背面

なお、iOSとVolt 476の接続にはUSB 3カメラアダプタ(またはUSBカメラアダプタ)が必要です。

 

Universal Audio Volt 476をレビュー

Universal Audio Volt 476
Volt 476の評価
音質
 (4)
機能性
 (4.5)
コスパ(50,500円程度)
 (3.5)
総合評価
 (4)

それでは、Volt 476を細かくレビューしていきます。

はじめにメリット・デメリットを箇条書きでまとめると以下の通りです。

メリット
デメリット
  • 音質はかなり良い
  • ビンテージマイクプリモードで音の暖かみを出せる
  • アナログコンプレッサーが使える
  • 本体だけでモニターに出力する音を変えられる
  • Melodyneなどのソフトが付属する
  • ループバック機能がない
  • リバーブなどはない

プライベートスタジオやライブの同期など、比較的広い用途で使う人向けの製品ですね。

ボーカルだとここまでは不要で、Volt 276で事足りる人が大半だろうなという印象です。

ソフトに頼らず、本体操作だけで色々できるようになっているので、手元で調整したい人には重宝しそうですね。

レビューの目次

クリアで澄んだ音質

Universal Audio Volt 476

Volt 476でボーカル、アコギを色々録ってみました。

音質はクリアで澄んでおり、素直な音なので万能に使えるオーディオインターフェイスです。

Volt 476でボーカル、アコギを録った動画がこちら。

プール / 秦基博 【アコースティックCover】

通常モードはナチュラルな音質で使いやすいです。

加えて、ビンテージマイクプリ&アナログコンプで音を適度に歪ませることも可能で自由度が高いですね。

一方でこの価格帯にしては、マイクプリのGAINがMAXで55dBとかなり低めです。

Universal Audio Volt 476 上部の左部分

ダイナミックマイクで小さな音を録る場合はツマミを目一杯上げないといけません。

SM7Bのように感度が低いマイクはGAIN MAXでも厳しいので気を付けましょう。

アナログコンプレッサーが非常に良い

Universal Audio Volt 476 上部

Volt 476にはビンテージマイクプリアンプモードと76コンプレッサーがついています。

この76コンプレッサーが非常に使いやすいです。

76コンプレッサーは3種類のプリセットから選択できます。

Volt 476のアナログコンプレッサーの使い方

プリセットを選べば、あとはGAINに合わせて適切な圧縮がかかります。

コンプレッサーの知識がなくても、簡単に良い感じになるのがすごいです。

僕の曲で比較用のサンプル音源を作ったので聞いてみてください。

コンプレッサーなし

Universal Audio Voltでエフェクトなしの録音波形

コンプレッサー VOC

Universal Audio Voltで76コンプレッサーをかけたときの録音波形

コンプレッサーをONにすると大きい音を圧縮して、全体の音量を持ち上げてくれます。

ライブ配信などではコンプレッサーで音を均一化すると、大分聴きやすくなります。

さらにビンテージマイクプリアンプモードを組み合わせると、音に歪みを加えられます。

オーディオインターフェイス本体だけで、音の調整が色々できるのは良いですね。

デュオやアコースティックユニットに良い

Universal Audio Volt 476

Volt 476は入出力端子の数や機能的にデュオやアコースティックユニットに適してます。

アナログコンプが使えるコンボジャックが2基あるので、ボーカル2人などにも対応できます。

加えてライン端子が2つあるので、キーボードやギターも接続できます。

Universal Audio Volt 476 背面

やはり、ポイントはコンボジャックで使えるアナログコンプレッサーですね。

Universal Audio Volt 476 上部

アナログコンプ不要なら、もっと安くて機能が豊富な製品は他にあります。

Steinberg UR44C
3万円台で6イン4アウトのUR44C

一方でここまで良質なアナログコンプレッサー搭載の製品は、同価格帯では他にありません。

コンボジャックごとに設定も変えられるので、デュオでも使いやすいところも良いですね。

Universal Audio Volt 476

76コンプレッサーは非常に優秀なので、アナログコンプを使いたい人にはVolt 476は非常に良い製品です。

 

Universal Audio Volt 476 まとめ

Universal Audio Volt 476
  • 4イン4アウトでアナログコンプレッサー付きのオーディオインターフェイス
  • アナログコンプは簡単で非常に使い勝手が良い
  • Melodyneなどのソフトウェアも付属している

ぎたすけ

良い背品なのはわかったけど、買いなのかどうか悩む内容だったな

たけしゃん

ハマる人にはハマるタイプの製品って感じだね。アナログコンプいらない人は他の製品で良いだろうし

Universal Audio Volt 476のレビューでした。

ポイントはアナログコンプが欲しいかどうかですね。

アナログコンプが不要なら、他に安くて良い選択肢はたくさんあります。

逆にアナログコンプが欲しい人は、ここまで良いものを搭載した製品は他にないのでおすすめです。

関連記事

Universal Audio Volt 2Universal Audio Volt 2をレビュー。ビンテージマイク・プリアンプモード搭載の高音質オーディオインターフェイス Apogee Duet 3を動作させているところオーディオインターフェイス おすすめランキング ベスト10【2022年】DTM、歌ってみたに適した機種を徹底解説 MOTU M2をiPhoneで使っているところ【2022年】iPhone向け オーディオインターフェイスおすすめランキングベスト10。選び方や注意点をiOSで配信している筆者が徹底解説 M-Audio M-Track soloとM-Track Duo安いオーディオインターフェイス おすすめランキング ベスト5。高コスパで失敗しない選び方も解説 ライブ配信している部屋配信向けオーディオインターフェイス おすすめ10選。配信内容別の選び方や気を付けるポイントを解説 DTMをやっているデスク弾き語り配信に必要な機材の選び方とおすすめ製品を解説