裏コードとは?仕組みから楽曲での具体的な使用パターンまでを解説

裏コードをダイアトニックコードで説明した図

ぎたすけ

裏コードって名前からして裏技みたいなイメージがあるな

たけしゃん

使い方にもよるかな。裏コードは星野源さんがほんとに良く使ってるね。後編では具体的に使用例も紹介するよ

本記事では解説にディグリーネームを用いています。

ディグリーネーム

ダイアトニックコードをローマ数字の度数で表記したもの

ディグリーネームやダイアトニックコードの仕組みがいまいち理解できていない…という人は先にダイアトニックコードの解説記事を参照ください。

ダイアトニックコードとは。一覧表付きで仕組みや活用方法を解説

ダイアトニックコードの3和音、4和音、度数の一覧ダイアトニックコードとは。一覧表付きで仕組みや活用方法を解説

音楽理論講座トップ

裏コードとは

裏コードをダイアトニックコードで説明した図

裏コードとはダイアトニックコードにおけるⅤの代理コードとして使用する♭Ⅱ7のことを指します。

Ⅴはスリーコードにおけるドミナントとして、非常によく使用するコードです。

スリーコードの役割を説明した図

よく使用するからこそ、代理コードで変化を付けようと裏コードが用いられるわけですね。

ただ、裏コードは結構クセが強いので、なかなか組み込むのは難しかったりもします。

まずはスリーコードで構成されたコテコテの定番コード進行を裏コードに差し替えるとどうなるか?

サンプル音源で聴き比べてみましょう。

基のコード進行

C-F-G-Cのコード進行とギターコードフォーム

Gを裏コードのD♭7に置き換え

C→F→D♭7→Cのコード進行。ドミナントを裏コードに置き換えた

なかなかにエッジが効いてますよね…。

ちなみに裏コードの良いところはⅤ→Ⅰのドミナントモーションを♭Ⅱ7→Ⅰに変えることで半音下行のコード進行にできることにあります。

そのため、コードフォームの選択は意識したほうが良いです。上記のケースでも最後のCはバレーコードを選択して半音下がる流れをわかりやすくしてます。

ここを適当に押さえやすいローコードにしてしまうと、裏コードの良さが半減します。

もう少しマイルドになる裏コード進行を見てみましょう。

先ほどの「C→F→D♭7→C」でサブドミナントのⅣ(F)を代理コードであるⅡm(Dm)に変更します。

C→Dm→D♭7→Cのコード進行とギターコードフォーム。裏コードに合わせてサブドミナントを代理コードのⅡmに変更

Dmから半音下降でD♭7→Cと流れていくので、Fのときよりは流れが少しマイルドになっています。

ただ、このパターンだとサブドミナントマイナーの代理コードである♭Ⅱmaj7(D♭maj7)を用いることのほうが圧倒的に多いですね。

C-Dm-D♭maj7→Cのコード進行とギターコードフォーム。裏コードではなくサブドミナントマイナーの代理コードを使うパターン

このパターンは僕も良く使ってますね。おしゃれ曲で良く出てきます。

裏コードではないですが、合わせて覚えておいて損はないです。

普通の裏コードはクセが強くてポップス(特にシンガーソングライター系)ではあまり出てきません。

僕がパッと思いつく範囲だと星野源さんの「地獄でなぜ悪い」くらいですね。

地獄でなぜ悪い/星野源(YouTube)

地獄でなぜ悪いのコード譜(Uフレット)

Bメロで〆に使ってるアクの強い音が裏コードに当たる♭Ⅱ7(#11)です。

セクションの締めにくるⅤ7を♭Ⅱ7(#11)に変えると急激に星野源さんっぽくなりますね(笑)。

変更前のコード進行

Cmaj7-Bm7-Am7-D7のコード進行

Ⅴ7を裏コードに変更

星野源さんっぽく裏コードに変えたコード進行とギターコードフォーム。Cmaj7-Bm7-Am7-A♭7(#11)

まあ、でもポップスで使われていることはかなり少ないです。

ポップスで比較的良く使われるパターンは次のセカンダリードミナントを裏コードに変えるという手法です。

次章でコード譜やサンプル音源付きで詳しく解説していきます。

 

セカンダリードミナントの裏コード

セカンダリードミナントの説明資料

セカンダリードミナントとはⅠ以外の音にドミナントモーションするコードを指します。

セカンダリードミナントは要は他のキーのドミナントを借用したものなんですよね。

セカンダリードミナントのコード進行でキーがどう変化しているか説明した図

※セカンダリードミナントのC7はFメジャーキーから借用しているドミナント

上記の例で言うとC7はFメジャーキーのドミナントなので、Fメジャーキーで見た時の♭Ⅱ7(G♭7)が裏コードとして成立します。

変えてみた時の演奏音も聞いてみましょう。

C→Gm7→G♭7→Fmaj7のコード進行とギターコードフォーム。セカンダリードミナントのC7の裏コードでG♭7を使用している

結構イメージ変わりますよね。

ここからはもうちょっと具体的に何曲か事例をコード譜付きで見ていきましょう。

藤井風さんの旅路

藤井風さんの旅路 サビのコード進行
補足

藤井風さんの旅路はAメジャーキーです

旅路/藤井風(YouTube)

旅路 コード譜(Uフレット)

本来ならEm→A7というセカンダリードミナントのツーファイブになるところをA7の代わりに裏コードのD#7(9)を入れています。

D#7(9)がセカンダリードミナントであるⅠ7(A7)からみたときの裏コードになっているんですね。

実際に上記のコード進行で僕が弾き語りカバーした動画があるので、演奏音聞いてみてください。該当部分は1:14~です。

藤井風さんの旅路 サビのコード進行

一瞬入るD#7(9)がなかなかに良い味を出してくれています。

藤井風さんは色んな曲でセカンダリードミナントの裏コードを効果的に活用されてますね。

星野源さんのうちで踊ろう

続いては星野源さんのパターンですが、星野源さんはセカンダリードミナントの裏コードとして♭Ⅱ7(#11)を使うのが印象的なんですよね。

「うちで踊ろう」では、Aメロ1回目の最後にⅠ7からみた裏コードの♭Ⅱ7(#11)が入ってます。

うちで踊ろうのAメロ コード譜とギターコードフォーム

うちで踊ろう/星野源(YouTube)

うちで踊ろう コード譜(Uフレット)

上記の譜面はCapo3でEメジャーキーになってるので、セカンダリードミナントであるⅠ7はE7になります。

なので、本来のセカンダリードミナントであるE7で一小節いくところをあえて2拍ずつに分割して、アクセントでテンション入りの裏コードを入れてるわけですね。

また、違うパターンではSUNのイントロですね。

イントロ最後にアクの強いコードが入ってますが、あれはセカンダリードミナントであるⅢ7からみた♭Ⅱ7(#11)です。

SUN/星野源(YouTube)

SUNのコード譜(Uフレット)

星野源さんはほんとに色んな楽曲で裏コードを使ってますね。

そんなに使い勝手良いコードでもないんですが、コード進行が凝ってる星野源さんらしいです。

星野源さんに限らずですが、裏コードが出てくるときはテンションコードも絡めてるケースが多いですね。

#11thは星野源さんくらいですが、9thを入れてるパターンは非常に多いのでセットで抑えておくと良いです。

 

裏コード まとめ

AT2020でレコーディングしているところ
  • 裏コードはドミナントの代理コードとして使う♭Ⅱ7のこと
  • ポップスではセカンダリードミナントの裏コードを使うことが多い
  • 裏コードの活用例を聴くなら星野源さんがおすすめ

ぎたすけ

確かに裏コードはクセが強くて使いこなすのが難しそうなコードだったな!

たけしゃん

効果的に使えるとアクセントになって玄人感出せるコードなんだけどね

裏コードの解説でした!

ポップス系よりはブラックミュージック寄りの音楽で登場するコード進行かなという印象ですね。

なかなか、使いこなすのが難しい手法ですが、アクセントとして活用できるとグッと玄人感が出せます。

試し試し、チャレンジしてみるといいですね。

音楽理論講座 一覧

第1章 音や楽譜の読み方を覚えよう

第2章 キーやスケールを理解しよう

第3章 コード進行のバリエーション

第4章 ノンダイアトニックコードの導入

第5章 応用的な音楽理論の活用

音楽理論に関するコラム