モバイル版SYNCROOM(シンクルーム)の使い方を解説。iPhone、iPad、Androidで音楽セッションを楽しもう!

みんなで色んな楽器を持っている写真

ぎたすけ

スマホで音楽セッションできるって画期的だな!

たけしゃん

試しにiPhone 3人でSYNCROOMやってみたけど、普通にバンドセッションできて感動しちゃったよ

本記事はiOS(iPhone、iPad)とAndroidで動作するモバイル版SYNCROOMの使い方解説記事です。

Windows、Macの使い方については下記の記事を参照ください。

SYNCROOMの使い方、設定、遅延対策を解説

音楽スタジオSYNCROOM(シンクルーム)の使い方、設定、遅延対策を解説。無料で自宅セッションを楽しもう!
補足

本記事は非常に長いので、ブックマークしてマニュアル代わりに使うことをおすすめします

SYNCROOM

SYNCROOM

Yamaha Corporation無料posted withアプリーチ

モバイル版SYNCROOM(iOS、Android)

モバイル版SYNCROOM iPhoneでの画面

SYNCROOMとはYAMAHAが無料で公開している音楽アプリです。

映像はなく、音声だけで複数名(最大10名)が同時通信することが可能です。

補足

ルーム主がモバイル版の場合は最大5名まで。PC版ならルーム連結機能を使えるので10名まで可

PC版SYNCROOMで5人でセッションした

SYNCROOMは映像がない代わりに下記の強みがあります。

  • ZOOMやSKYPEと比べて圧倒的に高音質
  • ネット回線が良ければ、圧倒的に低遅延
  • メンバーごとの音量調整が可能
  • リズムパターンやメトロノームなどを流せる機能がある
  • リバーブや録音機能もついている

とまあ、ざっくり言うと音楽セッションに最適な作りになっています!

ZOOMやSKYPEだと通話程度は問題ないですが、相手と音を合わせるとなると遅延がすごいんですよね。

たけしゃん

SYNCROOMだと光回線同士なら、普通にセッションできちゃうレベルなのですごいんですよね

2020年は外出自粛もあって、プロアマ問わず色んな方がPC版SYNCROOMで音楽をやってました。

また、2020年の全国高等学校総合文化祭でSYNCROOMが使用されるなど、色んなところで活用されてきてます。

そして、2021年6月に満を辞して、SYNCROOMがiOS対応になりました!

補足

Androidは2020年に対応済み

iPhoneでSYNCROOMが使えると、世界がだいぶ広がりますよね。

本記事ではiPhone、iPad、Androidユーザー向けに基本的な使い方や便利なアイテムなどを解説していきます!

ちなみにiPhone、iPad、Androidで画面や仕組みはほぼ一緒なので、iPhone画面を中心に解説していきます。

SYNCROOM

SYNCROOM

Yamaha Corporation無料posted withアプリーチ

モバイル版SYNCROOMについて 目次

対応機種

UR12とiPhone7を接続した

iOS端末については、端末による制限はありません。OSが13.0以降なら使えます。

僕のだいぶ前に買ったiPhone 7とiPad(第5世代)でサクサク動いてるので、明らかに古い端末使ってる人以外は問題ないと思います。

Androidは注意が必要で端末によって異なります。

Androidのスマートフォン

YAMAHAが動作確認した端末については公式の動作確認端末ページで動作確認状況が記載されています。

なお、公式の動作確認端末ページは「メーカー側で動作確認した機種」が記載されているものです。

そのため、記載がないものについても動作する可能性は十分あるので、自身の端末でテストしてみましょう。

ちなみに僕がレビュー検証機として持っているAQUOS sense2は遅延や音切れが頻繁に出て厳しかったです。

iPhoneとiPadは相手の回線にもよりますが、普通にセッションできました。

ネット回線

iPhoneを使っているところ

まずはアプリをインストールすると使える回線チェッカーで自身の回線環境を測定しましょう!

SYNCROOM

SYNCROOM

Yamaha Corporation無料posted withアプリーチ

回線チェッカーは会員登録不要で使えます。

iPhone版SYNCROOMの初期画面
iPhoneでSYNCROOMの回線チェックを使った画面

光回線のWi-Fiだと大半の人が「A」か「B」が出るはずです。

4Gだと「B」が出る人が多いようですね。体感で言うと何回やってもBだとセッションするのは厳しいレベルです。

一応、回線ごとの僕の所感はこちら。

  • 光回線のWi-Fi→◯(セッション可能)
  • ADSLなどのWi-Fi→△(できないことはない)
  • 4G→×(かなり厳しい)
  • 5G→×(かなり厳しい)
  • モバイルWi-Fi→×(立地によるが厳しい)

ネット回線は地域やマンションによってもバラツキがあるので、なんとも言えませんが光回線ならWi-Fiでも普通にセッションできるケースが多いです。

逆にそれ以外の回線だと、やっぱりきついのが正直なところです。

モバイルWi-Fiや4G、5Gは場所によっては割とできてる人もいます。

ただ、音の遅延やノイズでまともにセッションできない人のほうが多いので、過度に期待しない方が良いです。

たけしゃん

僕は楽天モバイルですが、セッションは到底無理なレベルでした…

また、Wi-Fi環境の人は5GHz帯での通信が推奨されています。

5GHzと2.4GHz

無線LANで使う帯域のことで、Wi-Fiルーターの設定で帯域選択できる機種が多い。

BUFFALOのルーターなどはSSIDにaがつくものが2.4GHz、gがつくものが5GHzと初期設定で両帯域用意されてることが多い。参照ページ

SYNCROOMに限らずですが、2.4GHzは家電とかの影響も受けるので5GHzの方が通信が安定しやすいです。

ルーターの取扱説明書などみて設定を確認してみましょう。

たけしゃん

自宅のWi-FiでSSIDが2つ出てくる人はgがつくSSIDに変えてみると良いですよ

推奨機材

AKG P120と音楽制作環境
  • ボーカル…マイクとオーディオインターフェイス
  • 楽器…オーディオインターフェイス

まず、前提としてボーカルやアコギであればスマホ内蔵マイクでも結構いけます。

相手の音を聴くのにイヤホンはあった方が良いので、スマホに接続できるイヤホンは用意しましょう。

注意

Bluetoothは使えません

iPhoneの方は純正イヤホンで問題ありません。3.5mm端子の普通のイヤホンを使うなら変換アダプタを買いましょう。

ただし、スマホ内蔵マイクはあくまで会話用のものです。

大きな声を出すと音量が急激に下がるようになっていたり、色んな面で歌には向いていません。

特にバンドセッションに混じると内蔵マイクだと音の抜けが悪くて、厳しいと感じる場面は多いです。

そこでおすすめしたいのが、ボーカルマイクとオーディオインターフェイスです。

低価格で揃えたいなら「マランツプロ MPM-1000とM-Audio M-Track SOLO」がおすすめです。

合わせて1万円程度で購入できて、音質も上々です。

MPM-1000とM-Trackで録った動画

注意

Androidは非対応です

もう少し予算を上げられるようであれば、オーディオインターフェイスをSteinberg UR22Cにするのがおすすめです。

UR22Cの正面から撮った写真

UR22Cはスマホアプリを使って内臓のEQ・コンプレッサーをかけることが可能です。

iOSのdspmix画面

バンドボーカルやってる人はわかると思いますが、ボーカルってコンプレッサーがあるかないかで偉い差が出ます。

バンド伴奏に負けない声量出すと、コンプかけないと音が割れるし、コンプなしでも割れない音量で収めるとAメロが小さすぎたりしますからね。

コンプレッサー内蔵機種は他にもありますが、調整にPCが必要でスマホだけで調整可能な機種はUR22Cくらいなんですよね。

僕もスマホでライブ配信やったり、SYNCROOMやるときはUR22C使ってます。

人気すぎて2020年春からずーっと品薄かつ価格高騰してますが、通常時は1.6万円くらいです。

注意

Androidは非対応です

なお、iPhoneやiPadにUSBのオーディオインターフェイスを接続するためにはUSBカメラアダプタが必要です。

充電や他USB機器への電源供給を考えるとUSB 3カメラアダプタが推奨です。

補足

紹介したM-Track SOLO、UR22Cをはじめ、ほとんどのオーディオインターフェイスはUSB接続です

Androidはそもそも対応のオーディオインターフェイスが非常に少ないのですが、ROLANDのGO MIXER PROがおすすめです。

メーカー側で動作確認できているAndroidスマホが公式サイトの一覧表に記載されています。

GO MIXER PROはコンデンサーマイクが使えるので、先ほどのMPM-1000と組み合わせれば高音質録音が可能です。

飛ばし読みガイド

 

モバイル版SYNCROOMの使い方(初期設定)

iPhoneのSYNCROOMの画面

それでは、ここからは具体的なSYNCROOMの使い方を解説していきます。

基本的には感覚的に使える仕様になっており、アプリ内でも説明画面が適時出るようになってます。

なので、ソフトに強くない人も使いやすいので安心してください。

ぎたすけ

アプリ内でも解説画面出してくれるのは親切でいいな!

たけしゃん

そうだよね。まずはこの記事の解説読みながら一通りやってみようね

SYNCROOMの初期設定 目次

インストール・会員登録

まずはSYNCROOMのアプリをインストールしましょう。

SYNCROOM

SYNCROOM

Yamaha Corporation無料posted withアプリーチ

インストールが完了して、立ち上げると回線チェックと規約同意の画面が出ます。

iPhone版SYNCROOMの初期画面

使用許諾契約とプライバシポリシーの内容を確認し、同意にチェックしたら一番下の「ログイン画面に進む」をタップします。

ログイン画面に進むと「メールアドレス」「SNSアカウント」「キャリアアカウント」から選択できるようになっています。

iPhoneのSYNCROOMのユーザー登録画面
iPhoneのSYNCROOMのユーザー登録画面2

PC版だとTwitterアカウントと連携することでTwitterアイコンを使えるため、Twitterアカウントで登録する人が多いです。

モバイル版ではTwitterアイコンを使用できないので、どれでも変わりません。好きな方法でアカウントを作りましょう。

アカウント作成が終わると、次はニックネームの登録です。

iPhoneのSYNCROOMのニックネーム登録

ニックネームはセッション中の画面で表示される名前になります。

補足

SYNCROOM内ではPCユーザーとモバイルユーザーの区別はないため、名前の後ろに「@iPhone」など付けてる人が割と多いです

ニックネーム登録がすむと、そこからは「好きな音楽のジャンル」と「興味のある楽器」とアンケートが2つ続きます。

iPhoneのSYNCROOMのユーザー登録画面のアンケート回答画面
iPhoneのSYNCROOMのユーザー登録画面のアンケート回答画面2

複数選択可能なので、該当するものを選んでOKをタップしましょう。

ちなみにここで選択した内容がSYNCROOM上で使われている感じもないので、単純にメーカーの使用者調査だと思います。

以上でインストールから、アカウント作成までは終了です。

ちなみに回線チェックはTOPページの左上の「三」をタップすると選択肢の中にあるので、いつでもやれます。

iPhone版SYNCROOMの回線チェックの場所

次章はセッションするためのルーム作成・ルーム入室を解説していきます。

ルーム入室

iPhone版SYNCROOMのルーム入室画面

アカウントの初期設定が終わると、上記のSYNCROOMトップ画面に遷移します。

SYNCROOMはルーム内のメンバーとセッションするので、すでに作られているルームに入室するか自身でルームを作成するかのどちらかです。

補足

SYNCROOM内ではPCユーザーとモバイルユーザーの区別はありません

作成済みのルームに入るには、入りたいルームをタップするだけです。

各ルームにはルーム主、タグ、ルームの内容、現在のルーム参加者が表示されています。

iPhoneのSYNCROOMのルーム情報の説明

初対面の人のルームに入るときは必ずルーム内容を読んで趣旨を理解した上で入室しましょう。

ルームをタップすると、いきなり入室ではなく、設定画面に移動します。

なお、接続テストルームが用意されているので初回の方はまずは接続テストルームで設定の確認をしましょう。

iPhoneのSYNCROOMの接続テストルーム

iOS版はトップ画面の一番上に出てきますが、Android版はうもれてることがおおいんですよね。

表示されてない場合は右上の虫眼鏡アイコンから「接続テストルーム」で検索しましょう。

なお、テストルームに入室する場合も入室前の設定は通常のルームと一緒です。なので、このまま読み進めてください。

アイコンの設定

まずは自身のアイコン設定画面が出ます。選択したアイコンがセッション画面で表示されます。

iPhoneのSYNCROOMのアイコン設定画面

なお、下にスクロールできて結構な種類があります。

デバイスの設定

続いて、音声入力と出力の設定画面です。

iPhoneのSYNCROOMの音声設定確認画面

まずは音声入力と出力ができているかを確認します。

先にマイクのアイコンをタップしましょう。するとアイコンの周りが緑色になります。

その状態でマイクに向かって声を出すと、声の音量に合わせて緑が大きくなったり、小さくなったりします。

iPhoneのSYNCROOMの音声設定画面、マイク入力ができていれば緑の枠が大きくなる

音量に合わせて緑の枠が変形すれば、マイクは正常に機能しています。

緑の枠が変化しない場合はマイクは認識されていませんので、下の詳細設定から設定確認します(後述)。

続いて、音の出力です。今度は下のスピーカーアイコンをタップしましょう。

iPhoneのSYNCROOMの出力設定確認画面

枠が緑色になり、サンプル音が流れます。

音が聴こえれば正常に認識されており、聴こえなければ認識されていません。

続いて、その下の詳細設定をタップして確認しましょう。

iPhoneのSYNCROOMの音声詳細設定画面

詳細設定をタップすると、入力デバイスの細かい設定や音質設定が出てきます。

基本的には設定を変更する必要はないのですが、内容は知ってた方が良いので解説をしていきます。

iOS版

iPhoneのSYNCROOMの音声詳細設定画面

Android版

Android版SYNCROOMの音声詳細設定画面
入力デバイス使用するデバイスを選択
出力デバイス使用するデバイスを選択(Androidのみ)
基本音質標準→推奨設定
高音質→遅延多め
帯域優先→低音質。遅延は少ない
入力モードモノラルかステレオを選択。理由がなければモノラル
入力モニター「モニタリングする(遅延あり)」が推奨。ダイレクトモニターを使う場合は「モニタリングしない」を選択

基本的には入力デバイス、出力デバイスともにオーディオインターフェイスを繋ぐと自動で設定されています。

自動認識せずに内蔵マイクと内蔵スピーカーになっている場合は手動で変えましょう。

iPhoneのSYNCROOM デバイス設定画面

また、Android版はauto selectとなっていますが、基本はそのままでOKです。正常に認識していない場合は手動で変えましょう。

Android版SYNCROOMのデバイス設定画面

Android版は出力デバイスも設定があるので、同じようにauto selectで問題がある場合は手動で設定を直しましょう。

音質設定

続いて、基本音質です。3択になっていますが、標準で問題ありません。

iPhoneのSYNCROOMの音質選択

高音質だと遅延や音切れが多くなり、Wi-Fiだと辛いです。

逆に帯域優先は遅延は減るもののラジオの音みたいになって、セッションしづらいので極力避けたいです。

モノラルとステレオ

iPhoneのSYNCROOMのモノラル・ステレオ選択

入力音声をモノラル・ステレオで選択できます。

ボーカル、ギター、ベースなどは基本モノラルです。

キーボードや電子ドラムの方などでステレオで音を作っている…という人だけがステレオに変えるものです。

モニタリング設定

iPhoneのSYNCROOMのモニタリング設定

基本的にはモニタリングする(遅延あり)でOKです。

オーディオインターフェイスのダイレクトモニター機能を使う人はSYNCROOMからもモニターを返すと重複するので、モニタリングしないを選択しましょう。

「モニタリングする」の遅延あり・なしの違いですが、遅延ありの場合はSYNCROOM側が回線による相手の音の遅延を自動認知して、モニタリング音をわざと遅延させます(最大20msec)。

相手の音の遅延に合わせて、自分の音も遅延することで体感で感じる遅延を最小限に抑えます。

Wi-Fiの場合はそれなりの遅延はやむを得ないので「遅延あり」を選択したほうがマシな感じはしました。

ポイント

まずはモニタリングする(遅延あり)でセッションしてみて、きつい場合は(遅延なし)に変えてみよう

ここまで設定が完了したら、「入室する」をタップしてルームに入室します。

挨拶はちゃんとしましょう。

入室後のセッション画面は<モバイル版SYNCROOMの使い方(セッション画面)>で解説をしていきます。

ルームの作り方

iPhone版のSYNCROOM ルーム作成ボタン

続いてはルームの作り方です。TOP画面右下の「+」をタップします。

すると、ルーム作成の画面に移ります。入力内容はいたってシンプルです。

iPhoneのSYNCROOMのルーム作成画面

ルーム名以外は必須ではないですが、不特定多数の方を入室可能とする場合はルーム趣旨がわかるようにしっかり入力しましょう。

また、知り合いだけでセッションする場合はパスワードをつけましょう。

最初はグレースケールされてますが、左側のボタンをタップすると入力できるようになります。

iPhoneのSYNCROOMでルームにパスワード付けるときのやり方

ここでパスワードを入れると、他のユーザーはルーム入室時にパスワードを求められます。

また、ルーム一覧にも鍵マークが表示され、パスワードがないと入れないことがわかります。

iPhoneのSYNCROOMのパスワード付きのルーム表示

そして、先ほどのルーム作成画面で全て入力が終わったら、下の「OK」をタップして次に進みます。

iPhone版のSYNCROOM ルーム作成画面2

OKをタップすると、ルーム入室時と同じように「アイコンの設定」「デバイスの設定」画面に進みます。

iPhoneのSYNCROOMのアイコン設定画面
iPhoneのSYNCROOMの音声設定確認画面

デバイスの設定については前段で細かく解説したので、再度確認する人は<デバイスの設定>を参照ください。

デバイスの設定が完了して、下の「入室」をタップするとルームが作成されます。

モバイル版SYNCROOMのルーム作成ではできないこと

モバイル版SYNCROOMで作成するルームはPC版SYNCROOMと異なり、以下の点ができません。

  • ルーム一覧に表示されないようにする
  • 独自タグの生成・設定
  • Twitterアイコンの使用
  • ルーム連結
  • 参加ユーザーの強制退出

ルーム連結とは、他のルームを連結して参加者を増やせる機能です。

通常は1ルームに5名までしか入れませんが、ルームを連結することで最大10名まで同時接続可能です。

モバイル版SYNCROOMはルーム連結ができないので、ルーム連結する予定の場合はあらかじめPC版SYNCROOMの人がルーム作成しましょう。

PC版SYNCROOMの方がメンバーにいるなら、PCの方がルーム作成したほうが何かと便利です。

飛ばし読みガイド

 

モバイル版SYNCROOMの使い方(セッション画面)

モバイル版SYNCROOM iPhoneでの画面

いよいよ、ルームに入室してセッションをする際の画面の使い方を解説していきます。

基本はタップで直感的に操作できる仕様になっています。一方でPC版SYNCROOMほど、細かい微調整はできません。

ある程度は割り切ってザックリと設定するのがコツです。

セッション画面の使い方 目次

音量調整

iPhoneのSYNCROOMのセッション画面の音量調整

セッション画面での音量調整は相手のアイコンを移動させることで行います。

アイコンを遠ざけると、その人の音が小さくなり、近づけると大きくなります。

自分のアイコンに被せることも可能で、被せると大分音量が大きくなります。

iPhoneのSYNCROOMのセッション画面 アイコンをかぶせると音量がかなり大きくなる

被せても音が小さい場合は、相手側の音量を上げてもらいましょう。

また、アイコンの位置によって音が聴こえる位置が変わります。

左側に寄せれば、左イヤホンから音が聴こえるようになり、右に寄せると右イヤホンから音が聴こえるようになります。いわゆるPANの効果です。

モバイル版SYNCROOMのセッション画面 音量と音の定位をアイコン位置で調整可能

全楽器が中央だと、音が集中して聞こえにくくなるのである程度は左右に振りましょう。

イメージとしてはステージ上だと思って配置すると良いですね。バンドだとこんな感じ。

  • ボーカル→中央
  • ギター→左
  • ベース→右
  • ドラム→中央

こんな感じで左右に振って、あとは音量を縦の距離で調整すると演奏しやすくなります。

なお、この音量や音の位置の調整は自分のイヤホンから聴こえるモニター音にだけ反映されて、相手の音には影響しません。

そのため、自分が演奏しやすい音に調整してしまいましょう。

アイコン表示によるステータス

モバイル版SYNCROOMのアイコンによる状態確認

セッション画面のアイコンはユーザーの状況によって、上記3パターンに変化します。

ちなみに回線不安定になる場合はその人の回線が不安定という意味ではなく、「あなたとその人の通信状況が不安定」という意味です。

なお自身のアイコンは変化しないため、回線不安定の場合はメッセージが出る仕様になってます。

また、SYNCROOMには録音できる機能が備わってますが、録音していると他のユーザーにわかるようになってます。

無断での録音はトラブルの元なのでちゃんと一言断ってから録音しましょう。

最後のミュートは、ミュートしたいユーザーアイコンをタップするとミュートになります。

SYNCROOMのミュート中のアイコン

また、自分のアイコンをタップすると自分がミュートになります。

モバイル版SYNCROOMで自分をミュートした画像

もう一度、タップするとミュートが解除されます。

誰かをミュートすることはあまりなく、離席時などに自分をミュートすることがあるくらいですね。

チャット機能

モバイル版SYNCROOMのチャット機能

SYNCROOMはセッション中にチャットできるようになっています。

画面の左下の吹き出しアイコンをタップすることが文字入力が可能です。

iPhoneのSYNCROOMのチャット機能

基本的にはマイクで話すので、使うことは少ないです。

YouTubeの参考音源貼り付ける場合に使うくらいですね。

ちなみに相手からチャットがくると、ちゃんと通知が出ます。

iPhoneのSYNCROOM ちゃんとが来ると通知が出る

なかなかに良い感じの使い勝手。さすがYAMAHAさんですね。

また、楽器の人でオーディオインターフェイスにマイク挿すところがない人がたまにいて、喋れないのでチャットを使うことがあります。

とはいえ結局は会話でやり取りしたくなるので、楽器の方は楽器とダイナミックマイクを同時に挿せるオーディオインターフェイスの購入をおすすめします。

メトロノーム・音源の再生

モバイル版SYNCROOMのメトロノーム画面

モバイル版SYNCROOMにはメトロノーム、リズムパターン、任意の音源を流す機能がついています。

使用するにはセッション画面下にあるメニューバーの左から2番目の「音符アイコン」をタップしましょう。

タップすると選択肢が2つ出てきます。

モバイル版SYNCROOMの音符アイコンをタップしたところ

まずはメトロノームから説明しますので、メトロノームをタップします。

すると、メトロノーム画面が出てきます。操作はシンプルですね。

モバイル版SYNCROOMのメトロノーム画面の操作方法

セッションしていると遅延もあって基準のリズムを誰にするか?と悩む場合が多いので、その場合に回線状況が最もいい人がメトロノームを流すというのは割と有効です。

続いて、メトロノームではなくリズムパターンや用意した音源を使いたいという人は音符アイコンをタップして出てくる右のアイコン(音源の再生)をタップします。

モバイル版SYNCROOMの音符アイコンをタップしたところ

すると、リズムパターンや任意の音源を選べる画面に遷移します。

iPhoneのSYNCROOMの音質選択
  • ドラムパターン…YAMAHAが用意したドラムパターン
  • ミュージックリスト…端末の<ミュージック>に入ってるファイル
  • 録音データ…端末のSYNCROOMフォルダ内のファイル

上記の3種類から選んで伴奏を流すことができます。

ドラムパターンは各リズムパターンでBPM別に用意されてます。

モバイル版SYNCROOMのリズムパターン

再生プレイヤーにはリピート再生機能もあるので、ドラムをループで流しつつセッション可能です。

iPhoneの場合は「ミュージックリスト」はiTunesに入ってる音源が表示されます。

録音データについてはSYNCROOMフォルダ内に入っている音楽データが表示されます。

iPhoneのSYNCROOMフォルダ

※iPhoneの場合は「ファイル」アプリで確認可能

SYNCROOMで録音したファイルが格納されるフォルダですが、このフォルダに任意の音源を入れとけばSYNCROOM内で流せます。

補足

wavは流せますが、mp3は認識しませんでした

セッション中のデバイス設定

iPhoneのSYNCROOM セッション中のデバイス設定画面

セッション中に内蔵マイクやオーディオインターフェイスなどの設定を変更したい場合はメニューバーの「イコライザーアイコン」をタップします。

すると、メニュー画面が開くので入力音量の設定やモニターの設定を行いましょう。

モバイル版SYNCROOM セッション中のデバイスの設定画面

入力は音割れしない程度に上げましょう。

また、エフェクトのリバーブですが、かかり方が深めなのでボーカルは10%~20%程度で良いと思います。

僕はアコースティックのときは10%程度、バンドでは20%程度にしてます。

続いて、下の3つのアイコンですね。

モバイル版SYNCROOM セッション中のデバイスの設定画面2

左のスピーカーアイコンはSYNCROOMのモニター音をON/OFFするものです。

オーディオインターフェイスのダイレクトモニターを使うときはOFFにしておきましょう。

中央の「Device」アイコンをタップすると、入室前に表示される「デバイスの設定画面」に遷移します。

モバイル版SYNCROOMのセッション中のデバイス設定画面

操作方法は入室前のデバイス設定と一緒なので<デバイスの設定>を参照ください。

なお、デバイス設定の画面に遷移するとルーム内メンバーと音声が一時的に切断された状態になるので、サーバー落ちしたと誤解されるため一言断ってから移動したほうが良いです。

最後のアイコン変更はタップするとアイコン選択画面に遷移します。

モバイル版SYNCROOM セッション中のデバイスの設定画面2

メンバーが5名フルにいると、意外とアイコンが被るので、被った時に変更すると良いでしょう。

SYNCROOMの録音

モバイル版SYNCROOMの録音ボタン

SYNCROOMは演奏した音を録音可能です。

メニューバーの一番右にある録音ボタンをタップすると録音が開始されます。

モバイル版SYNCROOMの録音中画面

録音中は右下のアイコン上に録音時間が表示されます。

また、あなたのアイコンに録音マークが表示されるため、他ユーザーには録音していることがわかります。

モバイル版SYNCROOMの録音中のアイコン表示

ちゃんと録音するときは一言断ってから開始しましょう。

そして、録音の停止はもう一度録音アイコンをタップするだけです。タップすると自動で保存されて音符のアイコンが点灯します。

モバイル版SYNCROOMの録音停止後は音符アイコンが点灯

音源を再生するためには、音符アイコンをタップします。

続いて、下の画面を参考に右側のアイコン(音源の再生)をタップします。

モバイル版SYNCROOMの音符アイコンをタップしたところ

下の画面で録音データをタップします。

iPhoneのSYNCROOMの音質選択

再生したいファイルを選択しましょう。登録日時順に並んでいるので、直近録音分なら一番上のファイルです。

モバイル版SYNCROOMの録音データ画面

TakeのNoも出るので、何回も録りなおした場合でも数字管理できるようになっています。

なお、保存フォルダはOSによって下記のようになっています。

  • iOS→「ファイル」アプリから「このiPhone内」→「SYNCROOM」→「SYNCROOM_REC」
  • Android→「Files」→「音声」→「SYNCROOM_REC」
補足

Androidは端末によって異なるかもしれません。僕はAQUOS sense2です。

ファイルがWav形式で重たいので、ガンガン録って全部残しておくと結構な容量になります。

iCloudやGoogleドライブに移して本体からは削除するなど、適時整理することをおすすめします。

その他の操作

モバイル版SYNCROOMの退出・ヘルプメニュー

セッション画面左上は退出ボタン、右上は「ヘルプ」と「ルームへのリンクを共有」になっています。

モバイル版SYNCROOMのヘルプとリンクの共有

ヘルプは入室時に表示されるセッション画面の使い方解説の画像が表示されます。

モバイル版SYNCROOMのセッション画面の解説画像

「ルームへのリンクを共有」はルームに入室できるリンクをメールやSNSなどに送ることができます。

モバイル版SYNCROOMでルームのリンクを送るところ

セッション中の画面操作については以上です!

機能はたくさんあるものの、感覚的に使えるものばかりなので何回かセッションしてみれば自然と覚えられます。

次章では有線接続やライブ配信といったオプション的な話を解説していきます。

飛ばし読みガイド

 

モバイル版SYNCROOMの使い方(応用編)

YAMAHA FGX5で弾き語りしてるところ

SYNCROOMは単体でも利用されていますが、ZOOMやSKYPEなどのビデオ通話アプリやライブ配信アプリと連携できるため、オンラインレッスンやライブ配信にも活用されています。

モバイル版SYNCROOMでも各種アプリと連携できるのか?というとモバイル版SYNCROOM単独ではできません。

他の音声系のアプリと跨ごうとするとエラーが起きて、強制退出になります。

モバイル版SYNCROOM 他の音声アプリと同時使用するとエラーで強制退出となる

しかし、PC版SYNCROOMのユーザーが各種アプリと連携すれば、同一ルーム内のモバイル版SYNCROOMユーザーの音も配信可能になります。

なので、PC版SYNCROOMのユーザーの力を借りれば、ライブ配信なども可能になります。

本記事ではモバイル版SYNCROOMのユーザー向けに工夫した使い方をいくつか提案していきます。

補足

どれも非公式な使い方なので、自己責任でやってみてください

SYNCROOMの使い方(応用編) 目次

スマホとタブレットで映像付きのライブ配信をする

iPhone 7とiPad

前提条件

  • メンバーにPC版SYNCROOMのユーザーがいること
  • スマホ 2台もしくはスマホ&タブレットがあること

モバイル版SYNCROOMで映像付きのライブ配信を行う方法です。

シンプルに1台がモバイル版SYNCROOMに接続して、もう1台の端末をZOOMに繋いで映像を映します。

スマホ2台も問題ないですが、スマホ&タブレットのユーザーが多いと思うのでiPhoneとiPadが現実的ですかね。

あとはPC版SYNCROOMのユーザーがOBS STUDIOを使って、SYNCROOMの音声とZOOMの映像をライブ配信アプリに送るだけです。

OBS STUDIO

PC版SYNCROOMでライブ配信アプリと連携する方法は下記の記事を参照ください。

この方法を使えば、PC持っていない人でもSYNCROOMをつかった映像付きライブ配信に参加できます。

なお、SYNCROOMとZOOMを同時利用するので光回線じゃないと遅延がややきついです。

Wi-Fiだと厳しいかもしれないので、厳しかった人は次の「iPhoneを有線LANで接続」を参考にSYNCROOMを使う端末だけ有線LANに切り替えを検討ください。

iPhoneを有線LANで接続

iPhoneとUSB3カメラアダプタ、LANアダプタ、USBハブの写真

用意するもの

  • USB 3カメラアダプタ
  • USB LANアダプタ
  • USBハブ(オーディオインターフェイスを使う場合)
補足

USBカメラアダプタだと電源供給量が足りないため、USB 3カメラアダプタを使いましょう

続いては回線を安定させるためにWi-Fiではなく、有線接続するための方法です。

USB 3カメラアダプタがあれば、USBタイプのLANアダプタをiOS端末に接続できるため、有線接続に切替できます。

また、USBハブを用意してUSBハブにLANアダプタとオーディオインターフェイスを接続することで、有線LAN接続しながらオーディオインターフェイスを使用可能です。

iPhoneで有線LAN接続しながらオーディオインターフェイスを使う方法
iPhoneで有線LAN接続するとEthernettが表示されて、4Gになる

※有線接続ができると、Ethernetの項目内にIPアドレスが表示されWi-Fiに繋いでいても4G表示に変わる

補足

検証したオーディオインターフェイスはSteinberg UR22Cです

オーディオインターフェイスを使わなくてもいいですが、USB 3カメラアダプタを使うと有線イヤホンを接続できません。

そのため、オーディオインターフェイスを使ってマイクとイヤホンを繋ぐのが現実的ですね。

ただ、僕の家の環境だとWi-Fiと有線を比較して明らかな有意差は見られませんでした。

回線速度測定の結果

  • iPhone Wi-Fi…下り300Mbps 上り380Mbps
  • iPhone 有線…下り330Mbps 上り 370Mbps
  • Windows 有線…下り500Mbps 上り 320Mbps

SYNCROOMの回線チェックでも、Wi-Fi・有線共にBかAを交互に繰り返す感じでした。

セッションもしてみましたが、体感でそこまで変わった感じもなかったです。

色んな人とセッションしてみないとわからないですが、有線に変えても劇的には変わらないかもしれません。

逆にWi-Fiが不安定な自宅環境の人は有線に変えることで劇的に変わる可能性はありますね。

今回使ったアイテム

飛ばし読みガイド

 

モバイル版SYNCROOM よくある質問

対応しているスマホはどれですか?
iOS 13.0以降、iPad OS 13.0以降、Androidは公式の検証端末一覧を参照ください
4G回線でもセッションできますか?
僕は厳しかったですが、できてる人もいるようなので試してみましょう。5Gもやはり厳しかったので、ひかり回線のWi-Fi推奨です
オーディオインターフェイスは必要ですか?
ボーカルや生楽器は内蔵マイクと有線イヤホンだけでも結構いけます。ただ、マイクとオーディオインターフェイスがあったほうがバンド伴奏で歌う場合など明らかに有利です
スマホでSYNCROOMをライブ配信することは可能ですか?
モバイル版SYNCROOMだけでは不可能です。PC版SYNCROOMのユーザーを介してライブ配信することは可能です
SYNCROOM

SYNCROOM

Yamaha Corporation無料posted withアプリーチ

読みたいところに戻る

モバイル版SYNCROOM まとめ

スピーカーが置いてあるスタジオ
  • モバイル版SYNCROOMはiPhone、iPad、Androidで音楽セッションできる画期的なアプリ
  • 4Gだとセッションは厳しいが、光回線のWi-Fiなら割と普通にいける
  • 今後の5Gの浸透などに期待!これから発展していきそう

ぎたすけ

おぉ、iOS対応で一気に時代が変わる感じしてくるな

たけしゃん

たぶん、これからモバイル版SYNCROOM使って色んな活用方法や楽しみ方が生まれると思うよ

モバイル版SYNCROOMの解説でした!

めちゃくちゃ長いのでブックマークして使ってください。

SYNCROOM開発チームのインタビューで将来的にはスマホ、Bluetooth対応の楽器で完全に無線でセッションできるようにしたい…といった話も出てました。

今後数年でオンラインセッションの環境も大きく進化していきそうですね!

読みたいところに戻る

SYNCROOM

SYNCROOM

Yamaha Corporation無料posted withアプリーチ

マイク弾き語り配信に必要な機材と選び方・おすすめの製品を解説 コンデンサーマイクコンデンサーマイク おすすめランキングベスト10【2021年版】 〜プロアーティスト使用マイクも紹介〜 AKG P120安いコンデンサーマイク おすすめランキングベスト10。予算1万円で歌ってみた、ライブ配信などで使える製品を解説! PCで音楽制作している環境オーディオインターフェイス おすすめランキング ベスト10【2021】初心者向けからプロユースまで幅広く解説