11/27から12/1までビックセール開催中!

SENNHEISER e845をレビュー。指向性を絞ったボーカル向けダイナミックマイク

SENNHEISER e845

評価:3.5

補足
e800/900シリーズはマイク本体の印字デザインが変更になってます。本記事の写真は旧デザイン仕様です

ぎたすけ

指向性を絞ると何かいいことあんの?

たけしゃん

周りの音を拾わないから、ハウリングに強いし、音もクッキリするからボーカルには合ってるんだよね
補足
レビューするためにゼンハイザーさんから商品をお借りしました

飛ばし読みガイド

SENNHEISER e845

SENNHEISER e845

世界的に有名なオーディオメーカーSENNHEISERのダイナミックマイク evolutionシリーズのe845。

 

ボーカル向けのチューニングがされており、指向性が絞られてたスーパーカーディオイドであることが特徴です。

 

実売価格で1.1万円程度ですが、この価格帯だと意外とスーパーカーディオイドマイクって少ないんですよね。

周囲の音の回り込みやハウリングが抑えたい方には要チェックなマイクです。

 

まずはe845の詳しい製品仕様から解説をしていきます。

仕様を飛ばして、レビューを読みたい方は<SENNHEISER e845をレビュー>を参照ください。

製品仕様の目次

スーパーカーディオイド

ゼンハイザー e845の指向性

※公式の仕様書より引用

e845は指向性を絞った、スーパーカーディオイド(超単一指向性)です。

正面の音しか拾わないのがカーディオイド(単一指向性)ですが、更に範囲を絞ってます。

 

指向性を絞ることで周囲の音を拾いにくくなり、ハウリングにも強いです。

バンドステージでも、他の楽器の音かぶりを抑えることができます。

 

ちなみに指向性がカーディオイド(単一指向性)になっているe835もあります。

ゼンハイザーe835

e835の周波数特性

※公式の仕様書より引用

e835も正面の音しか拾わないようになってますが、e845より範囲がやや広いです。

歌うときに割と顔を動かす人はe835のほうが合ってます。

 

逆にYUIさんみたいにマイクにベッタリ接近して歌う人はe845のほうが良いですね。

あと、声量が小さい人も音量上げたときにハウリングしにくいe845のほうが良いです。

周波数特性

e845の周波数特性

※公式の仕様書より引用

e845の周波数特性は40 – 16000 Hz。

仕様書を見ると高周波数帯域をグッと広げてますね。

 

SHURE SM58はもう少し中高音域ちょいあげてるくらいなので、傾向は結構違いますね。

 

ボーカル向けは中高音域ブーストしてるのが多いですが、e845はその中でも高音域に寄ってる感じですね。

大きさ・重量

ゼンハイザー e845

  • 高さ×横 185mm × 46mm
  • 重量:330g

ダイナミックマイクの中では少し大きいですが、標準サイズの範囲内です。

 

自宅にあるマイクスタンドで試した結果は下記の通り。

何でもOKでした。

ライブハウスで使うにも、自宅で使うにも便利なサイズ感です。

e845の付属品

マイクホルダー

e845のマイクホルダー

マイクポーチ

e845のマイクポーチ

マイクホルダー内には取り外し可能な変換ネジが入っています。

マイクスタンドによってネジサイズが異なるので、その対応用ネジです。

 

付属品の質はどちらも良好です。

マイクとマイクホルダーをマイクポーチに入れて携帯できます。

 

SENNHEISER e845をレビュー

SENNHEISER e845

それでは、SENNHEISER e845をレビューしていきます。

はじめにざっくりとレビューを箇条書きすると、以下の通り。

  • 音質はクッキリ良好。高音の抜けは普通
  • 指向性はかなり絞られてるから注意
  • やや吹かれに弱い
  • 1.1万円でスーパーカーディオイドの優秀なマイクは貴重

こんな感じで良いマイクです。

ただ、僕は一緒に借りたe945のほうが好みでe845は良いんだけど、イチオシ!…とまでは言えないかなという印象でした。

 

とはいえ、e945は価格が1.8万円程度とe845より7,000円くらい高いです。

予算1万円近辺でマイマイクを探すなら、e845はかなり優秀なマイクですね。

レビューの目次

音質はクッキリで良好

e845で演奏を録ってるところ

e845でボーカルとアコギを別々で録ってみました。

実際に録った演奏動画がこちら。

ボーカルの音は上から下までクリアに録れてます。

僕の声はダイナミックマイクだと声のかすれ具合がいまいちだったりするんですが、e845は結構良い聴こえ方です。

 

また、アコギの録り音も良いですよね。アコギ用でも普通に使えます。

 

一方で高音の抜けは同価格帯の他メーカーマイクよりは良いです。

ただ、上のグレードのe945が音の抜けがすごく良くて、僕はe945のほうが断然好きなんですよね…(笑)。

 

e845とe945を比較したときの音源です。

e845

e945

自分の高音でグッと出てほしいところが、e845はe945に比べて引っ込んじゃうんですよね。

このへんは価格相応の差がある感じですね。

 

とはいえ、同価格帯のSHURE SM58とe845を比べるとe845のほうが高音は音が前にでてきます。

SM58

SM58の画像

このへんはボーカルの声質にもよりますね。

僕はハイトーンで声がかすれ気味なこともあって、高音は抜けよく出てほしいんでゼンハイザーのマイクは基本好きです。

 

逆にローやミドルが力強いボーカルなら、SHURE SM58のほうが合う人が多いはず。

予算1万円程度で考えてる人は、自身のボーカル特性に合わせてSM58とe845(e835も可)を選択すると良いでしょう。

 

ハイトーンな男性ボーカルや女性ボーカルはe845(e835も)のほうが合うと感じる人が多い気がします。

そして、予算的に頑張れるならe945(e935も)まで頑張ったほうがより良いです。

補足
e900シリーズもe935はカーディオイド、e945はスーパーカーディオイドになっている

指向性はかなり絞られてる

ゼンハイザー e845

e845はスーパーカーディオイドということで指向性は狭く作られています。

バンドステージなどで周囲の楽器音を拾ってハウリングしたり、音がぼやけたりしません。

 

その分、マイクから口が外れると角度によっては急激に音量が下がります。

縦方向にやや下がる分にはガクッと落ちたりしませんが、横にズレると一気に落ちます。

 

顔を動かして歌う人はカーディオイドのe835のほうが安定です。

e845はYUIさんとか平井堅さんみたいにベッタリマイクに口を近づけて歌う人のほうが相性良いですね。

 

弾き語りだと、歌ってるときはそんなに大きく動かない人が大半なのでe845が合ってる人は多そうです。

ハンドマイクでは持ちやすく、ノイズもない

ゼンハイザー e845

持つ部分が滑りにくくなっており、持ちやすいです。

また、持った時のハンドリングノイズも特になく、ハンドマイクとして使うにも良好です。

 

ゼンハイザーのマイクってルックスも良いですよね。

SENNHEISER e845

カラーリングやボディ形状もスタイリッシュでカッコいい。

マイマイクとして持ってるとテンション上がります。

1万円近辺でスーパーカーディオイド探してるならおすすめ

e835の周波数特性

1万円程度の価格帯って、意外とスーパーカーディオイドマイクってないんですよね。

 

その数少ないマイクの中でも、音質や付属品の品質などレベル高いマイクがe845です。

お店常設のSM58などでは、ハウリングが気になって音量上げ切れないと感じる人はe845を試してみましょう。

 

また、高音の抜けも同価格帯のマイクの中では良いほうです。

ハイトーンをしっかり押し出したい人もe845を検討してみると良いでしょう。

ただ、ハイトーンを推したいなら価格は上がりますが、やっぱりe945にしたほうが良いです…(笑)。

e845

e945

SENNHEISER e845 まとめ

ノートPCで作業してるところ

  • 1.1万円程度で買えるスーパーカーディオイドのダイナミックマイク
  • 高音域を広げた特性でボーカル向けにチューニングされている
  • 予算が作れるなら上位モデルのe945のほうが音の抜けが良くておすすめ

ぎたすけ

1万円くらいのマイクだと良い感じってことだよな?

たけしゃん

そうだね。予算1万円近辺なら、すごく良いマイクだと思ったよ

SENNHEISER e845のレビューでした。

SENNHEISERのダイナミックマイクというと、やっぱりe900シリーズのほうが有名ですがe845もコスパ良いマイクですね。

 

1万円近辺でマイマイクを探している方はぜひ検討してください!

e845

e945

ライブで使うボーカルマイクを解説ボーカルマイク おすすめランキングベスト10【2020年】ープロアーティスト使用マイクも紹介ー

マイクスタンドに取り付けしたマイクおすすめのマイクと利用シーン別の選び方

アコギ向けマイク おすすめランキングベスト10を解説 マイクスタンドマイクスタンド おすすめ製品を種類別で解説【ライブ配信・DTM向け】 コンデンサーマイクとケーブル【音が変わる!】マイクケーブル おすすめランキング ベスト5を解説