Acoustune RS ONEをレビュー。ボーカルがグッと前にくるパワフルなイヤホン

Acoustune RS ONE 右から撮った

ぎたすけ

Acoustuneってあんまり聞いたことないメーカーだな

たけしゃん

2013年創設のイヤホンメーカーでRS ONEはステージ向けのイヤモニだね
補足

国内正規代理店のピクセル様よりデモ機をお借りしました

RS ONEの評価
音質
 (4)
使いやすさ
 (3.5)
普段使い
 (4)
価格(11,680円程度)
 (4)
総合評価
 (4)
メリット
デメリット
  • 高音域が強めでボーカル・ドラムが聞き取りやすい
  • 遮音性能が高い
  • 装着感は好みがわかれそう
アコースチューン(Acoustune)
¥11,680 (2024/04/24 18:49:50時点 Amazon調べ-詳細)
この記事の著者
音楽ブロガーたけしゃん

ミュージシャン

たけしゃん

tkshan

プロフィール

ギター弾き語りのシンガーソングライター。長年の音楽活動や音楽の仕事で得た知識・経験を基にブログを書いています。
雑誌の音楽記事執筆、音楽専門書の執筆(工学社)、nana公認クリエイター、IPC VOICE STUDIO公認ボイストレーナーです。
プロフィール詳細お問い合わせ

Acoustune RS ONE

Acoustune RS ONE 右から撮った
型式シングルダイナミック搭載
ユニバーサルフィットIEM
再生周波数帯域20Hz~40kHz
感度108dB@1mW
インピーダンス32Ω@1KHz
接続端子Pentaconn Earコネクター
(Long-Type)
公式サイト

2013年創設のイヤホンメーカーAcoustuneのモニター向けイヤホン RS ONE

Acoustuneは医療用の合成素材である「ミリンクス」を振動板素材に使用した独自のダイナミックドライバーを採用していることが特徴です。

Acoustune RS ONE イヤホン右

Acoustuneは高級なイヤホンが多いですが、RS ONEは1.2万円程度でステージモニター用に作られています。

まずはRS ONEの製品仕様から解説していきます。

製品仕様を飛ばして、レビューを読みたい方は<RS ONEをレビュー>を参照ください。

製品仕様の目次

ミリンクスELドライバー

Acoustune RS ONE 左イヤホン裏面

RS ONEは医療用の合成素材「ミリンクス」を振動板素材に使用したミリンクスELドライバーが採用されています。

Acoustuneイヤホンに採用されている通常のミリンクスドライバーと別にステージモニター向けに新開発されたもので、より正確なモニタリングができるようになっています。

Acoustune RS ONE 前面

サウンドを聞いてみると、音が全体が持ち上がったようなライブ感ある音になっています。

筆者はイヤモニを色々と試していますが、特徴的で独特なサウンドだなと感じました。

新規開発ケーブルARM011を採用

Acoustune RS ONE 横から撮った

RS ONEはARM011というケーブルを採用しています。

ARM011は高純度リッツ線とケブラーワイヤーを編み込んだ線材を4芯構造のツイストケーブルです。

ケーブルは程よい硬さでしなやかです。

また、クセも付きにくいタイプなので取り回しは楽で良いですね。

Pentaconn Ear Long-Type

Acoustune RS ONE イヤホンを端子から外した

RS ONEのコネクターには「Pentaconn Ear Long-Type」が採用されています。

一般的なMMCXコネクターより伝導性能に優れており、摩耗や接触不良にも強いコネクターです。

MMCXと比べるとリケーブルの選択肢は少ないですが、ステージでの使用では純正品以外はあまり使わないと思うので、特に気にする必要はありません。

付属品

Acoustune RS ONE 付属ケース
Acoustune RS ONE イヤーピース

RS ONEの付属品はキャリングケースと2種類のイヤーピースです。

キャリングケースはコンパクトで使いやすいですね。

Acoustune RS ONE ケースに入れたところ

イヤーピースもシリコンイヤーピース「AET07」とフォームタイプの「AET02」が付属しています。

シリコンイヤーピースはS/M/Lの3サイズあるので、自身の耳に合わせて選べます。

なお、イヤーピースで結構音が変わります。

フォームタイプのAET02は中高音域がシャリっとした音になります。

Acoustune RS ONE イヤホンを端子から外した

シリコンだとクリアでボーカルが前にくるので、個人的にはシリコンが好みでした。

レビューも基本的にシリコンイヤーピースでの使用感を解説しています。

装着感については、両方とも耳にちゃんとフィットするので使いやすいです。

アコースチューン(Acoustune)
¥11,680 (2024/04/24 18:49:50時点 Amazon調べ-詳細)

audio technica AT-UMX3のバナー(PC)PR

Acoustune RS ONEをレビュー

Acoustune RS ONE
RS ONEの評価
音質
 (4)
使いやすさ
 (3.5)
普段使い
 (4)
価格(11,680円程度)
 (4)
総合評価
 (4)

それでは、RS ONEを細かくレビューしていきます。

はじめにメリット・デメリットを箇条書きにすると以下の通りです。

メリット
デメリット
  • 高音域が強めでボーカル・ドラムが聞き取りやすい
  • 遮音性能が高い
  • 装着感は好みがわかれそう

音全体でグッと持ち上げられた感覚があります。

ボーカルの音が聞き取りやすいので、イヤモニとして使いやすいサウンドです。

レビューの目次

高音域が明瞭で特定パートを聴き取りやすい

Acoustune RS ONE 左イヤホン

RS ONEは音が全体的にグッと持ち上がっている印象を受けました。

特に中高音域が強めでボーカルとドラムの音が明瞭に聴こえます。

音量をそこまで上げなくても、ボーカルがしっかり前に来るのが良いですね。

Acoustune RS ONE イヤホン裏面

ドラムのスネアなども結構前に出てくるため、リズムも捉えやすいです。

ステージ上でイヤモニの音量を上げすぎると高音域がグシャっとしがちですが、RS ONEならそこまで音量を上げなくてもボーカルがちゃんと聴こえる点が良いですね。

一方で音場はやや狭く感じます。

どっちかというと、色んな音を同時に把握するよりは特定のパートをしっかり掴むのに適したイヤホンです。

Acoustune RS ONE イヤホン右

リスニングでの利用にも適したサウンドになっていますね。

ボーカルの音が明瞭で聴きやすいので、歌モノを中心に聴く人にはかなり良いです。

Acoustune RS ONE イヤーピースなし

なお、インピーダンスがワイヤレスのイヤモニシステムに合わせてある関係か、普通のイヤホンより音が大分大きいです。

スマホなどに繋げて聴く場合は音量をいつもより下げるといいでしょう。

アコースチューン(Acoustune)
¥11,680 (2024/04/24 18:49:50時点 Amazon調べ-詳細)

付け心地は好みがわかれそう

Acoustune RS ONE 左イヤホン裏面

RS ONEはイヤモニで一般的な耳掛けタイプのカナル型イヤホンです。

SHURE SE215などと比べると、イヤーピースは耳の奥よりはやや手前で固定されるタイプです。

SHURE SE215 Special Edition
SHURE SE215は耳の奥まで入って固定される

RS ONEはやや手前で固定されますが、遮音性は高いですし、固定力も良好で外れることはありません。

あとは装着感の好みですね。

僕はライブで使うイヤモニは耳の奥でフィットしてほしいタイプなんですよね。

なので、RS ONEよりはIE 100 PROやSE215のほうが好みですね。

ゼンハイザー IE 100 PRO イヤーピースL
ゼンハイザー IE 100 PROも耳の奥まで入るタイプ

ただ、奥までしっかり入るイヤモニは嫌いな人も結構いますし、普段使いだと浅めのほうが好きな人は多いかなと感じます。

競合製品との比較

製品Acoustune RS ONE 右から撮った
RS ONE
ゼンハイザー IE 100 PRO
IE 100 PRO
SHURE SE215 Special Edition
SE215 SPE-A
メーカーAcoustuneSennheiserSHURE
形式ダイナミック型ダイナミック型ダイナミック型
インピーダンス32Ω20Ω20Ω
特性音が持ち上がっているドンシャリ寄り低音が強い
端子Pentaconn Ear独自端子MMCX
実売価格約11,680円約13,000円約12,400円
ECサイトAmazon
楽天市場
Yahoo!
サウンドハウス
Amazon
楽天市場
Yahoo!
サウンドハウス
Amazon
楽天市場
Yahoo!
サウンドハウス

最後は同価格帯のIE 100 PROとSE215 SPE-Aと比較していきます。

この3製品はそれぞれ特徴が異なります。

僕は普段ライブのイヤモニで使っているIE 100 PROが一番使いやすいと感じました。

ゼンハイザー IE 100 PRO

音はドンシャリ寄りですが、バランスも良く、聴きやすいです。

装着感も耳の奥でフィットする感覚で、動き回るライブでも安心感があります。

SHURE SE215 SPE-Aは低音域が強く、パワーのあるサウンドです。

SHURE SE215 Special Edition

装着感はIE 100 PROと同じく耳の奥でしっかりフィットするタイプです。

RS ONEと同じでパワフルな音ですが、ドーンと来るのが低音域なのが特徴ですね。

個人的にはちょっと音がこもりがちなのが気になって、僕はあまり使っていません。

RS ONEは音が全体的に持ち上がっていて、特に高音域が前に出てくる感覚です。

Acoustune RS ONE 前面

他の2製品と比べると、ボーカルが前に出てくるので歌が明瞭に聴こえます。

IE 100 PROと比べてもサウンド面では互角以上のクオリティだと感じました。

僕は装着感はIE 100 PROのほうが好みなんですが、やや浅めで固定されるタイプが好みの人はRS ONEを選択すると良いでしょう。

アコースチューン(Acoustune)
¥11,680 (2024/04/24 18:49:50時点 Amazon調べ-詳細)
 

Acoustune RS ONE まとめ

Acoustune RS ONE ケースに入れたところ
  • 独自のミリンクスELドライバーを採用したステージモニター用イヤホン
  • 高音域中心に音が持ち上がっており、ボーカルが前にくるサウンド
  • イヤーピースはやや浅めでフィットする。遮音性や固定力は良好

ぎたすけ

歌が聴きやすいってことだったけど、耳に刺さったりはしないんだな

たけしゃん

音量を適度に抑えていれば、耳に刺さることはなかったよ。そのへん良い感じにできてるね

Acoustune RS ONEのレビューでした。

1万円前半の新たな定番イヤホンになりそうな製品ですね。

ステージ向けのイヤモニですが、普段使いでも使いやすいイヤホンだと感じました。

アコースチューン(Acoustune)
¥11,680 (2024/04/24 18:49:50時点 Amazon調べ-詳細)

関連記事

audio technica ATH-E70のカナル型イヤホンイヤモニ(モニターイヤホン) おすすめランキング ベスト5。選び方から使い方まで徹底解説! ゼンハイザー IE 100 PROSennheiser IE 100 PROをレビュー。イヤモニ・リスニングのどちらでも優秀なイヤホン SHURE SE215 Special EditionSHURE SE215 Special Editionをレビュー。1万円近辺のベストセラーイヤホン Senheiser IE 400 PROSennheiser IE 400 PROをレビュー。ドラマー・ベーシスト向けの本格的なイヤモニ モニターヘッドホン 6台モニターヘッドホン おすすめランキング10選。DTM・歌ってみた・配信で使いやすい製品を徹底解説