アコギ用ピック おすすめランキング ベスト10。プロアーティスト使用ピックも解説

ギター用ピック 15種類を並べた

ぎたすけ

ピックってたくさんあるけど、そんなに違いがあるもんなの?

たけしゃん

これが地味に色々あるんだよ。プレイ別の選び方とか色々紹介していくね

本記事ではアコギ用ピックをランキング形式で紹介していきます。

ランキングの基準は以下の通りで、全17種類のピックから選んでいます。

ストローク
コードストロークでの弾きやすさを筆者の主観で評価しています
ピッキング
単音ピッキングやアルペジオの演奏しやすさを筆者の主観で評価しています
握りやすさ
持った時の滑りにくさ、持ちやすさを筆者の主観で評価しています
総合評価
ストローク、ピッキング、握りやすさを弾き語りの観点でトータル的に評価しています

アコギ弾き語りで使う場合は基本的にはストロークと握りやすさの評価を重点的にチェックして選ぶことをおすすめします。

僕の結論を先に言うと、1位のTORTEX トライアングル 0.6mmがおすすめです。

JIM DUNLOP TORTEX TRIANGLE

僕はアコギ弾き語りについてはほぼこのピックだけで演奏してます。

友達でピック選び迷ってる人によくこのピックを1枚あげるんですけど、大抵気に入ってまとめ買いされてます。

JIM DUNLOP

※サウンドハウスは1枚から購入可能(2,000円以上送料無料)

そして、1位から10位までまとめたランキング表はこちらです。

順位1位2位3位4位5位6位7位8位9位10位
製品名JIM DUNLOP TORTEX TRIANGLE
TORTEX 0.6mm
JIM DUNLOP TORTEX TRIANGLE 0.73mm
TORTEX 0.73mm
JIM DUNLOP URTEX TRIANGLE 0.73mm
ULTEX 0.73mm
FENDER 351 Shape Shell Medium
351 Shape Med
Fender 346 Shape Medium
346Shape Med
MASTER 8 JAPAN INFINIX TRIANGLE HARD GRIP - 0.6mm
INFINIX 0.6mm
JIM DUNLOP Tortex Flow Standard 0.88mm TORTEX 0.88mmJIM DUNLOP HERCO FLEX50
HERCO Flex50
GIBSON 73M
73M
max-girp jazz III
MG JAZZIII
形状トライアングルトライアングルトライアングルティアドロップトライアングルトライアングルFlowティアドロップトライアングルジャズ
厚さ0.6mm0.73mm0.73mm0.7mm0.7mm0.6mm0.88mm0.5mm約0.75mm1.38mm
材質トーテックストーテックスウルテックスクラシック
セルロイド
クラシック
セルロイド
INFINIXTORTEXナイロンセルロイドナイロン
ストローク
(5 / 5.0)
(4.5 / 5.0)
(4 / 5.0)
(3.5 / 5.0)
(4.5 / 5.0)
(4.5 / 5.0)
(3.5 / 5.0)
(3.5 / 5.0)
(4 / 5.0)
(2.5 / 5.0)
アルペジオ
(4.5 / 5.0)
(5 / 5.0)
(5 / 5.0)
(4.5 / 5.0)
(4 / 5.0)
(4 / 5.0)
(5 / 5.0)
(4.5 / 5.0)
(3.5 / 5.0)
(5 / 5.0)
握りやすさ
(5 / 5.0)
(5 / 5.0)
(5 / 5.0)
(4 / 5.0)
(4 / 5.0)
(4 / 5.0)
(5 / 5.0)
(4 / 5.0)
(3.5 / 5.0)
(5 / 5.0)
総合評価
(5 / 5.0)
(4.5 / 5.0)
(4.5 / 5.0)
(4 / 5.0)
(4 / 5.0)
(4 / 5.0)
(4 / 5.0)
(4 / 5.0)
(3.5 / 5.0)
(3.5 / 5.0)
解説詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る

ランキングに入る前にまずはピックの種類や選び方について解説していきます。

意外と奥が深いので、ざっくり読んでいただいてからランキングに入るとピック選びがより楽しくなりますよ。

この記事の著者
音楽ブロガーたけしゃん

ミュージシャン

たけしゃん

tkshan

プロフィール

ギター弾き語りのシンガーソングライター。長年の音楽活動や音楽の仕事で得た知識・経験を基にブログを書いています。
そのほか雑誌の音楽記事執筆、音楽専門書の執筆(工学社)、IPC VOICE STUDIOの公認ボイストレーナーの資格を持っています。
プロフィール詳細お問い合わせ

ピックの種類と選び方

ピックを6種類並べた画像

ピックと一口に言っても色々と種類があって、プレイスタイルだったり、使う楽器によって選び方が変わります。

ピックを選ぶときに見るべき要素は次の3点です。

  1. ピックの材質
  2. ピックの形状
  3. ピックの厚さ

そして、弾き語りとギタリストでは選ぶピックが全く違うのもポイントですね。

僕は弾き語り中心でギター伴奏のサポートもやってますが、やっぱり弾き語りの時とギターサポートの時では使うピックを変えてます。

本サイトは弾き語りの方に向けた情報サイトなので、本記事でも弾き語りの方を想定して最適なピック選びを解説していきます。

ピックの種類と選び方 目次

ピックの材質

ピックの材質 6種類

ピックの材質は多種多様で、色んなものが使われています。

主要な材を並べると以下の通りです。

材質特徴
GIBSON 73M
セルロイド
一番オーソドックス
クリアな音で万能
JIM DUNLOP TORTEX TRIANGLE

トーテックス
(デルリン)
やや硬めでスッキリした音
しなりもよく万能に使える
JIM DUNLOP URTEX TRIANGLE 0.73mm
ウルテックス
(ウルテム)
硬くてクッキリした音
万能だがやや単音弾き向け
JIM DUNLOP HERCO FLEX50
ナイロン
弾性に優れた材質
テクニカルプレイ向け中心
べっ甲のピック
べっ甲
ウミガメの甲羅を使った材
爪に近い材質で高級

他にもいろいろありますが、定番品に使われる材は大抵は上記のものですね。

この中でも弾き語りユーザーに薦めたいのはセルロイドとトーテックスの2種類です。

FenderやGibsonなど有名メーカーのピックは基本的にセルロイドで作られています。

FenderとGibsonのピック
補足

Fenderのピック素材はクラシック・セルロイドという名称になっている

セルロイドは昔から王道のピック素材でストローク、単音弾きどちらも万能に使えます。

値段も安いため、何買うか迷ったらまずはセルロイドが安定です。

トーテックスはセルロイドよりはやや硬めですが、しなりもよくて握った感触も良好です。

JIM DUNLOP TORTEX TRIANGLE

Jim Dunlopのトーテックスシリーズは人気が高く、今ではシェア率もトップレベルです。

個人的にも弾き語りのストローク弾きではトーテックスが一番しっくりきます。

ピックの形状

ギターピックの形状についての説明
ジャズ小ぶりで細かいピッキングに最適
音にニュアンスを付けやすい
ティアドロップ万能に使える形状
ギタリストで使用者が多い
トライアングルアコギストロークに最適
弾き語りに使用者が多い

続いて、ピックの形状です。主に上記の3種類に分かれます。

アコギ弾き語りであれば、圧倒的にトライアングルの使用者が多いです。

理由はストロークの弾きやすさですね。

トライアングル型は大きいので、グリップも安定しやすく、弦の抵抗が大きいストロークでも出音が安定します。

P820 TUBEでRECしているところ

また、トライアングル型は角が3か所あるので、1か所が凹んできても使いまわせるので経済的です。

トライアングル型のピックは弾ける場所が3か所もある

一方で大きい分、小回りが利きづらいですね。

そのため、単音弾きの早いフレーズなどには不向きです。

そこでリードギターを担当するギタリストに好まれるのはティアドロップ型です。

FENDER 351 Shape Shell Medium

グリップする面積はそこそこ残しつつ先端を尖らせることで、バッキング・単音弾きの両方に対応しやすい作りになってます。

僕も伴奏サポートでアコギを弾く場合はティアドロップを使うことが多いです。

曲中にストロークと単音弾きの両方が出てくる場合などに便利なんですよね。

ジャズ型はティアドロップよりもさらに小さく、テクニカルプレイに適した形状となっています。

max-girp jazz III

早弾きにも活用されますが、ネオソウルみたいな弦を撫でるように優しく弾くことで音に色気を出すジャンルにも適してます。

小さいので、音色のコントロールなどがしやすいんですよね。僕もセミアコ弾くときはジャズピックを使ってます。

アコギの弾き語りをやる場合はまずはトライアングル型を購入することをおすすめします!

ピックの厚さ

ギターピックの厚さについての説明
THIN薄く柔らかくしなる
ストロークに適している
MEDIUMほどほどの硬さ
万能に使える
HEAVY硬くてしなりはない
単音弾きに適している

3点目はピックの厚さです。

基本的には厚いほどに音量が大きくクッキリした音になるので単音弾きで使いやすくなります。

一方でアコギのストロークではピックのしなりが重要になるため、薄く柔らかいピックが好まれます。

そのため、アコギ弾き語りにおいてはTHIN(0.6mm程度)を使用している方が非常に多いです。

JIM DUNLOP TORTEX TRIANGLE
JIM DUNLOPトーテックス 0.6mm

逆にリードも弾くギタリストだとMEDIUM以上を選ぶ方が多いですね。

また、ピックの硬さは厚さと素材の組み合わせで決まります。

そのため、薄ければどれでも柔らかくしなるのか?というとそんなこともないです。

例えば、素材がべっ甲とかだと硬いので薄くてもほとんどしなりません。

べっ甲のピック
べっ甲のピック

そのため、アコギストロークに適した、しなるピックを選ぶならセルロイドかトーテックスのTHIN(0.6mm程度)を選択するのがおすすめです。

ここまでの話をまとめると、アコギの弾き語りでは下記のピックが無難かつおすすめです。

  • 素材はセルロイドかトーテックス
  • 形はトライアングル型
  • 厚さはTHIN(0.6mm程度)

まずは上記条件のピックを使ってみて、そこから自身に合うピックを色々試してみるのが良いでしょう。

ネットでお得にピックを買うなら

iPhoneを見ている画像

ネットのECサイトでピックを買う場合は枚数と送料に気を付ける必要があります。

まず、ほとんどのショップが10枚入りなどまとめ買いしか用意していません。

その中で1枚単位で購入できるショップがサウンドハウスです。しかも店頭で買うより安いです。

ただし、購入金額が税込2,000円未満だと432円の送料が発生します。

なので、弦などとセット買いするのが有効です。

  • 欲しいピックを欲しい枚数だけ購入
  • セットで弦を買って合計2,000円以上にする

この手順を使ってサウンドハウスで購入するのが店頭、ネット含めて一番お得です。

ただし、10枚単位などまとめ買いする場合はAmazonや楽天なども有効な選択肢になります。

次章のランキング解説では各ECサイトの商品リンクを掲載しているので、単品なのかまとめ買いなのかで使い分けてください。

 

アコギ用ピック おすすめランキング ベスト10

ギター用ピック 15種類を並べた

それでは、アコギ弾き語りに適したピックをランキング形式で10点紹介していきます。

基本的には弾き語りのストロークに適したもの…という観点で順位付けしており、下位になると単音ピッキング向けのものも紹介しています。

そして、1位~10位までの情報をまとめたランキング表はこちら。

順位1位2位3位4位5位6位7位8位9位10位
製品名JIM DUNLOP TORTEX TRIANGLE
TORTEX 0.6mm
JIM DUNLOP TORTEX TRIANGLE 0.73mm
TORTEX 0.73mm
JIM DUNLOP URTEX TRIANGLE 0.73mm
ULTEX 0.73mm
FENDER 351 Shape Shell Medium
351 Shape Med
Fender 346 Shape Medium
346Shape Med
MASTER 8 JAPAN INFINIX TRIANGLE HARD GRIP - 0.6mm
INFINIX 0.6mm
JIM DUNLOP Tortex Flow Standard 0.88mm TORTEX 0.88mmJIM DUNLOP HERCO FLEX50
HERCO Flex50
GIBSON 73M
73M
max-girp jazz III
MG JAZZIII
形状トライアングルトライアングルトライアングルティアドロップトライアングルトライアングルFlowティアドロップトライアングルジャズ
厚さ0.6mm0.73mm0.73mm0.7mm0.7mm0.6mm0.88mm0.5mm約0.75mm1.38mm
材質トーテックストーテックスウルテックスクラシック
セルロイド
クラシック
セルロイド
INFINIXTORTEXナイロンセルロイドナイロン
ストローク
(5 / 5.0)
(4.5 / 5.0)
(4 / 5.0)
(3.5 / 5.0)
(4.5 / 5.0)
(4.5 / 5.0)
(3.5 / 5.0)
(3.5 / 5.0)
(4 / 5.0)
(2.5 / 5.0)
アルペジオ
(4.5 / 5.0)
(5 / 5.0)
(5 / 5.0)
(4.5 / 5.0)
(4 / 5.0)
(4 / 5.0)
(5 / 5.0)
(4.5 / 5.0)
(3.5 / 5.0)
(5 / 5.0)
握りやすさ
(5 / 5.0)
(5 / 5.0)
(5 / 5.0)
(4 / 5.0)
(4 / 5.0)
(4 / 5.0)
(5 / 5.0)
(4 / 5.0)
(3.5 / 5.0)
(5 / 5.0)
総合評価
(5 / 5.0)
(4.5 / 5.0)
(4.5 / 5.0)
(4 / 5.0)
(4 / 5.0)
(4 / 5.0)
(4 / 5.0)
(4 / 5.0)
(3.5 / 5.0)
(3.5 / 5.0)
解説詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る

「詳細を見る」のボタンから各製品の詳しい製品解説に飛ぶので活用してください。

1位 Jim Dunlop TORTEXトライアングル 0.6mm

JIM DUNLOP TORTEX TRIANGLE
TORTEX 0.6mmの評価
ストローク
 (5)
ピッキング
 (4.5)
握りやすさ
 (5)
総合評価
 (5)
項目内容
形状 トライアングル
厚さ0.6mm
材質トーテックス
実売価格100円

僕もずっと愛用しているJim Dunlop トーテックス トライアングル 0.6mm。

コブクロの小淵さんが使っていたことで有名なピックで、弾き語りの使用者が非常に多い製品です。

セルロイドに比べると、やや硬くて、しなりもほどほど。ストロークに最適です。

BlueBird SLで動画を撮っているところ

また、そこそこ硬いのでアルペジオや単音弾きもしっかりこなせます。

曲中でのストローク・アルペジオの使い分けなどでも使いやすく、弾き語りならこのピックだけで十分だと感じてます。

例えば、下の動画ではピックでのアルペジオで始まって、サビはストロークに変えてます。

弾き語りだとよくあるパターンですが、こういったパターンの弾きやすさとか音量差も程よくて使いやすいです。

使用アーティスト
  • 小渕健太郎(コブクロ)
  • 竹原ピストル
JIM DUNLOP

※サウンドハウスは1枚から購入可能(2,000円以上送料無料)

2位 Jim Dunlop TORTEXトライアングル 0.73mm

JIM DUNLOP TORTEX TRIANGLE 0.73mm
TORTEX 0.73mmの評価
ストローク
 (4.5)
ピッキング
 (5)
握りやすさ
 (5)
総合評価
 (4.5)
項目内容
形状 トライアングル
厚さ0.73mm
材質トーテックス
実売価格100円

1位のTORTEX 0.6mmをちょっと厚くしてMEDIUM仕様にしたのがTORTEX トライアングル0.73mmです。

0.6mmに比べると若干しなりが弱まって単音弾きしやすくなってます。

TORTEXのピック 3種類の色と厚さ
JIM DUNLOP TORTEXは厚さで色が違う

音色も気持ちクッキリするので、ストロークよりはピッキングプレイが多い人は0.73mmのほうが使いやすそうです。

0.6mmがストローク寄りなのに対して、0.73mmは万能タイプという印象ですね。

JIM DUNLOP

※サウンドハウスは1枚から購入可能(2,000円以上送料無料)

3位 Jim Dunlop Ultexトライアングル 0.73mm

JIM DUNLOP URTEX TRIANGLE 0.73mm
ウルテックス 0.73mmの評価
ストローク
 (4)
ピッキング
 (5)
握りやすさ
 (5)
総合評価
 (4.5)
項目内容
形状 トライアングル
厚さ0.73mm
材質ウルテックス
実売価格100円

硬くて人気の素材ウルテムを使ったJim Dunlop Ultexトライアングル 0.73mm。

0.73mmとそんなに厚くないですが、セルロイドやトーテックスと比べて硬くて音量が出ます。

ウルテックスは単音弾きで明るくてクリアな音が出せるところが強みですね。

しかも、音量が出やすいのでアタック感はそこまで出さなくてもメロディーラインがクッキリ出ます。

一方で硬い割にはそこそこしなるので、ストロークもキレイにこなせます。

トーテックスと比べると硬さを感じますが、ストロークで特定弦だけ鳴らすような演奏では役立ちます。

使用アーティスト
  • 大石昌良

4位 Fender 351 Shape Medium

FENDER 351 Shape Shell Medium
351 Shapeの評価
ストローク
 (3.5)
ピッキング
 (4.5)
握りやすさ
 (4)
総合評価
 (4)
項目内容
形状ティアドロップ
厚さ0.7mm
材質クラシックセルロイド
実売価格50円

ピックと言えばこれ…というくらい代表的なFender 351のShape Mediumです。

エレキギターだと初心者向けのピックとしても定番ですね。

アコギ用としても割と使いやすいピックで、ジャラーンと鳴らしたり、単音弾き練習するにもちょうど良いです。

ただし、やや硬いのでジャカジャカと弾くのは少しやり辛いです。

ピックでのアルペジオは慣れるまでトライアングルだとやり辛いと思うので、初心者の方は1枚くらいは351 Shape Mediumも買っておくと良いでしょう。

5位 346 Shape Medium

Fender 346 Shape Medium
346 Shapeの評価
ストローク
 (4.5)
ピッキング
 (4)
握りやすさ
 (4)
総合評価
 (4)
項目内容
形状トライアングル
厚さ0.7mm
材質クラシックセルロイド
実売価格50円

351と並んで昔から定番のピック、Fender 346 Shape Mediumです。

346はトライアングル型ということでアコギの初心者の方もよく買う製品ですね。

MEDIUMの割には結構しなります。

音量もそこそこで、キレイにコード鳴らす練習をするのにちょうどいいピックです。

Fender 346 Shape Medium WHITE
ホワイトカラーも人気が高い

346 Shape Mediumで程よい音量や質感の音が出せれば、アタック感やピックの振りぬき方は良い具合になってるはずです。

使用アーティスト
  • 植村花菜
  • 星野源
Fender(フェンダー)

※サウンドハウスは1枚から購入可能(2,000円以上送料無料)

6位 MASTER8 JAPAN INFINIX 0.6mm

MASTER 8 JAPAN INFINIX TRIANGLE HARD GRIP - 0.6mm
滑り止め付きのHARD GRIP
INFINIX 0.6mmの評価
ストローク
 (4.5)
ピッキング
 (4)
握りやすさ
 (4)
総合評価
 (4)
項目内容
形状トライアングル
厚さ0.6mm
材質INFINIX
実売価格150円

国内のピック専業製造会社とカスタムギターブランドが設立した「MASTER 8 JAPAN」から2016年に発売されたINFINIX。

特殊プラスチックを使用しており、アクリルのような透明感ある見た目のピックです。

音質は硬めでクッキリしており、でも結構しなりもほどほど。

色んなピックを良いとこ取りしたような性質です。

MASTER 8 JAPAN INFINIX TRIANGLE - 0.6mm
滑り止めなしのノーマルタイプ

固めなのでピッキングしたときの音量も大きめで、ブラッシングなども力強く鳴らせます。

Gibsonのアコギを力強くかき鳴らしたいときに使うと爽快です。

1枚あたりの金額が150円程度と高めですが、プレイに力強さを出したい人には良いピックです。

7位 Jim Dunlop TORTEX FLOW STANDARD 0.88mm

JIM DUNLOP Tortex Flow Standard 0.88mm
TORTEX FST 0.88mmの評価
ストローク
 (3.5)
ピッキング
 (5)
握りやすさ
 (5)
総合評価
 (4)
項目内容
形状FLOW
厚さ0.88mm
材質トーテックス
実売価格100円

最近じわじわと人気が出ているTORTEX FLOW STANDARD 0.88mm。

通常のティアドロップと比べてエッジ部分に滑らかな傾斜をつけた形状のピックです。

ティアドロップとFlowのピックを並べた
FLOWはティアドロップより丸い

ストロークよりはピッキングに特化した形状で、細かいフレーズも弾きやすいです。

アコギでもストロークより、ピッキングが多い人には使いやすいピックですね。

Kose

※サウンドハウスは1枚から購入可能(2,000円以上送料無料)

8位 JIM DUNLOP HERCO Flex50

JIM DUNLOP HERCO FLEX50
HERCO Flex50の評価
ストローク
 (3.5)
ピッキング
 (4.5)
握りやすさ
 (4)
総合評価
 (4)
項目内容
形状ティアドロップ
厚さ0.5mm
材質ナイロン
実売価格100円

ナイロンピックの代表格、HERCO Flex50。

アコギだと使用者は少ないイメージですが、弾力やアタック感が独特なのでナイロンピックが良い…という人は割といます。

厚さ0.5mmでMEDIUMですが、ナイロンという材質的にふにゃふにゃです。

ですが、ピッキングは固いピック並みにしっかりした音が出ます。

ジャカジャカ弾くのに適した感じではないですが、細かいピッキングやエレキギターには使いやすいピックです。

9位 Gibson 73M

GIBSON 73M
73Mの評価
ストローク
 (4)
ピッキング
 (3.5)
握りやすさ
 (3.5)
総合評価
 (3.5)
項目内容
形状トライアングル
厚さ0.75mm
材質セルロイド
実売価格60円

Fenderピックと並んで、昔から定番ピックであるGibson 73M。

トライアングル型なので、アコギ初心者で最初に買ったピックが73Mだった…という人はかなり多いはず。

材質はセルロイドなのでしなりも良く、ストロークでジャカジャカ鳴らすのに適しています。

価格も安い上にGibsonロゴがカッコいいので、ピックと言えばこれ!という人も結構多いですね。

ギブソン(GIBSON)

※サウンドハウスは1枚から購入可能(2,000円以上送料無料)

10位 JIM DUNLOP MAX-GRIP JAZZ III

max-girp jazz III
MAX-GRIP JAZZ IIIの評価
ストローク
 (2.5)
ピッキング
 (5)
握りやすさ
 (5)
総合評価
 (3.5)
項目内容
形状ジャズ
厚さ1.38.mm
材質ナイロン
実売価格100円

ジャズピックで定番のJAZZ IIIにグリップ部分表面に突起を付けてグリップ感を強くした MAX-GRIP JAZZ III。

通常のJAZZ IIIだと、滑ってしまうという人向けのピックです。

僕もセミアコを弾くときにMAX-GRIP JAZZ IIIを使ってます。

細かいピッキングや優しく弾いた時の音が、すごく良い感じに出るのが気に入っています。

一方でアコギ弾き語りには不向きです。

握れる面積が狭くて、ストローク時のコントロールが難しいですしね。

TORTEX TRAIANGLEとJAZZ IIIを並べた画像
トライアングル型と比べると大分小さい

僕の場合はバンドの中でブリッジミュートした音を鳴らし続けるようなときはアコギでもJAZZ IIIを使ってます。

JIM DUNLOP

※サウンドハウスは1枚から購入可能(2,000円以上送料無料)

 

プロアーティストの使用ピックを見てみよう

BlueBird SLで動画を撮っているところ

ランキング解説も終わったところで、実際にプロアーティストがどんなピックを使っているかも解説していきましょう。

プロアーティストの場合はグッズ販売も兼ねてオリジナルピックを製作する人がほとんどです。

その中でもデビュー初期に使っていたピックだったり、オリジナルピックに類似したアイテムを紹介していきます。

秦基博

ひまわりの約束/秦基博(YouTube)

秦基博さんはトライアングル型のTHIN(0.6mm)のオリジナルピックを使用しています。

ちなみにデビュー初期はdragonflyのトライアングル型 0.6mmのピックを使ってましたね。

デビュー初期から一貫してトライアングル型のTHINを使っているのが特徴ですね。

斉藤和義

歌うたいのバラッド/斉藤和義(YouTube)

斉藤和義さんは「トライアングル型のMEDIUM(0.7mm)」のオリジナルピックを使用されています。

斉藤和義さんの場合はエレキギターの時も多いので、色んなピックを使ってそうですね。

市販品で近いピックだと、斉藤和義さんのイメージ的にもGibson 73Mが一番近そうです。

ギブソン(GIBSON)

※サウンドハウスは1枚から購入可能(2,000円以上送料無料)

高橋優

福笑い/高橋優(YouTube)

高橋優さんは「トライアングル型 THIN(0.5mm)」のオリジナルピックを使用されています。

0.5mmだと、かなりしなりそうですが高橋優さんの場合はハードにかき鳴らすので柔らかいのが好みなのかもしれませんね。

市販品だとTORTEX TRIANGLE 0.50mmが近いのではないかと思います。

TORTEXはしなりもそこそこで激しくかき鳴らす人にも使いやすいピックです。

miwa

ヒカリへ/miwa(YouTube)

miwaさんはトライアングル型の0.75mmのオリジナルピックを使用されています。

女性アーティストの方だとティアドロップを使う人も多いんですけど、miwaさんはスタンダードなトライアングル型を使ってますね。

市販品で近そうなのはTORTEX TRIANGLE 0.73mmですね。

弾き語りでも使いやすい万能タイプのピックです。

JIM DUNLOP

※サウンドハウスは1枚から購入可能(2,000円以上送料無料)

あいみょん

あいみょんはトライアングル型で硬さ不明のオリジナルピックを使用しています。

オリジナルピック製作前はTORTEX ティアドロップ 0.6mmと思われるピックを使用されていました。

あいみょんは大振りなストロークが多いので、現行のオリジナルピックもおそらくは0.6mmくらいなんじゃないかなと思います。

ティアドロップ

トライアングル

JIM DUNLOP

※サウンドハウスは1枚から購入可能(2,000円以上送料無料)

 

アコギ用ピック まとめ

順位1位2位3位4位5位6位7位8位9位10位
製品名JIM DUNLOP TORTEX TRIANGLE
TORTEX 0.6mm
JIM DUNLOP TORTEX TRIANGLE 0.73mm
TORTEX 0.73mm
JIM DUNLOP URTEX TRIANGLE 0.73mm
ULTEX 0.73mm
FENDER 351 Shape Shell Medium
351 Shape Med
Fender 346 Shape Medium
346Shape Med
MASTER 8 JAPAN INFINIX TRIANGLE HARD GRIP - 0.6mm
INFINIX 0.6mm
JIM DUNLOP Tortex Flow Standard 0.88mm TORTEX 0.88mmJIM DUNLOP HERCO FLEX50
HERCO Flex50
GIBSON 73M
73M
max-girp jazz III
MG JAZZIII
形状トライアングルトライアングルトライアングルティアドロップトライアングルトライアングルFlowティアドロップトライアングルジャズ
厚さ0.6mm0.73mm0.73mm0.7mm0.7mm0.6mm0.88mm0.5mm約0.75mm1.38mm
材質トーテックストーテックスウルテックスクラシック
セルロイド
クラシック
セルロイド
INFINIXTORTEXナイロンセルロイドナイロン
ストローク
(5 / 5.0)
(4.5 / 5.0)
(4 / 5.0)
(3.5 / 5.0)
(4.5 / 5.0)
(4.5 / 5.0)
(3.5 / 5.0)
(3.5 / 5.0)
(4 / 5.0)
(2.5 / 5.0)
アルペジオ
(4.5 / 5.0)
(5 / 5.0)
(5 / 5.0)
(4.5 / 5.0)
(4 / 5.0)
(4 / 5.0)
(5 / 5.0)
(4.5 / 5.0)
(3.5 / 5.0)
(5 / 5.0)
握りやすさ
(5 / 5.0)
(5 / 5.0)
(5 / 5.0)
(4 / 5.0)
(4 / 5.0)
(4 / 5.0)
(5 / 5.0)
(4 / 5.0)
(3.5 / 5.0)
(5 / 5.0)
総合評価
(5 / 5.0)
(4.5 / 5.0)
(4.5 / 5.0)
(4 / 5.0)
(4 / 5.0)
(4 / 5.0)
(4 / 5.0)
(4 / 5.0)
(3.5 / 5.0)
(3.5 / 5.0)
解説詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る

ぎたすけ

やっぱ、プロアーティスト見てもトライアングル型を使う人が多いんだな

たけしゃん

アコギのストロークには適しているからね。硬さもTHINかMEDIUMの人が大半だね

アコギ用ピックについての解説でした。

ギタリストの方とかエレキギターのバンドボーカルの人とは選ぶアイテムが違うのがポイントですね。

まずは下記の条件に合ったピックを使ってみるのがおすすめです。

  • 素材はセルロイドかトーテックス
  • 形はトライアングル型
  • 厚さはTHIN(0.6mm程度)

その上で色んなピックを使ってみて、自分のプレイスタイルとの相性を確認してみると良いでしょう。

そんなわけで僕がおすすめするのはTORTEX TRIANGLE 0.60mmですね。

初心者の方も弾き込んでる方にもおすすめです!

JIM DUNLOP

※サウンドハウスは1枚から購入可能(2,000円以上送料無料)

ピックの持ち方 基本形ピックの正しい持ち方。初心者向けに安定してギターを弾くコツを解説 アコースティックギター用のギター弦を16種類並べた写真アコギ弦 おすすめランキングベスト10。20種類を聴き比べできるサンプル音源付き カポタスト解説【徹底比較】カポタスト おすすめランキングベスト10 【2021】 プロアーティスト使用カポも紹介 ギター弾き語りが喋りながら楽にチューニングできる角度【実は結構違う】クリップチューナー おすすめランキングベスト10【2021】