SHURE PGA58をレビュー。低価格のSHURE製ボーカルマイク

SHURE PGA58

評価:3.5

ぎたすけ

SHUREってマイクメーカーで一番有名なところだろ?

たけしゃん

そうだね。ダイナミックマイクの中でも安めで、6,000円半ばくらいで買えるから人気あるんだよ
PGA58の評価まとめ
音質
 (3.5)
使い勝手
 (3)
価格(6,500円程度)
 (4.5)
総合評価
 (3.5)
メリット
デメリット
  • 音質は結構良い
  • SM58より音がこもらない
  • ミュートスイッチがある
  • 価格が安い
  • 音の感度が低い

PGA58で録った音

SHURE PGA58

SM58で録った音

SHURE SM58
この記事の著者
音楽ブロガーたけしゃん

ミュージシャン

たけしゃん

tkshan

プロフィール

ギター弾き語りのシンガーソングライター。長年の音楽活動や音楽の仕事で得た知識・経験を基にブログを書いています。
雑誌の音楽記事執筆、音楽専門書の執筆(工学社)、nana公認クリエイター、IPC VOICE STUDIO公認ボイストレーナーです。
プロフィール詳細お問い合わせ

SHURE PGA58

SHURE PGA58
マイクタイプ XLRダイナミックマイク
指向性 単一指向性
周波数特性50Hz – 16kHz
感度 -55 dBV/Pa
重量294g
公式HP

マイクメーカーで有名なSHUREの低価格モデル PGA58。

6,000円前半で買えるエントリーモデルのダイナミックマイクです。

SHUREといえば、どこのライブハウスにも常設されているSM58が有名。

SHURE SM58とPGA58
左がSM58、右がPGA58

PGA58は定番のSM58をベースにボーカルやコーラス用途に低価格化したモデルです。

低予算でまともに使えるダイナミックマイクが欲しいという人にうってつけの製品です。

まずはPGA58の製品仕様から解説していきます。

仕様を飛ばしてレビューを読みたい方は<SHURE PGA58をレビュー>を参照ください。

製品仕様の目次

基本スペック

PGA58の指向性
PGA58の周波数特性
公式のスペックシートより引用
  • ダイナミックマイク
  • 単一指向性
  • 周波数特性:50~16,000Hz

PGA58は正面からの音のみを拾う単一指向性タイプです。

単一指向性の図解
単一指向性のイメージ図

周波数特性は中高音域がちょっと上がっていて、やや狭めという印象。

また、音楽用途で使うダイナミックマイクなので端子はXLRです。

SHURE PGA58の端子

PCやスマホと接続するためにはオーディオインターフェイスなどの機器が必要です。

目次に戻る

大きさ・重量

SHURE PGA58
  •  外形寸法:55.1mm × 166mm
  •  質量:294g

PGA58の大きさ・重量はマイクでは標準的なものです。

自宅にあるマイクスタンドでテストしたところでは、何でも大丈夫でした。

マイクアームでも余裕の重量なので、自宅でも使いやすいですね。

目次に戻る

付属品

SHURE PGA58のマイクホルダーと3/8変換ネジ

PGA58の付属品はマイクホルダーとマイクスタンド取付に使う3/8変換ネジです。

マイクポーチは付属しません。

また、PGA58は下記の3種類の型番があり、付属品にケーブルが追加されます。

型番付属ケーブル
PGA58付属ケーブルなし
PGA58-XLRXLRケーブルが付属
PGA58-QTRXLR-フォンケーブルが付属

実売価格はどれもほぼ一緒です。

マイクケーブルを単品で買うと1,000円以上はするので、ケーブルを持ってない人は付属する製品を選択しましょう。

ちなみに僕はPGA58-XLRを購入したので、XLRケーブルが付属しました。

SHURE PGA58に付属するXLRケーブル

オーディオインターフェイスに繋ぐ人はPGA58-XLR。

カラオケのマイマイクなどに使う人はPGA58-QTR(XLR-フォン)が良いでしょう。

補足

カラオケ端末はフォン端子が多いので、接続にXLR-フォンケーブルが必要

 

SHURE PGA58をレビュー

SHURE PGA58
PGA58の評価まとめ
音質
 (3.5)
使い勝手
 (3)
価格(6,500円程度)
 (4.5)
総合評価
 (3.5)

それでは、PGA58を細かくレビューしていきます。

はじめにメリット・デメリットを並べると以下の通りです。

メリット
デメリット
  • 音質は結構良い
  • SM58より音がこもらない
  • ミュートスイッチがある
  • 価格が安い
  • 音の感度が低い

製品自体を見ると、安い割に音も作りもしっかりしています。

さすが、SHUREの製品ですね。

一方で安いオーディオインターフェイスで使う場合は感度の低さがネックです。

配信やテレワークなら他社製品がいいかなと感じます。

そのあたりもレビュー内で詳しく触れていきます。

音質は価格の割に良い

SHURE PGA58

6,500円という価格を考えると、音質はだいぶ良いです。

定番のSM58と比べても、そこまでの差は感じないです。音の抜けはむしろPGA58の方がいいと感じます。

PGA58で録った音

SHURE PGA58

SM58で録った音

SHURE SM58

一方でパワーはSM58の方があって、バンドボーカルなどはやっぱりSM58がいいかなと感じますね。

とはいえ、PGA58はSM58の半額くらいなので、そう考えると非常にコスパの良いマイクと言えますね。

カラオケ用マイクにうってつけ

SHURE PGA58のON/OFFスイッチ

PGA58は本体にミュートスイッチがついています。

ライブなど音楽用途だと入らない機能ですが、カラオケやスピーチでは役に立つ機能ですよね。

付属品としてXLR-フォンケーブルが付属するPGA58-QTRはカラオケ需要を狙った製品かなと思いました。

補足

カラオケ端末はフォン端子が多いので、接続にXLR-フォンケーブルが必要

ECサイトのレビューを見ていても、カラオケ用のマイマイクで使ってる人が多かったですね。

確かにカラオケや会議室などでの利用においては非常に便利なマイクだと感じます。

競合製品との比較

SHURE PGA58
PGA58
AKG D5-Y3
D5-Y3
audio technica ATR1300x
ATR1300x
ミュートスイッチありなし
※D5Sなら有
あり
感度-55dB-52dB-52dB
指向性単一指向性単一指向性単一指向性
ケーブル選択可能別売り XLR-フォン付属
実売価格約6,500円約7,500円約3,500円

競合となる製品は少し値段が上がるAKG D5-Y3と逆に安いaudio technica ATR1300xです。

D5-Y3

AKG D5-Y3

ATR1300x

audio technica ATR1300x

まず、安いオーディオインターフェイスに繋いで使うなら、PGA58はやめた方がいいです。

マイクの感度が低く、録る音によっては音量MAXでも音が小さくて辛いです。

補足

1〜2万円のオーディオインターフェイスは音の増幅幅が狭く、感度の低いマイクだと音量不足になりがち

なお、カラオケの場合はスピーカーが音量をガッツリ上げてくれるので心配いりません。

PGA58はカラオケとか会議室利用などスピーカー使用を前提に買うのが無難です。

なので、テレワークやライブ配信用途で考えると、感度がやや高めのD5-Y3かATR1300xをおすすめしたいですね。

音質面でいくと、D5-Y3の方がクリアでバランスの取れた音です。

AKG D5-Y3

SM58などと比較しても負けていないので、ライブハウスやスタジオでも使うならD5-Y3がいいでしょう。

ATR1300xはもう少しライトな価格でマイクが欲しい人向けの製品ですね。

audio technica ATR1300x

音の抜けや鮮明さはPGA58、D5-Y3と比べると劣りますが、イヤホンマイクよりは遥かに鮮明です。

カラオケ、ライブ配信を兼用できる手頃なマイクと考えると、非常に使いやすい製品です、

PGA58はカラオケ用途で良いマイクなので、自身の用途を整理した上で購入検討するのが良いですね。

 

SHURE PGA58 まとめ

SHURE PGA58
  • 低価格ながらも音や作りはしっかりしたマイク
  • カラオケのマイマイクとして使っている人が多い
  • 安いオーディオインターフェイスで使うと音量がやや不足しがち

ぎたすけ

流石に有名なメーカーだけあっても安くてもしっかりしているんだな

たけしゃん

そうだね。やっぱり、大手の製品は安心感あるよね

SHURE PGA58のレビューでした!

安いなりにしっかりできていて、さすがSHUREだなと思いました。

一方で安いオーディオインターフェイスで使う人は音量が不安要素なので気をつけてください。

関連記事

CLASSIC PRO CM5CLASSIC PRO(クラシックプロ)CM5をレビュー。税込1,200円で買えるダイナミックマイク ゼンハイザーe835SENNHEISER e835をレビュー。1万円未満で買えるボーカル用ダイナミックマイク audio technica AE4100audio-technica AE4100をレビュー。フラットな特性の万能ダイナミックマイク audio technica AE3300ボーカルマイク おすすめランキングベスト10【2022年】ープロアーティスト使用マイクも紹介ー BETA58とSM58【2022年】ダイナミックマイク おすすめランキングベスト10。ライブ、配信の両方で使える選び方を解説 ライブ配信をやっているPCデスク配信用マイク おすすめ10選。配信内容別の選び方や注意点を細かく解説