【実体験】WordPressでパーマリンク変更してリダイレクトをかけたときのSEOの影響について語る

パーマリンクを変えた内容

ブログ運用を始めて、4年半。

パーマリンクに「年月日」が入ってたのですが、「年月日」を取り除きたいと1年前から思ってました。

 

しかし、気づけば記事数も500を超え、月間PV数も50万を超え…SEOの影響が怖くてずっと後回し。

そんな状態が続いたのですが、ついに覚悟を決めてパーマリンクを変えました。

 

SEO的な影響は結論から言うと1カ月は被害甚大。その後は以前と変わらずという内容です。

そこそこの規模のサイトで、パーマリンクのリダイレクトに関するリアリティある話を書いてるところがなかったので、実体験をもとに解説していきます!

この記事で解説する内容

パーマリンクを変えた理由

パーマリンクを変えた内容

まず、大前提としてパーマリンクは変えないほうが良いです。

パーマリンクを変えること自体、検索順位の下落などリスクは絶対あるからです。

 

そして、正直なところ「年月日」入っていてもSEO的に不利な要素ってそこまでないです。

よく言われるのが、公開日を変えられないため検索結果画面に公開日が表示され、長期更新されてない古い記事と思われてしまうというものです。

検索結果の画面

※パーマリンク変更前の検索結果の画面

ただ、僕の場合は普通に最終更新日が表示されてました。

補足
上の画面ショットも公開日は2018年ですが、ちゃんと最終更新日が表示されてます

たまに再度インデックスされた数時間だけ、公開日が表示されることがある程度でした。

 

このへんは今のアルゴリズムだと、構造化データで最終更新日をマークアップできてれば、特に問題ないと思ってます。

補足
最近の有料テーマは公開日と最終更新日の両方を自動でマークアップするようになってるものが大半です

そんなわけで、パーマリンクに「年月日」が入ってることでの不利益ってそんなになかったです。

 

しかし、そんな状況でも僕も色々と考えた上でリスクを背負ったうえでも、変えたい理由があったのです…。

その点を少し解説していきますので、あなたも本当にパーマリンクを変えるべきか考えてみてください。

イベント・セール系記事のURLを使いまわしづらい

セール

パーマリンクを変えたい一番の理由はダントツでこれです。

パーマリンクに「年月日」が入っていると、公開日を変えるとURLが変わってしまいます。

そんなわけで、毎年のイベントやセール記事を書くときに基本的にはURL変わっちゃうんですよね。

 

肌感覚で、URL変えてる記事は毎年URL使いまわしてる記事に比べて明らかにSEO的に弱いんですよ。

しかも毎年、URL更新してイベントやセール記事を書いてると、トップページとかが中途半端にカニばりだすんですよね。

たけしゃん

先日のプライムデーでも「年月日」入ってるURLで検索上がってる記事は超強ドメインの法人サイトだけでした

これが本当にきつくて毎回URL変えてると、URL使いまわし組に絶対勝てないと僕は確信しました。

 

ちなみに最近、Googleが公開した「Best practices for Black Friday and Cyber Monday pages」という英語記事でもURL使いまわしが推奨されてました。

やっぱりそうなのね…と改めて納得しました。

 

音楽系のサイトやってると、イベントやセール記事って割と少なくないのでパーマリンク変えようと決めました。

たけしゃん

ただ、パーマリンクに年月日入っててもURLを使いまわしちゃうのも手ですけどね…

リライトしても新着記事に上げられない

机にノートとコーヒー

記事内容を大きく更新したときって、できれば新着記事に再度上げて読んでもらいたいんですよね。

ところがパーマリンクに「年月日」入ってると公開日を変えるとURL自体が変わってしまいます。

 

そのほかにも細かいところで記事下の「次の記事」「前の記事」に表示される記事のコントロールとかもしたいんですよね。

これも、公開日変えられれば自由自在なのに、パーマリンクに「年月日」入ってると無駄な制約が増えます。

URLが長くてウザイ

パーマリンクを変えた内容

パーマリンクに「年月日」入ってるとURLが11文字多くなります。

これがSNSにシェアするときとか、LINEでシェアするときに地味にウザいんですよね。

 

特にTwitterでシェアされるときに11文字多いと、その分ユーザーが感想書くスペースなくなるんです。

些細なところですが、URLは短いに越したことがないですよね。


以上の3点を理由にリスクをある程度は覚悟して、パーマリンク変更することにしました。

 

一番の理由はダントツでイベント&セール記事でURL使いまわしたいことです。

正直、これがなければ僕はパーマリンク変えなかったと思います。

 

パーマリンク変更と301リダイレクト

ノートPCで作業してるところ

パーマリンクを変更するとURLが変わるため、記事が404にならないように301リダイレクトをかける必要があります。

 

301リダイレクトかけると、旧URLから新URLに転送されるだけでなく記事評価を新しいURLに引き継ぐことができます。

SEO的にも悪影響なく、URL変更できるといわれてます。

たけしゃん

今回のパーマリンク変更で実際どうだったかは後述します

実際に僕のサイトでやった作業は以下の通りです。

  1. パーマリンクをWordpress管理画面の「パーマリンク設定」で投稿名に変更
  2. プラグインの「Redirection」で旧URLから新URLに301リダイレクト
  3. 内部リンクをプラグイン「Search Regex」を使って、全て新URLに置き換え(一部手修正)

③はやらなくても、②が設定されてれば新URLにリダイレクトされます。

ただ、内部リンクを旧URLのままにすると恒久的にリダイレクトが発生しちゃうので全て書き換えました。

 

サブディレクトリでテスト環境を構築して、上記作業を実施・動作確認してから本番環境にそのまま持ってきてます。

 

ちなみに僕は上記の作業を全てサイト引越し屋さんに作業依頼しました。

補足
サイト引越し屋さんのメインはサイト引越しですが、パーマリンク変更だけでも対応してくれます

自身でも対応できそうな内容でしたが、サイト規模的にも絶対に失敗したくなかったのでプロにお願いすることにしました。

たけしゃん

この考え、結構大事だと思ってます。リスクがある作業は中途半端に自身でやると大変なことになったりします…

発注してからテスト環境の構築に2日間、テスト環境の動作確認後に本番環境へ移行するのは3時間ほどで対応終了しました。

非常にスムーズで、リダイレクト漏れなどもなく頼んでよかったです。

たけしゃん

サブディレイクトリにテスト環境を作ってもらえたことも、今後使えるので地味に助かったポイントですね

もちろん、自身で対応されるのも良いと思います。

僕のようにサイト規模がそこそこある人は外注したほうが余計なトラブルもないので安心です。

リダイレクト系はミスすると致命的になったりしますからね…。

サイト引越し屋さんを詳しくみる

 

パーマリンク変更によるSEOへの影響

デスク

パーマリンクを変更しても、301リダイレクトすればSEOに影響はない…と言われてますが、僕がやってみて実際どうだったか。

 

結果は以下の通り。

  • パーマリンク変更から2週目~4週目でPVが通常期の80%減
  • 5週目から戻り始める
  • 1カ月経って、現状は変更前の90%程度まで回復

ということで、影響めちゃくちゃありました(苦笑)。

何度も確認しましたが、リダイレクト作業は完ぺきでしたし、サーチコンソールも正常に新URLに切り替わっていきました。

 

ですが、相当きつい損害が出ました。

たけしゃん

作業は完ぺきだったので、パーマリンク変更する以上は致し方ない損害ですね…

流れとしては…はじめの1~2週間で検索結果に表示されるURLが旧パーマリンクから新パーマリンクに変わりはじめます。

ここで検索順位が大きく変動してPVが大分下がったものの、数日後には80%くらいのPVに戻ります。

 

続いて2週目で90%近くのキーワードで検索順位の大下落が起きます。

パーマリンク変更時のサチコの画面

※パーマリンク変更時の統計データ画面

このときはPV数が80~90%減くらいになり、16日間ほどこの現象が続きます。

サーチコンソールを見ると、この数日前に新URLが全てインデックスされ、旧URLが除外に変わってました。

たけしゃん

この期間がほんとにしんどかったです…。戻らなかったどうしようと思いながらも作業に明け暮れました…(苦笑)

そんなこんなで、1カ月ちょっと経った今はようやく落ち着いたかなと感じてます。

PV的にはパーマリンク変更前の90%くらいまで戻ってきました。

 

まあ昨年、noteがドメイン変更してリダイレクトしていたときも、全く同じ感じだったので覚悟はしてましたが…精神的には大分削られましたね…(苦笑)。

 

個人的にはパーマリンク変更については下記の結論です。

  • 基本的にはパーマリンクを変更しないほうが良い
  • イベント・セール記事を定期的に書く人は検討すべし
  • パーマリンク変更による短期的(1カ月程度)にPVが大幅に落ちることは覚悟すべし

僕も中長期的に考えて、パーマリンクを変更したので短期的なPV減は割り切って実行しました。

といっても、ここまで酷いことになるとは思ってなくてほんとに精神的に疲れました。

 

収益の損害額を考えても、この先で取り返せるのか?と聞かれると微妙なところです。

なので、ほんとに必要だと思う人だけが実施しましょう。

 

終わりに

朝の窓辺

パーマリンク変更によるSEOの影響についてでした。

まあ、一番良いのは最初からパーマリンクの設定を「投稿名」にしておくことです。

Wordpressのパーマリンク設定画面

ただ、僕みたいによくわからない状態で別のパーマリンク設定をしちゃった人は早い段階での切替をおすすめします。

 

もう、サイト規模が大きくなっちゃってる人はパーマリンク変更する必要が本当にあるかもしっかり考えたほうが良いですね。

「年月日」入っててもURL使いまわし以外では、SEO的なデメリットはほとんどありません。

 

とりあえず、パーマリンク変更&301リダイレクトをして最初の3週間くらいはPV落ちても慌てないようにしましょう…(苦笑)。

 

またパーマリンク変更は難しくはないものの量が多くて危険な作業なので、プロに依頼することをおすすめします。

僕が依頼したサイト引越し屋さんは対応も早く、柔軟なのでおすすめです。

補足
サイト引越し屋さんのメインはサイト引越しですが、パーマリンク変更だけでも対応してくれます

サイト引越し屋さんを詳しくみる