AKG P220をレビュー。1万円程度で充実した付属品のコンデンサーマイク

AKG P220

評価:3.5

ぎたすけ

マイクのレビューか。充実した付属品って具体的には何なの?

たけしゃん

質の良いショックマウントと頑丈なケースだね。マイク本体の質ももちろん良いよ
補足
レビューするために正規代理店のヒビノ様にデモ機をお借りしました

飛ばし読みガイド

AKG P220

AKG P220をマイクスタンドに取り付けした

有名な老舗メーカーのAKGが販売している、低価格帯コンデンサーマイク AKG P220。

コンデンサーマイクの中でも、1万円前半で良質なショックマウントやケースがついてるものは珍しく、コスパが良い製品です。

AKG P220は宅録などのプライベートスタジオでのレコーディングを想定して作られたAKG Project Studio Lineの製品です。

Project Studio Lineのマイク 全5種類

※左からP120、P170、P220、P420、P820 TUBE

使用してみた所感は1万円前半とは思えない良質な音質です。

一方で重たくて、定番のマイクアームだと安定して支えるのが厳しかったです。

自宅の省スペースで利用するにはやや使い勝手が悪いかなと感じます。

早速、AKG P220の製品仕様から細かく解説していきます。

製品仕様を飛ばして、レビューを見たい方は<AKG P220をレビュー>を参照ください。

AKG P220 製品仕様 目次

カーディオイド

AKG P220の指向性

ヒビノ商品ページより引用

AKG P220はカーディオイド(単一指向性)マイクです。

正面のみの音を拾うため、声や楽器の収録に適しています。

使用した感じも正面の拾う範囲は標準的で、音の回り込みも防いでくれるので使いやすい仕様になってます。

周波数特性

AKG P220の周波数特性

ヒビノ商品ページより引用

AKG P220の周波数特性は20Hz~20kHzと標準的なもの。

特性としては低音域をしっかり拾う感じになってますね。

コンデンサーマイクの中では、あんまり見たことない珍しいグラフになってます。

使った所感だと、特にクセもなくクリアでバランスも良い音でした。

あんまり気にならなかったですが、歌録りでは低音域が出すぎないようにちょっと離れたほうが良いかもしれません。

また、本体にローカットフィルター機能が搭載されています。

AKG P220のローカットスイッチ

ローカットをONにすると低音域がカットされます。

周波数特性のグラフでいうと、緑色の線がローカットをONしたときのものです。

AKG P220の周波数特性

自宅で録音している分にはソフトウェアで後から処理するため、あまり使わない機能ですがあるに越したことはないです。

加えて、-20dB減衰できるPADスイッチもついています。

AKG P220のPADスイッチ

こちらもボーカルやアコギ録りで出番はあまりなさそうですが、マイク本体だけで音量調整したいときに使えます。

大きさ・重量

AKG P220
  • 寸法:54×166mm
  • 質量:516g

AKG P220は大きさ自体は標準的ですが、質量はかなり重めです。

更に付属のショックマウントがしっかりした造りで450g程度あるため、マイクスタンドは選ぶ必要があります。

AKG P220のショックマウント

※P220付属のショックマウント

自宅にあるマイクスタンドでテストしてみた結果がこちら。

△の2つは角度によっては固定できますが、ブーム伸ばすとマイクの重さで落ちてくるので厳しいです。

ガチガチにネジ固定すれば、いけなくはないですが使い勝手は良くないです。

まあ、マイク本体&ショックマウントで1kg近くあるので仕方ないですね。

なので、セットで買うスタンドはKCのブームスタンドが推奨です。

マイクアームでも1万円超える製品は支えられそうですが、マイクアームに1万円以上出すなら、そのお金を足して軽くて良いマイク買ったほうが良いです。

付属品

AKG P220
AKG P220 付属のショックマウント
AKG P220 ショックマウントの変えゴム
AKG P220付属のケース

AKG P220の付属品はショックマウントとショックマウント交換用ゴム、そしてキャリングハードケースです。

1万前半とは思えない充実した付属品ですね…。

ショックマウントは重たくてガッシリしたもので、なかなかに良いです。

AKG P220

取り付けした見栄えも本格的でいい感じです。

地面からの振動ノイズにも強く、自宅でのレコーディングでは助かる場面が多いです。

付属のキャリングハードケースは大きくて、保管するのが面倒ですが頑丈ではあります。

AKG P220付属のケース

取手もついているので、持ち運びは楽ですね。

低価格帯なのに、質が高くて豪華な付属品です。AKGは全体的に安くて質が良いんですよね。

 

AKG P220をレビューする

AKG P220

それでは、具体的にAKG P220をレビューしていきます。

はじめに箇条書きで内容をまとめると以下の通り。

  • 音質良好。1万円前半ではトップレベル
  • 付属品も価格の割に品質が高い
  • マイクアームだと不安定なのが難点

とまあ、こんな感じで品質はお値段以上で、すごく良いです。

一方でマイク&ショックマウントの重量が重くて、自宅利用だと不便と感じる人が多そうです。

僕も同等に重いRODE NT2Aを長く使ってきたので、その体験談含めてレビューしていきます。

レビューの目次

音質はクリアで素直で良好

AKG P220で録っているところ

AKG P220でボーカル、アコギを録ってみましたが音質はなかなかに良好です。

1.2万円程度ですが、2万円台のマイクと比べてもそん色ないです。

音質はやや低音が強く出る感じがあるので、マイク距離を少し離して録るといいかなと感じました。

中高音域は素直にそのまんま録れます。

実際にAKG P220でボーカル・アコギを別録りした動画がこちら。

1.2万円程度のマイクでこれだけ、ちゃんと録れれば言うことないですね。

低価格マイクでよくある高音がキンキンするようなこともなく、素直でミックスしやすい音が録れます。

本体・付属品の質が良い

AKG P220
AKG P220付属のケース

金属製のショックマウントにアルミのキャリングケースと、1万円台とは思えないレベルの付属品です。

マイク本体もアルミ合金製ボディで耐久性はかなり高そうです。

AKG P220

マイク本体にローカットフィルターとPADスイッチがついてるのも、この価格帯だとほとんどないです。

機能面や付属品の質的には同価格帯製品と比べて、ワンランク上に感じます。

このへんがAKG強いんですよね。低価格帯も高価格帯も質の高さの割に安いんですよ。

本体が重くてやや使いづらい

AKG P220をマイクスタンドに取り付けした

AKG P220はマイク本体(516g)とショックマウント(約450g)とかなり重たいです。

補足

低価格コンデンサーマイクだと合わせて500gくらいで収まるものが多い

僕が試してる中ではマイクアームとか卓上スタンドだと、質量が700gを超えてくると自由なマイキングで固定するの厳しいんですよね…。

実際に自宅で使ってるRoycelマイクアームもAKG P220を任意の位置で固定するのは厳しかったです。

AKG P220をマイクアームで固定したところ

※ネジをガチガチに締めれば何とかいける

マイク本体が重たいというのは、僕的には結構なマイナスポイントなんですよね。

というのも、僕もRODE NT2A(860g)を長く使ってたんですが、重たいことがとにかく面倒だったんです。

RODE NT2A

NT2A使ってる当時は歌録りやアコギ録りを毎日やってたんですが、重たいのでブームスタンドでガッチリネジを固定しないとREC中にマイク位置が落ちてきたりするんですよね。

このブームスタンド組み立てて、固定ネジガッチリ〆るってのが、自宅で毎日のようにやってるとほんと面倒なんですよ(苦笑)。

ボーカル録りとアコギ録りでマイキング変えるときも、ネジガッチリ〆てるんで緩めて締めなおすのが面倒ですし。

結局は軽いマイクに乗り換えるんですがマイクアームを使えるし、ネジの固定が結構アバウトでも全く問題ないのでRECが超楽になりました。

FLEXISPOT E3に機材を載せた

※マイクアームは机に取り付けて使えるマイクスタンド

そんなわけで音質や品質は良いんですが、自宅の狭い環境で使い倒すとなると正直微妙です。

自宅利用ならマイクアームでも支えられる AKG P120をおすすめします。

AKG P120

もちろん、毎回ブームスタンド組み立てて、ネジをガッチリ〆るのが苦じゃない人はP220で良いと思います。

僕のようにズボラな人は軽くて小さいマイク選んだ方が賢明です。

AKG P120は8,000~9,000円程度で、P220と比較するとショックマウントがスタンドアダプタになり、キャリングケースがなくなるだけで音質はそんなに変わりません。

AKG P120付属のスタンドマウント

※AKG P120のスタンドマウント

AKG P120で録った動画

重い以外は言うことない優良マイク

AKG P220

AKG P220は本体が重いというデメリットがありますが、それ以外は価格に対して優れた品質の素晴らしいマイクです。

これだけの音質と、質の良い付属品がついて1.2万円程度なのはすごいです。

ショックマウントで取り付けたルックスも良いので、歌ってみた動画を作る際にも動画映えしそうな点も見逃せません。

AKG P220をマイクアームで固定したところ

あとは自宅利用でマイクアームだと安定しない重さをどう考えるか…ですね。

僕は面倒なので嫌ですが、逆にマイクアーム使わない人はP220で問題ないかなとも思いますね。

 

AKG P220 まとめ

机でメモを取って作業してるところ
  • 1.2万円程度で買える音質良好のマイク
  • 本体の機能も充実して、付属品の質も良い
  • マイクが重くてマイクアームで支えにくいのが難点

ぎたすけ

うーん…難しいな。モノは良いなら、重たいくらい我慢できそうだけど

たけしゃん

使用頻度が高いと使いづらいのはかなり辛いんだよね…。

マイクアーム使わない環境なら全然ありだと思うけどね

AKG P220のレビューでした!

マイクアーム使う環境の人は他製品が良いかなと…思います。

モノ自体は安くて良いので、良製品なんですけどねぇ…。

マイクというと、とかく音質重視になりがちですが、自宅環境で使う場合は音質以上に自分の環境での使いやすさは重要です。

そのへん踏まえて、製品選択できるとストレスなく音楽制作に取り組めますよ。

AKG P120安いコンデンサーマイク おすすめランキングベスト10。予算1万円で歌ってみた、ライブ配信などで使える製品を解説! コンデンサーマイクコンデンサーマイク おすすめランキングベスト10【2021年版】 〜プロアーティスト使用マイクも紹介〜 マイクスタンドマイクスタンド おすすめ製品を種類別で解説【ライブ配信・DTM向け】 コンデンサーマイクとケーブル【音が変わる!】マイクケーブル おすすめランキング ベスト5を解説