natu-reverb(ナチュリバーブ)をレビュー。アコギに取付けるだけでリバーブがかかる便利アイテム

natu-reverbのスプリングをギターの内部に入れる

ぎたすけ

アンプとか通さなくてもアコギにリバーブをかけられるってこと?

たけしゃん

そうだよ。アコギに取付けるだけで生音にリバーブがかかるようになるアイテムだね
補足

レビューするためにLogic Wave様にサンプル提供いただきました

利用用途所感
弾き語りのレコーディングをしているところ
弾き語り
あまり必要ない
フィンガー中心にはいいかも
Taylorのエレアコを弾いている男性

インスト・ソロギター
ライブ配信で役立ちそう
スマホ1発録りも役立ちそう
制作では必要なさそう
メリット
デメリット
  • 簡単にリバーブをかけられる
  • 取付位置でかかり具合を微調整可能
  • アコギに加工不要で取付可能
  • 位置によって取付に慣れが必要
  • 着脱には弦を緩める必要がある

リバーブなし

natu-reverb

クーポンコード「hikigatari2205」で割引価格で購入できます!
この記事の著者
音楽ブロガーたけしゃん

ミュージシャン

たけしゃん

tkshan

プロフィール

ギター弾き語りのシンガーソングライター。長年の音楽活動や音楽の仕事で得た知識・経験を基にブログを書いています。
雑誌の音楽記事執筆、音楽専門書の執筆(工学社)、nana公認クリエイター、IPC VOICE STUDIO公認ボイストレーナーです。
プロフィール詳細お問い合わせ

natu-reverb(ナチュリバーブ)

natu-reverbの外箱

natu-reverbはアコギに取付けするだけで、生音にリバーブがかかるアイテムです。

アンプなどに繋がずとも、アコギにリバーブをかけられるので手軽で良いですね。

製品はリバーブを生み出すスプリングと固定用のマグネットで構成されています。

natu-reverbのスプリングリバーブ
スプリング
natu-reverbのマグネット
固定用のマグネット

見た目の通りでかかるリバーブはスプリングリバーブです。

取付はいたってシンプルでスプリングをギターの内部に入れて、マグネットで固定するだけです。

natu-reverbのスプリングをギターの内部に入れる
弦を緩めてスプリングを内部に入れる
natu-reverbつけたときのアコギ
任意の位置でマグネットで固定する

あとは鳴らせば、生音にリバーブがかかります。

作りも使い方もシンプルなので、特に迷うことはなさそうです。

スプリングを付ける位置によって、リバーブのかかり方が若干変わります。

取扱い説明書で記載されているのはA・B・Cの3パターンです。

パターンA

natu-reverb 付け方A
補足

内部のブレイシングの都合で真ん中やや右につけています

パターンB

natu-reverb 付け方B

パターンC

natu-reverb 付け方C

比較用のリバーブなし

なお、リバーブが深くなる設置位置はギターによって異なるようです。

僕の手持ちだと、Gibson J-45はパターンB、Taylor 814ceはパターンCが一番深かったです。

クーポンコード「hikigatari2205」で割引価格で購入できます!
 

natu-reverbをレビュー

natu-reverbのスプリング

それでは、一通り試してみた所感をレビューしていきます。

まずはメリット・デメリットを箇条書きした内容がこちら。

メリット
デメリット
  • 簡単にリバーブをかけられる
  • 取付位置でかかり具合を微調整可能
  • アコギに加工不要で取付可能
  • 位置によって取付に慣れが必要
  • 着脱には弦を緩める必要がある

率直に言うと弾き語りでは、基本的に必要ないかなと思いました。

natu-reverbがハマる人はインストの方ですね。

スマホ一発録り・ライブ配信・日ごろの練習などライトな使い方で活躍しそうなアイテムです。

マイクで拾うと程よいかかり具合

natu-reverbつけたときのアコギ

まず、natu-reverbを取付けて弾いてみると「かなり深くリバーブかかるな…」と思いました。

一方でマイクを立てて録ってみると、むしろ薄めくらいになります。

リバーブなし

natu-reverb(パターンA)

ギターを抱えてる状態だと箱鳴り音が直で聞こえるので深く感じますが、マイクで拾うと程よいレベルになってます。

一応、マイキングを色々と変えてみましたが、そんなに変化はありませんでした。

ただ、公式サイトのデモ音源を聴くと大分深いので、ギターによってかかり具合は違いそうです。

たけしゃん

僕のだとJ-45(マホガニー)も814ce(ローズウッド)もかかり具合は一緒でした

個人的には自分の音源くらいのかかり具合が使いやすいかなと思いました。

余韻と残響感はしっかり付けつつ、音がボワボワしない範囲で収まっています。

natu-reverb 付け方B
J-45だとこの配置が一番良さげだった

ちなみにリバーブのかかりを深くしたい場合はnatu-reverbを2個設置するのもありだそうです。

取付は位置によって慣れが必要

natu-reverbのスプリングをギターの内部に入れる

natu-reverbは取付自体は簡単ですが、付け方が甘いと音がビビります。

最初のうちは付け方が甘いことに気づかないので、ポジションによっては苦戦します。

Aポジションだと初回から大半の方が上手くいくと思います。

natu-reverb 付け方A
Aポジション

対して、Cポジションは慣れないと付け方が甘くてビビりが発生します。

natu-reverb 付け方C
Cポジション

何回かやれば慣れますが、最初は失敗する人も多そうです。

また、取付・取り外しには弦を緩める必要があるので、設置が微妙に失敗していると直すのが面倒ですね。

なので、基本的にはつけっ放しが良いと思います。

最初はポジション探しで色んな配置にしてみて、良いところを見つけたらつけっ放しにするのが安定かなと思いました。

インストでの日常使いに適している

natu-reverbのスプリングリバーブ

natu-reverbの活躍しそうなシーンを考えてみると、やはりインストですね。

正直、自分の専門であるギター弾き語りだと、使うシーンはあまり思い当たらなかったです。

逆にソロギター、デュオなどインストをやってる方が日常使いするにはかなり良いんじゃないかと感じます。

日ごろの練習もリバーブかけたギターの音のほうが気持ちいいのでやる気出ますしね。

Taylorのエレアコを弾いている男性

スマホ一発録りでもリバーブをかけられるので、SNSにコンスタントにアップする人にも良さげです。

iPhoneで録った音

また、ライブ配信でも地味に使い勝手が良いです。

マイクで拾うと話し声にもリバーブがかかりがちですが、natu-reverbなら手軽ギターだけリバーブをかけられます。

一方でライブや制作などでリバーブの質感にこだわるときはプラグインを使ったほうが良いです。

natu-reverbは手軽にギターを弾くときの強化アイテムという位置づけですね。

クーポンコード「hikigatari2205」で割引価格で購入できます!
 

natu-reverb まとめ

natu-reverbの外箱
  • アコギに取付けるだけで生音にリバーブがかかる
  • 取付位置によってリバーブの微調整が可能
  • インストの人が日常使いするのに便利なアイテム

ぎたすけ

確かにインストの人にはよさそうだよな。練習の度にアンプ繋ぐの面倒だし

たけしゃん

そうだね。個人的にはサクッとライブ配信やるのに便利そうだなと思ったよ

natu-reverbのレビューでした!

弾き語りだと、あまり使い道が思い浮かびませんでしたが、面白そうなアイテムでした。

昨今はライブハウスやスタジオより、自宅での活動がメインとなっている人も多いですからね。

こういった日ごろのギター演奏を手軽にアップレグレードしてくれるアイテムは良いですね。

クーポンコード「hikigatari2205」で割引価格で購入できます!

関連記事

Venue.D.I 本体の画像アコギ用プリアンプ おすすめランキング ベスト5。エレアコに適した選び方や機能を徹底解説! エレアコで演奏している人アコギ用ピックアップ おすすめ5選。音源付きで製品の違いを徹底解説! Taylorのエレアコを弾いている男性エレアコのおすすめ10選。最新のメーカー別・価格帯別の特色や選び方を解説 ギターシールドを3本並べた画像エレアコ用ギターシールド おすすめランキング ベスト5。比較音源付きで選び方を解説 色違いのアコースティックギター3本初心者向けアコギ おすすめ6選。購入するギターの選び方を107名のアンケート調査付きで解説