micawber MW-2058をレビュー。視認性に優れた多機能なクリップチューナー

micawber MW-2058

ぎたすけ

視認性が良いってことはステージとかでも見やすいのかな?

たけしゃん

ライブハウスでも試してみたけど、見やすかったよ。反応も良いね
MW-2058の評価
機能性
 (4.5)
精度
 (4.5)
コスパ
 (4)
総合評価
 (4.5)
メリット
デメリット
  • 視認性が高い
  • 可動域が広い
  • 色んな楽器に対応している
  • ボタンが短押・長押で動作が違うため、誤操作しやすい
この記事の著者
音楽ブロガーたけしゃん

ミュージシャン

たけしゃん

tkshan

プロフィール

ギター弾き語りのシンガーソングライター。長年の音楽活動や音楽の仕事で得た知識・経験を基にブログを書いています。
雑誌の音楽記事執筆、音楽専門書の執筆(工学社)、nana公認クリエイター、IPC VOICE STUDIO公認ボイストレーナーです。
プロフィール詳細お問い合わせ

micawber MW-2058

micawber MW-2058
項目機能・スペック

ピッチ検出
ピエゾ
測定モードクロマチック
【各楽器モード】
ギター / ベース
ウクレレ / ヴァイオリン
対応周波数410~490Hz
実売価格約1,900円

視認性が高く、多機能なクリップチューナーmicawber MW-2058

文字が大きく、色的に見やすいところが良いですね。

micawber MW-2058でチューニングがあったところ

可動域も広いため、色んな楽器で使いやすい仕様になっています。

まずは、MW-2058の製品仕様から解説していきます。

仕様を飛ばして、レビューを読みたい方は<MW-2058をレビュー>を参照ください。

製品仕様の目次

チューニングが合うと色が変わる

micawber MW-2058 チューニングがあっていない状態
チューニングがあってない状態
チューニングがあっている状態

MW-2058はチューニングがあっていない状態だとオレンジ、合うと緑になります。

文字が大きく、色合いも見やすいので視認性は非常に良いですね。

複数の楽器モードを搭載

mw-2058の左下に現在のモードが表示される

MW-2058は5つの測定モードが用意されています。

モード概要
クロマチックモード音程を半音単位で表示
基本はこれ
ギターモードギターの開放弦の
音程のみに反応する
ベースモードベースの開放弦の
音程のみに反応する
ウクレレモードウクレレの開放弦の
音程のみに反応する
バイオリンモードバイオリンの開放弦の
音程のみに反応する

基本はクロマチックモードで大丈夫です。

特定の楽器でレギュラーチューニングしか使わないなら楽器モードもありですね。

各モードはサイド上にある電源ボタンを短押しすると切り替わります。

mw-2058のボタン操作と効果一覧

ボタンを1回押すごとに液晶表示も切り替わるので、画面を確認しながらやりましょう。

micawber MW-2058の画面アップ
これはGUITARモード

ちなみに長押判定がかなり短いため、一瞬で離さないと長押しと認識されて電源が落ちます。

410Hz~490Hzまで対応

mw-2058の左上に現在の周波数が表示される

MW-2058は周波数を410Hz~490Hzまで1Hz単位で変更できます。

変更はサイドの下にあるボタンで行い、短押しが1Hzアップ、長押しが10Hzアップとなっています。

mw-2058のボタン操作と効果一覧

ディスプレイの左上に現在の周波数が表示されているので、確認しながら変更しましょう。

micawber MW-2058で周波数変更したところ

ちなみにボタン操作でHzは下げられません。

なので、例えば441Hzにするところを442Hzにしてしまったら、周波数を上げ続けて1周回ってくるしかありません。

なお、ボタン押しっぱなしにすると、10Hz単位で自動で上がっていくので、短時間で1周できます。

可動域

micawber MW-2058を横から撮った

MW-2058は可動域が非常に広いです。

ディスプレイ自体が360度回転し、ネック部分も前後180度、横は360度回転できます。

これだけ自由自在に動くチューナーは少ないので、可動域で困ることはまずないでしょう。

 

micawber MW-2058をレビュー

micawber MW-2058のチューニングを合わせた画面
MW-2058の評価
機能性
 (4.5)
精度
 (4)
コスパ
 (4)
総合評価
 (4)

それでは、micawber MW-2058をレビューしていきます。

はじめにメリット・デメリットを箇条書きでまとめると以下の通りです。

メリット
デメリット
  • 視認性が高い
  • 可動域が広い
  • 色んな楽器に対応している
  • ボタンが短押・長押で動作が違うため、誤操作しやすい

全体的に見ると、非常によくできたチューナーです。

精度も結構良いので、自宅での利用では使いやすいですね。

一方で電源ボタンがモード切替と兼用なので、ライブでは誤操作に注意しましょう。

レビューの目次

視認性はすごく良い

micawber MW-2058 チューニングがあっていない状態

MW-2058は文字が大きく、ライトも明るいので暗い場所でもハッキリ見えます。

また、ステージでライトが当たっても、見えにくくなることもなかったです。

また、可動域も広いので、ディスプレイが客席からは見えないように設置することも可能です。

mw-2058のディスプレイを客席から見えないところに配置する

ディスプレイ表示のリバース機能はないですが、ディスプレイ自体が360度回転するので問題ありません。

視認性の良さ、可動域の広さで自由度は非常に高く、かなり便利です。

ボタンの誤操作には注意

MW-2058は電源ボタンにモード変更も入ってるため、気を付けないと誤操作が起きます。

特に注意しないといけないのは電源を落とそうとして、モード変更してしまうことですね。

micawber MW-2058 チューニングがあっていない状態

ただ、かなり短時間で長押し判定されるので、慣れれば大丈夫かなと思います。

また、誤操作してもクロマチックモードに戻せば良いだけなので、わかっていれば大した問題ではないですね。

精度は良いが、やや合わせづらい

MW-2058はピッチ精度は良いです。Polytune Clipと比較しても同等ですね。

Polytuneクリップ

一方でピタッと止まってくれないことが結構多いです。

一瞬、緑になってからすぐにオレンジに戻ることが多くて合わせるのがやや難しいです。

レコーディング時は緑でピタッと安定するレベルまで合わせるべきですが、普段はそこまでこだわらなくていいかもしれません。

micawber MW-2058でチューニングがあったところ

あと、たまに文字が全然違うキーを指すことがありますね。

ただ、数週間使ってみた感じは全体的に精度も良く、優秀だと感じました。

 

micawber MW-2058 まとめ

micawber MW-2058のパッケージ
  • 視認性が良く、多機能なクリップチューナー
  • 可動域が非常に広く、設置の自由度も高い
  • 電源ボタンがモード切替と兼用のため、誤操作に注意が必要

ぎたすけ

誤操作だけ気を付ければ、良い感じのクリップチューナーってわけだな

たけしゃん

そうだね。慣れれば、特に問題ないかなと思ったよ

micawber MW-2058のレビューでした。

視認性が良く、可動域も広いので使いやすかったですね。

設置の自由度が高いため、複数の楽器で使う人にもおすすめです。

関連記事

SH-PROKORG SH-PRO(Sledgehammer Pro)をレビュー。KORGカスタムショップ製のクリップチューナー YAMAHA YTC5YAMAHA YTC5をレビュー。安くてシンプルなクリップチューナー KORG(コルグ)AW-4G-BK PitchCrow-Gをレビュー。定番の多機能ギター用クリップチューナー Morris CT-1Morris(モーリス) CT-1をレビュー。1,000円未満で買えるコスパ最高のクリップチューナー ギター弾き語りが喋りながら楽にチューニングできる角度【2022年】クリップチューナー おすすめランキングベスト10。選び方・種類・違いを細かく解説