【アコギ】プロアーティスト110名の使用ギターを徹底調査!

アコースティックギターと部屋

ぎたすけ

プロが使っているギターって気になるよな。GibsonとかMartinのイメージが強いけど

たけしゃん

110名のプロアーティストの使用ギターを調べたから、色んな観点で解説していくよ

飛ばし読みガイド

この記事の著者
音楽ブロガーたけしゃん

ミュージシャン

たけしゃん

tkshan

プロフィール

ギター弾き語りのシンガーソングライター。長年の音楽活動や音楽の仕事で得た知識・経験を基にブログを書いています。
そのほか雑誌の音楽記事執筆、音楽専門書の執筆(工学社)、IPC VOICE STUDIOの公認ボイストレーナーの資格を持っています。
プロフィール詳細お問い合わせ

プロアーティストの使用ギター一覧表

アコースティックギターを壁にかけかけている画像

まずは今回調査した対象アーティストと使用ギターを一覧にしたものです。

名前メーカー機種名
あいみょんGibsonJ-45
青葉市子YAMAHACS40J
足立佳奈K.YairiKAGERO
安月名莉子Cole ClarkCCAN2ECBLBL-AR
阿部真央YAMAHACPX-15
あんにゅMartin000-16GT
AnlyYAMAHALL36 ARE
家入レオTaylor214ce Gloss NAT
石崎ひゅーいMartinD-28
ISEKIYAMAHALL36 ARE
井上苑子YAMAHALL26 ARE
イルカMartinD-35
岩沢厚治YAMAHAL-51
植村花菜GibsonB-25
内澤崇仁GibsonJ-45
遠藤賢司MartinD-35
大石昌良YAMAHALS-36
大橋トリオMartinD-28
大橋卓也GibsonJ-50
おおはた雄一GibsonLG-0
大原櫻子TakamineSO-70
奥田民生GibsonJ-45
尾崎世界観MartinD-18
片平里菜EpiphoneDR-500MCE
カネコアヤノGibsonJ-50
川崎鷹也GUILDD-55E
岸田繁GibsonCL-20
北川悠仁YAMAHALL36 ARE
草野マサムネMartinD-28
桑田佳祐GibsonDove
Kenta DedachiMartin000-18
小渕健太郎MartinD-45
小林私LAG GUITARST70ACE
コレサワGibsonHummingbird
斉藤和義GibsonJ-45
斎藤宏介GibsonJ-45
齊藤ジョニーMartinD-18 GE
斉藤誠MartinO-18
坂崎幸之助Martin000-28
坂本サトルYAMAHAFG-250
桜井和寿MartinD-28
佐藤良成MartinO-18
島袋優K.YAIRIBL-132RE
清水衣与吏MartinD-28
スガシカオMartin000-28
菅田将暉MartinD-35
住岡梨奈GibsonCountry Western’64
星羅K.YairiTF-120
関取花TaylorAcademy12e
曾我部恵一GibsonB-25
高野寛Taylor712カスタム
高橋優GibsonDove
瀧川ありさMartinJ-40
竹内アンナMartinOMJM
竹原ピストルYAMAHAFG-200
田島貴男GUILDF-50
玉置浩二MartinD-1
CharYAMAHAL-51
ChayZEMAITISZ-JHW-LIMITED
土屋公平GibsonSJ-200
寺中友将YAMAHALL36C
トータス松本GibsonB-25
仲井戸麗市GibsonGOSPEL
長岡亮介WaterlooJet Black
長澤知之HeadwayHD-115
長渕剛TakamineNTP-012
なぎら健壱MartinD-35
ななみYAMAHALL26C ARE
新山詩織FenderPM-1 Deluxe
野田洋次郎GibsonJ-45
VaundyGibsonDove
秦基博GibsonJ-45
ハナレグミK.YairiWY-1
馬場俊英Gibsondove
ひとみ(あたらよ)MartinD-18
福山雅治Taylor814ce
藤巻亮太GibsonJ-45
藤原さくらMartin000C Nylon
藤原基央GibsonJ-45
PredawnK.YairiRF-90
星野源GibsonJ-45
ホリエアツシGibsonJ-200
堀込高樹GibsonJ-45
堀込泰行MartinD-18
松室政哉アムリタF-Model
MADOKAYAMAHAAC3M
マナミTaylor314ce
みきなつみTaylor714ce V-Class
見田村千春GibsonDove
光村龍哉MartinD-28
三戸なつめSimon & PatrickWoodland Parlor
宮田和弥GibsonJ-45
miwaGibsonJ-45
村上紗由里アムリタFD-M
森恵GuildD-55
森山直太朗MartinD-18
森山良子Martin00-45S
矢井田瞳YAMAHALJ-66 Custom
山内総一郎GibsonJ-50
山崎あおいYAMAHAAC-3M
山崎まさよしGibsonSouthern Jumbo
山下達郎GUILDD-50
山本彩MartinD-28
YuiFenderGA-45SCE
優里YAMAHALJ36 ARE
弓木英梨乃YAMAHALLX26C
吉澤嘉代子YAMAHAAPX1000
RihwaGibsonB-25
ReiGibsonLG-2

内訳は男性67名、女性43名です。

基本的にボーカルギターの方のみを対象とし、ソロギタリストは外しました。

使用ギターに関しては、僕が独断でテレビやライブでよく見るものを1本選んでいます。

キャリアが長い方ほど、たくさんのギターを持ってるので、そこは勝手に絞らせてもらいました。

 

プロアーティスト使用ギター数ランキング

ギターショップのアコギコーナー
使用ギター数 ベスト10
補足

同じギターで仕様が異なるものも同一ギターとしてカウントしています

一覧を見てみると、ほんとに順当な結果ですよね。

この結果から、3本ほどピックアップして解説していきます。

Gibson J-45

Gibson J-45

使用者 13名で1位のGibson J-45です。

昔からアコースティックギターの代名詞的な存在なので、納得の結果ですね。

僕もGibson J-45を使っていますが、J-45は本当に歌いやすいんですよね。

僕の演奏動画

おもかげ/milet×Aimer×幾田りら 【アコースティックCover】

シンガーソングライターだけでなく、バンドボーカルの使用者も多いです。

ただ、年代的には40代以上の方が多く、今後はシェア率も下がっていくのかなとも感じました。

使用アーティスト
  • あいみょん
  • 内澤崇仁(Androp)
  • 奥田民生
  • 斉藤和義
  • 斎藤宏介(UNISON SQUARE GARDEN)
  • 野田洋次郎(RAD WIMPS)
  • 秦基博
  • 藤原基央 (Bump Of Chicken)
  • 藤巻亮太(レミオロメン)
  • 星野源
  • 堀込高樹(キリンジ)
  • 宮田和弥
  • miwa

Martin D-28

Gibson J-45と並ぶ、アコースティックギターの代名詞 Martin D-28です。

使用者数は7名で2位でした。

ただ、D-28をメインギターとして判定しなかっただけで、持ってる人はかなりたくさんいました。

そういった意味では本当にJ-45とD-28が抜きんでて使用者数が多かったです。

D-28は歌モノだけでなく、インストやソロギターでも活躍しています。

J-45は歌モノに寄ってますが、D-28は万能に使われている名ギターですね。

使用アーティスト
  • 石崎ひゅーい
  • 大橋トリオ
  • 草野マサムネ(SPITZ)
  • 櫻井和寿(Mr.Children)
  • 清水 依与吏 (back number)
  • 光村龍哉 (NICO Touches the Walls)
  • 山本彩 (NMB48)

YAMAHA Lシリーズ

YAMAHA LL36 ARE

プロアマ問わずに使用者が多い、国内メーカーYAMAHAのLシリーズです。

使用者数ランキングではLL36 AREが4名で6位、LL26 AREが3名で8位でした。

形状が異なるLS36、LJ36などの使用者もおり、シリーズ合計で12名の使用者がいました。

Lシリーズのボディ形状

YAMAHA Lシリーズのボディシェイプ

YAMAHAは使用者の年代も幅広く、20代の若手アーティストも多いです。

Lシリーズも歴史が長いこともあり、使用者の年代は幅広いですね。

使用アーティスト
  • Anly(LL36 ARE)
  • ISEKI(LL36 ARE)
  • 井上苑子(LL26 ARE)
  • 岩沢厚治(ゆず)(L-51)
  • 大石昌良(LS36)
  • 北川悠仁(ゆず)(LL36 ARE)
  • Char(L-51)
  • 寺中友将 (KEY TALK)(LL36C)
  • ななみ(LL26C ARE)
  • 矢井田瞳(LJ-66 Custom)
  • 弓木英梨乃(LLX26C)
  • 優里(LJ36 ARE)
 

ギターメーカー別使用者数

3本のギターヘッド
メーカー別使用者数 ベスト5
Gibson
34名
Martin
29名
YAMAHA
19名
Taylor
7名
K.Yairi
5名

メーカ別でみても、やはりGibson・Martinが圧倒的ですね。

40代以上を中心に幅広い使用者がいます。

対して、20代や30代前半のアーティストはYAMAHA、Taylorの使用者が多いです。

YAMAHAのアコギ 3本

このへんもイメージ通りという印象ですね。

ライブハウスを回っていても、20代はYAMAHA・Taylorを使ってる人が多いですからね。

あと、最近はCole Clarkを使ってる人も多いですよね。

優里さん(今はYAMAHA)、りりあ。さん、あれくんなど、SNSでバズってる人でCole Clarkを使ってる人を良く見ます。

 

ヴィンテージギター使用率

アコギが壁に立てかけられている画像
ヴィンテージギター使用率
ヴィンテージギター(1960年代以前)
39%(31名)
1970年代以降のギター
61%(49名)

使用ギターの年代がわかった方のみ集計しました。

39%の方がヴィンテージギターを使用されています。

ヴィンテージギター使用者は40代以上のアーティストが中心で、若手は最近のギターが多かったです。

また、1970年代のギターを使っている方が結構いました。

1970年代製もヴィンテージに入れると使用者率は50%くらいまで上がりますね。

さらに言うと、今回はレコーディングよりライブギターを優先したのも大きいですね。

ライブギターは最近のものを使い、レコーディングはヴィンテージを使うアーティストが多いですからね。

 

使用ピックアップ ランキング

エレアコで演奏している人
使用ピックアップ ベスト5
メーカー純正品
22名
FISHMANピエゾ(型番不明)
6名

プロアーティストの使用ピックアップですが、まずはメーカー純正品の方が圧倒的に多いです。

メーカー純正品の使用者はYAMAHA、Taylor、Cole Clarkの方が多いですね。

TaylorのESピックアップ
Taylorのピックアップ ES2

一方でGibsonやMartinの方はL.R.BaggsとFISHMANを載せてます。

補足

GibsonはL.R.Baggs、MartinはFISHMANが標準搭載されていますが、メーカー純正品にはカウントしていません

一番使用者が多かったのはデュアル仕様のL.R.Baggs Anthemです。

Anthem

僕もGibson J-45にAnthemを載せてますが、かなり良い感じの音です。

インブリッジピエゾ単体と比べると、デュアルはエアー感が出て聴きやすいですね。

Anthem 使用アーティスト
  • 櫻井和寿(Mr.Children)
  • 田島貴男
  • 土屋公平
  • 秦基博
  • 星野源
  • miwa
  • Kenta Dedachi
  • 川崎鷹也
  • ひとみ(あたらよ)

プロアーティストの使用アコギ まとめ

白い部屋にアコギが置いてある写真
  • Gibson J-45とMartin D-28の使用者が多かった
  • 20代はYAMAHA、Taylorの使用者も多かった
  • ピックアップはL.R.Baggs Anthemが多かった

ぎたすけ

やっぱり、J-45とD-28が多いんだな。予想通りって感じ

たけしゃん

そうだね。往年の名ギターだから、使用している人も多いよね

プロアーティストの使用ギターについての解説でした。

ギターマニアの方からすると、予想通りの結果だったのではないかと思います。

やはり、J-45とD-28が今後もシェア率高そうだなと感じましたね。

関連記事

アコースティックギターを椅子に立てかけている写真アコギ中級者におすすめのギター6選。選び方、予算などをアンケート調査の結果を踏まえて解説 ギターショップのアコギコーナー【2022年】アコギのおすすめ10選。価格帯別で選び方を徹底解説! 色違いのアコースティックギター3本初心者向けアコギ おすすめ6選。購入するギターの選び方を107名のアンケート調査付きで解説 Taylorのエレアコを弾いている男性エレアコのおすすめ10選。最新のメーカー別・価格帯別の特色や選び方を解説 ミニギターとドレッドノートの全長を比較した画像【2022年】ミニギター おすすめランキング ベスト10。選び方や大きさの違いを比較画像付きで解説