AKG K371-BT-Y3をレビュー。Bluetooth、有線両対応で優れた音質のモニターヘッドホン

AKG K371-BT-Y3

ぎたすけ

モニターヘッドホンにもBluetooth対応のやつがあるんだな

たけしゃん

最近は無線・有線両対応のヘッドホンが増えてるね。K371-BT-Y3は音も良いし、使い勝手良いよ
補足

国内正規代理店のヒビノ様にデモ機をお借りました

K371-BT-Y3の評価
音質
 (4)
付け心地
 (4.5)
コスパ(18,400円程度)
 (3.5)
総合評価
 (4)
メリット
デメリット
  • フラットな特性で偏りがない
  • 側圧が優しめで長時間作業向き
  • 無線・有線の両対応
  • ヘッドバンドの耐久性がやや不安
用途 項目

普段使い
Bluetoothで
音も良い
マイクを設置しているスタジオ
DTM
フラットな特性で
モニターしやすい
ライブ配信している人のイラスト
ライブ配信
フラットな特性で
モニターしやすい
この記事の著者
音楽ブロガーたけしゃん

ミュージシャン

たけしゃん

tkshan

プロフィール

ギター弾き語りのシンガーソングライター。長年の音楽活動や音楽の仕事で得た知識・経験を基にブログを書いています。
そのほか雑誌の音楽記事執筆、音楽専門書の執筆(工学社)、IPC VOICE STUDIOの公認ボイストレーナーの資格を持っています。
プロフィール詳細お問い合わせ

AKG K371-BT-Y3

AKG K371-BT-Y3の外箱
構造密閉型
ドライバー径50mm
プラグ3.5mm
※6.3mm変換アダプタ付属
BluetoothBluetooth標準規格 Ver.5.0
インピーダンス32Ω
重量294g
公式サイト

AKGのBluetooth対応モニターヘッドホン K371-BT-Y3

ワイヤレス再生にも対応した、高品位のスタジオ向けヘッドホンです。

Bluetoothと有線接続の両方に対応しており、フラットな特性で高音質です。

AKG K371-BT Bluetoothのスイッチと有線の端子がついている
Bluetoothのスイッチと有線端子の両方がある

生楽器のレコーディングなどシビアな環境は有線で、確認やリスニングはBluetoothといった使い分けが可能です。

それでは、K371-BT-Y3の製品仕様から解説していきます。

仕様を飛ばして、レビューを読みたい方は<K371-BT-Y3をレビュー>を参照ください。

製品仕様の目次

大口径50mmドライバー

AKG K371-BT-Y3 下から撮った

K371-BT-Y3は大口径の50mmドライバーを採用しています。

大口径だと低音が強いものが多いですが、K371-BT-Y3は低音から高音までバランスよいですね。

フラットで目立っている帯域がなく、原音に忠実なモニターヘッドホンという印象です。

Bluetoothと有線の両対応

AKG K371-BT-Y3の各種端子

K371-BT-Y3はBluetoothと有線に両対応したヘッドホンです。

Bluetoothは本体スイッチをONにするだけで使えます。

Bluetooth再生中はL側のイヤーカップ部分がタッチセンサーで機能し、一通りの操作ができます。

充電はUSB端子を使って約2時間。最大40時間使用できます。

AKG K371-BT-Y3のUSB端子

なお、音声入力が10分間ないと自動で電源OFFになります。

Bluetoothスイッチの下に有線接続用の端子もあります。

AKG K371-BT-Y3の有線端子

Bluetoothは便利ですが、音がやや細く、遅延もあります。

レコーディングやミックスなどシビアな用途では有線が良いので、両対応は助かりますね。

ちなみに内蔵マイクも入っています。

モニターヘッドホンですが、普段使いも大分意識されていますね。

密閉型ヘッドホン

AKG K371-BT-Y3 下から撮った

K371-BT-Y3は遮音性の高い密閉型ヘッドホンです。

密閉型は低音がこもりやすいですが、K371-BT-Y3は低音が目立ちすぎることもなく程よいです。

ヘッドバンドは11段階に調整可能で、かなり余裕があります。

AKG K371-BT-Y3 ヘッドバンド調整部分

僕は頭はやや大きいくらいですが、大分余裕があるので頭が大きい人でも安心です。

また、イヤーパッドは反転はしないですが、前方向に回転はできます。

AKG K371-BT-Y3 イヤーパッドを前方に回転

イヤーパッドも側圧は優しめで付けていて楽なのも良いですね。

付属品

AKG K371-BT付属のカールケーブル
カールケーブル
AKG K371-BT-Y3付属のUSBケーブル
充電用USBケーブル

K371-BT-Y3は3種類の有線用ケーブルとUSBケーブルが付属しています。

補足

写真はないですが、1.2mと3mのストレートケーブルが付属します

有線ケーブルは3.5mm端子で6.3mm変換アダプタが付いています。

ケーブル以外に専用ポーチも付属しています。

AKG K371-BT-Y3付属のポーチ

なお、ヘッドホン本体はヘッドバンドを回転させてコンパクトにすることができます。

AKG K371-BT-Y3をコンパクトにたたんだ

Bluetooth対応なのもあって、携帯するのはすごく楽で良いですね。

 

AKG K371-BT-Y3をレビュー

AKG K371-BT-Y3の外箱開けたところ
K371-BT-Y3の評価
音質
 (4)
付け心地
 (4.5)
コスパ(18,400円程度)
 (3.5)
総合評価
 (4)

それでは、K371-BT-Y3を細かくレビューしていきます。

はじめにメリット・デメリットを箇条書きでまとめると以下の通りです。

メリット
デメリット
  • フラットな特性で偏りがない
  • 側圧が優しめで長時間作業向き
  • 無線・有線の両対応
  • ヘッドバンドの耐久性がやや不安

全体的にはすごく優秀なモニターヘッドホンだと感じました。

特に欠点らしい欠点もなく、全方面で優秀です。

レビューの目次

音質はフラット。良い意味で無難

AKG K371-BT-Y3

K371-BT-Y3で色んなサウンドを聴き比べてみました。

フラットでどの帯域もバランスよく出力されています。

音の解像度もなかなかよく、各楽器の音がしっかりとモニターできますね。

AKG K371-BT-Y3

どこの帯域も整っていて、良い意味で無難な音です。

リスニング用途だと、少し物足りなさを感じるかもしれないですね。

モニター用途では、非常に聴きやすい音になっています。

負担が少ない付け心地

AKG K371-BT-Y3

K371-BT-Y3は側圧も優しめで、付け心地が良いです。

長時間付けていても、耳や頭が痛くなることもなく、快適に作業ができます。

フィット感はaudio technicaのヘッドホンに比べると落ちますが、側圧がないので耳への負担が少ないです。

AKG K371-BT-Y3 ヘッドバンド調整部分

ヘッドバンドの調整幅も余裕があるので、好みに合わせてフレキシブルに調整できます。

頭や耳への負担が少ないので、長時間作業にも適したヘッドホンです。

取り扱いにはやや注意が必要

AKG K371-BT-Y3 上から撮った

K371-BT-Y3のヘッドバンドは左右広げる動作にやや不安があります。

口コミを見てもヘッドバンドが割れたという書き込みは結構ありました。

ヒビノHPにも「左右のイヤーカップを22cm以上広げると破損する恐れがある」と注意書きがあります。

AKG K371-BT-Y3は22cm以上広げると危険

22cmをメジャーで実測してみると割と余裕がありません。

装着時に横に大きく広げたり、外すときの動作が乱暴だとヘッドバンドが割れる危険があります。

通常使用している分には問題なさそうですが、現場でハードに使う人はMDR-CD900STなどにしたほうがいいかもしれません。

競合製品との比較

製品AKG K-371MKII
K371-BT-Y3
audio technica ATH-M50x
ATH-M50x
SONY MDR-CD900ST
MDR-CD900ST
メーカーAKGaudio technicaSONY
ドライバ径φ50mmφ45mmφ40mm
インピーダンス32Ω38Ω63Ω
特性フラットフラット音にややクセがある
実売価格 約18,400円 約19,000円約15,000円
ECサイトAmazon
楽天市場
Yahoo!
サウンドハウス
公式サイト
Amazon
楽天市場
サウンドハウス
Amazon
楽天市場
Yahoo!
サウンドハウス

K371-BT-Y3を自宅にあるaudio technica ATH-M50xとSONY MDR-CD900STと比較しました。

まずはMDR-CD900STですが、高音にクセがあります。

SONY MDR-CD900ST

レコーディング時のモニターとしては非常に使いやすいですが、ミックスにはやや不向きです。

対して、K371-BT-Y3はフラットなので、レコーディング・ミックスと万能に使えます。

なので、一台で色んな用途に使うならK371-BT-Y3が適しています。

ただ、MDR-CD900STはとにかく頑丈なので、ハードに使う環境なら検討の余地はありますね。

続いてはaudio technica ATH-M50xとの比較です。

まず、低音の深みや音の明瞭さではATH-M50xのほうが僕は好みでした。

audio technica ATH-M50x

対して、付け心地はK371-BT-Y3のほうが好みですね。

ATH-M50xは側圧がやや強く、フィット感もあるので長時間付けていると耳がムレます。

長時間作業が多い人はK371-BT-Y3のほうが負担少なくて良いと感じました。

ただ、この2台はどちらも素晴らしいので甲乙つけがたいです。

 

AKG K371-BT-Y3 まとめ

AKG K371-BT-Y3の外箱開けたところ
  • AKGのBluetooth・有線両対応のモニターヘッドホン
  • フラットな特性でバランスの良い音質
  • 付け心地が良く、長時間作業に適している

ぎたすけ

Bluetoothでも普通にモニター用で使えるんだな。無線のほうが楽でいいもんな

たけしゃん

シビアにやるときは有線がいいけどね。K371-BT-Y3は両対応だからばっちりだね

AKG K371-BT-Y3のレビューでした。

最近だとモニターヘッドホンもBluetooth対応したものが増えてきましたね。

レコーディングやミックス時は有線が良いものの、ラフに聴く時はBluetoothだと楽で良いですよね。

関連記事

AKG K-271MKIIAKG K271 MKII-Y3をレビュー。自然なサウンドと快適な装着感のモニターヘッドホン audio technica ATH-M60xaudio technica ATH-M60xをレビュー。非常に高音質で軽量なオンイヤーヘッドホン AKG K553 MKII-Y3AKG K553 MKII-Y3をレビュー。音場が広く、各楽器の音を確認しやすいモニターヘッドホン audio technica ATH-M40xaudio technica ATH-M40xをレビュー。フラットな特性で正確にモニタリングできるヘッドホン ゼンハイザー IE 100 PROSennheiser IE 100 PROをレビュー。イヤモニ・リスニングのどちらでも優秀なイヤホン