Sennheiser IE 500 PROをレビュー。ボーカリスト・ギタリスト向けのハイエンドなイヤモニ

Senheiser IE 500 PRO

ぎたすけ

イヤホンのレビューか。ボーカリスト・ギタリスト向けって、弾き語りにはちょうどいいイヤホンだな

たけしゃん

そうなんだよね。実際にバンドオケで歌ったり、弾き語りのライブ配信に使ってみたけど、すごく良かったよ
補足
レビューするためにメーカー様にデモ機をお借りしました

飛ばし読みガイド

この記事の著者
音楽ブロガーたけしゃん

ミュージシャン

たけしゃん

tkshan

プロフィール

ギター弾き語りのシンガーソングライター。長年の音楽活動や音楽の仕事で得た知識・経験を基にブログを書いています。
そのほか雑誌の音楽記事執筆、音楽専門書の執筆(工学社)、IPC VOICE STUDIOの公認ボイストレーナーの資格を持っています。
プロフィール詳細お問い合わせ

Sennheiser IE 500 PRO

Sennheiser IE 500 PRO

ゼンハイザーのプロフェッショナル向けイヤモニ IE 500 PRO。

ボーカリスト・ギタリスト向けに設計されたハイエンドモデルです。

実売価格も6万円程度とイヤモニの中でも高価格帯に属する、本格的なモデルです。

下位モデルにあたるIE 400 PROと比べて低音が強くて、ベース音がドンとくる感じです。

それでいて、ボーカルの音はハッキリ・クッキリと聞こえます。

まずはIE 500 PROの製品仕様から解説していきます。

仕様を飛ばして、レビューを読みたい方は<IE 500 PROをレビュー>を参照ください。

製品仕様の目次

耳にかける有線タイプ

IE 500 PROを付けているところ

IE 500 PROは耳にかけて取り付けるタイプのイヤホンです。

耳の中にスポット入って、フィットするので周囲の音の遮断性も高いです。

しっかり固定されるため、自然には外れません。

耳にスッポリ収まるタイプのイヤホンを使ったことがない人は違和感を感じるかもしれませんが、少し使っていれば慣れます。

目次に戻る

リケーブル可能だが独自規格

IE500PROのケーブルを取り外した状態

IE 500 PROはイヤホンからケーブル部分を取り外しできる仕様なので、リケーブル可能です。

ただし、独自規格なので一般的なMMCXなどのケーブルは使用できません。

また、IE 400 PROとは互換性はありますが、IE 40 PROとは互換性はありません。

そして、IE 500 PROの付属ケーブルはツイストペアケーブルになっています。

Sennheiser IE 500 PROのケーブル

普通のケーブルと比べて、大きく変わるわけではないと思いますが、IE 400 PROは普通のケーブルだったので、こういった部分で違いがあります。

目次に戻る

付属品

キャリングケース

Sennheiser IE 500 PROのケース

イヤーアダプタセット&クリーニングツール

Sennheiser IE 500 PROのイヤーピース

6.3mm変換アダプタ

IE400PROとIE500PROに付属する6.3mm変換アダプタ

ハイエンドモデルなので、付属品の質も良いですね。

キャリングケースは衝撃にも耐えられそうな固めなケースです。

また、6.3mmの変換アダプタが付属しています。

付属ケーブルはイヤホン標準の3.5mm端子になってます。

Sennheiser IE 500 PROの接続端子

オーディオインターフェイスなどはモニターヘッドホンで標準の6.3mmが採用されていることが多いので、変換アダプタがついているのはありがたいですね。

 

Sennheiser IE 500 PROをレビュー

Sennheiser IE 500 PRO

それでは、IE 500 PROをレビューしていきます。

はじめにレビューを箇条書きでまとめると以下の通り。

  • 中低音の迫力がありつつ、歌やウワモノもしっかり聴こえる絶妙なバランス
  • 音量をグッと上げても聴きとりやすい
  • フィット感が良くて長時間付けていられる

とまあ、こんな感じでイヤモニとして文句の付け所がないですね。

さすが、ハイエンドモデルといったところです。

低音が勢いよくくる感じでも、歌声は干渉されることもなくしっかり聴こえてくるのはすごいなと感じました。

レビュー目次

中低音に迫力があって、ボーカルもしっかり聴こえる

Sennheiser IE 500 PRO

最初、IE 400 PROと聴き比べたときにベースとバスドラの音がしっかりと入ってくるなーと感じました。

一方でボーカルやリードギターの音もしっかりとした輪郭をもって聞こえます。

バンドボーカルやるときって、リズム隊の音はしっかり返して欲しいけど、自分の歌が聴こえにくくなるのは困るからバランスが難しいんですよね。

IE 500 PROだとリズム隊の音はドンときつつも、ボーカルはクッキリと聞こえるので歌いやすいですね。

弾き語りのライブ配信で利用しても、音の解像度が高くてアコギのストローク音が心地よく聴こえてきます。

音の分離も凄く良くて、PANでアコギの音を少し横に振った状態にしただけで、キレイに分かれてくれて、すごく歌いやすかったです。

目次に戻る

音量を上げても聴きやすい

Sennheiser IE 500 PRO

SYNCROOMのセッションやバンドオケでのRECで音量をグッと上げてみましたが、音はクリアで聴きとりやすいままでした。

普通のヘッドホンだと、音がぐわんぐわんしてリズムとかわからなくなりがちなのですが、IE 500 PROは大音量でも正確にモニターしやすいです。

これはゼンハイザーのTrueResponseという技術を搭載したダイナミック 7mm ワイドバンドトランスデューサーによるものみたいですね。

IE500PROのケーブルを取り外した状態

わざとボリューム上げたバンドオケでボーカルRECしてみましたが、大音量でも音の輪郭的なものはちゃんと残っていて、普通にこなせました。

実際にライブで使うときは周りの音に負けないようにモニター音を結構上げるので、大音量でも正確にモニターできるのは重要ですよね。

目次に戻る

フィット感が心地よく長時間付けていられる

IE 500 PROを付けているところ

IE 500 PROは耳の中にスッポリ入るタイプのイヤホンですが、フィット感が良好で長時間付けていられます。

僕の場合は長く使ってる Shure SE215だと数時間つけてると、耳の中が痛くなってくるのですが、IE 500 PROは特に痛みはでません。

演奏用途以外でも、ブログ執筆時に付けっぱなしで作業してましたが、音楽を聴きながら快適に作業できていました。

着け心地もありますが、音の解像度が高くて分離も良いため、音量抑えても十分聞こえるので耳が疲れないというのもありますね。

イヤモニとしての活躍はもちろん、室内で仕事や作業するときのリスニング用イヤホンとしても重宝します。

なお、外出用には同メーカーのMOMENTUM True Wireless 2など優秀なワイヤレスイヤホンが販売されているので、このあたりは用途に合わせて使い分けましょう。

MOMENTUM True Wireless 2の使用感はガジェット&家電レビューブログ「デイブ」さんのMOMENTUM True Wireless 2レビューの記事が参考になります。

IE 500 PROはメインはイヤモニとして使いつつ、自宅や仕事場でのリスニングイヤホンとして使うのが良いですね。

 

Sennheiser IE 500 PRO まとめ

ノートブック
  • ボーカリスト・ギタリスト向けのプロユースのイヤモニ
  • 中低音に迫力がありつつ、歌やギターの音もしっかり聴こえる
  • 音の解像度が高く、分離も良いのでリスニング用で長時間使っても耳が楽

ぎたすけ

やっぱり、6万円するだけのことはあるんだな

たけしゃん

イヤモニとしても、リスニング用の有線イヤホンにしても質はすごく良いから値段はするけど、買って後悔はしないと思うよ

Sennheiser IE 500 PROのレビューでした。

僕も5万円以上のイヤホンって使ったことなかったんですけど、やっぱり使ってみるとすごいんだなぁと実感しました。

音が良いのはもちろんですが、耳が疲れないという点がすごいなと感じました。

音楽やっていると耳を酷使することが多いので、普段使いするアイテムに気を使って耳を大事にしなきゃなと感じさせられるイヤホンでした。