SENNHEISER HD 25 LIGHTをレビュー。高性能で超コンパクトなモニターヘッドホン

SENNHEISER HD 25 Light

ぎたすけ

HD 25 LIGHTってHD 25と何が違うの?

たけしゃん

ザックリ言うと、一部機能を減らして価格を抑えたモデルだね。詳しくは記事内で説明するよ
補足

ゼンハイザージャパン様より、デモ機をお借りしました

HD 25 LIGHTの評価
音質
 (4)
付け心地
 (4.5)
コスパ(12,500円程度)
 (4)
総合評価
 (4)
メリット
デメリット
  • クリアで低音域に迫力がある
  • 高音域も煌びやかな音色
  • 非常にコンパクトで軽い
  • 聴きやすいサウンドなのでミックス用途はやや不向き
用途 項目

普段使い
音もクリアで
小さくて軽い
マイクを設置しているスタジオ
DTM
聴きやすい音で
ミックスはやや不向き
ライブ配信している人のイラスト
ライブ配信
音質も良く
遮音性も良好

製品保証は正規特約店、取扱店、代理店での購入が対象となります。

Amazonでの購入は販売元 Amazon.co.jpのみ正規品です。購入時に販売元を確認してください。

Amazonの購入元を確認する画面

その他、当サイトの商品リンクは楽天市場(ゼンハイザー公式ストア)・サウンドハウスと正規店を選択しています。

この記事の著者
音楽ブロガーたけしゃん

ミュージシャン

たけしゃん

tkshan

プロフィール

ギター弾き語りのシンガーソングライター。長年の音楽活動や音楽の仕事で得た知識・経験を基にブログを書いています。
雑誌の音楽記事執筆、音楽専門書の執筆(工学社)、nana公認クリエイター、IPC VOICE STUDIO公認ボイストレーナーです。
プロフィール詳細お問い合わせ

SENNHEISER HD 25 LIGHT

SENNHEISER HD 25 Light
型式密閉ダイナミック型
周波数特性16 ~ 22,000 Hz
プラグ3.5mm
6.3mm変換アダプタ付属
公称インピーダンス70Ω
重量(ケーブルを除く)120g
公式サイト

コンパクトで高性能なモニターヘッドホン ゼンハイザー HD 25 LIGHT

DJヘッドホンとしては非常に有名なHD 25から一部機能を減らして、価格を抑えた製品です。

本体重量 120gという軽さで、高音質で高い遮音性が魅力ですね。

SENNHEISER HD 25 Light

それでは、HD 25 LIGHTの製品仕様から解説していきます。

仕様を飛ばして、レビューを読みたい方は<HD 25 LIGHTをレビュー>を参照ください。

製品仕様のレビュー

HD 25シリーズの違い

製品SENNHEISER HD 25 Light
HD 25 LIGHT
SENNHEISER HD 25
HD 25
SENNHEISER HD 25 Plus
HD 25 Plus
軽量デザイン
ケーブル交換
ケーブル出し両側片側片側
分離式ヘッドバンド
回転式イヤーカップ
予備ケーブル
予備イヤーカップ
キャリングポーチ
実売価格約12,500円約15,000円約21,900円

HD 25はHD 25 LIGHT、HD 25、HD 25 Plusの3種類のバリエーションがあります。

HD 25 LIGHTの特徴はケーブルが両出しになることです。

SENNHEISER HD 25 Lightは両耳だし
片出しと両出し

片出しは片耳から、両出しは両耳からケーブルが出るタイプのこと

また、HD 25 LIGHTはシングルヘッドバンドデザインで、イヤーカップも回転しなくなります。

ゼンハイザー HD 25 LIGHTのヘッドバンド

どちらかというと、HD 25 LIGHTはプライベート利用に適しているかなと感じました。

現場でガッツリ使うなら、片出しでイヤーカップも回転できるHD 25のほうが何かと便利です。

SENNHEISER HD 25
HD 25

なお、HD 25 PlusはHD 25に以下の付属品が追加されたパッケージです。

  • 1.5~3m カールコード(予備ケーブル)
  • ベロアイヤーパッド(予備イヤーパッド)
  • キャリングポーチ

なお、3製品とも同じドライバーが採用されており、聴こえ方が違う程度で音はほとんど変わりません。

補足

2020年にHD 25 LIGHTの仕様変更があり、ドライバーが同じになった

そのため、機能面や付属品の違いを見て製品を選ぶと良いでしょう。

密閉ダイナミック型

SENNHEISER HD 25 Lightを上から撮った

HD 25 LIGHTは遮音性の高い密閉ダイナミック型のヘッドホンです。

イヤーカップはコンパクトで側圧はやや強く、フィット感は非常に良いです。

SENNHEISER HD 25 Light

耳にピッタリとフィットするため、遮音性はかなり高いですね。

外部の音をシャットアウトして、サウンドに没入できます。

また、本体重量も120gと非常に軽いので、付けていても重さをほとんど感じません。

サイズ調整は大分余裕がある

SENNHEISER HD 25 Lightを横から撮った

HD 25 LIGHTはサイズ調整で可変する幅にかなり余裕があります。

MAXまで伸ばすと、頭大きめの筆者でも大分余ります。なので、頭が大きい人でも安心です。

ヘッドバンドのパッド部分はHD 25と比べるとシンプルになっています。

SENNHEISER HD 25とHD 25 Light
左がHD 25 LIGHT、右がHD 25

頭頂部分の感触はHD 25のほうがソフトですね。

とはいえ、HD 25 LIGHTも軽いので、全く気にならないです。

付属品

SENNHEISER HD 25 LIGHTの3.5mm端子と6.3mm変換プラグ

HD 25 LIGHTの付属品は6.3mm変換アダプタです。

ポーチなどは付属しないため、必要な方は別で用意しましょう。

なお、HD 25も付属品は6.3mm変換アダプタのみです。

HD 25 Plusはキャリングケースと交換用のケーブル、イヤーパッドが付属します。

 

SENNHEISER HD 25 LIGHTをレビュー

SENNHEISER HD 25 Light
HD 25 LIGHTの評価
音質
 (4)
付け心地
 (4.5)
コスパ(12,500円程度)
 (4)
総合評価
 (4)

それでは、HD 25 LIGHTを細かくレビューしていきます。

はじめにメリット、デメリットを箇条書きしたものがこちら。

メリット
デメリット
  • クリアで低音域に迫力がある
  • 高音域も煌びやかな音色
  • 非常にコンパクトで軽い
  • 聴きやすいサウンドなのでミックス用途はやや不向き

定番のDJモニターとしてはもちろん、リスニング用途でかなり良い感じのヘッドホンですね。

一方でポップスのミックスで使うのはやや不向きに感じました。

レビューの目次

クリアな音質で低音域に迫力がある

SENNHEISER HD 25 Light

HD 25 LIGHTで自身の曲など、色んなサウンドを聴き比べてみました。

ドンシャリ寄りなサウンドで低音域と高音域がそれぞれ上がっている印象を受けました。

そのため、シティポップやダンスミュージックがハマりますね。

モニターヘッドホンではありますが、リスニングでも非常に使いやすい音になってます。

SENNHEISER HD 25 Light

一方でDTMのミックスで使うには聴き心地が良すぎるかなと感じました。

HD 25 LIGHTで良い感じに聴こえても、他のヘッドホンやイヤホンで聞くとバランスが悪い可能性はありますね。

モニター用途なら、HD 280 PRO MKIIなどが良いです。

SENNHEISER HD 280 PRO

HD 25 LIGHTはライブや配信でのモニター、普段使いのヘッドホンといった使い方がベストだと感じました。

軽量かつコンパクト

SENNHEISER HD 25 Lightを上から撮った

HD 25 LIGHTは重量120gと非常に軽くてコンパクトです。

これだけシンプルなボディで、迫力あるクリアなサウンドを出せるヘッドホンはなかなかないです。

そのため、電車移動やカフェなど出先での使用に非常に適しています。

SENNHEISER HD 25
注意

遮音性に優れたヘッドホンなので、道路での利用は注意してください

周囲の音も入ってきませんし、音漏れも少ないです。

シンプルなデザインなので、ファッションのワンポイントアイテムとしても使いやすいです。

HD 25との比較

SENNHEISER HD 25

最後は同シリーズのHD 25との比較です。価格差は2,500円程度です。

HD 25は機能面では、下記の点が変わります。

SENNHEISER HD 25とHD 25 Light
  • ケーブルが片出し
  • ヘッドバンドのパッドが厚くなる
  • イヤーカップが回転する

大きい点はイヤーカップが回転することですね。

DJなどの用途ではHD 25を買ったほうが楽です。

SENNHEISER HD 25

サウンド面では、HD 25 LIGHTのほうが中音域がやや前にきており、気持ちボーカルが聴こえやすいです。

対して、HD 25は低音域が前にくるので、ビートを掴みやすいですね。

SENNHEISER HD 25 Light

ただ、ドライバー自体は同じものなので、聴こえ方が少し違う程度です。

サウンド面で大きな違いはありません。

HD 25のほうがスペック的にも業務用という印象を受けますね。

HD 25 LIGHTは普段使いが中心の方におすすめです。

 

SENNHEISER HD 25 LIGHT まとめ

SENNHEISER HD 25 Light
  • DJヘッドホンで定番のHD 25のLIGHT版
  • 超軽量でコンパクト。普段使いでも非常に使いやすい
  • 業務用でガンガン使うならHD 25のほうがおすすめ

ぎたすけ

見た目もシンプルで軽そうだから、電車で付けていても目立たなそうだな

たけしゃん

そうだよね。小さいと自宅での置き場所も楽で良いしね。何かと使い勝手良いよ

HD 25 LIGHTのレビューでした。

軽くて、音も良く、ライブでのモニターから普段使いまで便利なヘッドホンですね。

音楽用途以外でも、ゲーム実況などにも便利そうなアイテムです。

関連記事

モニターヘッドホン 6台モニターヘッドホン おすすめランキング10選。DTM・歌ってみた・配信で使いやすい製品を徹底解説 AKG K361-BT-Y3AKG K361-BT-Y3をレビュー。1万円台で買える優秀なBluetooth対応モニターヘッドホン audio technica ATH-M30xaudio technica ATH-M30xをレビュー。1万円未満で買える定番のモニターヘッドホン SONY MDR-CD900STSONY MDR-CD900STをレビュー。業界標準機の超定番モニターヘッドホン audio technica ATH-E70のカナル型イヤホンモニターイヤホン(イヤモニ) おすすめランキング ベスト5。選び方から使い方まで徹底解説!