G7th ナッシュビル カポをレビュー。あいみょんも使用のカッコいいカポタスト

評価:3.5

ぎたすけ

G7thって、あのギュッとつけるカポ以外にもあるんだな

たけしゃん

実は結構前から売られていたんだけど、あいみょんが使っているから最近は使用者が増えたね

カポタストの中でも見た目がカッコいい製品だね

Nashville Capoの評価
ルックス
 (4.5)
利便性
 (2.5)
音質
 (4)
総合評価
 (3.5)
項目機能・スペック

タイプ
クリップ
圧力調整不可
ギターヘッド取付可能
実売価格約3,000円
メリット
デメリット
  • ルックスがカッコいい
  • 形が持ちやすい
  • 取付した後の音質も良好
  • グリップがかなり硬く、着脱に握力が結構必要
  • クリップタイプの中では価格が高い
この記事の著者
音楽ブロガーたけしゃん

ミュージシャン

たけしゃん

tkshan

プロフィール

ギター弾き語りのシンガーソングライター。長年の音楽活動や音楽の仕事で得た知識・経験を基にブログを書いています。
そのほか雑誌の音楽記事執筆、音楽専門書の執筆(工学社)、IPC VOICE STUDIOの公認ボイストレーナーの資格を持っています。
プロフィール詳細お問い合わせ

G7th ナッシュビルカポについて

ナッシュビルカポ

たけしゃん

G7th ナッシュビルカポはアルミ合金とシリコンラバーを採用したスタイリッシュなカポタストです!

G7thのクリップタイプのカポタスト、G7th ナッシュビルカポ。

エルゴノミックデザインを踏襲したデザインとアルミ合金・シリコンラバーを採用した見た目はほんとにカッコイイ。

G7thといえばスクリュータイプのカポタストであるG7TH PERFORMANCE 3 CAPOが有名。

G7th PERFORMANCE 3 ART CAPO

しかし、最近は少しずつG7th ナッシュビルカポの使用者も増えてきています。

ナッシュビルカポの種類

ラインナップは上記の3種。

僕的にはシルバーが一番カッコ良いですね。

男性・女性問わずにギターに合いそうです。

ちなみにあいみょんもシルバーです。

軽くて持ちやすい

重量は37g。

クリップタイプの代表格Kyser KG6が42gなので、やや軽いです。

Kyser KG6

といっても、お互いを持ち比べても違いがわからないレベルです。

形状が持ちやすい形で軽いため、持ち運びが楽で良いですね。

使い方が簡単

クリップタイプなので握って取付け部分を広げてギターにつけるだけ。

特に説明もいりませんね。

このシンプルな構造がクリップタイプのウリでもあります。

価格はやや高め

ボディがアルミ合金・シリコンラバーを採用しているため、軽くて丈夫でカッコいい。

その代わり、少し高いですね。

価格(2019年1月)

定番の2機種と比較すると、2倍までいかないくらいの価格設定。

ルックスにどこまで価値を感じられるか?というところですかね。

使用感はこのあと細かく解説していきますので、その点を踏まえて検討しましょう。

 

G7th ナッシュビルカポをレビューする

ナッシュビルカポ

たけしゃん

ルックスがとにかく良いです!なので、見た目にどれだけ価値を感じるか?が焦点

それではG7th ナッシュビルカポを具体的にレビューしていきます。

総評すると「見た目重視なら最強。使い勝手重視は御三家へ」です。

御三家
SHUBB C-1、Kyser KG6、G7TH PERFORMANCE 3 CAPOのこと

まあ、2008年から発売されていて最近まで注目されていなかったので使い勝手では御三家に劣るのは想像がつきます。

ですが、見た目はほんとにカッコいいです。

ルックスって実は相当重要なので、使い勝手と天秤にかけてみる価値はありますね。

ルックスがカッコイイ

ナッシュビルカポ

このシャープなルックスは良いですね。

僕はSHUBB C-1の見た目が好きなのですが、こうして細かく比べてみるとG7th ナッシュビルカポはほんとカッコいいですね。

これがSHUBB C-1。

まあ、どっちもいいので好みの問題ですかね…。

G7th ナッシュビルカポは本体に高級感があって良い感じです。

ナッシュビルカポ

う~ん、カッコいい。

ルックスが良いと小物への愛着わくので軽視できないですね。

グリップが固い

ナッシュビルカポ 持ったところ

グリップがかなり固め。

女性だと片手で取付けするのは無理な人が多そうです。

クリップタイプはスクリュータイプと違って固さ調節できないので、慣れるしかないのも痛いところです。

握力に自信がない人は他のカポタストにした方が良いです。

チューニング精度は普通

機種名123456
G7th-1-2
C-1+1-2-1+1+1
KG6+1+1-2-2+1+2
PC-6+1+1+1
Nash+2+1+2+2+1+1
CP10+1+2
トリガー+1+1+1+1+2+1
TypeR+2+1
NS+1+2
ビクター+1+1
MEMO
G7thがG7TH PERFORMANCE 2 CAPO、Nashがナッシュビルカポです。

テスト環境

  • ギター…Taylor 814ce
  • カポ位置…2フレット目に取付け
  • チューナー… tc electronic PolyTune

カポタストをつけることでチューニングが変化するかを試したもの。

御三家と比べるとズレがやや大きかったですが、誤差の範囲でプレイに影響はない精度です。

なので、カポタストをつけることによるチューニングの狂いは許容範囲でした。

こだわる方は最も狂いがなかったG7TH PERFORMANCE 3 CAPOをおすすめします。

曲中でのカポ移動可能

片手で着脱できるため、曲中でのカポ移動は可能です。

…といっても、瞬時は無理。2拍くらいの感覚は欲しい。

ただ、グリップが固いので片手での着脱は握力がそれなりに必要です。

また、弾き語りや小編成だと抜けると目立つので、大半は1拍以内で瞬時に移動させる必要があります。

瞬時に移動させたい場合はクリップタイプも厳しいので、移動を考慮して作られたグライダーカポを使いましょう。

関連記事

一瞬でキーチェンジ!グライダーカポの使い方を解説しつつ、レビューする

グライダーカポをレビュー。瞬時にフレットを移動できるローリングカポタスト

ギターヘッドに取付け可能

ギターヘッドにつけたナッシュビルカポ

ギターヘッドに取付け可能です。

未使用時はギターヘッドに付けて置けばよいので収納場所の心配はありません。

また、ギターヘッドに付けておいてもカッコいいですよね。

ルックス重視するなら、G7th ナッシュビルカポは強いですね。

 

まとめ

  • G7th ナッシュビルカポはG7thのクリップタイプのカポタスト
  • グリップが固いので女性は取付けに両手が必要
  • ルックスが非常にカッコイイ

ぎたすけ

ルックスも大事だけど、使い勝手のほうが大事じゃないの?

たけしゃん

まあ、使い勝手悪くはないからね。そうなるとルックスは愛着沸くし、すごく大事だよ

G7th ナッシュビルカポのレビューでした!

カポタストはアコースティックギターを弾くなら欠かせないアイテムです。

客席にも見えるのでルックスを重視するのも良い選択ですよ。

小物はおしゃれなもので固めたい人にはG7th ナッシュビルカポが最適な選択肢です。

関連記事

トリガーカポJIM DUNLOP トリガーカポ(83CDN)をレビュー。全体的に優秀なクリップタイプ カポタスト Planet Waves PW-CP-10Planet Waves PW-CP-10をレビュー。ピックやチューナーを付けられるギター用カポタスト カポタスト Phoenix Type Rをレビュー。激安だけど、普通に使える人気製品 たくさんのカポタストカポタストとは?使い方・付け方・効果を図や動画を交えて分かりやすく解説 カポタストを移動させると曲のキーが変わるギターのカポタストでキー変更するための上げ方、下げ方を役立つ早見表と合わせて解説 カポタスト解説【徹底比較】カポタスト おすすめランキングベスト10 【2022年】 プロアーティスト使用カポも紹介